2019年度PGAプロテスト結果

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 2019年8月27日(火曜日)~30日(金曜日)までの4日間、茨城県の静ヒルズカントリークラブに於いて、2019年度公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)による資格認定最終プロテストが行われました。その結果、3オーバー50位タイまでの51名が、見事難関を突破しました。

 今年のプロテストの特徴は、1.プレ予選から這い上がって来た選手が多かった事、2.40代以上の選手が21名おり、昨年の8名をはるかに多かった事、3.外国人選手の受験者が9名と多かった事、この様な3点を上げる事が出来ます。

 この様なプロテストでしたが、合格者の受験ステージと年齢構成、更に合格者数と受験者数の対比は下記の様に成っています。

ステージ プレ予選 一次予選 二次予選 最終予選
受験者数 38名 14名 54名 38名
合格者数 21名 8名 15名 7名
年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
受験者数 11名 91名 21名 13名 7名 1名
合格者数 7名 37名 1名 3名 3名 0

 今回注目されたプレ予選から勝ち上がり合格した選手は、全合格者の約40%を占めており、正に実力者の証明に成ったのだと言えます。又外国人選手は、プロテストに出場した全144名中9名でしたが、その内6名が合格しております。更にその内3名が、50歳以上でした。

 今後益々外国人選手によるプロテスト受験者が、増加して行くものと予想されますが、目指すところは日本のシニアツアーだと言えます。徐々に試合数、賞金額が増えて行くシニアツアーに、彼らは魅力を感じ出しているのだと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2019年度最終プロテスト出場者をPGAが発表