飯能パークCCは名義書換料を9月より改定

  • 投稿日:
  • by

飯能パーク_tact.jpg 埼玉県の飯能パークカントリークラブでは2019年9月1日より、会員権の名義書換料を改定します。これにより長きに渡り同クラブで行われてきた、会員権の名義書換料減額キャンペーンに終止符を打つ事に成りました。

 この減額キャンペーンは、2011年6月1日より開始され今日に至っておりますので、約8年以上に渡って行われて来ました。開始当時の会員権相場は、25万円前後での売り情報が多く、買い手を探すのが困難な状況でした。

 この様な状況下で若干でも会員権相場を下支えし、会員が自らの会員権を市場で売却する事、つまり換金行動を成り立たせる為には、入会者のコストを下げる事で、ゴルファーの入会への動機づけが必須になっていました。会員権相場が25万円ほどなのに対し、正会員の名義書換料が100万円では、あまりに釣り合いが取れなかったと言えます。

 正会員の名義書換料を50万円、平日会員を25万円へ減額するキャンペーンが開始されてからは、これを好感し多くの買い希望が入る様に成りました。価格は安くとも、一時の閉塞感が無くなったのです。

 8年以上にも渡り上記キャンペーンが展開された訳ですから、ある意味この状態が通常で有るかの様な錯覚を、人は皆起こしても不思議ではありません。そしてこれを踏まえクラブは、名義書換料の正式改定に踏み切ったのですが、この間に減額料金で入会した数多くの会員が、存在すると言う既成事実をもってして、改定に異を唱える声は何処からも聞こえて来ないのだと言えます。

 この様な着地点を当該ゴルフ場経営者が、当初より想定していたのか定かではありませんが、いわゆるこれがソフトランディングとでも言えるものなのだと思われます。ところで準平日会員(月~金)のキャンペーン料金は10万円ですが、改定により20万円になり10万円値上げされます。

 また分割出来ない法人2名記名式会員権の、第三者譲渡による名義書換料は100万円です。なお上記の名義書換料には、全て消費税がかかります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
飯能パークカントリークラブ
飯能パークカントリークラブでは減額キャンペーンを一年延長