2019年度最終プロテスト出場者をPGAが発表

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpg 公益社団法人 日本プロゴルフ協会(以下PGA)は2019年8月20日、「2019年度PGA資格認定プロテスト」に於ける最終受験者144名を公表しました。この最終プロテストは、8月27日(火)~30日(金)までの4日間、茨城県の静ヒルズカントリークラブを舞台に開催されます。

 最終プロテストへ至るまでには、プレ予選、一次、二次と言う3段階を経て辿り着きます。今回プレ予選の受験者は134名、これを突破した97名が次のテストへ挑戦し、そして最終ステージへ昇りつめたのは38名です。プレ予選受験者の約三割の選手が、次々と難関をクリアし最終テストの舞台に立つ事に成ったのです。

 大変にタフな戦いをしのいで来たこの38名から、今年何名が合格の二文字を獲得出来るでしょうか。興味と期待が大きく膨らむと共に、この様な選手が将来JGTOツアーで、大活躍するのでは無いかと予測もされます。ちなみに昨年はプレ予選から最終ステージへ、19名が挑戦し8名が合格しました。受験者の年齢構成は、下記の通りです。

年 │年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
2018年時 9名 98名 18名 7名 1名 0名
2019年時 11名 91名 21名 13名 7名 1名

 今年の特徴は50代以上の挑戦者が8名も存在する事ですが、この中には6名の海外選手が含まれております。日本のレギュラーツアーでかつて大活躍した陳志忠選手(61歳・台湾)や、2005年と2012年にアジアンツアーの賞金王にもなった事の有るタワン ウィラチャン選手(52歳・タイ)など、実力者の存在が目立ちます。

 各ステージから最終ステージへ立つ事が出来た人数は下記の通りですが、下記の最終受験者数38名は、直接最終プロテストへ挑戦出来た有資格者数です。

ステージ プレ予選 一次予選 二次予選 最終 最終総数
人数 38名 14名 54名 38名 144名

 プロテストに関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度PGAプロ50名誕生