第19回ファンケルクラシックへ"若手"の深堀圭一郎選手参戦!

  • 投稿日:
  • by

        Mr.inamori20190709.jpg
           < ファンケル クラシック 池森賢二大会会長

 PGAシニアツアーの『ファンケル クラシック』が、今年もまた静岡県の裾野カンツリー倶楽部を舞台に、8月23日(金)~25日(日)の3日間開催されます。同大会は今年19回目を迎えますが、これまで「シニアの元気が日本の元気!!」とのキャッチフレーズで、高齢社会日本を下支えして来ておりますが、7月9日都内会場にて記者発表会がありました。

 同大会に於ける昨年の優勝者は、元気なP マークセン選手(53・フリー)でした。レギュラーツアーからシニアツアーに至るまで、年齢を感じさせない大活躍を見せてくれた訳ですが、このマークセン選手に負けず劣らず、元気なシニア1年生の"若手"プロ、深堀圭一郎選手が今年初参戦します。

Mr.kuramoto.jpg Mr.nakajima.jpg Mr.murota.jpg
   倉本昌弘PGA会長        中嶋常幸プロ         室田淳プロ

 通常レギュラーツアーでは経験値を積む事で、優勝のチャンスが巡って来ると言われていますが、シニアツアーでは如何に早い時期に優勝するのかが、ポイントになって来ます。加齢と共に衰えて来る肉体と相談し、技術力を遺憾なく発揮出来るのは、若い内だからです。

 今年何と言っても注目すべきは、深堀選手に代表される若手グループです。このグループにはレギュラーツアーで大活躍した伊澤利光、川岸良兼、鈴木亨各選手などなどが含まれます。彼らが今年どの様な活躍を見せてくれるのか、目が離せないのでは無いでしょうか。

Mr.fukabori.jpg Mr.yoneyama.jpg Mr.suzuki.jpg
    深堀圭一郎プロ         米山剛プロ         鈴木亨プロ

 更に今大会で常に注目されるのは、その高い集客力です。3日間大会で9年連続2万人越えを達成しているトーナメントは、恐らく皆無なのでは無いでしょうか。昨年は野球の元・巨人軍監督だった原辰徳氏が参戦すると言う話題性から、これまでのピークとも言える25,214名の方が観戦に訪れました。

 今年原氏の参戦が無い中でどれほど集客出来るかは、同大会関係者のみならず、ゴルフ界の大きな関心事と言えます。来場者が多ければ多い程プロゴルファーは、燃えるのだと思われますが、ベテラン選手の中に入り若手がどの様なパフォーマンスを発揮してくれるのか、とても楽しみな夏休み最後の大イベントです。

 開催コースの概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
裾野カンツリー倶楽部
裾野カンツリー倶楽部の本店が京都へ
2018「ファンケル クラシック」優勝はマークセン選手