テーラーメイド社より6月24日に新クラブ『オリジナルワン』が発売

  • 投稿日:
  • by

        original one_taylor1.jpg
                    < ORIGINAL ONE

 テーラーメイドゴルフ株式会社は2019年6月24日より、ドライバーとフェアウエーウッドを融合させた新しいコンセプトのウッドクラブ、『ORIGINAL ONE』(以下オリジナル ワン)を発売するとして、6月7日広報を通じ明らかにしました。

スペックは下記の通りです。
・ヘッド体積275CC
・ロフト角 2種類(11.5度 / 13.5度)
・ライ角  57
・長さ   43.75インチ
・クラブ重量約321g(Sフレックス)
・バランス D3.5(Sフレックス)

 上記内容を見ると現在のスリーウッドの大きさに近いものだと言えますが、用途としてはティーショットとして更にフェアウエーウッドとして、1本で兼用出来るものに仕上がっています。

 テラーメイド社では上級者からアベレージクラスまで、万遍なく使えるクラブとしておりますが、上級者は各クラブを上手に使い分け出来る事から上級者なのですから、どちらかと言えばアベレージクラスのゴルファーで、ドライバーが苦手の方に向くのでは無いかと思われます。

 このクラブはカスタムメイドで数量限定と成っており、金額は58,000円プラス消費税です。数量限定と言う点のみを捉えるならば、テーラーメイド社の市場開拓へ向けた手探り感が出ており、全く新しいコンセプトのクラブであるが故に、さばける本数も又未知数なのだと思われます。

 メーカーに関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
タイガー使用レプリカアイアンが発売前に予約殺到