岡崎カントリー倶楽部元支配人・岩塚容疑者が2月25日逮捕へ

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_2019.jpgのサムネイル画像 岡崎カントリー倶楽部(愛知県岡崎市)の元支配人である岩塚雅巳容疑者(神奈川県横浜市港南区_54歳)が、2019年2月25日愛知県警捜査二課と岡崎署により逮捕されました。

 容疑は業務上横領です。同容疑者は同ゴルフ場の売上金を私的に流用して来ており、この事が2018年8月に発覚するや否や、同月21日に懲戒解雇処分になっておりました。同ゴルフ場の被害額は、昨年末の調査時点で、約9,000万円に及ぶとの事です。

 同ゴルフ場の親会社であるリソルホールディングス株式会社(以下リソル)では、同月24日に元支配人を刑事告訴し、約半年が経過した先月に容疑が固まり逮捕に至ったものです。今後10日から20日間の拘留期間を経て起訴される事と思われますが、地元の新聞報道などによりますと、本人も容疑を認めているとの事です。

 なぜこの様な不祥事が起きてしまったのかは、今後の調査を待たねばなりませんが、一説には容疑者がギャンブル_競馬へのめり込んだ事が、要因とも言われております。同容疑者はプロパー社員として将来を嘱望された存在であり、現に2015年12月1日にはリソルゴルフ株式会社の取締役へ就任しておりました。輝かしい経歴もこの事件で、全て吹き飛んでしまったとも言えます。リソルでは同容疑者に対し、民事での損害賠償請求も、視野に入れているとの事です。

 なおリソルでは2019年2月26日の「ゴルフ場元支配人の逮捕について」と言うニュースリリースにて、初めて事件の概要を明らかにしたのですが、公表が遅れたのは警察の捜査へ影響を与えない為だったとしております。また2018年5月11日に公表した、連結業績予想に変更は無いとしております。

 リソル関連の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
日本ゴルフ会は会員権市場に於ける売買を当面休止