全国17クラブと相互利用提携を進めている六甲国際GC

  • 投稿日:
  • by

六甲国際GC_tact.jpg 兵庫県の六甲国際ゴルフ倶楽部(以下六甲国際GC)では、全国の17クラブと相互利用の提携をしております。関東エリアに於いても所謂名門と言われるクラブでは、この相互利用提携を促進しつつあるのが現状です。

 とは言うものの六甲国際GCの17クラブと言う規模は、突出している数字であり、同倶楽部の積極姿勢を垣間見る事が出来ます。では17クラブとは具体的に何処なのかと言えば、下記一覧に成るのですが、同倶楽部では主に情報交換を主要な目的に、取り組んでいるとの事です。

No       クラブ名 所在地
1 南部富士カントリークラブ 岩手
2 紫雲ゴルフ倶楽部 新潟
3 片山津ゴルフ倶楽部 石川
4 葉山国際カンツリー倶楽部 神奈川
5 横浜カントリークラブ 神奈川
6 岐阜関カントリー倶楽部 岐阜
7 南山カントリークラブ 愛知県
8 東名古屋カントリークラブ 愛知県
9 四日市カンツリー倶楽部 三重
10 泉ヶ丘カントリークラブ 大阪
11 よみうりカントリークラブ 兵庫
12 芦屋カンツリー倶楽部 兵庫
13 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ 岡山
14 宇部72カントリークラブ 山口
15 芥屋ゴルフ倶楽部 福岡
16 パサージュ琴海アイランドGC 長崎
17 フェニックスカントリークラブ 宮崎

 これだけ全国に相互利用可能なゴルフ場が有ると言う事は、六甲国際GC会員にとり利用日が主に平日限定とは言え利便性が高く、会員としての満足度は高いものに成っている様に思われます。なお2016年9月より開始された会員の補充募集は、初期の口数を消化済みとしているものの、退会会員が年間数名出る事から適時行っているとの事です。

 同倶楽部に関する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
六甲国際ゴルフ倶楽部では9月15日より正会員の補充募集を開始