相模原ゴルフクラブは底値を脱出か

  • 投稿日:
  • by

相模原GC_tact.jpg 神奈川県の相模原ゴルフクラブの会員権相場が、復調の気配を見せております。この動向を裏付ける為に、関東ゴルフ会員権取引業協同組合保管の資料を参考に見て行きたいと思いますが、表記する数字は全て消費税込みのものであり、対象は全て正会員のみです。

   相模原ゴルフクラブ 正会員相場動向
日付け 売り 中心相場 買い
1990年02月15日 3 22,000万円 5
2018年09月20日 10 329万円 3
2018年10月20日 11 318万円 3
2018年11月20日 4 318万円 3
2018年12月20日 7 313万円 1
2019年01月10日 9 313万円 6
2019年02月05日 7 332万円 10

 相模原ゴルフクラブの会員権相場は何時下げ止まるのか、これは関係者のみならずある意味ゴルフ業界の関心事でもありました。バブル経済のピーク時には、中心相場を22,000万円としたものの、それ以降歴史を振り返るならば、基本的には下げ基調を描いて来ていました。

 しかしながら2019年の年明け以降、買い希望件数が増えて来ていると共に、中心相場自体も底上げ感が見られる様になりました。とは言え2018年12月20日前後が、当該会員権相場の底値であったと認定出来るか否かは、今しばらく時の経過を待つ以外に有りません。

 当該クラブの会員権相場下落要因としては、単に日本経済のデフレのみを犯人扱いする事は適切で無く、人為的要素とも言える会員権の名義書換に於けるシステム面を、見逃してはならない様に思われます。この点に付いては紙面の関係から、詳細に語る事は出来ませんが、2019年3月下旬に開催される会員総会に於いて、この様な側面を是正したいと考えている動きもある様です。

 当該クラブと同じく神奈川県に位置し、互いに近距離の戸塚カントリー倶楽部の中心値は、2019年2月現在約1,500万円です。両者は長い間互角の相場形成をしてきておりましたが、現在ではかなり水をあけられた感が有ります。この差は何処にあり、そして今後この差を相模原ゴルフクラブは、詰めて行く事が出来るのでしょうか。

 なお上記数字は売り希望と買い希望の中値を採用したものですから、この金額で実際の売買がまとまった訳では無く、長年買い手市場であった事を考慮するならば、ケースによっては買い希望により近く無いと、取り引きが出来なかったなど有り得た事と思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模原ゴルフクラブ
相模原ゴルフクラブでは1口でも法人としての対応が便宜的に可能
相模原ゴルフクラブでは入会登録延長料を新設