富士御殿場GCはPGMをスポンサーに民事再生手続きへ

  • 投稿日:
  • by

富士御殿場GC_tact.jpg 静岡県の富士御殿場ゴルフ倶楽部を経営するサンユウ産業株式会社(代表取締役:福島範治)は、2019年1月30日東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。当該事件番号は<平成31年(再)第3号>です。

 同時に同日同社は、パシフィックゴルフマネージメント株式会社(以下PGM)とスポンサー契約を済ませており、今後はPGMからの資金援助を基に再建を進めて行く事になります。サンユウ産業の福島社長は銀行出身であり、その手腕を評価する声は業界内に大きかったと思われますが、その福島氏をもってしても同ゴルフ場を立て直す為には、法の力とPGMの力を借りざるを得なかったのだと言えます。

 この度の件に付きまして同社では、説明内容を同倶楽部会員へ30日付けで送付したとの事ですが、この様な事態へ陥った要因は何処に有ったのでしょうか。この第一報をつたえた同日付けの帝国データバンクでは、「会員権の償還問題を抱え、財務面では大幅な債務超過の状態となっていた」_(同報道より引用)としております。

 同ゴルフ場では会員及び債権者の問い合わせ先を、下記の様に伝えております。
・名称:富士御殿場ゴルフ倶楽部 再生推進室
・住所:東京都千代田区神田須田町1-24 大一東京ビル6F
・電話:03-3254-8673
・受付:平日10時より16時30分

 尚、負債額は約205億円ともいわれておりますが、正確な内容は再生手続きの進捗と共に、今後明らかにされて行くものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士御殿場ゴルフ倶楽部