小山ゴルフクラブでは約60%が法人会員

  • 投稿日:
  • by

小山GC_tact.jpg

 栃木県の小山ゴルフクラブに於ける会員は、正会員及び週日会員更には平日会員と言う3種別によって構成されており、この会員種別全てで約800名が在籍しております。この内約500名が法人会員であり、率にして約60%にも上ります。見方によれば大半が法人、と言う表現も出来る構成になっています。

 正会員一口は通常、普通株式無額面壱株券です。この一口を主に市中で取得する事で、クラブ理事会の承認は必要ですが、個人名義へも法人名義へも変更する事が可能です。法人名で入会するに当たり、当該クラブは厳しい条件を設けておりませんので、入会者は自らの諸事情に合わせ申し込む事が可能です。

 法人名義で入会申請する場合、当然ながら一名記名式と成り記名者が利用者です。新規入会手続きには名義変更料として100万円とプラス消費税が、クラブへの支払いとして必要になります。ひとたび法人名義と成った場合、その後に発生するであろう記名者変更手続きは、変更料税別50万円にて可能です。更にこの変更手続き時に、既存会員による推薦及びクラブへ出向いての面接などの要件は、不要となります。

 ところで当該クラブには、正会員の中に無記名特別会員が存在します。この会員権が通常市場へ出回る事は無く、その入退会は全てクラブ経由にて行われているとの事です。この会員の他正会員には更に法人数が定められた、維持会員と呼称される会員も存在し、無記名と言う利用形態は無記名特別会員と同一です。いずれの会員も当該クラブを支えている大手法人が大半です。

 この無記名特別会員及び維持会員の存在が、ある意味当該クラブの屋台骨と成っているとも言え、ビジターの集客に奔走する事無く、落ち着いたクラブ運営を可能としております。これらが当該クラブの大きな特徴と成っています。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
小山ゴルフクラブ
小山ゴルフクラブは2016年1月より年会費を値上げ済み