2019年マスターカード選手権開催へ向けトム ワトソン氏大いに語る

  • 投稿日:
  • by

            トム ワトソン氏.jpg
         < マスターカード・ゴルフ親善大使_トム ワトソン氏 >

 2017年に続き来年の2019年に2度目となるPGA TOUR champions、いわゆる米国シニアツアーの『Mastercard Japan Championship』(以下マスターカード選手権)が、千葉県の成田ゴルフ倶楽部を舞台に開催されます。

 これに先立ち2018年10月9日同ゴルフ場に於いて、マスターカードのゴルフ親善大使を務めるトム ワトソン、PGA TOUR Champions の上級副社長ミラー ブレイディ、Mastercard Japan バイスブレジデントのダグマー ネドゥバル、(公社)日本プロゴルフ協会会長・倉本昌弘、株式会社アコーディア・ゴルフ会長兼社長田代祐子の5氏列席による記者会見が行われました。

   ミラー ブレイディ氏.jpg    マスターカード.jpg
      < ミラー ブレディ氏 >          < ダグマー ネドゥバル氏 >

 各5氏はそれぞれの立場で同選手権が開催される意義を述べるものの、このビッグイベントが開催される喜びは、各氏から如実に伝わって来ており、全体的にはお祭りの前夜祭的雰囲気を醸し出しておりました。

 この大会開催を記念しアコーディアゴルフでは、2018年11月1日より2019年4月30日迄の半年間、誰でも参加出来る30万人規模のロングランコンペを企画しております。名付けて『Mastercard Japan Championship アコーディア チャレンジ』ですが、対象期間を2ヶ月ごと3期に分け、様々な商品を用意するとの事ですがその数5,000点に及びます。

 様々な豪華賞品の中でも突出しているのが、来年6月5日(水)及び6日(木)に予定されている公式プロアマ大会へ出場出来るプレゼントです。その数9名がこのアコーディア チャレンジを通じて選出される訳ですが、アマチュアゴルファーにとっては期待値高まる企画だと言えます。

  田代祐子氏.jpg    倉本昌弘会長.jpg
       < 田代祐子会長 >              < 倉本昌弘会長 >

 本戦は6月7日(金)より9日(日)までの3日間行われますが、賞金総額250万ドルを分配する参加選手は68名です。この中には8名の招待選手が含まれますが、現時点で日本人選手の名前は誰一人上がっておりません。しかしながらこの試合の前に開催される予定の『すまいーだカップ』優勝者は、8名の内の一人でありこれは確約されていると倉本会長は語りました。

 長い時間マイクを持ち続けた感の有るトム ワトソン氏ですが、マイクをおくに当たって倉本会長へお願いが有るとしたのですがその内容は、「ジャンボさんを連れて来て下さい」と言うものでした。常々シニアの試合には出ないと公言している尾崎氏ですが、倉本会長も「お願いしてみましょう」と述べるのが精一杯と言う感じでした。

 ワトソン氏は尾崎氏の影響力を充分に把握した上での発言でしたが、会見場は大きな笑いの渦に包まれ幕がおろされたのです。来年の試合が待ち遠しくなる様な、ほのぼのとした会見でした。

 開催コース及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
成田ゴルフ倶楽部
PGA TOUR Champions2017年成田ゴルフ倶楽部で初開催