相模原ゴルフクラブは入会資格事前認定制度を新設

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の相模原ゴルフクラブでは、2018年3月25日に会員総会を開催し、会則及び入会審査規則を改定すると共に、「入会資格事前認定制度」を導入する事になりました。この制度は2018年5月1日以降の、入会申請に付いて適応されます。

 この制度はゴルフ会員権(当該クラブでは株券)を取得せずとも、入会審査を受ける事が出来る制度であり、入会承認が下りた場合その入会資格認定は、1年間有効とするものです。なお入会審査は通常と、何ら変わり無いものです。

 これまで同クラブでは入会審査にあたり、当該クラブの株券を取得した者が入会申請出来る、と言う規定が有りましたが、この度の制度導入と共にこの内容も同時に改定されました。これにより入会申請者のリスクは、大きく軽減される事になりました。

 クラブとしては実需による株券の名義書換が主流となる事を歓迎しておりますが、株式に譲渡制限を設けていない為、これまでの様に投資目的の株券購入需要が全く一掃されるかは、不透明な部分だと言えます。当該クラブの様に事前審査制度を設けている、関東圏に於けるクラブは下記の通りです。(順不同)

  1. 武蔵カントリークラブ
  2. 狭山ゴルフ・クラブ
  3. 高坂カントリークラブ
  4. 多摩カントリークラブ
  5. 横浜カントリークラブ
  6. 大利根カントリークラブ
  7. 京葉カントリー倶楽部
  8. 浜野ゴルフクラブ
  9. 我孫子ゴルフ倶楽部

 当該ゴルフ場の概略及び関連する前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模原ゴルフクラブ
相模原ゴルフクラブは相続・継承手続きの優遇措置拡大