太平洋クラブは4月より会員権の名義書換を再開予定

  • 投稿日:
  • by

 株式会社太平洋クラブは2018年3月の第三週に入り、会員権の名義書換を4月1日より再開する事を明らかにしました。2017年10月1日より名義書換を停止にして来ましたので、半年ぶりでの再開となりましたが、この期間はあくまでも今年9月末までの限定されたものです。この度の書換に際し、設定された名義書換料(金額は税別)は下記の通りです。

会員種別 名義書換料
太平洋クラブ正会員 150万円
太平洋アソシエイツ正会員 120万円
太平洋アソシエイツ平日会員 100万円
関西エリア正会員 120万円
太平洋宝塚クラブ 100万円

 太平洋クラブの会則上では、太平洋アソシエイツ平日会員60万円(税別)、関西エリア正会員150万円(税別)、太平洋宝塚クラブ120万円(税別)と明記しているものの、この度の書換手続き料は上記内容で行うとしております。

 名義書換の実務に関しては会員権業者44社を指定しており、この業者を経由にて受け付けるとしております。では指定業者で無ければ当該会員権を取り扱えないのかと言えば、そうでは無く、指定業者以外の業者が扱った物件は、指定業者を経由して太平洋クラブへ提出して欲しいと言う事です。

 尚、現在行われている会員募集に付いては、3月31日まで行われその時点で終了します。しかしながら太平洋クラブパーソナル会員、太平洋クラブパーソナル会員プラス1、太平洋クラブコーポレート会員に付いては、引き続き募集を継続して行くとしております。なぜならばこれら会員権は、譲渡不可の為に会員権市場へ影響を及ぼさない為です。

 太平洋クラブに関する最近の動向を伝える記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
太平洋クラブは2018年4月より年会費改定