「富士の杜ゴルフクラブ」がアコーディアグループ入り

  • 投稿日:
  • by

 株式会社アコーディア・ゴルフ(代表取締役社長:平林朗_以下アコーディア)は、2018年2月6日静岡県駿東郡の「富士の杜ゴルフクラブ」を、2018年3月1日に取得する事になったと広報を通じて明らかにしました。

 これは当該ゴルフ場の保有会社である株式会社秀地コーポレーション(代表取締役:菊地健_以下秀地コーポ)、その株主である菊地健氏と株式譲渡契約を締結した事によるものだとしております。

 当該ゴルフ場には秀地コーポ以外にその資産保有会社である株式会社秀地ゴルフデベロップメントと、運営会社である株式会社秀地ゴルフマネージメントが存在し、この3社に付いて秀地コーポを存続会社として吸収合併手続きを行います。この手続きが完了する日を2018年3月1日としており、この日をもってアコーディアへ引き渡される事になります。

 アコーディアは優良なゴルフ場施設を取得し収益改善を図ることを成長戦略の柱の一つとしており、この度のゴルフ場買収に付いても戦略上の一環であると説明しております。今後はクラブハウスなどの改修を行い、年内中にリニューアルオープンしたいとしております。

当該ゴルフ場譲渡会社の概要は、下記の通りです。

商号 株式会社秀地コーポレーション
代表者 代表取締役 菊地 健
所在地 東京都新宿区舟町1番地
設立年月日 2007年2月21日
主な事業 スポーツ施設の保有、運営
資本金 1,000万円

 当該ゴルフ場はかつて太陽カントリークラブとして1972年に開場し、株式会社太陽カントリークラブ(代表取締役:高橋孝)が経営しておりました。ところが2012年9月同社は破産手続きに入り、その年の12月に従業員全員を解雇しゴルフ場を閉鎖しました。2013年4月より秀地コーポのゴルフ場として、今日に至っております。

 アコーディアは2018年2月5日現在、132のゴルフ場と運営受託を含む27の練習場を経営しております。