宇都宮カンツリークラブは名義書換料減額期間を当面継続へ

  • 投稿日:
  • by

 栃木県の宇都宮カンツリークラブでは、会員権の名義書換料を減額して受付て来ておりますが、2017年12月24日に開催された役員会に於いて、この措置を当面の間継続するとして決議しました。名義書換料減額は特約期間として、2015年7月11日より2017年12月末までの約2年半に限定されていました。

 しかしながらこの度<当面の間>と決議した事は、期間を限定しないとの意味合いであり、これはクラブを取り巻く環境に大きな変化が無い限り、この減額料金体系が無期限に継続されて行く、と受け取れるものです。この内容は、ある意味料金改定とも言えるものです。

 この様な決議に至った背景には、この2年半に於ける書換実績が、大きく影響している様に思われます。クラブによればこの間、第三者譲渡や親族への贈与などを含めた会員権の名義書換件数は、約320件に及ぶとの事です。

 月平均約10件におよぶ書換件数が、クラブ活性化に大きく影響し、書換収入のみならず来場者数も伸びているとしております。同クラブの減額料金は下記の通りですが、金額は全て税別と成っております。

        名義書換料
会員種別 通常料金 減額料金
法人正(2名) 120万円 60万円
法人正(1名) 60万円 30万円
個人正 60万円 30万円
週日(月~土) 30万円 15万円
冬期会員 15万円 7.5万円
法人内登録者変更 20万円 10万円

 冬期会員とは12月15日~翌年4月15日まで利用出来る会員権です。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
宇都宮カンツリークラブ