第6回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者発表_1月29日

  • 投稿日:
  • by

第6回日本プロゴルフ殿堂_2018年1月29日.jpg 2018年1月29日(月曜日)一般財団法人日本プロゴルフ殿堂(理事長_松井功)は、都内会場に於いて第6回日本プロゴルフ殿堂顕彰者を発表しました。今回顕彰された方々は、レジェンド部門から故・藤井義将(ふじい よしまさ)氏、プレーヤー部門から金井清一(かない せいいち)氏と吉川なよ子(よしかわ なよこ)氏のの合計3名です。

☆ 藤井 義将 (1929年7月1日~2015年2月26日)
福岡県出身。21歳でプロ入りし、1962年に埼玉県の霞ヶ関CCとトーナメントプロ契約。ゴルフ場所属では無く、トーナメントで活躍する新しいスタイルの先駆けとなった。
日本オープン1勝、日本プロシニア2勝など通算23勝。

☆ 金井 清一 (1940年7月24日生まれ77歳)
新潟県出身。東京・秋葉原の電器店で働いていた時に覚えたゴルフにのめり込み、1965年にプロテスト合格。サラリーマン出身でゴルフ場に属さず師匠を持たない、当時では珍しいプロ。
日本プロ2勝、関東プロ1勝などレギュラーツアー12勝、シニアツアー17勝、シニア賞金王5回などの戦績を残す。

☆ 吉川 なよ子 (1949年2月18日生まれ68歳)
北海道出身。中学卒業後札幌市内で働き、19歳で皇子山CC(滋賀県)にキャディーとして就職。1972年23歳でプロテストに合格。
日本女子オープン2勝、JLPGAレディーボーデンカップ1勝、マツダジャパンクラシック1勝など通算29勝。1988年には賞金女王となる。

      第6回日本プロゴルフ殿堂_2018年1月29日-1.jpg     第6回日本プロゴルフ殿堂_2018年1月29日-2.jpg 

 この記者会見上で松井理事長は2020年頃を一つの目安として、公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)が1979年に兵庫県の廣野ゴルフ倶楽部に設立した<JGAゴルフミュージアム>と、当該ゴルフ殿堂との合体・統一を視野に入れて、JGA側と話し合いがもたれている事を明らかにしました。

 目指すものは日本版の<世界ゴルフ殿堂>とも言えるものですが、その必要性に付いては大方のコンセンサスが、双方に出来上がっているとの事です。この様な組織が出来上がったならば、アマチュアやプロなどのプレーヤーに限らず、幅広い分野よりゴルフに貢献された方々が顕彰されて行く事と思われます。

 尚、顕彰式典に付きましては、2018年3月23日ジャパンゴルフフェア会場にて行われます。関連する前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
第5回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者発表