タイガー ウッズ選手5月29日違法運転容疑で一時身柄拘束

  • 投稿日:
  • by

 プロゴルファーのタイガー ウッズ選手が、現地時間2017年5月29日未明にアメリカ・フロリダ州で車を運転中、地元警察により「違法運転」の疑いで逮捕されました。その数時間後に同選手は保釈金無しで保釈されたのですが、逮捕時は飲酒運転か或いは薬物による影響を疑われておりました。本人曰く「アルコールは摂取していない」としており、翌30日に明らかにされた検査結果は、それを裏付けるものとなりました。

 日本における同選手逮捕の一報は、5月30日多くのメディアが報じました。その報道と共に添付された同選手の顔写真は、これまでゴルフを通じて報道されてきたものとは全く別人の様でした。筋肉が弛緩し眠気からさめきらない人の様で、犯罪者の指名手配ポスターだと言われても、疑う人が少ないだろうと思われる様なものでした。

 この度の事件の要因に関して同選手は、「処方された複数の薬を服用したが、予想もしなかった強い副作用が出てしまった」、としております。

 同選手は膝や腰の故障に苦しんでおり、2008年4月の左ひざ手術から始まり2014年3月と2015年9月、更には2017年4月の4度に渡り体にメスを入れており、今まさにリハビリ中でした。この事から現在でも薬の服用を継続している事は、納得出来る話であるものの、この度の逮捕劇はあまりにも同選手の軽率さが、前面に出てしまった様に思われてなりません。

 白い歯と笑顔そして試合におけるアグレッシブさは同選手の持ち味だったと思いますが、怪我を克服しもう一度ツアーの最前線へ踊り出てくる事を、見たいと思うゴルフファンが多い事も忘れてしまっては困ると言わざるを得ません。アスリートの鏡と成れるのか、世界が注目しております。この様な事で立ち止まっている暇は、無いのでは無いでしょうか。