アコーディア・ゴルフ2017年新体制が明らかに

  • 投稿日:
  • by

 (株)アコーディア・ゴルフは2017年3月28日に広報を通じて、株式上場廃止後の2017年新役員体制を明らかにしました。退任した取締役と監査役は13名、新任は4名と言う事に成りました。詳細は下記の通りです。(敬称略)

役職 退任 新任
取締役 鈴木 隆文 加笠 研一郎
取締役 道田 基生 池田 大輔
取締役 野中 貞徳 望月 智洋
取締役 丹羽 文彦
取締役 前川 充留
取締役 平山 伸子
取締役 山口 公明
取締役 網谷 充弘
取締役 吉井 敏昭
監査役 對田 恒雄 半田 智英
監査役 蔵口 勝
監査役 廣渡 義紀
監査役 野間 武

 2017年4月1日以降は、上記新任された4名と代表者の田代祐子氏の5名にて、当該法人を切り盛りして行く事に成りました。取締役を退任された鈴木、道田、野中、丹羽の4氏は引き続き会社に残り、常務執行役員と言う役職にて業務を担う事に成りました。

 尚、新任されました4名はMBKパートナーズ(株)の代表者及び社員の方々で有り、上場していた(株)アコーディア・ゴルフの株式公開買い付けを、主導した法人の構成員と言う事に成ります。その方々が今やベールを脱ぎ、前面に躍り出て来たと言えますが、これは公開買い付け前からのスキームでも有りました。