東京五日市カントリー倶楽部は名義書換料減額期間を2年延長

  • 投稿日:
  • by

 東京都の東京五日市カントリー倶楽部は、会員権の名義書換料減額措置を2年間延長する事を、2月21日明らかにしました。この減額措置は、2007年4月1日より行われてきましたので、今年2017年の3月末で10年間と言う歳月を経過する事になります。

 この期間が更に2年間延長と言う事は、2019年3月末迄で12年間に及びます。具体的な金額は、下記の通りです。

一般譲渡
会員種別 通常料金 減額料金
正会員 100万円(税別) 50万円(税別)
平日会員 50万円(税別) 25万円(税別)

 「会員権の流通活性化」を主な目的として、倶楽部理事会の決定により今般更なる延長となった訳ですが、ある意味一般ゴルファーにとって、減額料金が通常料金であるかのイメージも、定着している様に思われます。既成事実化された現行料金体系ですが、形式上も改定する時期が来るのでしょうか。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
東京五日市カントリー倶楽部