日本カントリークラブは入会条件を改定_クラブ発足以来の大改革

  • 投稿日:
  • by

 埼玉県の日本カントリークラブは2013年11月開催の理事会に於いて、入会条件を大幅に改定致しました。そしてこの決議内容は即日実行されました。1970年のクラブ発足以来、法人名義の会員権を個人名義へ変更する事は出来ませんでしたが、この変更が出来る様になりました。画期的な出来事と成りました。その他11月の理事会で決議された内容は、下記の通りです。

  • 紹介会員は正会員1名のみで、理事紹介不要。
  • 法人名義会員権を記名人の個人名義へ変更する場合、名義書換料は正会員60万円(税別)。

 クラブは法人主体の運営を目指して、今日に至っておりました。法人会員が増える事は有っても減る事の無い、個人会員は減る事は有っても増える事の無いクラブ規約・会則でした。しかしながらこの度の改定は、ある意味コペルニクス的転回であり、会員権を取り巻く市場の流れに即して対応して行こうとする、クラブ側の姿勢の様に受け止められます。

 今後は法人名義の会員権に付いて、その流動性が高まる事は言うに及ばず、法人の登録者が自らの名義へ変更して、リタイヤ後のゴルフライフを楽しみたいと言うニーズが、増加するものと思われます。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。

日本カントリークラブ