大林組はオールドオーチャードゴルフクラブを買収

  • 投稿日:
  • by

 (株)大林組は2月を目標に、オールドオーチャードゴルフクラブを経営している(株)テルスターの全株式を取得し、買収する事になりました。

 2月よりコースを改修の為にクローズし、6月からはパブリックとして再オープンさせる予定です。 旧会員へは預託金を、全額返還する予定との事です。

 同ゴルフ場は1991年8月に、飛島建設グループ関連コースとしてオープン致しました。しかしながら、同グループの財務内容の悪化から、翌1992年3月には約400億円にて経営会社の全株式を売却したのです。

 この株式を取得したのは、日本生命グループの関連会社、三機工業(株)、(株)大林組など合計7社でした。中でも日本生命グループは40%を出資しており、同ゴルフ場は日本生命の関連コースであると一般的に観られておりました。(株)大林組は、千葉県のデイスターGCを含めて、現在4コースを経営しております。