タグ「ゴルフ会員権」が付けられているもの

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の大栄カントリー倶楽部では2022年4月1日より、会員権の名義書換料を改定します。その概要は下記の通りです。

会員種別 改定前(税込) 改定後(税込)
正会員 1,320,000円 1,650,000円
平日会員 660,000円 825,000円

 この度の改定は、2022年2月6日に開催された当該倶楽部理事会にて、決議された内容です。上記内容は正会員で30万円、平日会員で15万円の値上げとなります。単純な評価をすれば、会員権市場に於ける会員権価格へ、悪影響を及ぼす様に思われますが、今年度の名義書換件数は40件ほどで、着地するのでは無いかと予想されています。

 これはゴルファーより高評価を得られているが故の結果だと思われますが、上昇基調はこの様な現象のみならず、昨年2021年6月より行われた210万円(保証金100万円+入会金税込110万円)募集は、大変好評で同年12月には80口を完売したとの事です。

 この様な追い風を受けての名義書換料改定ですが、この事により若干名義書換件数は、落ち込むのでは無いかと当該倶楽部では想定しており、既に織り込み済みです。自信に満ちた倶楽部運営を行っている大栄CCの姿は、市場の会員権価格と運営実績は必ずしもリンクしない、と言う好事例なのかも知れません。

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 鹿島の杜カントリー倶楽部(茨城県)では、2022年3月1日より第二次新規会員募集を開始しています。募集概要は下記の通りです。

募集会員 正会員(個人、法人一名記名式)
募集金額 440,000円(入会金+消費税)
募集口数 100口
募集期間 2022年3月1日より定員に達する迄

 当該ゴルフ場は過去2度に渡る法的整理を経て、2016年11月30日にPGMグループ傘下と成りました。それまで多くの苦渋を味わって来た当該倶楽部会員ですが、会員数は旧経営者時代を含め、過去幾多の会員募集を経るも、増減の繰り返しにより2022年3月時点で1,000名前後で推移しています。

 PGMグループでは安定した倶楽部運営を行って行く上で、一定数の会員数確保は必須テーマで有り、今後も予想される現高齢会員の退会傾向を見据えた場合、補充会員の募集活動は適時行う必要があるのだと思われます。

 この様な流れの中、2017年8月3日から開始されたPGMグループ初の会員募集は、この度の募集内容とほぼ同様ですが、2021年12月末に200口完売をもって終了しております。この度は口数を100口とし行うものですが、ゴルフ会員権に対する社会の認識に新たな風が吹き始めている今日、フォローの風を上手に捉えられるか、同グループの手腕にかかっています。

 ちなみに当該倶楽部会員に預託金を有している方は皆無であり、全員が無額面のプレー会員との事です。此れは前経営者がPGMグループへ当該ゴルフ場を譲渡するに当たり、預託金の整理を行っている関係からです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鹿島の杜カントリー倶楽部では8月3日より会員募集開始

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の神奈川カントリークラブでは、2022年4月1日より会員権の名義書換料を改定します。その概要は、下記の通りです。

会員種別 改定前(税込) 改定後(税込)
正会員 220,000円 330,000円
平日会員 165,000円 220,000円

 当該クラブでは、過去10年間に2度の名義書換料改定を行って来ており、今度は3度目になります。振り返るならば2014年9月9日は、正会員税抜き30万円から税抜き10万円へ減額、2017年2月1日には正会員税抜き10万円から税抜き20万円へ増額しています。

 この度の改定により、2014年改定前の料金設定まで、戻る事になりました。試行錯誤の跡を残しつつ、適切妥当な価格へ辿り着いた、と言う事になるのでしょうか。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
神奈川カントリークラブでは法人無記名会員を募集中

富士レイクサイドCCは39年ぶりに年会費改定

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 山梨県の富士レイクサイドカントリー倶楽部では、2022年4月1日より会員の年会費を改定しますが、現在の年会費額が定められたのは1983年4月1日ですから、かれこれ39年ぶりと言う事になります。

 其の概要は、下記の通りです。

会員種別 改定前(税込) 改定後(税込)
正会員 33,000円 44,000円
平日会員 27,500円 38,500円

 この度の改定は、2022年1月に開催された理事会にて、決議された内容です。ところでこの理事会では、2020年3月1日より行われている会員権の名義書換料減額措置について、1年延長し2023年3月31日まで継続する事も決議されています。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士レイクサイドCCでは3月1日より入会条件緩和

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 浜野ゴルフクラブ(千葉県)では2022年4月1日より、会員権の名義書換料を改定します。その概要は下記の通りです。

会員種別 改定前(税込) 改定後(税込)
正会員 1,100,000円 2,200,000円
平日会員 550,000円 1,100,000円

 当該クラブに於ける現在の名義書換料が、定まったのは2001年10月1日です。その翌年2002年7月15日以降は、経営会社の法的整理手続きなども有り、一時的に名義書換は中断していました。その後の再開は2007年4月1日ですが、料金そのものに変化は無く今日に至っています。

 この度の値上げに関しては2021年秋も終わり頃、会社内部で持ち上がり、決定は年を越しました。今回若干早めの当該クラブによるニュースリリースは、書換料値上げによる市場の混乱を避けるべき、との判断が機能しました。発表から実施までの期間が有る事で、退会会員及び新規入会者が、不利益を被るリスクを軽減出来ると考えられた為です。

 この度の値上げ目的は、得られるであろう増収分をクラブ施設改修などへあてたいとの事の様ですが、此れはあくまでこれ迄の実績と同数の書換件数を確保出来た場合の話であり、机上の計算通りにいかないのが常です。果たして当該クラブにとって、狙い通りの果実を得られるものでしょうか。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
浜野ゴルフクラブは書換手続き時にプレート類を回収せず

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg レインボーカントリー倶楽部(神奈川県)では13年ぶりに、2022年3月1日より会員の年会費を改定します。その概要は下記の通りです。

会員種別 改定前(税込) 改定後(税込)
正会員 38,500円 49,500円
平日会員 27,500円 39,500円

 この改定は2021年10月に開催された理事会にて、承認され実行されるものですが、この値上げ分に関する収益は、今後予定されている様々な改修費用に充当されます。例えば13番ホール・ティーングランド、コース内トイレ等など、これらは必須課題になっている様です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
レインボーカントリー倶楽部の経営会社は7月1日商号変更

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 東京建物株式会社が経営する茨城県のジェイゴルフ霞ヶ浦では、2022年3月1日より正会員の募集を開始します。概要は下記の通りです。

募集会員 正会員(個人、法人一名記名式)
募集金額 935,000円(入会金85万円+消費税)
募集口数 50口
会員資格 譲渡可
募集期間 2022年3月1日より定員に達する迄
既存会員権 募集中は既存会員権の名義書換停止

 設立当初の経営会社であった日本ビルプロジェクト株式会社が破綻した事により、約580名が在籍する既存会員の会員権は全て無額面のプレー会員権です。此れに歩調を合わせるが如く、今回の募集もまた無額面のプレー会員権になります。

 今会員募集の意義は、クラブ活性化をメインとしています。月例競技やクラブ選手権などの日常的活動が行われているとは言え、580名ほどの会員数では層の薄さは如何ともしがたく、会員数の増強は予てからの懸案でした。

 なお募集開始と共に、110万円を入会希望者がクラブへ支払い行う、既存会員権の名義書換手続きは、同日より停止になり解除予定は現時点で立っていません。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ジェイゴルフ霞ヶ浦では5月1日より名義書換料を減額して対応

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 鎌倉カントリークラブ(神奈川県)では会員権業者による証券確認について、書面をFAXでやり取りする以外は受け付けないとしております。個人情報保護法が制定されて以降、一時的に電話での対応もしていた様ですが、現在では書面のみとの事。

 会員権業者にとって「証券確認」は必須の作業で有り、この部分を省略しては、何事も進まないと言えます。会員権業者とゴルフ場の担当者による電話の話し言葉のみでは、「言った」或いは「言わない」の間違いが起きますし、また用語に関する理解度も共通したものであれば良いのでしょうが、中々平準化していないのが現状です。

 当該ゴルフ場ではFAXのみとしている事から、電子メールでの受け付けは、現時点で対象になっていないのだと推察されますが、いずれこの部分を発展させて行かざるを得ないのでは無いでしょうか。当該ゴルフ場では個人情報保護法を念頭に於いての対応になっていますが、肝心な点は間違いから引き起こされるトラブル防止、此処が会員権業者とゴルフ場との1丁目一番地なのだと言わざるを得ません。

 当該ゴルフ場の遵法精神は大変立派であり、会員権業者もその点は同様に理解し行動ています。今後は多くのゴルフ場に於いて、証券確認手法を時代に合ったものへ昇華出来るか否かが、会員権をスムースに流通させて行く為の、重要なポイントに成ると思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鎌倉CCでは1998年頃より印鑑証明書の有効期限を半年へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 株式会社太平洋クラブでは2022年3月1日より、太平洋クラブ正会員権の名義書換を開始します。その概要は下記の通りです。

会員種別 改定金額 キャンペーン金額
太平洋クラブ 2,750,000円(税込) 2,200,000円(税込)
関西エリア 2,200,000円(税込) 1,650,000円(税込)
太平洋クラブ宝塚 1,100,000円(税込) 1,100,000円(税込)

 前回名義書換を停止にしたのは2018年10月1日ですので、今回は約3年半ぶりでの再開になりますが、期間は本年の9月30日迄での7ヶ月間限定になります。なお今回は、太平洋アソシエイツは対象外となっており、同社によれば別途期間を設け実施するとしています。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
太平洋クラブは来春に名義書換料を改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 静岡県の大富士ゴルフ場では2021年8月1日より、会員権の名義書換料減額キャンペーンが行われています。通常正会員は税別550,000円のところ、110,000円にて2022年7月末迄受け付けるとの事です。

 当該ゴルフ場は1954年8月1日、県内3番目に開場しました。大変歴史の有るゴルフ場ですが、振り返れば1953年10月28日、富士市にゴルフを普及させ目的で、富士市と岳南鉄道株式会社が中心になり、発起人会が設立され今日に至っています。

 経営母体は富士急行株式会社ですがグループコースには、富士ゴルフコース(山梨県)やカントリークラブグリーンバレイ(山梨県)が有ります。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゴルフパークBandi 閉鎖へ_富士急行

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 大秦野カントリークラブ(神奈川県)では2022年2月1日より、名義書換料の減額キャンペーンを終了し、通常料金での受け付けとなります。その概要は下記の通りです。

会員種別 減額料金(税込) 通常料金(税込)
正会員 209,000円 495,000円
平日会員 110,000円 330,000円
週日会員 55,000円 220,000円

 此れ迄当該クラブでは2016年2月1日より2021年3月31日迄、例えば正会員であれば税別15万円へ減額し、名義書換を受付て来ました。その後2021年4月からは一時的に通常料金へ戻すものの、すぐさま8月に入ると正会員は、税別19万円への減額キャンペーンを再開したのです。

 今後もどの様な動きを見せるのか、会員権の名義書換料に付いては、しばらく静観する必要があるのかも知れません。当該クラブへ入会を検討しているゴルファーにとっては、悩ましい現象だと言えます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大秦野カントリークラブへ約5分の秦野スマートインター開場待たれる

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の大多喜城ゴルフ倶楽部では2022年3月1日より、正会員の名義書換料を改定します。此れ迄の330,000円から660,000円へ、実質2倍への値上げとなります。

 税別30万円の名義書換料が設定されたのは、今を去る事16年ほど前の2005年11月1日でした。長きに渡り30万円が定着して来たのですが、改定すべしと言うこの方針は、昨年から定まっていたとの事。従来の価格は、グループ内ゴルフ場の中でも突出して安価に設定されており、違和感を唱える声も出ていた様です。

 グループ内の整合性及び近在ゴルフ場名義書換料と比較検討し、これからの税別60万円が妥当だとの判断に落ち着いた様ですが、この事からもたらされるマイナスの側面として、一時的に書換件数が落ちるだろうと推察されます。この点はクラブ側も想定している様ですが、それ以上に上質感を出せる事を主眼に置いていると思われます。

 高級路線へ舵を切った当該ゴルフ場ですが、今後入会申請するゴルファーの属性が、どの様に変化して行くのか注目されます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大多喜城ゴルフ倶楽部では1月1日より年会費改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 我孫子ゴルフ倶楽部では2022年度に限り、会員からの協力金110,000円を求めないとして、1月から起算される年会費は198,000円のみと成りました。

 この協力金は2020年9月の理事会にて決議された時点で、1年間限定との制約を設け行われたのですが、予通り2021年11月14日に開催された同倶楽部理事会は、この内容を踏襲する事と成り、この決定を覆すような外部要因は発生しなかったと言えます。

 同倶楽部によれば、昨年1年間を振り返り大型コンペは減少するも、来場者はCOVID-19以前へ戻りつつあるとの事です。とは言え当該倶楽部会員である法人のコロナ対策方針が変更されない限り、大型コンペが復活するには、道半ばと言うところなのだと思われます。

 なお同倶楽部によれば、又協力金をお願いする可能性、つまり将来の経営状況如何によっては、残っているとしています。此れは会員が主人公である、株主会員制の宿命とも言えます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
我孫子ゴルフ倶楽部は2021年度より年会費を一時的値上げ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 烏山城カントリークラブ(栃木県)では2022年2月1日より、正会員の補充募集を開始します。概要は下記の通りですが、この募集に合わせ既存会員権の名義書換は、停止になります。

募集会員 正会員(個人、法人一名記名式)
募集金額 88万円(入会金80万円+消費税)
募集口数 200口(口数に達し次第、募集終了)
募集期間 2022年2月1日~同年12月31日迄

 現在の経営会社とクラブの原点は、前経営陣が法的整理を受け、それを引き継いだ2004年迄遡ります。当時在籍していた会員数は約840名でしたが、今日では約650名迄約200名が減少しています。この減少すなわち退会の要因は、会員の高齢化です。

 そしてこの現象は現在も継続されている事から、アクティブ会員の補充は、当該クラブにとって喫緊の課題となっています。現在の会員構成は比較的地元の方が多いとの事ですが、今回の募集は在籍する現会員の紹介をベースに展開されます。この為募集内容は既に、昨年12月全会員へ告知済みです。

 ちなみに当該クラブ理事長は、昨年11月に80歳に成られたプロゴルファーの松井功氏です。 

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
烏山城カントリークラブは10月1日より会員権の名義書換を再開

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 入間カントリー倶楽部(埼玉県)では2022年1月1日より、正会員の募集を行っています。2021年の昨年も同様の会員募集を行っている事から、募集活動の継続ともとれるものですが、概要は下記の通りです。

  • 募集会員 正会員
  • 募集金額 107万円(入会登録料税込77万円+預託金30万円)
  • 募集人員 50名
  • 資格譲渡 可
  • 入会条件 1、年齢満20歳以上
  • 入会条件 2、要面接
  • 入会条件 3、暴力団ならびにその関係者で無い事

 今年の特徴は優待条件を豊富にした点です。例えば複数口での入会に対する割引は本年も同様ですが、50歳未満の方や女性の方の単独入会に付いても、今回対象枠が拡され11万円が割り引きされます。更に50歳未満の方や女性が、複数でまとまって入会する場合は、22万円が入会登録料から差し引かれます。

 女性と弱年齢層へのアプローチが、強力になったと言えます。なおこの募集は口数に達し次第終了との事ですが、募集期間中も既存会員権の名義書換手続きは、停止にしないとしています。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
入間カントリー倶楽部では2021年1月より会員募集

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 飯能パークカントリークラブ(埼玉県)では2022年1月1日より、入会申請者へ求めていた「JGA加盟クラブに在籍している事」、と言う条件を撤廃する事になりました。

 この結果新たな条件は、下記の通りになります。
1、日本国籍を有する者
2、原則として年齢25歳以上
3、会員1名の推薦がある者
4、女性の入会は、女性名義の会員権を取得後に入会申請可

 大変ハードルが低くなった様にも思えますが、クラブ運営に支障をきたす様な人物を、現会員が推薦するはずも無い事から、クラブ側にとって大きな心配は不要なのでは無いでしょうか。入会の間口を広めた事で、クラブが活性化して行く効果面を、より期待出来るものと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
飯能パークCCは名義書換料を9月より改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 伊豆にらやまカントリークラブ(静岡県)では、毎年10件前後に及ぶ会員証書(会員証券)紛失の届け出が、会員及び相続人より有ります。

 しかしながら届け出が有ったと言え、証書の再発行を当該クラブでは行っていません。この事実を関東ゴルフ会員権取引業協同組合へ伝えたりするなど、半年間の告知期間を設け、当該クラブでは旧証券が無効である事を知らしめています。

 この手続きと期間を経て証券を紛失した当事者が、自らの会員資格を第三者へ譲渡しようとした場合、証券無しの状態で売買を行います。その後入会を承認された新入会者へ、当該クラブより新名義人の会員証書が発行される、その様な仕組みになっています。

 この事はあくまでも会員証書が証拠證券に過ぎない何よりの証左と言えますが、かつてこの様なクラブが他県に於いてもいくつか散見されています。会員権の流通と言う観点からは、至極合理的な内容だと思われと共に、いっその事会員制クラブに於いては会員資格契約書のみで、会員証書は不要にも思われてしまいます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
伊豆にらやまカントリークラブは完全セルフ営業へ移行

JGTOは2022年ツアー日程を公表

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 2021年12月23日一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、2022年度に於けるJGTOツアー及びABEMAツアー、それぞれの日程を明らかにしました。

ツアー 試合数 賞金総額
JGTOツアー 25試合 31億9943万5千円
ABEMAツアー(AbemaTVツアー) 10試合 1億6600万円

 JGTOツアーの2021年度単年での実績は24試合でしたので、来年は1試合増えた事になると共に、(JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP)が開催へ向け調整中の為、26試合に成る可能性があります。しかしながら49年間に渡り親しまれて来たブリヂストンオープンが、姿を消す事になったのは大変残念と言えます。

 AbemaTVツアー改めABEMAツアーは、昨年単年での実績が12試合でしたので、公表時では2試合減です。しかしながらJGTOツアーの1試合だった(ダンロップ・スリクソン福島オープン)が衣替えをし、ABEMAツアーでの開催へ向け調整中で有り、更にもう1試合が調整中との事から、数的には2021年度同様に成るものと思われます。

 なお(ZOZO CHAMP.)に付いては、日程、会場、賞金総額等などをJGTOから公表するとしており、此れ迄のUSPGA TOUR主導でのプレスリリースとは、若干異なつたニュアンスが読み取れます。いよいよ前澤氏が今後の3年間へ向け、主体的に動き出すのでしょうか。大いに注目されます。

2021年07月21日_相模原GC.jpg 相模原ゴルフクラブ(神奈川県)では、2021年12月12日に開催された同クラブ理事会にて、法人の入会資格に関する規定を明確にしました。此れ迄の上場企業と言う抽象的表現から、一歩踏み込んだ内容へ改定したのです。その概要は下記の通りです。

 法人会員入会資格
 1、東京証券取引所一部上場法人
 2、一部上場企業の連結対象子会社
 3、上記規定に準ずる企業で尚且つ会社法第2条第6項に定める法人
 4、登録者は役員又は準ずる者

 なお上記3番の詳細を会社法から引用した場合、(最終事業年度に係る貸借対照表に資本金として計上した額が5億円以上であること / 最終事業年度に係る貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上であること)、と言う内容になるものと思われます。

 この改定は2022年1月1日以降の受け付け分から適用される事になりましたが、今回法人格の線引きが明確になった事で、入会申請者を受け入れるクラブの審査側に於いては、より審査し易くなったものと思われます。なおボーダー上の企業に於いては、事前審査にて適合するか否かを、把握しておく必要があると言えます。

 この場合、事前審査で不適合に成ったと言え、イコール不承認とは意味合いが異なりますので、再度個人名義で入会申請する事になるのだろうと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模原ゴルフクラブは名義書換窓口(営業課)を新設

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 金乃台カントリークラブ(茨城県)では2022年1月11日より、全種別に渡る会員権の名義書換を停止にする予定です。ゴルフ場の経営母体が、変更になった事で停止していた名義書換が、再開されたのはついこの前の2021年7月1日でした。

 半年ほど市場を開放する事で、在籍会員が自らの会員資格を第三者譲渡出来る道をつくり、尚且つ新たな経営母体に対する一般的評価を経営側が客観的に見たかった、これらの思惑をこの策には見る事が出来ました。では今後市場を止める理由は、どの様なものでしょうか。

 一つは当該クラブ単独での会員募集が、想定されています。旧経営母体時には正会員が1,000名、平日会員が300名在籍していました。ところが当該ゴルフ場の身売り話が公表された時点で、買い受け会社はアコーディア社であるとの噂が会員間に流れ、此れを忌み嫌った会員の退会者が続出したのです。現時点では正平合わせ、在籍会員は約1,000名、約300名が減少しました。この状態を回復させる為の募集です。

 更にもう一点は、1月11日より2月末までの約2ヶ月間で、ハウスのリニューアルとコース改修が行われます。これは既に11月初旬に全会員へ告知済みとの事ですが、コース改修には電磁誘導式乗用カート導入に合わせた工事も行われます。なおこの間ゴルフ場は、クローズに成ります。

 変わりゆく金乃台カントリークラブ、現在の姿を目に残せておけるのも後わずかです。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
金乃台カントリークラブは7月1日より会員権の名義書換再開