滋賀県の朽木ゴルフ倶楽部を経営する株式会社朽木ゴルフ倶楽部は、2018年4月9日大阪地裁へ民事再生法の適用を申請しました。2001年8月には負債約百数十億円を抱え、大津地裁へ民事再生法の適用を申請しておりましたので、当該経営会社はこの度2度目と言う事になります。

 第1回目の民事再生手続きに付いては、大津地裁より2005年11月に終結決定を受けておりましたが、約12年半が経過した今日またもや負債約77億円を抱え、法的整理手をせざるを得ない状況となったのです。経営会社の概要は下記の通りです。

法人番号 1600?01?011878
商号 株式会社 朽木ゴルフ倶楽部
本店 滋賀県高島市朽木宮前坊67番地212
設立日 1976年1月16日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 前田義礼

 この度法的整理へ至った要因として4月12日付け帝国データバンクの速報では、<利用客減少と資金不足>と指摘しており、スポンサーを付けての再建を目指すとしております。申請代理人は共栄法律事務所(大阪府大阪市中央区北浜3-7-12/TEL06-6222-5755)の溝渕雅男弁護士です。

 関西の会員権業者によれば、大量会員のゴルフ場で会員権相場もつかない様な中、売りたい方は居られても買い注文が入らないのが現状との事です。今後どの様なゴルフ場再生プランをもってあたって行くのか、スポンサー企業の手腕が注目されます。

suginosato20180413.jpg 栃木県の杉ノ郷カントリークラブは、ゴルフ会員権の名義書換に於ける規則改定を、2018年3月に開催された理事会にて決議し、今年5月より施行する事としました。

 これまでゴルフ会員権を譲渡するに当たり、同クラブでは名義人の印鑑証明書の有効期限を3ヶ月として来たのですが、この規定がもたらす弊害は計り知れず、これを半年へ変更する事でより会員権が流通し易い環境づくりになるとして、経営会社である新栄観光株式会社の山崎社長は理事会へ提案したのです。

 印鑑証明書の3ヶ月規定は何ら法的根拠を見出だせず、この期限が過ぎてしまえば数十万円もした高価な会員権が、唯の書類と化してしまうと言う点は、会員に成ってゴルフ競技やクラブライフを楽しもうと考えているゴルファーを、委縮させてしまう以外の何物でもありませんでした。

 山崎社長の提案は、理事会においても即座に理解され改定となりました。

 現在広域の関東エリアに於いて、名義人の印鑑証明書有効期限を半年としているクラブは66にのぼります。ゴルフ会員権の流通環境を整える事は、各クラブの喫緊の課題に成っていると言え、今一度足元を見直して頂きたいものです。

 当該ゴルフ場の概略及び前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
杉ノ郷カントリークラブ
杉ノ郷カントリークラブでは預託金相殺制度を延長

 神奈川県の相模原ゴルフクラブでは、2018年3月25日に会員総会を開催し、会則及び入会審査規則を改定すると共に、「入会資格事前認定制度」を導入する事になりました。この制度は2018年5月1日以降の、入会申請に付いて適応されます。

 この制度はゴルフ会員権(当該クラブでは株券)を取得せずとも、入会審査を受ける事が出来る制度であり、入会承認が下りた場合その入会資格認定は、1年間有効とするものです。なお入会審査は通常と、何ら変わり無いものです。

 これまで同クラブでは入会審査にあたり、当該クラブの株券を取得した者が入会申請出来る、と言う規定が有りましたが、この度の制度導入と共にこの内容も同時に改定されました。これにより入会申請者のリスクは、大きく軽減される事になりました。

 クラブとしては実需による株券の名義書換が主流となる事を歓迎しておりますが、株式に譲渡制限を設けていない為、これまでの様に投資目的の株券購入需要が全く一掃されるかは、不透明な部分だと言えます。当該クラブの様に事前審査制度を設けている、関東圏に於けるクラブは下記の通りです。(順不同)

  1. 武蔵カントリークラブ
  2. 狭山ゴルフ・クラブ
  3. 高坂カントリークラブ
  4. 多摩カントリークラブ
  5. 横浜カントリークラブ
  6. 大利根カントリークラブ
  7. 京葉カントリー倶楽部
  8. 浜野ゴルフクラブ
  9. 我孫子ゴルフ倶楽部

 当該ゴルフ場の概略及び関連する前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模原ゴルフクラブ
相模原ゴルフクラブは相続・継承手続きの優遇措置拡大

PGMグループが銀座へゴルフ練習場を開設

  • 投稿日:
  • by

 PGMグループでは2018年10月「銀座松竹スクエア」内へ、インドアのゴルフ練習場を開設する予定です。同グループとしては初の試みとなりますが、その施設の名称は仮称ながらも<PGM ゴルフアカデミー銀座>です。

 様々なゴルファーを対象に料金体系などのシステムは、現在検討中との事ですが、PGMグループのプログラムを用いたレッスンやシュミレーションゴルフ、更にはクラブフィッティングまでカバー出来る様準備中との事です。

    PGMフロント・ラウンジイメージ.jpg        PGM一般打席イメージ.jpg

 8打席の練習場は広々としており、前後のプレーヤーを気にする事無く練習に励めるとしております。近在に勤務中の方であれば、簡単な着替えとマイクラブを持参し練習に打ち込めます。更にはPGA会員のプロゴルファーもついている為、スイングづくりにはもってこいの環境と言えます。

 長身のプレーヤーがドライバーを振り回しても、天井にあたらない空間は何と言ってもストレスを感じさせません。秋が待ち遠しくなりますが、開設場所は下記の通りです。

  • 所在地   :東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア2F
  • 交通アクセス:日比谷線・都営浅草線「東銀座」駅より徒歩2分

 2018年4月5日に開幕した第82回マスターズトーナメント2018は、8日の夕方米国のP・リード選手が、追いすがるリッキー・ファウラー選手を一打差で突き放し15アンダーで優勝しました。日本人選手の活躍は、下記の通りです。

選手 合計スコア 最終結果
松山 英樹 -3 19位
小平 智 0 28位タイ
池田 勇太 +9 予選落ち
宮里 優作 +10 予選落ち

 この度優勝したP・リード選手の活躍を振り返るならば、初日こそ4位タイと言う位置だったものの、その後は3日間通じて首位を守り切っての栄冠でした。これは昨年優勝したガルシア選手にも言える事で、同様の軌跡をたどっています。

 2年続けて同じような栄光のプロセスを経ていると言うこの事実を見るならば、厳しいメジャーの戦いに於いて予選落ちギリギリの選手が、ある日ビッグスコアを出して首位戦線に躍り出る様な事は、ほとんどまれだと教えてくれています。

 メジャー大会に於ける勝利の方程式は、4日間安定したプレーを首位戦線で続けられる事だと言えます。別の角度から見るならば、常に上位10選手の中から優勝者が、出て来るとも言えます。

 2018年3月27日東京都内に於いて、破産者株式会社ゴルフスタジアム(以下GS)事件_<平成29年(フ)第4797号>の第2回債権者集会が開催されました。出席者は破産管財人の島田敏雄弁護士とGS代表者の堀新氏です。更に堀氏に対峙する形で守る会メンバー約60名を中心に、100名ほどが結集しました。

 島田管財人曰く、破産法の定める「相殺禁止の規定」による調査を鋭意続行中との事で、これまでに勝ち取られた案件などが報告されると共に、疑問視せざるを得ない事案も明らかにされました。

 島田管財人は当該破産会社と取り引きがあった20社を中心に調査するも、その内約10社について資金流出を疑わせる内容が有り、今後この点を重点的に調査するとしております。その10社の関係性は複雑に絡んでおり、全容解明と共に資金回収の見込みが有るか否かについて、今後見極めて行く必要が有るとも語っております。

 島田管財人からの報告を受けた後、参加者15名が次々と堀氏へ質問をして行くものの、肝心要の点に付いて堀氏は「書面での質問状を下さい」と、明確な回答を渋るケースが目立ちました。しかしながら過去5年間に当該破産会社より2億1,800万円が流出した件に付いて、1億円が証券口座へ、その他は個人口座へ流れている事が判明したのです。

 更なる解明無くしてこの破産事件は、解決への方向性を見出だせない訳ですが、次回の集会は8月1日に開催されるとの事です。

千葉オープン石川遼選手優勝成るか?

  • 投稿日:
  • by

 2018年4月5日と6日の2日間競技である千葉日報社主催による「第47回千葉オープンゴルフトーナメント JCサービス杯」は、初日石川遼選手が7アンダーをたたき出し、首位に躍り出ました。本日6日は決勝日を迎え、石川選手がこのまま逃げ切れるのか、大いに注目されます。

 この試合は2日間競技と言え石川選手にとっては、復活を占なう重要な試合だと言えます。なぜならば初日首位に立ったからです。20~30位前後の平凡な位置であるならば期待も薄く、義理堅く選手会長と言う役職から大会を盛り上げる為に出場したのか、等と言ううがった見方をされてしまいがちです。

 最終日爆発力も無くずるずると後退し、優勝は他の選手にもっていかれましたなどと言うのでは、やはりダメかとの後ろ向きなイメージを多くのゴルフファンへ与えかねてしまいます。石川選手はここ数年体の不調やそこからくるスイングの乱れなど様々な要因が重なり、PGA TOURで思う様な成績を出せず、結果として2017~2018PGA TOURの選手カードを失ってしまいました。

 失意の中JGTO TOURで復活にかける事になった石川選手ですが、ある意味日本男子プロゴルフの隆盛は、同選手の活躍に大きく依存せざるを得ないのが現状です。初日首位に立ったからには、この好調さを最終日も持続して頂き、是非優勝カップを手にし今月から始まるツアー本戦へ望んで欲しいものです。

 試合会場は太平洋クラブ成田コース、パソコンやスマホでの観戦はhttps://front.golfnettv.com/で出来ます。

 先月3月28日2度目の民事再生手続きを申請した埼玉県の株式会社鳩山カントリークラブでは、2018年4月4日東京の練馬文化センターに於いて、会社主催の会員向け説明会を開催しました。約850~860人が入れる会場でしたが、半分ほど席が埋まった状態で、午後2時より開始されました。

 真下社長によるお詫びの挨拶と、申請代理人の一人である熊谷信太郎弁護士による説明が、終了したのは午後3時頃でした。この中で過去4期に渡る貸借対照表と、損益計算書の概要が示されたのですが、その内容は下記の通りです。

  期末  預託金残高   前期比 現預金残高   前期比
2015年1月 3,798,160,000 873,122,477
2016年1月 3,617,128,000 ▼181,032,000 679,453,130 ▼193,669,347
2017年1月 3,512,120,000 ▼105,008,000 640,390,432 ▼39,062,698
2018年1月 3,379,064,000 ▼133,056,000 440,353,375 ▼200,037,057

 前回の法的整理では、2015年5月預託金の据置期間満了後、請求が有り次第全額返還に応じる事になっており、その結果が2016年以降に預託金残高の減少として現れるのですが、これは同時に預金残高の減少にリンクしてきていました。

 この様な事態に危機感を抱いた真下社長は、償還原資の調達に動き、その活動を会員の補充募集へ求めたのです。数年間に及ぶ正会員と平日会員を募集した結果、192件7億1,300万円ほどを調達出来たのですが、退会者が引きも切らない状況は、伝家の宝刀を抜かざるを得ないところへ、真下社長を追いやったとも言えます。

 3時より会員による質疑が行われたのですが、何故退会者が毎年40名前後出てしまうのかと言う声は、大変貴重なものでした。この退会者の構成は、50~60歳前後のアクティブ会員が主流との情報も有り、この点は今後のクラブ運営上大きな課題を提起していると思えるものでした。また現在の預託金を保護する観点から、スポンサーを募る事も一方策なのでは無いか、との声も出て来ました。

 更には「突然の事でびっくりしており、会社に問題は無いとの説明を受けて、仲間を誘って平成28年に入会したが、だまされた感じで憤りを覚える」との男性会員の発言は、今回の事件を象徴する様なものだったと言えます。

 今後の展望として熊谷代理人は、預託金債務の株式化と当該会員権の相場を高めて行く事で、経営会社の健全化と会員の資産価値向上を獲得出来る、との1プランを語りました。この内容が現実味を帯びるのか否か、7月10日迄には地裁へ再生計画案を提出する必要が有ります。

 尚、当該ゴルフ場の概略と今事件に関連する前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鳩山カントリークラブ
鳩山カントリークラブは3月28日2度目の法的整理へ

 千葉県のザナショナルカントリー倶楽部千葉と埼玉県のザナショナルカントリー倶楽部埼玉を運営しております株式会社ザナショナルカントリー倶楽部は、2018年4月1日よりその本店を新宿より台東区へ移転しました。

旧住所
〒160-0023_東京都新宿区西新宿6-16-6 タツミビル9F
TEL 03ー5909ー0324 / FAX 03ー5909ー2730
下矢印.jpg
新住所
〒110-0016_東京都台東区台東一丁目16番3号
TEL 03ー6803ー0302 / FAX 03ー6803ー2970

 尚、千葉と埼玉の2倶楽部ともWEBサイトを一新しており、ビジュアルを重視した最新のものへ移行しております。時間と費用を費やしたものになっておりますので、是非ご一読下さい。各ゴルフ場のリンク及び過去の記事に付きましては、下記のリンクよりご確認頂けます。
ザ ナショナルカントリー倶楽部 千葉
ザ ナショナルカントリー倶楽部 埼玉
ザナショナルカントリー倶楽部千葉ではipadナビ付きカートを9月より導入

 東証一部上場の株式会社トレジャー・ファクトリーは、2018年3月15日株式会社ゴルフキッズの株式62.5%を取得し、子会社化した事を明らかにしました。また同日同社の専務取締役である野坂淳氏が、佐藤忠志氏に代わりゴルフキッズの代表取締役へ就任致しました。

 ゴルフキッズは1997年1月の設立ですから、20年以上におよぶ歴史を有し全国に21店舗を展開する、中古ゴルフ用品買取・販売会社です。

 トレジャー・ファクトリーは以前より「トレファクスポーツ」の業態にて中古ゴルフ用品を取り扱っていましたが、今後ゴルフキッズのノウハウを活用・発展させる事で、この分野を新たなる同社の業態として展開して行く事になるものと思われます。

 同社は1995年10月に「総合リサイクルショップ トレジャーファクトリー」として出発して以来、リサイクル市場を活性化させてきた訳ですが、この度本格的に中古ゴルフ用品市場へ参入した事になります。この分野へはゴルフ量販店なども既に参入してきており、今後激戦が予想されます。

 同社では今後ゴルフキッズでの店舗展開及びインターネットの活用と、多様化したチャンネルにて取り扱いをボリュームアップさせて行く事になりますが、何処まで素早くゴルファーへ浸透させて行けるのかが、この度の買収劇の成否を占なう大きなポイントになるものと思われます。