PGAゴルフアカデミーのフランチャイズ化

  • 投稿日:
  • by

    韓社長.jpg三品社長.jpg
          < 韓俊社長 >            < 三品社長

 一般社団法人PGAゴルフアカデミー(以下一社PGA)は本格的なフランチャイズ化を進めるに当たり、株式会社太平洋クラブ(代表取締役:韓俊)と兵庫県の東条の森カントリークラブ(代表取締役:三品智加良)、この2法人とフランチャイズ契約を締結したとして2020年6月明らかにしました。

 此れ迄公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、太平洋クラブ益子PGAコースと東条の森カントリークラブの2ヶ所を借りる形で、ゴルファー育成カリキュラムであるPGAゴルフアカデミーを展開して来ました。しかし今後は2法人がコースを提供すると言う受動的対応から、主体的にゴルファーの育成及び教育活動に関わって行く事になります。

 当然この活動には、いわゆる本部機能を持つ一社PGAへのロイヤリティが発生します。毎月契約法人は定額をー社PGAへ支払う事で、PGAゴルフアカデミーの経営及び運営に関するノウハウを得られ、支払い以上の収益を得られる可能性が出て来るのです。

 一社PGAでは今後近い将来の目標として、全国100ヶ所でこの活動を展開したいとしております。そこにはPGAの狙いとしてティーチング資格を有した会員を派遣出来る、つまり会員の職場を増やせると言う戦略も練り込まれているのです。何故ならばPGAゴルフアカデミーでは、ティーチングプロによるレッスンが必須に成っているからです。

 なおこのカリキュラムの中で特徴的なのは、級を設けている事です。一般的にゴルファーの腕前を知る上で目安になるのはハンディキャップですが、これはあくまでもラウンドスコアから判定されたものに過ぎません。しかしPGAゴルフアカデミーでは、それ以前に例えば傾斜地からの打球処理技術などを、どの程度生徒が理解し実践できるかによって、何級の腕前かを判定し付与しているのです。

 此れ迄とは異なったゴルフ概念が、此処には存在するのです。新しいゴルフ文化を一社PGAが築いていけるのか、大きな試練が待ち伏せている様にも思えます。とは言え期待値が、大きいのも又事実です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGA定例理事会報告_PGAゴルフアカデミーは東大阪スタジアムから

飯能ゴルフクラブは女性の入会制限を撤廃

  • 投稿日:
  • by

飯能ゴルフクラブ_tact.jpg 埼玉県の飯能ゴルフクラブでは、2020年度会員総会を6月21日に開催しました。総会への参加者は株主である正会員のみですが、此処で重大な決議が行われたのです。

 それは女性の入会制限を撤廃する事です。此れは同クラブの大きな転換点とも言え、しっかりと記録に残しておく必要が有ります。時代に即した会員構成にすべく舵を切った同クラブですが、では此れ迄同クラブに於ける女性の受け入れは、どの様なものだったのでしょうか。

 2008年8月まで女性の入会は相続継承を主体にしたものでしたが、2011年6月には女性名義の会員資格を取得した女性が、入会申請出来る事になったのです。此れ迄女性会員は旧会員の親族を中心に構成された訳ですが、これ以降親族以外であっても入会が可能と成ったのです。

 今回は更に広く女性へ、門戸を開いた事になります。しかしながら同クラブでは、施設関係の許容範囲を大きく逸脱して受け入れる事は出来ないとしており、一応の目安は200名ほどでは無いかとしております。2020年6月末現在で約150名の女性が在籍しておりますので、残るところ後50名ほどと言う事になります。

 今回この様な決議により、此れ迄市場に於ける割高な女性名義の会員権価格は、一般男性と同様なものへ下落する事になります。現在在籍している約150名の女性会員の内何名が、9年間に割高な女性会員権を取得し入会手続きを踏んだのか不明です。

 しかしながら同クラブでは、この様な女性へ迷惑をかけるよりも、女性を広く受け入れる事の方が、重要だとの認識に至ったのだと思われます。歴史の有るいわゆる名門クラブに於いて方針転換は、身を切る程の苦しさを伴うものだと言う事です。今後は同クラブに於ける女性の活躍が、目を見張るものほどになるのだと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
飯能ゴルフクラブ
飯能ゴルフクラブに於ける法人会員

コマツオープン2020が開催中止へ

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_22.jpg 2020年の9月10日から12日までの3日間、石川県の小松カントリークラブを舞台に『コマツオープン2020』を開催する予定でしたが、これを中止にするとして6月25日、公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)が明らかにしました。

 5月25日に緊急事態宣言が解除され、尚且つ6月19日には県をまたいでの往来が解禁されたものの、COVID_19に対する感染防止対策は引き続き求められております。この様な状況下から、関係者が協議し中止の結論を出す事になったとしております。

 主催者である株式会社小松製作所は、30年前よりシニアツアーへの理解と支援を様々な形で行って来ておりますが、当該大会は2007年を第1回目とし今年14回目を迎えようとしておりました。なお賞金の一部が主催者よりPGA、地元自治体更にはスポーツ振興団体へ、主催者より寄付されるとの事です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2012年男子シニアツアー第3戦尾崎直道選手がプレーオフを制す

TACT-CHARA_22.jpg 東証一部上場の株式会社廣済堂(東京都港区芝浦_代表取締役:根岸千尋)は、2020年6月8日に連結子会社である株式会社トムソンナショナルカントリー倶楽部を第三者へ譲渡した事を、翌9日広報を通じ明らかにしました。

 このニュースリリースに於いて同社は、「ノンコア事業であるゴルフ関連事業については、ゴルフ事業に係る知見とネットワークを有する譲渡相手先へ譲渡することが最善と判断」、したとしております。

 これにより同社は、ゴルフ場事業から完全に手が離れた事になりますが、振り返れば2008年から進められてきたゴルフ場事業撤退スキームが、これで完結したとも言えます。同社によれば譲渡先について、相手先の希望もある事から、公表出来ないとしております。

 これは気になるところでは有りますが、「ゴルフ事業に係る知見とネットワークを有する」とは、現在既にゴルフ場事業を展開しているところですよ、と言う意味に取れるものです。なお現会員については、従前と何ら関係が変更になるものではないとの事です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
株式会社廣済堂は傘下の国内3コースを3月27日に譲渡契約締結

        山本光学・フェイスシールド20200622.jpg
            < 超軽量フェイスシールドグラス YF-800L

 『SWANS』ブランドのスポーツアイ製品を製造・販売している山本光学株式会社(東大阪市長堂_代表取締役:山本直之)は、アドバイザリースタッフ契約をしている石川遼、芹澤信雄両プロを通じ、PGAとJGTO更にはJGAの3団体へ、『フェイスシールドグラス』合計3,000枚を6月15日に寄贈しました。

 このフェイスシールドは、マスクやメガネをしていても、その上から装着出来る様になっています。この商品の仕組みは至極簡単で、メガネフレームへシールドを取り付ける仕様に成っており、各パーツをパッケージから取り出し、直ぐに組み立てて使用出来ます。長年スポーツアイ製品を製造・販売して来た実績が、有るからこそ出来る技なのだと言えます。

 具体的な活用方法としては、各団体が行う様々な受け付け業務時に、スタッフが使用する事で多くの来場者からの飛沫を避けられ、また自らの飛沫を来場者へ飛ばす事が無くなります。使用後は各パーツを殺菌処理する事で、再利用が可能と成っています。今回この橋渡し役となった石川遼、芹澤信雄両プロは次の様なコメントを寄せています。

今後スポーツ界全体が、新型コロナウイルス対策と大会イベントを両立する「WITHコロナ」の考えを求められています。正しく感染拡大を防止しながら、ゴルフはもちろん、スポーツ界全体が安全・快適にスポーツを楽しんでもらえる環境を整えていければと思います。>_石川遼

プロトーナメントの現場で様々な感染対策を実施することは、皆様の普段の練習やコンペの際に行う対策の参考にもしていただけるかと思います。スポーツを楽しみながら、感染を防ぐ環境づくりを率先していきたいと思います。_芹澤信雄

『ゴルフを愛する皆様へ』ポスター完成

  • 投稿日:
  • by

         ゴルフを愛する皆様へ_2.jpg ゴルフを愛する皆様へ_11.jpg
           < ゴルフを愛する皆様へ、と題したポスター2様式

 『ゴルフを愛する皆様へ』と題したポスターが、2020年6月中旬に完成しました。COVID_19と上手に付き合って行かねばならない現状から、ゴルフ業界が如何にCOVID_19対策に取り組んでいるのかをアピールすると共に、更なる啓発活動の為に造られました。

 これはゴルフ16団体が加盟する「ゴルフサミット会議」による作成ですが、使用にあたってはゴルフ16団体に未加盟の組織体であっても、WEB上からデータをダウンロードし使用出来る様になっております。使用するに当たり紙質や大きさは任意であり、印刷費用は利用者負担です。そのURLは下記の通りですが、コピーし検索する事で確認出来ます。

https://www.golf-summit.jp/kansentaisaku/img/poster_a.pdf 

https://www.golf-summit.jp/kansentaisaku/img/poster_b.pdf

 6月19日には県をまたいでの移動も解禁と成った事から、ゴルファーにとって喜びを感じる反面、リスクも同時に高まる事を意味しています。ゴルフ場や練習場などに於いては、このポスターを掲示する事で、来場者の意識を鈍らせない様に仕向けて行く事が、何よりも大切だと言えます。

PGAが日本プロスポーツ協会を5月1日退会

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_22.jpg 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2020年5月1日付けで公益財団法人日本プロスポーツ協会から脱退(退会)したとして、2020年6月15日定例理事会後の記者会見で明らかにしました。

 脱退理由についてPGAの倉本昌弘会長は、「指導勧告を受けている団体に、役員としているのは芳しくない」、との指摘を受け決断したとの事です。

 日本プロスポーツ協会(代表者:島村宜伸)は2020年2月14日、行政庁(内閣総理大臣:安倍晋三)より「公益目的事業を行うのに必要な技能的能力を回復させる為の措置を講じなければならない」として、命令書なる命令を受けております。

 日本プロスポーツ協会の事業とは、プロスポーツ界で活躍した選手や団体を、毎年12月に『日本プロスポーツ大賞』として表彰する事です。この事業を推進して行く上での組織が、全く機能していない点が以前より指摘されており、2019年9月には一般社団法人日本野球機構が脱退を表明しておりました。

 更に今年2020年に入り、公益財団法人日本相撲協会や一般社団法人日本女子プロゴルフ協会なども相次ぎ脱退しており、今やその流れは止められそうにも無いと言えます。機能不全の状況から同協会は、立ち直る事は出来るのでしょうか。PGAの決断は賢明だった、と言えるのではないでしょうか。

『RBC Heritage』へ松山英樹選手参戦

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_22.jpg PGA TOUR 再開後の第2戦目は『RBC Heritage』です。この大会へは日本の松山英樹選手がエントリーしておりますので、今年の3月12日以来約3ヶ月ぶりでのツアー登場と言う事になります。

 日本のゴルフファンが注目するところは何と言っても、ザ・プレーヤーズ選手権の初日で見せた松山選手の快進撃を、また見せてくれるのか否かと言う点に付きます。COVID_19の影響下で調子を崩していないか大変心配になりますが、この大会以降徐々に感覚を取り戻して頂き、クールな松山選手をまた披露して欲しいものです。

 ところで本大会は4月16日~19日の予定で組まれていましたが、6月18日~21日へ移動し開催されるものです。参加選手は先週優勝のダニエル バーガーを含め151名です。会場はサウスカロライナ州のハーバータウンゴルフリンクス(7,099yd_Par71)ですが、このコースはピート ダイがジャックス ニクラウスと共に、造られたと言われております。

 なお大会開催に当たり行われたCOVID_19感染の有無を調べるPCR検査は、選手を含めた大会関係者数百名へ行うものの、全員が陰性反応との報道もあり、リスク管理がしっかり行われている様です。この模様は GOLF TV やGOLF NET WORK などで、早朝4時よりライブ配信されますが、特にGOLF TVでは日本語放送も準備されているとの事です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGA TOURは新たに4試合中止へ

TACT-CHARA_22.jpg 東証一部上場の三菱マテリアル株式会社は2020年6月1日、連結子会社である西日本開発株式会社を、6月30日に大阪府八尾市の平川商事株式会社へ譲渡するとして、広報を通じ明らかにしました。

 西日本開発社が保有しているゴルフ場は2コースあり、その一つは玄海ゴルフクラブであり、もう一つは筑紫野カントリークラブです。玄海GCは今を去る事30年前のバブル経済時には、法人接待用ゴルフ場として重宝されました。松林でセパレートされたレイアウトは、多くのゴルファーを魅了する定番のゴルフ場だったのです。

 今回譲渡に当たりその理由を三菱マテリアル社では、「事業ポートフォリオの最適化」を上げております。同社によれば当該2コースは、事業の多角化を進めていた時期に取得したゴルフ場であるものの、近年ゴルフ場事業の分離は課題にも成っていたとしております。その意味で今回の譲渡は、当然の帰結なのかも知れません。

 2コースは会員制ゴルフ場であり、当然会員の預託金もある訳ですが、それも継承する形で傘下へ組み入れる平川商事では、大阪の太子カントリー倶楽部と奈良のKOMAカントリークラブと言う2コースを既に運営中ですので、7月1日からは合計4コースに成ります。

 平川商事のゴルフ場運営に関しては、既に高評価を得ている事から、玄海GCと筑紫野CCがどの様に変化して行くのか注目されます。ちなみに三菱マテリアル社では、当該2コースのゴルフ場経営は、大変良好だとしております。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
シンハンドンへオープンの開催会場はKOMAカントリークラブ

        PGA倉本会長20200615.jpg
                < PGA 倉本昌弘会長

 2020年の今年、PGAシニアツアートーナメントへ新たに1試合が加わるとして、6月15日PGA倉本会長より明らかにされました。トーナメントの名称は『ISPS・コロナに喝!! シニアトーナメント』ですが、概要は下記の通りです。

競技名称 ISPS・コロナに喝!! シニアトーナメント
開催日程 2020年7月30日(木)~7月31日(金)
競技会場 朝霧カントリークラブ(静岡県)
賞金総額 30,000,000円
参加プロ シニア72名、ゴールド40名

 主催は一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)ですが、同協会の半田晴久会長より「コロナ禍で大変な時期なので、少しでも助けになりたい」、とPGAへ伝えられ急遽開催へこぎつける事になった様です。競技名称の命名は、半田会長自らが行っております。

 当該大会は7月に開催される事が決定した訳ですが、此れ迄シニアトーナメント初戦と見られていた、8月開催の「第7回マルハンカップ 太平洋クラブシニア」の前に、この大会は開催される事になります。今年開催中止を選択せざるを得ない大会が多い中、ある意味シニアトーナメント開催第一号と言う事になります。

 試合会場となる朝霧CCによれば、6月に入りこの決定と成った事情から、急ピッチでコース整備を行っているとしております。なお試合観戦はISPS関係者に限定され、フェースシールドと手袋の着用を、義務づけるとしております。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度PGAシニアツアートーナメントの概要