八王子CC・tact-top.jpg 東京都の八王子カントリークラブでは2018年6月現在、正会員と平日会員を合わせ、170名を若干名超える女性会員が在籍しております。この会員数は物故会員を除く、総会員数の約12.5%を占めています。

 クラブでは女性会員の上限を200名と予測しており、この数に到達する様な状況に成らない限り、女性の入会制限をクラブで検討する事は、無いのではないかとしております。正会員権は二株券、平日会員権は一株券ですから、入会したい会員種別を選択し、通常に市場で取得する事で女性は、入会申請が可能なのです。

 クラブは発足以来女性の入会に関し制限を設けた事も無く、また現在女性施設及びそれ以外の関連する件で、問題が提起されてもいないとしております。大変順調に運営されている事が解ります。

 女性会員数に占めるご夫婦は20組ほどで、残りの約150名は単独で入会手続きをされたゴルフ愛好家です。この中には女性会員が女性のご友人を誘う流れで、入会するパターンが多い様に見受けられると、クラブ関係者は語っております。

 ちなみにゲストを含めた女性の年間来場者数は、率にして年間総来場者数の約12%に当たる様で、徐々に増加しています。とは言え13%に到達する為には、まだまだ時間がかかる様です。

 当該ゴルフ場の概略と関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
八王子カントリークラブ
八王子カントリークラブでは1月より入会預託金額を改定

 千葉県のグレンオークスカントリークラブでは女性の入会に付いて制限を設けており、女性の入会申請は女性名義の会員権を取得してからでないと、2018年6月現在出来ません。これはクラブ側が女性会員数を一定に保つ事で、施設の許容範囲を超えない様にコントロールしている為です。

 例えば法人名義にて入会申請し、登録者が女性役員などのケースに於いても、女性名義の会員権を取得しなければなりません。この事は売り手側法人からすれば、自らの登録者が女性であれば女性を対象として、会員権を売却出来る事にもなります。

 とは言えクラブでは現在、761,000円+消費税にて正会員の補充募集を行っております。この全額入会金いわゆる無額面証券の募集を通じて入会する場合、女性の制限が有りませんので入り易くなっております。

 当該ゴルフ場経営会社は2004年に民事再生法の適用を申請し、同年7月に東京地裁より再生計画認可決定確定を受けております。そこから約14年が経過した今日、全会員が預託金の据置期間を満了しております。この間何度名義書換された権であろうとも、昨年入会した方であっても預託金返還請求権を行使出来ます。

 預託金額面が例えば25万円であれば、この金額が経営会社より担保されている訳ですから、当然市場ではこれ以上の金額で売却したいと考えるのは、名義人に於ける当然の行動です。これは裏を返せば入会者にとっても無額面証券よりは、預託金証券を取得した方がリスクを軽減出来る事につながります。

 女性ゴルファーにとっては、預託金額面の有る女性会員権を取得し入会申請する方法が、会員権代金にもよりますが最善の選択の様に思われます。当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
グレンオークスカントリークラブ
アコーディアゴルフは全ゴルフ場の入会条件から外国籍を撤廃

 神奈川県のチェックメイトカントリークラブでは、「入会登録金未納証券」と言う聞きなれない会員権が有ります。これを文字通り解釈しようとすると、入会登録金未払いとなっている証券が有ります、と言う事になります。

 この会員権を所有している会員から譲り受け名義書換をした場合、例えば220万円の額面であれば50万円減額され、新規入会者には170万円の新証券がクラブより発行されるとの事です。この点さえ取得者が納得済みであれば、名義書換に支障は無いようです。

 ではこの様な会員が現在何名在籍しているのかと言えば、正会員若干名との事で、正確な人数をクラブでは公表していないとしております。ただし東京事務所ではトラブルを避ける為、名義書換手続き時に必ず証券確認をして欲しい、と注意喚起しております。

 事の成り行きは会員募集にて入会した正会員へ、1983年に入会登録金100万円の支払いをクラブは要請するも、その支払いに応じなかった会員が対象との事です。その後この会員の証券が名義書換手続きされる場合、100万円を現金にて清算する必要がありました。会員或いは新規入会者の、どちらが支払うかは別にして。

 ところが2002年に、この様な手続きが改定されたのです。100万円の入会登録金は50万円へ減額され、尚且つ現金でのやり取りが無くなり、上記の様に証券額面より差し引くと言う手続きになり、今日に至っております。なお正会員の名義書換料は、2018年6月現在60万円と消費税のみです。

 当該ゴルフ場の概略と関連する以前に記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
チェックメイトカントリークラブ
チェックメイトカントリークラブに於ける地元会員とは

 茨城県のザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎では、2018年6月1日より正会員の補充募集を開始しました。その概要は下記の通りですが、募集業務は二次に渡り継続して行って行くとしております。なおこの募集中も、既存会員権の名義書換に付いては、停止にしないとの事です。

■ 1次募集
・募集金額 90万円(全額入会金)+消費税
・募集口数 50口
・資格譲渡 可
・年会費額 年間10万円(新規入会社は月割りにて請求有り)
・募集期間 2018年6月1日より定員に達する迄

■ 2次募集
・募集金額 100万円(全額入会金)+消費税
・募集口数 50口
・資格譲渡 可
・年会費額 年間10万円(新規入会社は月割りにて請求有り)
・募集期間 1次募集終了後より開始し定員に達する迄

 なおこの度の募集は会員の補充を目的としており、会員の高年齢化による自然退会は、避けて通れなくなっていると言えます。クラブでは2018年5月末時点での会員数を、下記の通り公表しております。

会員種別 口数
正会員 386口
法人正会員(2名記名式) 14口
家族会員(個人2名記名式) 5口
平日会員 192口
合計 597口

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎
ザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎は20周年キャンペーン開始

shiraho.cc_tact.jpg 茨城県の白帆カントリークラブでは、会員権の名義書換手続き時に提出される、名義人の印鑑証明書有効期限について、3ヶ月間と言う従来からの内規を改め、2018年6月1日より6ヶ月間とし受け付ける事になりました。

 これは2018年5月の会社役員会で決まったものですが、クラブ理事会に於いては、この変更事項を承知するも、クラブ会則にこの件が明記されていない事から、クラブ決議は不要との立場を取っています。

 この度の改定に付いて支配人は、この件は以前より検討して来た課題ですが、改定により会員権の流通性が高まるだろう事と、違法性が何ら無い事を確認できた為に踏み切れた、また理事の皆さんのご理解も大きい、と語られております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する過去の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
白帆カントリークラブ
白帆カントリークラブでは4月より名義書換時保証金充当を採用

茨城ゴルフ倶楽部の女性(婦人)会員権

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の茨城ゴルフ倶楽部では1987年より、女性(婦人)の入会を制限して来ました。それはこの年より女性(婦人)が入会する場合、女性(婦人)名義の会員権を取得後でなければ、入会申請出来ない事になったのです。この制度が定着して来たであろう1年後の、1988年11月下旬の当該倶楽部会員権相場は下記の通りでした。

会員種別 売り情報 買い情報
男性正会員 4,700万円 4,500万円
女性(婦人)正会員 5,500万円 4,600万円

 この数字を見る限りでは、男性権と女性(婦人)権の相場に、極端な乖離が無かった事を理解出来ます。この様な動きになった背景には、会員権価格自体高額であった事を、上げられるのではないかと思います。

 2018年5月現在同倶楽部の女性会員は、正会員が約80名、土曜日も利用できる週日会員が約50名、月曜日から金曜日まで利用出来る平日会員が約120~130名在籍しているとの事です。その総数は約260名にのぼり、総在籍会員数から割り出した率は約9%です。

 当該倶楽部会員権は大きな値崩れをしない優良銘柄で、常に売りも有れば買いもあると言う状況です。この事から会員権市場に於いても、活発に取引されています。この様な中で、女性(婦人)正会員権の年間書換件数は、2~3件との事です。欲しくとも中々売り情報が、入って来ないのだと言えます。なお男性権を相続にて取得した女性の会員資格は、将来譲渡する時女性への書換は出来ないとの事です。

 当該ゴルフ場の概略及び過去の関連する記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
茨城ゴルフ倶楽部
茨城ゴルフ倶楽部では相続による名義書換料を徴収する方針

パーゴルフ2018年6月12日号.jpg ゴルフ週刊誌『パーゴルフ』のご担当者より、ゴルフ会員権に関する原稿依頼が有ったのは2018年5月中旬でした。二度目と言う事も有り安易に引き受けてしまったのですが、何とか5月22日の締め切り日には、ご担当者へ原稿を送る事が出来ました。

 やれやれと思いながら日常業務にいそしんでいた当日の昼頃、ご担当者より赤文字でびっしりと書かれた添削原稿が、e-mailで突如送られて来たのです。と同時にご担当者からお電話もあり、内容は急な修正依頼でした。いわゆる<ダメ出し>と言うものです。

 文体が硬くなっている様なのです。ご担当者は私を気遣い「格調高い」などと表現し、慰めて下さったのですが、要するに使えませんよ!と言う事です。締め切りを確認したところ、23日水曜日の午前中には遅くとも欲しいとの事でした。

 ご担当者よりご指摘を受けた点に注意しながら、これまでの原稿に修正・加筆する事を止め、ほとんど一から書き直しました。何とか責任を果たせた様に思えたのですが、5月29日店頭に並んだ内容は『ゴルフ会員権 景気と同じく穏やかに回復か?』と言うものです。

 是非、お目通し頂きたくお願い申し上げます。
週刊パーゴルフ 6月12日号 420円(上田桃子選手が表紙)

 栃木県の唐沢ゴルフ倶楽部では、会員権の名義書換手続き時に提出される、名義人の印鑑証明書有効期限を半年へ改定しました。これは改定案を2018年5月中旬クラブ総務委員会へ図り、尚且つ5月下旬の理事会に於いて決議されたと言う、手続き手順を経た上での内容となりました。

 またこの理事会に於いては、昨年6月より今年6月末を締め切りとしていた、会員権の名義書換料減額キャンペーンを、更に半年継続して行く事も確認・了解されました。キャンペーン内容は下記の通りです。

  • 60万円(税別)⇒30.0万円(税別) 正会員
  • 25万円(税別)⇒12.5万円(税別) 平日会員

 当該ゴルフ場の概略及び関連する過去の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
唐沢ゴルフ倶楽部
唐沢ゴルフ倶楽部は女性の入会制限を撤廃

 埼玉県の入間カントリー倶楽部では、既存会員権の名義書換手続き時に添付される、名義人の印鑑証明書の有効期限を従来の3ヶ月から半年へ、2018年5月下旬改定しました。2018年6月1日以降の書類受け付け分から、適用されるとの事です。

 同倶楽部ではこの度の案件を検討するに当たり、理事会の開催は行っておりません。なぜならば印鑑証明書の期限に関する規定は、会員会則になんら明記されていない為で、理事会決議により改定とはうたっていないからです。

 事務処理側の内規を変更する事で、この度の改定は行われたのですが、会員権の流動化を第一義的に考えられた改定だったと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
入間カントリー倶楽部
入間カントリー倶楽部では1月1日より正会員の補充募集開始

資生堂/三浦桃香選手5月28日1.jpg

 女子プロゴルファーの三浦桃香選手(19歳_フリー)は、資生堂の日焼け止めブランド「アネッサ」とのスポンサー契約を、2018年5月28日締結したとして同日東京都内会場にて記者会見を行いました。

 日焼け止めの国内市場動向は年平均5%と穏やかに拡大している中、「アネッサ」は17年連続No1の売り上げシェアを獲得しているとの事。同商品はアジア市場に於ける成長率も目覚ましく、2014年から17年まで年平均プラス36%を獲得。

 成長著しいこのブランドが更に市場拡大へ向け、白羽の矢を立てたのが三浦選手です。同選手は9歳よりゴルフを始め、様々なアマチュア競技で活躍する中、高校生の頃から「アネッサ」は、手放せないゴルフアイテムになっていた様です。

 同選手は2018年前半のLPGAツアーを、昨年のQTランキング34位の出場資格で戦っており、話題にも事欠かないのですが、6月1日開幕の「ヨネックスレディス」よりこのブランドでの出場となります。「アネッサ」は太陽の下で活躍する人を応援したいとしております。