総成_tact.jpg 千葉県のPGM総成ゴルフクラブでは2019年7月1日、会員権の名義書換料を改定します。本来の名義書換料は、正会員税別200万円、平日会員税別100万円ですが、2016年4月1日より2019年3月31日までの期間、減額キャンペーンと称しそれぞれ100万円と50万円にて対応して来ております。

 その後2019年4月1日からは、本来の料金へ戻すものの、その期間はわずか3ヶ月間での改定と成ったのです。PGMグループ故に過去のしがらみにとらわれず、クラブの活性化と経済合理性を追求した結果なのだと思われますが、その総合的判断により出された結論は下記内容です。

第三者譲渡
正会員  100万円(税別)
・平日会員 50万円(税別)

相続継承
正会員  50万円(税別)
・平日会員 20万円(税別)

同一法人内登録者変更料
・正会員  50万円(税別)
・平日会員 20万円(税別)

 なおこの日より同クラブでは、充当制度も同時に発足させるとしております。この充当制度とは、会員権の名義書換手続きを行う上で、入会申請者は取得した会員権の預託金額を、名義書換料の一部或いは全てとして当てる事が出来るシステムです。

 例えば70万円額面の会員権を取得した入会申請者は、その金額全てを名義書換料の一部として、充当させる事が出来ます。そうすると入会承認後にクラブから請求される金額は、通常の名義書換料約100万円に対し70万円を充当させる訳ですから、約30万円となります。この手続きを行う事で新規入会者は、入会コストを大幅に削減出来るのです。

 ただし後日クラブより新規入会者へ送られて来る新証券は、預託金額の無いプレー会員権と成ります。またこの事はゴルフ場の経営会社にとって、預り金額を削減出来るメリットにつながり、財務内容の健全化へ貢献出来る事と成ります。双方にとり、それなりに利点の有るシステムと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGM総成ゴルフクラブ
レイクウッド総成CCのコース名称及び商号変更
レイクウッド総成カントリークラブは2月1日PGMグループへ

Bridgestone Golf TOUR B Cup 2019

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 株式会社ブリヂストンによるJGTOツアー『ブリヂストンオープンゴルフトーナメント』は、今年もまた秋のビッグイベントとして10月10日から13日までの4日間、千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースを舞台に開催されます。

 これに先立ち7月30日(火)、アマチュアゴルファーを対象にした『Bridgestone Golf TOUR B Cup 2019』が、開催されます。この試合はアマであれば、何方でも参加する事が出来ます。そして優勝及び2位の方2名には、10月に開催される上記トーナメントの本戦へ、参戦出来る資格が与えられます。

 受け付けは6月3日(月)から既に開始されており、その枠は80名の先着順と成っております。昨日同大会事務局のお話では、既に多くの方のエントリーを受け付けているものの、本日中であればまだまだエントリー出来る可能性が有るとの事です。エントリーは下記のURLをコピーし、WEBサイトへアクセスしてご利用下さい。
https://www.bs-golf.com/news_topics/event/2019/tourb_cup/

 競技にかかる費用は、プレー代金16,500円に参加費10,800円の27,300円ですが、これは最低限の必要経費と言う事になります。なお高校生以下の方は、参加費が8,640円と成っています。

 この大会は2017年より開始されており、今年3回目を迎えます。昨年は全国の16会場にて予選会を行いましたが、今年はトーナメント開催コースでの一発勝負と成ります。ブリヂストンでは上昇志向のアマチュアへ、トーナメントの雰囲気を味わってもらう為に、この様な大会を開催しております。

 我こそはと思われるアマの方に是非参戦し、尚且つ本戦への切符を獲得して欲しいものだと思います。

 関連する記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ブリヂストンゴルフ ツアービーカップ2017が九州と中部にて開催

藤ヶ谷CC_tact.jpgのサムネイル画像 千葉県の藤ヶ谷カントリークラブでは会員死亡後、その会員権を相続人が第三者へ譲渡しようとする場合、相続人へ名義書換をする事無く、必要書類を整え売却出来ます。

 相続書類に付いては多少の個人差はあるものの、1.会員死亡が確認出来る書類 2.法定相続人が確認出来る書類 3.遺産分割協議書或いは同意書 4.法定相続人全員の印鑑証明書などが必要に成ります。

 これらの書類をクラブでは、当該会員権の名義書換を前提に、相続人より預かる事もしています。この事で相続人関係の個人情報が、不用意に第三者へ漏れる事を防げるからです。とは言えこれはあくまでも、相続人からの依頼が有る場合のみです。これまでの取り引き慣習では、当該会員権の購入者でもある入会希望者へ、相続書類一式を渡しているケースが大半です。

 しかしながら個人情報保護と言う観点から今後の傾向としては、クラブへ相続書類を委ねるケースが増えるものと思われます。

 同クラブによれば年間数件ですが、相続人が被相続人名義の会員権を継承し、自らの名義へ書き換えるケースが有ります。この場合会員死亡日より一年以内であれば、通常の名義書換料の半額で手続き出来ると言う利点が有ります。又これとは別に会員より親族へ、生前贈与するケースも同様に、半額で手続きが可能との事です。

 ところでこの様な会員死亡による会員権の年会費は、どの様に処理されるのでしょうか。相続人より当該会員死亡の連絡を受け次第、次年度より年会費が発生しない様クラブでは処理しております。そして後日この会員権を譲り受けた新規入会者は、入会月から起算された月割りの年会費を、クラブへ支払う事で手続きは終了します。

 物故会員より年会費を徴収しない、と言うのが当該クラブの基本的スタンスです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
藤ヶ谷カントリークラブ
藤ヶ谷カントリークラブでは平日会員を4月より募集中

唐沢GC_tact.jpg 栃木県の唐沢ゴルフ倶楽部では2019年6月末をもって、現在行われている会員権の名義書換料減額キャンペーンを終了します。2017年6月20日から行われて来た同キャンペーンは、実質約2年間にて幕を閉じる事になったのですが、7月1日からは新たな料金体系と成ります。

 これまでの正規料金は税別60万円でしたが、キャンペーン金額はその半額で対応して来ております。このキャンペーンが本年6月末で終了する事は既定路線ですから、それ以降の取り扱いに付いて話し合われた5月の理事会は、7月からの料金体系を下記内容へ改定する事を決議したのです。
・正会員  45万円+消費税
・平日会員 20万円+消費税

 一般の第三者譲渡とは別に、同一法人内の登録者変更手続き料は20万円とプラス消費税、二親等以内への相続継承及び贈与は15万円とプラス消費税にて手続きが可能です。

 今後この新料金体系がゴルファーにどの様な受け止め方をされ、またどの様な実績を残して行ったのかを将来検証する場合、確認しておかなければ成らない点は、キャンペーン料金下に於ける名義書換実績に他有りません。この点に付いて倶楽部では、前年度(2018年4月~2019年3月)が約90件、前前年度(2017年4月~2018年3月)が約70件としております。

 これらの中身としては一般の第三者譲渡よりも、親族間の贈与による名義書換が非常に多かったとしております。

 現在の会員数は個人正会員1,198名、法人正会員257名、月曜日から金曜日まで利用出来る平日会員は23名在籍しております。この正会員及び平日会員は、唐沢コースと三好コース両コースを利用出来る会員の事です。なお唐沢コース単独の会員は、数名のみ存在している様ですが、三好コース単独の会員は皆無です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
唐沢ゴルフ倶楽部
唐沢ゴルフ倶楽部の法人会員

ヴィレッジ東軽井沢GC_tact.jpg アコーディア・ゴルフ・アセット合同会社(以下AGA)は2019年6月3日、群馬県のヴィレッジ東軽井沢ゴルフクラブを、株式会社バンリューゴルフへ譲渡いたしました。これは同日、株式会社アコーディア・ゴルフが広報を通じ、明らかにしたものです。

 当該ゴルフ場譲渡に関しては、2019年2月頃よりAGA内に於いて検討されて来た様で、4月24日には全会員へ経営が交代する趣旨の通知が、発送されておりました。この度のゴルフ場売買の手法は、M&Aによるものですから、AGAが保有していた株式会社ヴィレッジ東軽井沢ゴルフクラブの全株式を、バンリューゴルフへ譲渡する事で成立しております。

 この事による会員の権利及び義務に変更は無く、当該クラブ会員は引き続きゴルフプレーを継続する事が出来ます。この度のゴルフ場譲渡に関しその理由をAGAは、『アコーディア・ゴルフ・トラストのポートフォリオ全体の運用戦略とも合致したため』としております。

☆ 株式を譲渡する会社の概要
・商号  :アコーディア・ゴルフ・アセット合同会社
・所在地 :東京都品川区東品川四丁目12番4号
・代表者 :代表社員 一般社団法人AGT 職務執行者 高山知也
・事業内容:ゴルフ場の資産管理

☆ 異動する会社の概要
・商号  :株式会社ヴィレッジ東軽井沢ゴルフクラブ
・所在地 :東京都品川区東品川四丁目12番4号
・代表者 :取締役 田代祐子
・事業内容:ゴルフ場の資産管理

☆ 新経営会社
・商号  :株式会社バンリューゴルフ
・所在地 :兵庫県姫路市楠町99番地5
・代表者 :代表取締役 村上真之助
・事業内容:ゴルフ場及びレジャー関連施設の経営

 今回のゴルフ場譲渡により株式会社アコーディア・ゴルフは、当該ゴルフ場の運営より撤退する事になりました。またバンリューゴルフとしては、栃木県の東ノ宮カントリークラブに続き関東エリアでは取得2コース目と成りました。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ヴィレッジ東軽井沢ゴルフクラブ
東ノ宮カントリークラブは7月1日に村上氏グループへ譲渡される

        大根おろしの冷やし五島うどんと有田鶏のソースかつ丼.jpg
         < 大根おろしの冷やし五島うどんと有田鶏のソースカツ丼

 PGMグループでは2019年2月26日、同グループゴルフ場である別府ゴルフ倶楽部(大分県杵築市)を会場にして、同じく九州エリアのグループ14ゴルフ場から提案された、料理のコンテストを行いました。

 九州エリアのディレクターや支配人などで構成された審査員が、厳正に審査した結果、若木ゴルフ倶楽部(佐賀県武雄市)の料理長である中村崇彦氏の提案による、< 大根おろしの冷やし五島うどんと有田鶏のソースカツ丼 >が、最優秀賞を獲得したとの事です。

 上記写真がその料理ですが、涼しげで尚且つ夏場のパワーアップに貢献しそうな、美味しそうな一品に仕上がっています。この料理が満を持して6月中旬より、九州エリアの同グループ10コースで販売される事になりました。楽しみですね。

 ところでこの様なコンペは、PGMグループに限らず必要な施策の一つと言え、資本関係は無くとも地域のゴルフ場同士で、切磋琢磨していく事に利用出来るのではないでしょうか。マンネリ化したメニューを斬新に改革して行く、手法の一つとなり得るのでは無いでしょうか。

 PGMグループでは適時この様なコンペを開催している様ですが、今後は冬用のメニューに研究課題は移行して行くのでしょうか。これからも美味しいメニューを期待したいものです。

ゴルフ外来_我孫子東邦病院

  • 投稿日:
  • by

        我孫子東邦病院.jpg
            < 向って左側から瀬戸山部長と大城院長

 『ゴルフ外来』この聞きなれない部門を立ち上げ、患者のケアに当たっている病院が千葉県に有ります。それが我孫子東邦病院(千葉県我孫子市我孫子1851-1_TEL 04-7182-8166、病院長:大城充)です。

 ここでは年齢的なものからゴルフを諦める方、或いは体が痛くゴルフを続けられない方などを主な対象に、リハビリテーションを中心にした施術を行っています。そしてその狙いは、ゴルフ愛好家の方に長くゴルフを続けて欲しい、と言うものです。

 整形外科にはスポーツドクターと言う領域があるそうで、サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツには、必ずその様な専門の医療関係者が控えているケースが多いとの事です。しかしながら事ゴルフは、どうなのでしょうか。

 これまでゴルファーは様々な痛みを抱えていても、なかなか相談窓口を見つけられず、口伝え情報を基に、藁をもすがる気持ちで通院しているケースが多いと思われます。この様なゴルファーへ救いの手を差し伸べたいと、当該医院の大城院長と瀬戸山リハビリテーション部長(理学療法士)は考えたのです。

 大城院長が飛び込んで来る患者を診察し、何故その様な痛みが発生するのかの原因を、突き止めて行きます。これを受けて瀬戸山部長が、ポイントとなる部位の筋力アップなどの施術と、トレーニングメニューを考案して行きます。自宅でも出来るメニューが多い事から、リハビリからの卒業率が高くなっております。

 ゴルフ外来を開設したのは2017年10月16日ですが、その年の2ヶ月半は来院数ゼロでした。翌2018年は年間を通じ32名ほどの方が診察を受けており、徐々に浸透してきていると言えます。両氏はゴルフを健康と結び付けた生涯スポーツとして位置づけており、今後更に充実させていく為には、医学的見地をゴルファーへ広めて行く必要が有るとしております。

 ゴルファーの多い街我孫子、この地に於いてゴルファーから信頼され、再び患者がゴルフへトライ出来る体づくりを行う『ゴルフ外来』、これが両氏の目指す地域に根差した医療の目的です。

        ゴルフスタジアム事件20190531.jpg
            < ジャックス裁判へ向かう『守る会』有志

 ジャックスを被告とした「ゴルフスタジアム被害者を守る会」による、債務不存在確認請求事件<平成29年(ワ)第17494号>の公判が、2019年5月31日東京地裁にて行われました。ジャックスを被告とした当該裁判は、原告の人数が多い事から幾つかのグループに分かれており、今回は手柴弁護士を原告側代理人代表としたものです。

 当該裁判に於ける傍聴者は毎回多く、中には九州方面から来た事を伺うと、「守る会」の思いの強さを感じさせます。さて今回伊藤繁裁判長は、手柴弁護士に対し書証提出の進捗状況を確認したのですが、手柴弁護士からは9月末頃になる予定との回答を受け、次回公判は10月4日と言う事になりました。

 手柴弁護士は伊藤裁判長とのやり取りの中で、今成弁護士が担当しているジャックス裁判では、田中裁判長がジャックス側に対し被告とのやり取りを確認した記録の提出を求めた事を報告し、原告側としても当該裁判に於いて同様に求めて欲しい旨を伝えました。

 これに対し伊藤裁判長からジャックス側に対し、「提出を求める」発言は有りませんでした。

 閉廷後弁護団長の西村弁護士より、手柴弁護士の戦術を評価すると共に、新たな戦いの提案も有りました。また同席していた今成弁護士によれば、ゴルフスタジアム破産資料から、ゴルフスタジアム社とローン・リース会社の癒着とも取れるものが見つかっている事の発言が有り、「守る会」有志を勇気づけるものと成っていました。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゴルフスタジアム「守る会」有志がクレジット協会へ嘆願書提出

平川CC_tact.jpg 千葉県の平川カントリークラブを傘下に持つ東証一部上場の日神不動産株式会社は、2019年5月27日の書面決議にて、同ゴルフ場を7月1日に売却するとして、その詳細を同社広報を通じ明らかにしました。

 売却先はエヌディファクター株式会社(本店所在地:東京都世田谷区成城六丁目27番6号)ですが、同社の代表取締役を神山和郎氏が務めており、また株主構成も神山氏と株式会社タカシ・エンタープライズで占めている事から、ある意味神山氏の個人資産管理会社と言えなくも有りません。

 これに関連し平川カントリークラブのWEBサイトでは5月29日、同ゴルフ場を経営している株式会社平川カントリークラブとエヌディファクター株式会社が、2019年7月1日に合併する事を明らかにしております。存続会社はエヌディファクター社であり、平川カントリークラブ社は合併後に解散します。

 この度日神不動産が子会社のゴルフ場を売却する件に付いて、2020年1月1日に同社が持株会社体制へ移行する事を理由にしております。『経営資源の選択と集中』を考えた場合、当該ゴルフ場はそれにそぐわないとの結論に至ったのだと思われます。

 2005年に日神不動産が、同ゴルフ場を取得し今日に至っております。それから約14年に渡る間同ゴルフ場の施策や動向は、様々な話題をゴルフ界へ提供して来ており、その果たした功績は少なからず評価されるものと思われます。しかしながら親会社である上場企業への貢献度は、低いものでしか有りませんでした。

 日神不動産の代表取締役会長を現在務めている神山和郎氏からすれば、自ら蒔いた種は自ら刈り取り処理する事になるのだと言えます。譲渡価格に付いては現在専門家へ査定を依頼しているとの事で、少なくとも6月中には明確になると思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
平川カントリークラブ
平川カントリークラブでは2016年9月より外国籍者の入会制限撤廃

         NGK2019総会_tact.jpg
         < 一般社団法人 日本ゴルフ場経営者協会 手塚寛理事長

 2019年5月30日都内会場にて『一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会』の、第7回定時総会が開催されました。議決権を有する145個の内、委任状も含めた115個の出席が有り、定款上の規定を満たしており当総会の成立が認められたのです。

 その後第7期(2018年4月1日~2019年3月31日)の事業報告などが承認されると共に、第8期(2019年4月1日~2020年3月31日)の活動方針に付いても同様に承認されたのです。またこの度は理事の改選期に当たる事から選挙を行うも、候補者25名全員が満場一致で選任されました。

 更にこの理事25名の中から理事長手塚寛氏(株式会社朝日コーポレーション:代表取締役社長)、及び会長小栗榮輝氏(株式会社日吉ハイランド:代表取締役)が選出され、1期2年2期目の手塚体制がスタートする事になりました。

 ところで前期収入は、約2,992万円であったのに対し、支出は約4,378万円でした。単純に約1,386万円の支出オーバーであり、内部留保を取り崩し手当てしている事が解ります。これはある意味計画的に行われている行為であり、またそうしなければならないのです。

 同協会が一般社団法人へ移行したおり、手持ちの内部留保金をゼロにする計画から、この様な動きと成っており又これが裏付けなのです。しかしながらその残された期間は、あと10年と限られております。この期間に収支バランスを整える事は、組織の存亡にも関わって来る事から急務と言えます。

 この命題を解決する単純な答えは、会員の絶対数を増やすか、或いは会員の年会費を増やす事となります。いずれにしても同協会の存在意義とそして求心力、これらを今後の活動の中で強くアピールして行く必要が有る様に思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年3月末のゴルフ場数は2,238_NGK発表