佐藤信人プロ_tact20190130.jpg

 2019年1月30日都内会場にて、日本ゴルフジャーナリスト協会(以下JGJA)主催の、トークイベントが開催されました。題して「私は見た!43歳タイガー・ウッズ5年ぶり復活優勝の舞台裏」です。

 ゲストは日本ツアーで通算9勝を誇ると共に、近年PGA TOUR の解説で解かり易いと定評のある佐藤信人(ミズノ)プロ、更に長年PGA TOURを取材して来たゴルフライターの大泉英子氏ですが、司会をJGJAの薬師寺広氏が務めました。

 タイガー ウッズは2018年9月のTOUR Championshipで、5年ぶりの優勝を飾りました。まさしくタイガーの復活劇でした。この5年間タイガーは、様々な事件に悩まされて来ました。それは離婚であり、体の故障であり、スキャンダルでした。よくぞここまで重なるものだとの思いは、見る者知る者誰しもが抱いた感情だったと思われます。

 ことタイガーのゴルフに関し佐藤氏は、単にイップスなどで説明出来る様なものでは無く、非常に重症であり「2018年の何処かの段階で引退宣言をするのでは」、との観測をしていました。この事を補足する様に大泉氏は、或る試合の練習場に於けるタイガーは、シャンクを連発していたとの事です。

 この様な状況下で見事な80勝目となる優勝を昨年成し遂げた訳ですが、この復活劇にはタイガーの下半身強化策を上げられると大泉氏は語ると共に、自身からもその様なコメントがツアー中に有った事を明らかにしてくれました。

 また佐藤氏は「タイガーの様なスーパースターは誰よりも孤独だ」と語ると共に、その様なスーパースターは非常に家族愛が強いとの分析を披露したのです。更に大泉氏は佐藤氏に同感する様に、タイガーの子供は親の全盛期を知らず、親をユーチューバーゴルファーと思っているとし、この事からタイガーはもう一度全盛期に近い姿を、子供に見せたいのでは無いかと説明してくれました。

 では今年9月迄にタイガーは、何勝出来るのでしょうか。佐藤氏はレギュラー1勝にメジャー1勝の計2勝としたのに対し、大泉氏はレギュラー2勝の可能性は有るものの、メジャーはゼロか1勝と予測しました。両氏の予測から読み取れるのは、前回の優勝はフロッグでは無く、タイガーは完全復活したと捉えている事です。信じ期待しましょう。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
タイガー ウッズ選手5月29日違法運転容疑で一時身柄拘束

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 中日本高速道路株式会社(以下NEXCO中日本)では、2019年3月9日東名高速道路の足柄スマートインターチェンジを、15時に開通させる事に成りました。スマートインターチェンジとは、別名簡易型ETCインターチェンジとも呼ばれております。

 これはETC装着車のみが利用出来るインターチェンジであり、足柄スマートICの場合、現在の足柄サービスエリア内へ造られております。このサービスエリアへ誘導する様な形で、上下道の車が乗り降り出来る事になります。これが開通した場合、近隣のゴルフ場である下記3コースは、交通アクセスが大変改善される事になります。

1、足柄森林カントリー倶楽部
現地のスタッフ曰く、御殿場ICを利用しても所要時間はそれ程変わらず、5分から10分との事ですが、足柄スマートICを利用する事で、来場者は確実に所要時間が、読めるのでは無いかとしております。ただし開通当初はカーナビに頼るとは言え、慣れない道に迷う来場者が出るのでは無いかとの事です。

2、ギャツビイゴルフクラブ
ゴルフ場スタッフによれば、恐らくスムースに進行した場合、ICからの所要時間は約5分では無いかとしております。一番恩恵を受けられる、ゴルフ場では無いかと思われます。

3、東名富士カントリークラブ
電話で対応して頂いた女性スタッフによれば、通常御殿場ICからは約20分かかっているとの事です。しかし足柄スマートICが開通する事で、確実に5分は短縮出来るのでは無いかとの回答で、この度の開通は大歓迎としております。

 ところでこの度の足柄スマートIC開通は、地元の交通渋滞緩和と地域振興を目的に、地域住民の皆さんから強い要望が寄せられ実現したものだと、NEXCO中日本では答えております。そしてこの開通の為の諸費用は、双方応分の資金負担が有り、実現するものだともしております。

            2018年優勝イミニョン選手.jpg
           2018年優勝・イ ミニョン選手/大会事務局提供>

 『第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントが3月7日に開幕します。2019年のLPGAツアー開幕戦となる訳ですが、この大会を皮切りに11月の最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」まで、全選手が39試合を戦い抜く事になります。

 長丁場となるツアーですが、シード並びに以外より参戦して来る選手達取って、この大会は今年1年の出来不出来をを占なう大きな試合とも言えます。オフシーズンに取り組んできたトレーニングの成果を、どれほど実戦で出せるのかが、各選手に問われています。

 この事からほとんどのシード選手がエントリーすると共に、プロとしてツアーに慣れて来た勝みなみ、或いは新垣比菜と言った黄金世代の活躍も見逃せません。また1月に232名がエントリーしたアマチュア大会を勝ち抜き参戦する、金城沙希さん、比嘉里緒菜さん、星川ひなのさん、翁長由佳さんの4名にも期待がかかります。

 この試合は2016年より4日間大会と成り、今年4回目を迎えます。運だけでは勝ち取れない4日間大会の優勝ですが、勝者には2,160万円と言うビッグな賞金が与えられます。沖縄の地域振興と文化へ、32年間に渡り貢献してきたこの大会の概要は、下記の通りです。

  • 主  催:ダイキン工業株式会社、琉球放送株式会社
  • 公  認:一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
  • 後  援:沖縄県、那覇市、南城市、沖縄観光コンベンションビューロー、TBSテレビ
  • 企画運営:琉球放送株式会社
  • 運営協力:株式会社博報堂、株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ
  • 開催場所:琉球ゴルフ倶楽部
  • 参加選手:アマ18名を含む108名

 尚、テレビはTBS系列の全国ネットで見る事が出来ます。間もなく球春到来です。

 尚関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
新垣比菜選手はダイキン工業と所属契約

小金井カントリー倶楽部への入会手順

  • 投稿日:
  • by

小金井CC_tact.jpg

 日本で最も高額な会員権と言えば、やはり東京都下に有る名門・小金井カントリー倶楽部です。ではその倶楽部へ入会する為には、どの様な手続きを取って行く必要が、有るのでしょうか。当然入会条件は充足している事を前提に、具体的に見て行きたいと思います。

1.入会希望者は株券を市中にて取得した後、倶楽部へ株券を持参し自らの名義へ書換(手数料不要)。
矢印No.3.jpg
2.入会申請者は入会書類を整え、倶楽部へ入会申請。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
3.入会申請者を除いた推薦会員2名が倶楽部へ出向き、事前審査委員との面談(入会申請者との関係及び推薦理由などを説明)。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
4.入会申請者の情報を1ヶ月間場内掲示。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
5.場内掲示にて会員より異論が出なかった場合、入会申請者は理事2名との同伴プレーを実施。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
6.入会申請者は理事長及び常務理事との最終面談。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
7.倶楽部理事会は入会申請者の入会可否を投票(理事全員が賛成した場合のみ入会可)。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
8.「入会承認通知」書が届き次第入会申請者は、15日以内に入会金(2019年2月時点で1,500万円+消費税)を振込む。
矢印No.3.jpgのサムネイル画像
9.倶楽部にて入会申請者からの入金確認後、入会申請者は晴れて会員としてラウンド可。

 会員制倶楽部の見本の様な入会手続きですが、上記手順を踏み新規入会者を受け入れている事で、倶楽部のクオリティーを維持しているのだと言えます。倶楽部側では上記3番の事前審査委員と、5番の同伴プレーを行う理事は全くの別の方が担当しております。入会に関する担当会員を複数手配する事で、入会申請者に対する誤った認識や誤解が無い様しているものと思われます。

 この様な審査を経て当然入会が叶わなかった方も出て来ますが、当該会員権は株券であり取得者への名義書換が出来る事から、債権管理と言う面では取得者にとってリスクは無いものと思われます。この事から会員権市場に於ける、数少ない投機対象の会員権として、見られている側面もあります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
小金井カントリー倶楽部
小金井カントリー倶楽部は入会条件の一部を改定

きみさらずGL_tact.jpg 千葉県のきみさらずゴルフリンクスでは、2019年3月1日より会員権の名義書換を再開する予定です。2016年5月より開始された正会員の募集を2月末にて終了し、これに歩調を合わせる様に再開するものです。

 会員権の名義書換料は、下記の通りです。
・正会員  100万円+消費税
・平日会員 50万円+消費税

 尚、3親等以内の相続継承に於ける名義書換料は下記の通りですが、一般的な継承料金に比べ割安な金額設定に成っております。これはある意味クラブが推奨している様にも思えますが、資産価値の有るものに対し親族が継承して欲しいという、クラブ側のメッセージとも受け取れます。
・正会員  10万円+消費税
・平日会員 5万円+消費税

 入会条件に付いては従来通りとの事ですから、大きなハードル例えば当該クラブ会員の推薦で有るとか、他クラブに在籍している等を求められ無い為、初めて会員権を取得しホームコースを持ちたい方にとっては、検討コースへ入れ易い事と思われます。

 交通アクセスを考えた場合、横浜や川崎と言う神奈川県のゴルファーにとって、大変利便性が高いものと思われます。また各ホールの造りも英国のリンクスコースを彷彿させ、独特の雰囲気を持っておりますので、一味違ったゴルフを堪能出来る事と思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
きみさらずゴルフリンクス
きみさらずゴルフリンクスでは名義書換を停止し5月より会員募集予定

大多喜CC_tact.jpg 千葉県のレイクウッド大多喜カントリークラブを取得する事になったパシフィックゴルフマネージメント株式会社(以下PGM)は、2月1日変更に成る新商号及びクラブ名称を、2019年1月28日明らかにしました。

 その内容は下記の通りです。

2019年1月31日現在
クラブ名称 レイクウッド大多喜カントリークラブ
経営会社 株式会社 レイクウッド大多喜
本店 千葉県夷隅郡大多喜町下大多喜2419
資本金 1億円
代表取締役 中川祐一

下矢印_tact.jpg

2019年2月1日予定
クラブ名称 大多喜カントリークラブ
経営会社 千葉大多喜ゴルフ株式会社
本店 東京都台東区東上野一丁目14番7号
資本金 1億円
代表取締役 田中耕太郎

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
レイクウッド大多喜カントリークラブ
レイクウッド大多喜カントリークラブは2月1日PGMグループへ

総成_tact.jpg 千葉県のレイクウッド総成カントリークラブをレイクウッドコーポレーショングループより取得する、とパシフィックゴルフマネージメント株式会社(以下PGM)が2018年11月6日に公表してから3ヶ月ほど経過した2019年1月28日、PGMにより新しいゴルフ場名と会社名が明らかにされました。

 その内容は下記の通りです。

2019年1月31日現在
クラブ名称 レイクウッド総成カントリークラブ
経営会社 株式会社 レイクウッド総成
本店 千葉県成田市西和泉字宿山729番地
資本金 8,000万円
代表取締役 中川祐一

下矢印_tact.jpg

2019年2月1日予定
クラブ名称 PGM総成ゴルフクラブ
経営会社 総成ゴルフ株式会社
本店 東京都台東区東上野一丁目14番7号
資本金 8,000万円
代表取締役 田中 耕太郎

 この度の買収劇はM&Aによるものですので、大きな変更点は当該経営会社の株主構成が変わる事です。それに付随する形でクラブ名称や会社商号が変更に成りますが、資本金の変更は有りません。今後PGMにより増減資が行われる可能性は有りますが、それは先々の話と言う事になります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
レイクウッド総成カントリークラブ
レイクウッド総成カントリークラブは2月1日PGMグループへ

富士御殿場GC_tact.jpg 静岡県の富士御殿場ゴルフ倶楽部を経営するサンユウ産業株式会社(代表取締役:福島範治)は、2019年1月30日東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。当該事件番号は<平成31年(再)第3号>です。

 同時に同日同社は、パシフィックゴルフマネージメント株式会社(以下PGM)とスポンサー契約を済ませており、今後はPGMからの資金援助を基に再建を進めて行く事になります。サンユウ産業の福島社長は銀行出身であり、その手腕を評価する声は業界内に大きかったと思われますが、その福島氏をもってしても同ゴルフ場を立て直す為には、法の力とPGMの力を借りざるを得なかったのだと言えます。

 この度の件に付きまして同社では、説明内容を同倶楽部会員へ30日付けで送付したとの事ですが、この様な事態へ陥った要因は何処に有ったのでしょうか。この第一報をつたえた同日付けの帝国データバンクでは、「会員権の償還問題を抱え、財務面では大幅な債務超過の状態となっていた」_(同報道より引用)としております。

 同ゴルフ場では会員及び債権者の問い合わせ先を、下記の様に伝えております。
・名称:富士御殿場ゴルフ倶楽部 再生推進室
・住所:東京都千代田区神田須田町1-24 大一東京ビル6F
・電話:03-3254-8673
・受付:平日10時より16時30分

 尚、負債額は約205億円ともいわれておりますが、正確な内容は再生手続きの進捗と共に、今後明らかにされて行くものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士御殿場ゴルフ倶楽部

2019LPGAツアー中止予定の3試合が復活開催へ

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)は2019年1月25日、開催中止に成る可能性が有った3試合が、今年開催する事で合意されたと発表しました。この事から今年開催されるLPGAトーナメントは、39試合賞金総額39億4,500万円となりました。

 この動きとは別に、中止対象トーナメントであった「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」も同日、開催するとした独自のコメントを、関係各位へリリースしました。中止予定から一転、開催する事に成った上記以外の2試合は、下記の通りです。

1、KKT杯バンテリンレディスオープン
2、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

 なぜ長年LPGAツアーの看板トーナメントとも言える試合が、今年中止予定だったのかと言えば、テレビ局を通じ放映される映像にまつわる話であり、その「放映権」はテレビ局に有るのか、或いはLPGAに帰属するのかをめぐり、双方の合意が得られなかったからに他有りません。

 長年曖昧だった「放映権」の帰属問題に付いて昨年来LPGAは、LPGAに帰属すると認められる事で2019年トーナメントを開催したい旨、関係各位へ確認すと共に調整を図って来ていました。しかしながらLPGA(小林浩美会長)側による強引とも批判された手法に対し、この度の3試合は大きく反発していたのです。

 ではこの度開催される事になった3試合は、全て「放映権」に付いて合意した上での開催へ、舵を切ったのでしょうか。関係者による話を総合すると、3試合すべてが合意されたとも受け取れず、とりあえず今年は開催する事になった、と理解するのが正確だと思われます。

 「放映権」を先々の大きな資金源にして行きたい、と言うLPGA側の思惑も一概に否定出来るものでは無く、組織の繁栄と選手の働く環境改善の為には、必要な要素なのだと思われます。今後LPGAとテレビ局共にWN_WINの関係を構築出来るか否か、この動向はプロゴルフ界の将来を大きく左右するものと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
LPGA小林会長「放映権」獲得を語る

日本ゴルフサミット会議2019年度活動方針

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 日本ゴルフサミット会議は2019年1月16日、ゴルフ16団体新年会開催に先立ち年頭の記者会見を行い、今年度の活動方針を明らかにしました。その簡単な概略は下記の通りです。

1、ゴルフの活性化をはかる
2、ゴルフ場利用税廃止を求める運動
3、国家公務員倫理規程における「ゴルフ」の削除
4、暴力団等反社会勢力の排除

 この記者会見に出席した公益財団法人日本ゴルフ協会(以下JGA)の竹田恆正会長は、上記活動方針の中でも特にゴルフ業界の活性化に向けて、スター選手の登場が待たれるとその待望論を述べると共に、更に間近に迫ったオリンピック対策としてその強化ポイントを語りました。

 これまでオリンピックに向けアマチュアを原点に検討していたが、その様な方針では世界で戦って行けない事が近年証明されており、プロのヘッドコーチであるガレス ジョーンズ氏を2015年に招聘した。このガレス氏効果により、JGAナショナルチームは昨年素晴らしい成績を残す事が出来たと総括し、今後の活躍も期待出来るとしたのです。

 ゴルフの活性化に欠かせない点として新たに設けられたのが「女性ゴルファーの創造」、つまり女性層の新規ゴルファー拡大です。これはR&AやUSGAの動向と軌を一にするものだとしておりますが、具体策はこれからの作業に成るものと思われます。

 会見の後半に於いて日本ゴルフサミット会議として強調した点は、国家公務員の倫理規定から「ゴルフ」と言う文字が削除されなければならいとした事です。五輪憲章では「人は皆平等にスポーツをする権利が有る」としているにも関わらず、国家公務員のみがゴルフを楽しめない現実は大いに問題だとしたのです。

 当然ながら国家公務員が利害関係者と接触を持つのは問題なのだと思われますが、それは特段ゴルフに限定された事では無く、日常的にあらゆるケースで接触する可能性はあります。ですから国家公務員が利害関係者と接触するな、と言う倫理観は大切なのだと言えますが、それがイコールとしてゴルフ禁止へつなげるのは、いささか稚拙では無いでしょうか。

 以上の様な活動方針をもって日本ゴルフサミット会議は、今年2019年を戦う事になりました。尚、関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
「自民党5合同会議」が11月21日ゴルフ場利用税廃止を決議