大宮GC_tact.jpg 埼玉県の大宮ゴルフコースでは、2015年4月1日より開始しておりました正会員権の補充募集を2018年9月30日に終了し、会員権の名義書換を翌日の10月1日より再開しました。

 会員募集に付いては約3年半の歳月を費やし完売したとの事ですが、100名が新規に入会した事でさまざまな好影響が出ており、大変良かったとクラブでは総括しております。またこの様なクラブの活性化と共に、2018年6月の理事会に於いては、会員権の名義書換に関し何点かの改革が行われました。

 それは次の3点に集約されます。1つは新規入会希望者に対しハンディキャップ証明書の提出を求めない事、2つ目はかつてからの法人2名記名会員権の分割を認めた事、3点目は会員の入退会書類のやり取りを郵送で認めた事です。

 特に3点目に付いて、日本社会で至極当たり前の様に行われている事が、これまで同クラブでは行われて来ておりませんでした。この現実を6月の理事会席上で知らされた同クラブ理事のなかには、前近代的運営に驚愕する方もおられた様です。

 ところで名義書換の概要は、2015年3月31日まで行っていた内容を踏襲するものですが、正会員権一口の名義書換料は100万円とプラス消費税、平日会員は50万円とプラス消費税です。なお上記法人2名記名会員権を分割する場合、50万円とプラス消費税が必要になります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大宮ゴルフコース
大宮ゴルフコースは4月1日より会員募集を予定

日光CC_tact.jpg 栃木県の日光カンツリー倶楽部では2018年9月16日に開催された倶楽部理事会に於いて、法人正会員権を口数限定で販売する事を決議しました。これは同ゴルフ場を舞台として2020年に『日本プロゴルフ選手権』が開催される記念募集です。

 既に会員へは10月1日にこの内容が書面で告知されておりますが、この度は経営会社が保有している金庫株を放出し、新たに会員を募るもので有りその概要は下記の通りです。

募集会員 法人会員(1名記名式)
募集価格 3,996,000円(税込)
価格内訳 (株価1,836,000円+入会金216万円)
募集口数 20口
募集期間 2018年11月1日より定員に達する迄
資格譲渡 個人へ譲渡可

 同倶楽部に於ける法人会員は、同倶楽部設立当初に於ける募集で入会した法人以外、存在しておりませんでした。法人会員権はある意味聖域の様な存在でしたが、約半世紀の時を経てこの度募集されます。株券の販売価格は市場価格よりも高めに設定されておりますが、希少価値と言う側面から倶楽部では、この様な価格設定にしたものと言えます。

 なおこの度は法人正会員権と言う限定された会員種別の募集と言う事から、同倶楽部では会員権市場に於ける個人正会員権の名義買換を停止にしないとの事です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
日光カンツリー倶楽部
日光カンツリー倶楽部の法人会員権

児玉CC_tact.jpg 2018年3月13日民事再生法の適用を申請しておりました埼玉県の株式会社児玉カントリー倶楽部は、2018年9月10日に開催された債権者集会に於いて、債権者へ提案していた再生計画案が賛成多数にて可決されました。

 約半年での可決ですから、この間非常にスムースに手続きが進んで来た事が解ります。約1ヶ月が経過した10月中旬には、さいたま地裁より確定が出る事と思いますので、此処から本格的な再生計画が出発する事になります。

 ところで債権者への弁済率は1.5%です。例えば500万円額面の預託金を保有していた会員であれば、75,000円に成ります。退会を選択する会員へは10年分割での弁済に成り、会員としての資格取得を希望する会員へは、1.5%の弁済金を再預託する事で可能となります。預託金の据置期間は10年間です。

 弁済率による弁済額が低い事から、雪崩を打って大量に会員が退会を選択する事は、少ない様に予想されます。となればやはり会員権市場に於ける会員権価格の上昇は、倶楽部関係者のみならず会員にとっても最大の関心事だと言えます。ゲストのラウンドフィーを安価にする集客対策よりも、質の高いクラブライフを構築する事こそ、会員権市場に於ける評価を高める第一歩と言わねばなりません。

 会員権市場で評価され、尚且つ会員の入退会がスムースに運ぶ事の重要性を、同クラブは良く認識しており、再生計画の進捗具合を見ながら速やかに、会員権の名義書換を再開したいと考えている様です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
児玉カントリー倶楽部
児玉カントリー倶楽部は3月13日民事再生法の適用を申請

           第6回タウンミーティング.jpg
          < 手前から永井、飯田、井手口、長野、松吉の各氏 >

 日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)は、2019年1月よりゴルフ規則が大きく変革される事に伴い、現状の課題などを探るべく2018年9月28日、第6回タウンミーティングを都内会場にて開催しました。司会はJGJAの永井延宏氏が当たり、パネラーには日本プロゴルフ協会(PGA)から飯田雅樹氏、東京都ゴルフ連盟から井手口香氏、一般社団法人ゴルフリサーチ横浜&湘南ゆるゆるゴルフの長野豪洋氏、ジューシー株式会社の松吉宗之代表取締役の4名を迎えました。

 第一部ではPGAの飯田氏より、どの様に規則が変わって行くのか、既に公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)が明らかにしている大きな変更点20項目を中心に、具体的な説明が有りました。この中で浮き彫りになったのは、プロツアーやアマチュア競技を通じて適用されて行くゼネラル規則と、一般アマチュアがゴルフを楽しむ為に用いられるローカルルールの2種類が、併存して行くだろう事です。

   第6回タウンミーティング_1.jpg   第6回タウンミーティング_2.jpg

 第2部ではパネラー各氏による活発な意見が述べられたのですが、共通して言える事は、今回のゴルフ規則変更がこれまでの様な改定と言う範疇に収まるものでは無く、全く新しいゴルフ規則として我々に投げかけている現実です。これまで多くのアマチュアゴルファーは、独自にゴルフ規則を学ぶと言うよりも、ラウンドを通じて先輩諸氏にその都度教えてもらうと言う、経験則に基づき習得して行くケースが多いとの報告がパネラーより有りました。

 この様な現実を鑑みた場合、どの様に来年から新ルールをアマチュアゴルファーへ定着させていくのか、課題は多いと言えます。この難問をクリアして行く為には、何と言ってもゴルフ場に於ける来場者への啓蒙活動が、不可欠な要素になって来ると共に、ゴルフ練習場でのインストラクターの役割は、重要なものに成って来るのでは無いでしょうか。

 R&AとUSGAによる来年からの新ゴルフ規則は、ゴルファー性善説を大前提にしたものであり、尚且つラウンド時間短縮を根底に据えています。しかしながら一度抜いたピンをもう一度指し直す様な場面も想定し得る事から、運用次第では時間がかかってしまうケースもあるのでは無いかと、参加者からは危惧する声も上がっていました。

 PGAの飯田氏によれば、図解入り英文テキストは既に出来上がっているものの、日本訳を一般ゴルファーが手に出来るのはまだまだ先に成る様です。いずれにしても新規則が、これからゴルフを始めようとする方に対し、障害と成らない様祈りたいものです。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2019年新ゴルフルールが明らかに_R&AとUSGAより

棚倉田舎倶楽部_tact.jpg プロゴルファーであり一般社団法人日本ゴルフツアー機構の副会長兼選手会長の石川遼氏(27=CASIO)が役員を務めるケーアイ企画株式会社は、福島県の棚倉田舎倶楽部を経営する棚倉開発株式会社の全株式を2018年9月25日に取得しました。

 この件に付いて石川氏は自らののWEBサイトに於いても、この件を報じたスポーツ紙記事のリンクを貼り付け、追認した形をとっております。また9月27日時点で同ゴルフ場のWEBサイトでは、これまでの田中章生氏に代わり、石川氏の父親である石川勝美氏が、経営会社の代表取締役へ就任している事を確認出来ます。

 同ゴルフ場は2004年12月の法的整理を経て2014年4月、経営母体がトピー工業株式会社より株式会社ホスピタリティオペレーションズ(ホスピタリティ社)へ移行しました。この度全株式を手渡したのは、このホスピタリティ社です。同社によれば約4年間同ゴルフ場を経営し、充分に伸びしろを感じ取れて来ていたとの事です。

 しかしながら2018年夏前より石川氏サイドから接触が有り、チャンピオンコースに成り得る素材であると言う評価と共に、同コースを活用しゴルフ界の底上げに尽力して行きたい、との熱い思いを受け止め手放す事を決断したとの事です。ちなみに譲渡価格に付いては、公表出来ないとしております。なお新しい親会社の概略は、下記の通りです。

法人番号 0300-01-066924
商号 ケーアイ企画株式会社
本店 埼玉県北葛飾郡松伏町ゆめみ野5-14-2
設立 2007年7月31日
資本金 金100万円
代表者 代表取締役 石川由紀子

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
棚倉田舎倶楽部
トピー工業は棚倉田舎倶楽部をホスピタリティオペレーションズへ売却

田中耕太郎PGM社長.jpg                 < 田中耕太郎社長 >

 PGMグループではインドアゴルフ練習場を、2018年10月1日に開場させます。グループ初のインドアゴルフ練習場になりますが、名付けて『PGMゴルフアカデミー銀座』です。住所は東京都中央区築地1-13-1銀座松竹スクエア2F。交通アクセスとしては地下鉄日比谷線が便利であり、東銀座駅5番出口を出て徒歩1分の至近距離にあります。                                                                                   

PGMゴルフカデミー銀座.jpg このグランドオープンに先立ち9月26日、一足早く報道陣へ同練習場がお披露目されました。この練習場は1.ゴルファーが練習する為の機能の他、2.初心者から上級者までプロのインストラクターによるレッスンを受ける事が出来更に、3.シュミレーションゴルフを利用しグループによるコースラウンドなどを楽しむ事が出来ます。

 PGMグループではこの『PGMゴルフアカデミー銀座』を、東京で活動するゴルファーへ向けた情報発信基地と位置付けており、上記3点の機能以外にグループ内のゴルフ場予約が出来たり、或いはグループ内のゴルフ会員権情報の発信など、多目的内容を包括したものにしたいとしております。

   秀島寛臣プロ.jpg    吉本侑平プロ.jpg
         秀島寛臣プロ               吉本侑平プロ

 会見の中で田中耕太郎社長は、「この練習場で利益を上げようとは考えていない」としており、その料金体系もリーズナブルなものに成っています。練習場はオープンレンジが6打席有り、1レンジ4名迄50分間共同で利用出来、その料金は3,600円です。その他プライベートレンジが2打席、VIPルームが2打席有り全体の構成としては10打席を有しております。

 予約方法はWEBの検索サイトを利用し、『PGMゴルフアカデミー銀座』http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/ と打ち込み、そこから手続きして行く事になりますが、会員制では無い為何方でも利用出来ます。更衣室有り、レンタルシューズ有り、レンタルクラブも用意されている為、気軽に試せると言えます。

 PGMグループとしては初めてのインドア練習場の開設となりますが、ライザップやGDOとは一線を画すコンセプトのこの施設は、何処までニーズを吸収出来るのでしょうか。大変注目されますが、PGMグループの挑戦が始まったばかりと言えます。

 なお関連する前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGMグループが銀座へゴルフ練習場を開設

富士小山ゴルフクラブに於ける女性会員

  • 投稿日:
  • by

富士小山GC_tact.jpg 静岡県の富士小山ゴルフクラブでは、2018年9月下旬時点で150名ほどの女性会員が在籍しております。これは全会員種別の合計数ですが、会員総数の約一割の数字になります。

 クラブでは発足当初より女性の入会について、制限を設けて来ておりません。例えば男性名義の会員権を取得し、入会審査に通れば当然女性名義へ変更する事が可能なのです。

 2017年9月から開始された名義書換促進の為の、名義書換料半額キャンペーンは大変好評であり、今年も4月の年度始まりより5ヶ月が経過しようとしておりますが、約70件に及ぶ取扱件数が有ります。この数字には、法人内の登録者変更件数もカウントされておりますが、好調さを裏付ける何よりの数字だと言えます。

 この様な状況下に於いて女性の入会も10件ほどあり、堅調に推移しています。この方々は全てが会員家族では無く、単純に友人や知人が会員におり、その関係からゴルフを楽しみたいと言うニーズの様です。名義書換料半額キャンペーンは2019年3月末まで継続される事から、今後名義書換件数は更に上積みされて行く事と思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士小山ゴルフクラブ
富士小山ゴルフクラブは1月より法人会員規定を改定

倉本会長20180925.jpg 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2018年9月25日東京都内会場にて定例理事を開催しました。その後記者会見が行われ、次の議題3点が審議された事を明らかにしました。1点目は会員懲戒の件、2点目は一般社団法人PGAゴルフアカデミーの件、3点目は平成30年度収支予算補正の件です。

 上記議題の中でも2点目の一般社団法人PGAゴルフアカデミー(仮称)については、前回7月の定例理事会に於いても審議されておりますが、この度の理事会に於いて正式に承認されたのです。これをもって今後この活動が、本格的に稼働して行くものと思われます。

 これはPGAが公益社団と言う組織上の制約から、子会社的位置づけの法人(一般社団法人PGAゴルフアカデミー)を設立し、活動しなければならない事より発生しております。PGAは子会社へ商標を貸与し、ゴルフ練習場を基点にPGA会員による活動を本格化させていく事になります。

 なお記者会見冒頭倉本会長は、「平成30年北海道胆振東部地震」で亡くなられた方々や被災された方々へ哀悼の意を表すと共に、この度の理事会に於いて金壱百万円を義援金とする事も決議されたと報告されました。次回は11月に予定されております。

 前回の定例理事会内容は、下記のリンクにてご確認頂けます。
PGA定例理事会報告_板東元理事再入会不可へ

日光カンツリー倶楽部の法人会員権

  • 投稿日:
  • by

日光CC_tact.jpg 栃木県の日光カンツリー倶楽部は、歴史のある関東エリアに於ける名門倶楽部です。現在会員権価格は低迷しているものの、それだけでは評価し得ない良さを同倶楽部は内包しております。

 同倶楽部には法人会員権なる会員種別が有ります。この法人会員権は倶楽部設立当初に縁のあった法人が、会員資格を取得し今日に至っております。現在確認出来る法人数は38社に及び、その登録者数は約90名です。

 同倶楽部は株主会員制ですので、正会員一口は弍株券で構成されており、その中身は壱株券2枚となっております。当該法人会員権も弍株券にて、要件を満たしており一名記名式です。法人会員の中には1社で10口_20株券を保有しているケースもあり、単純にその登録者数は10名に及びます。登録者1名の変更料は、90万円と消費税にて済みます。

 ところで同倶楽部では、新規の法人入会が出来ません。この決め事は倶楽部設立当初へ、その起源を求める事が出来ます。この事から法人による出資で当該会員権を取得するケースでは、倶楽部への登録はあくまでも個人会員としてであり、法人内の利用者変更は第三者譲渡手続きと同様のものを求められます。当然名義変更料も正会員一口の料金、200万円と消費税が必要になります。

 なに故に法人の新規入会が出来ないのか、その理由は定かでは有りません。法人が新規に入会出来ない事から、既存の法人会員が当該資格を換金する方策としては、個人を対象として譲渡する事になります。この事から法人会員数は、減少する事が有っても増える事は有りません。

 同倶楽部が設立された1962年時は敗戦後20年にも満たない中、一般の法人に対する認知度も現在よりかなり低く、その様な社会的背景が倶楽部形成に、少なからず影響しているのかも知れません。とは言え歴史のある名門倶楽部には、様々な特色を持ったものが多く、同倶楽部もその様な一つに数えられると言えます。

 同ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
日光カンツリー倶楽部
第88回日本プロゴルフ選手権大会は日光カンツリー倶楽部にて

草津カントリークラブの法人会員権

  • 投稿日:
  • by

草津CC_tact.jpg 群馬県の草津カントリークラブには歴史のある名門クラブに良く見られる、2名が利用出来るいわゆる法人会員権が有ります。この2名の構成内容は、1名の記名者プラス1名の記名者と言うパターンと、1名の記名者プラス1名の無記名者の合計2パターンが有ります。

 この2名利用法人会員権を所有している法人数は、2018年9月中旬時点で99社が有ります。この事から利用可能者数は単純に2倍の198名となりますが、これは1社で重複し所有ているケースが無い為、この様な計算となります。

 この法人会員権を第三者へ譲渡しようとした場合、個人2名へそれぞれ分割し名義変更する事は可能で有るものの、当該資格をそのまま他の法人へ名義変更する事が現在出来ません。この事から2名利用の法人会員数は減少する事は有っても増える事は有りません。

 この内容は規約や会則に明記されているものでは無く、理事会決議事項にて遵守されている内規との事です。どの様な目論見から当時の理事会が、この様な措置に至ったのか明らかでは有りません。しかし言える事は、法人2名利用権が時代のニーズと乖離してしまっている現実から、この措置により同クラブ会員権の流通面が整備された事です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
草津カントリークラブ
草津カントリークラブでは19年ぶりに名義書換料改定