ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg PGMプロパティーズ株式会社の川越グリーンクロスは2020年9月に入り、将来同ゴルフ場のコースレイアウトが、大きく変更される可能性がある事を明らかにしました。

 これは国交省が進めている「荒川直轄河川改修事業(第二調整池、第三調整池)」の関係からですが、昨2019年2月28日の同省資料によれば、2030年にはこの事業を完了する予定としております。この事から影響を受けるであろうゴルフ場にとっては、早目の対策が求められていました。

 その対策の一環として当該ゴルフ場に於いては、新規入会者に対し「コースレイアウトが将来変更になる事を了解」した上で、手続きを取って欲しいとしております。ゴルフ場そして会員、この両者間で禍根を残さない為にも「承諾書」なる書類を持って、将来に備えたいとしているのです。

        荒川河川ゴルフ場.jpgのサムネイル画像
         < 荒川河川沿いに白く見えるのがゴルフ場:提供国交省

 荒川河川をまたぎその両側には、多くのゴルフ場が点在しております。そしてその多くが国交省からの占有許可を得て、今日営業活動を行っている訳ですが、この度の改修工事が本格化する事により、この営業活動が大きな曲がり角を迎えようとしております。

 此れ迄既に今年の7月に入り大宮国際カントリークラブに於いては、既に早目の新規入会者対策を打ち出しておりましたが、川越グリーンクロスは此れに続くものとなりました。更に影響を受けざるを得ないゴルフ場は、ノーザンCC錦ヶ原ゴルフ場であり大宮カントリークラブだろうと推察されます。

 此れ迄多くの地域住民を中心としたゴルファーへ、ゴルフを通じ健康増進とコミュニティを提供して来たこれ等ゴルフ場ですが、今後の在り方が今まさに問われています。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
川越グリーンクロスは6月1日より通常営業を再開

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 公益財団法人 日本ゴルフ協会(以下JGA)は2020年8月31日、今年度主催するナショナルオープンについて、一般非公開で開催する事を明らかにしました。

 今回JGAが対象にしているナショナルオープン競技は、「第30回日本シニアオープンゴルフ選手権」、「第53回日本女子オープンゴルフ選手権」、「第85回日本オープンゴルフ選手権」です。この3試合開催へ向け、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する為には、一般非公開でプロアマ大会を中止しチャンピオンズディナーも中止する事が、最善策であるとの結論に至った様です。

 一般観客を受け入れないと言う事は、JGAの収益減にもつながる事から、各試合の賞金総額も一律25%減額するとしております。日本オープンは2億1,000万円から1億5,750万円へ、女子オープンは1億5,000万円から1億1,250万円へ、シニアオープンは8,000万円から6,000万円になります。この様な経験は、日本オープンで1979年に一度あるものの、それ以外は初めての事になる様です。

 一般非公開と言えどもこの模様は、共同主催のNHKにより放映されますので、ゴルフファンは地上波のテレビにより観戦する事が出来ます。この内容に関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
JGAドリームステージは既に一部でキャンセル待ち

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 昨2019年千葉県のアコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ(以下習志野CC)を舞台に、日本のゴルフファンへ大きな感動をもたらしてくれたPGA TOUR の『ZOZO CHAMPIONSHIP』ですが、2020年の今年に限り米国で開催する事を、9月1日ZOZOが明らかにしました。

 これまでZOZOと習志野CCでは様々な協議を試みるも、日本での開催を見送る事が、多くの関係者のリスク回避になると判断したのだと思われます。風評被害を恐れるが故に過剰反応を示し、意味の無い対策をひとたび軽視するならば、白眼視されるのが現在の日本に於ける状況です。

 この様な中、PGA TOUR の海外選手と関係者多数を受け入れる事はリスクのみで、得られる果実が少ない様に思われます。これらを総合的にみて、得られた結論なのでしょう。

 開催コースはカリフォルニア州にあるシャーウッドカントリークラブです。ジャック ニクラスの設計によるこのコースは、様々な大会の会場として実績を残して来ており、正しくPGA TOUR の開催コースに相応しいものです。開催日は10月22日(木)~25日(日)ですが、大会名称は『ZOZO CHAMPIONSHIP @シャーウッド』です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ZOZO CHAMPIONSHIP2020年の試合会場は何処?

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg JGTOの下部ツアーに位置づけられているAbema TV ツアーの今年予定していた13戦は、此れ迄9戦が中止或いは延期と言う形で、実質開催されずに今日に至っております。

 その様な中、9月1日時点で残されたトーナメントは4試合ですが、既に2試合が開催を発表している事から、残り2試合の動向が気がかりなところではありました。そして昨日JGTOは、自ら主催する『TIチャレンジ』について、開催コースを変更し行う事を明らかにしたのです。

 今年のツアー計画で同大会は、兵庫県の東条の森カントリークラブ東条コースでの開催を予定しておりましたが、新型コロナの感染拡大を防止する観点から、7月に入り「開催は困難」との申し出を、クラブ側がJGTOへしておりました。

 そして急遽白羽の矢が立てられたのは、群馬県の草津カントリークラブだったのですが、開催に関する連絡と打ち合わせを経て、決定したのは8月のお盆前後との事でした。急ごしらえで問題無いのかと思う反面、常日頃コースメンテナンスを手厚く行っている点が、ものを言ったのだと思われます。

 同クラブによれば会員への告知は此れからだとの事ですが、当該ゴルフ場の概略と関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
草津カントリークラブ
草津カントリークラブの法人会員権

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の飯能くすの樹カントリー倶楽部では、2020年9月1日より正会員の補充募集を開始します。その趣旨は当該クラブに於いて会員の高齢化が進んでおり、今後退会やスリーピング化が想定される事から、早目の対策としております。その概要は、下記の通りです。

☆ 募集会員 正会員(個人、法人一名記名式)
☆ 募集金額 77万円(入会金70万円+消費税7万円)
☆ 募集口数 100口
☆ 募集期間 2020年9月1日~定員に達する迄
☆ 入会条件 個人及び登録者は日本国籍である事

 この募集には特典があり、家族やグループなど複数での同時入会は715,000円(税込)、現会員の紹介による入会は660,000円(税込)で手続き出来る点です。今回の募集に当たり、既存会員権の名義書換を停止にしないとの事ですが、総額66万円と同等で売買を成立させるのは、大変困難な様にも思えます。

 何と言っても名義書換料が税込55万円する訳ですから、残り11万円で処理するとなると、会員権価格を5万円前後に設定しないと、会員権業者の出る幕はほとんど無いも等しいと言えます。ゴルフ場の独り舞台、と言うところでしょうか。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
飯能くすの樹カントリー倶楽部
飯能くすの樹カントリー倶楽部では10月1日より会員募集開始

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の高麗川カントリークラブでは2018年9月1日より、週日会員の新規会員募集を行っております。約2年間に渡り募集活動を行って来ましたが、2020年8月下旬時点で約50名が会員になられているとの事です。

 この会員種別は2018年の会員募集開始と共に創設されたものですので、それ以前の古くからの会員は在籍しておりません。土曜日と日曜日更に祝日は利用出来ませんが、平日のみご利用される方には、充分費用対効果も見込める会員権だと言えます。

 平日に於ける通常のキャディ付きビジター料金は、利用税や消費税を含めトップシーズンでは19,000円前後ですが、会員料金は10,680円ほどで済みます。月に2回或いは年間20ラウンド以上、ゴルフをされる方にとっては、単純に費用面だけをとっても有益だと言えます。

 まして当該ゴルフ場では、平日であってもメンバータイムを設けておりますので、会員の一人予約にも充分対応出来るとしております。1組を設けなくても、当日の組み合わせでプレーする事が出来ますので、煩わしくないのが嬉しいですね。

 当該ゴルフ場では年度会員と言う制度が無い為、平日にプレーされる方は会員或いは会員と同伴したゲスト、更には会員から紹介されたビジターやゴーラと言う集客サイトを通じての方々です。集客サイトはゴーラのみとの事ですが、利用料金とサービスを精査した場合、内実は通常と遜色無いもので、一口にゴーラが格安と言えないものになっています。

 なお募集金額の総額は96万円ですが、内訳として会員資格保証金30万円と、入会金66万円(消費税込み)になっております。地道な活動を展開しクラブライフ充実させている、高麗川カントリークラブの一端を紹介させて頂きました。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
高麗川カントリークラブ
高麗川カントリークラブでは9月より週日会員募集開始

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の株式会社小川カントリークラブ(以下小川CC)が、東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、昨日でまる2ヶ月が経過しました。当該ゴルフ場関係者A氏によれば、当初の通り自主再建の方針を、貫徹して行く模様です。

 当初スポンサーの選定話も一部で報道されていた事から、その様な方向性も推測されましたが、A氏によれば予定通り自主再建に変更はないとの事です。この様にA氏が自信を深めた発言の裏には、再建を担う為の資金調達が順調に進みそうだ、との手応えが有るからだと思われます。

 現在のこの進捗状況を見るならば、2020年9月下旬から10月上旬にかけ、再生計画案の提出も現実味を帯びて来ました。会員への弁済と設備面への投資、そしてランニングコストなどを考慮すると、やはり数億単位での資金は必要になって来ます。

 今後は当該ゴルフ場の魅力作りと共に、集客増と客単価アップは、再建の為の必須条件と言えます。此れ迄達成したゴルフ場が少ない自主再建ですが、小川CCモデルと言われる様なものを、是非作り上げて頂きたいと思います。注目です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
小川カントリークラブ
小川カントリークラブが東京地裁へ民事再生手続き申立

石坂ゴルフ倶楽部の法人会員

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の石坂ゴルフ倶楽部では、法人会員の入会について、特段厳しいハードルを設けておりません。とは言え全く審査しないのでは無く、当然反社チェックは必須としております。

 この点は最低限の無視出来ないポイントですが、東証への上場であるとか、資本金、従業員数、売上高等などの詳細については不問との事です。この事から法人会員も比較的多く、昨2019年2月時点における正会員数1,056人の内、約四割を同会員が占めております。

 その内訳は、会社経営者の利便性を重視した法人会員であったり、或いは純粋に接待を目的にした、会社全体での利用を主目的にした会員などに分かれます。交通アクセスやコースレイアウト良く、更に気持ち良い当該ゴルフ場の接客姿勢は、ゴルフを接待の武器にしている法人にとっては、大変魅力的なのだと思われます。

 会員権購入について一体誰が資金を拠出したのか、そしてその名義が拠出した人或いは機関の名義になっているのか、この形式と内容の整合性は会社関係者であればとても重要な事であり、便法で処理出来るから問題無いなどと豪語するのは、時代遅れの様にも思えます。

 法人会員が多いと言う事は、ゴルフ場側にとっても客単価に影響して来ますので、とても大きな要素だと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
石坂ゴルフ倶楽部
石坂ゴルフ倶楽部を舞台に『センチュリー21』の予選会が開催

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)と韓国プロゴルフ協会(以下KPGA)更にはアジアンツアーの3団体共催試合として、昨年から位置づけられていた『シンハンドンへオープン』は、今年に限りJGTOの賞金加算試合から外れました。

 理由は今年KPGA単独での開催となった事からです。此れ迄上記3団体に加え韓国の新韓銀行を含めた4団体は、韓国政府へ共催での申請を行うも、8月に入り新型コロナの影響下から却下されたのです。この様な経緯からJGTOは参戦を、見送らざるを得なくなりました。

 この結果年間スケジュールとして数えられていた25試合は、1試合減少し24試合に成ると共に、既に10試合が中止になり、6試合が中止を表明済みです。開催を発表している『フジサンケイクラシック』を除き、今後開催の可能性があるのは6試合のみです。

 なお当該試合は当初日本のKOMAカントリークラブが、開催コースとして指定されておりましたが、4月1日時点で韓国仁川の「Bear's Best CheongNa GC」へ変更になっておりました。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
シンハンドンへオープンの開催会場はKOMAカントリークラブ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 静岡県の葛城ゴルフ倶楽部では、8月1日より正会員の補充募集を開始しましたが、約2週間が経過した17日の週に、申込書ベースで25口の枠一杯状態へ達したとの事です。

 それどころか8月21日時点で、5名がキャンセル待ちをしている状況であり、今後は受け付けはストップせざるを得ない状態の様です。総額632万円募集を2週間で集めきる訳ですから、何とも羨ましい話です。

 今後は同倶楽部による入会希望者への書類審査や面接などの手続きを経る関係から、一応予定通り2020年11月末迄、会員権市場に於ける名義変更手続きは停止にするとの事です。この様な状況を見た場合、今後は市場を中心にした動きが、活発になるものと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
葛城ゴルフ倶楽部では8月1日より正会員の補充募集開始