株式会社アコーディア・ゴルフは2017年6月10日より、全国で運営している会員制ゴルフ場において、入会条件から外国籍を撤廃しました。基本的に日本国内に居住し住民票を取得出来る方であれば、アコーディアグループのゴルフ場へ入会申請できる事になりました。

 例えば千葉県の習志野カントリークラブであるとか、群馬県の緑野カントリークラブ更に奈良県の万壽ゴルフクラブなどでは、外国籍の方が入会申請する場合、外国籍者名義の会員権を取得した後でなければ出来ませんでした。その数広義の関東エリアで11コースを数える事が出来ました。また千葉県のオーク・ヒルズカントリークラブやグレンオークスカントリークラブなどでは、入会条件の一つとして原則日本国籍者とうたっておりましたが、これも同エリアで合計4クラブ存在しておりました。

 かつてはこの様な条件を設ける事でクラブの特色を前面に出していたのですが、6月10日以降はこの垣根が取り払われオープンな状況となりました。アコーディアゴルフとすれば、より広範囲のゴルファーをターゲットとして、営業活動が出来る事になったと言えます。当然外国籍ゴルファーにとっては、クラブ選択肢が増えた事になります。

 しかしながら女性ゴルファーへの対応は従来通りだとしており、同グループが運営する約130コースにおいて、女性への入会制限を設けていないクラブもあれば、厳しくしているクラブもあると言う事になります。今日多くのゴルフ場は、女性とジュニアの取り込みを、重要なテーマとして捉えております。この事からいずれ同グループにおいても、この点の改革が断行されて行くものと思われます。

 静岡県伊東市のサザンクロスカントリークラブ(以下サザンクロスCC)では、2017年6月1日より「新規入会応援キャンペーン」と題して、名義書換料を減額して受け付けております。これは通常正会員一口の名義書換料30万円(税別)のところ、キャンペーン期間中につき税別10万円にて手続きが出来るものです。

 入会希望者へコスト負担を軽減するこの度の手続きは、今年の12月末まで行われますが、当該クラブでは通常年における名義書換実績の4倍近い目標数を据えており、7ヶ月間この数値を追い求めて行く事になるのだと思われます。2017年6月現在の会員数は約1,260名ですが、18ホール規模でリゾート的味わいのあるクラブと言う観点からは、まだまだ会員稼働の余剰数は有るのだと言えます。

 サザンクロスCCの付帯設備であるホテルやレストラン更にドッグランなどは、ゴルフプレーヤーの為の補助設備と言うよりは、それぞれの施設をそれぞれの目的で楽しめる、複合的レジャー施設と言う表現が似合う様にも思えます。この様な多目的機能を有したサザンクロスCCですが、キャンペーンは始まったばかりです。

 なおサザンクロスCCを舞台にして今年2017年10月17日(火曜日)~18日(水曜日)の2日間、公益社団法人日本プロゴルフ協会公認の第8回ユニデングランドシニアチャンピオンシップ競技が開催されます。グランド・ゴールド選手が、優勝を目指し華麗な技を披露します。賞金総額は1,600万円です。

 ゴルフ場の概略は、次のリンクよりご確認頂けます。サザンクロスカントリークラブ

 山梨県のカントリークラブ グリーンバレイでは、2017年7月1日より翌年2018年6月30日までの1年間に限り、会員への入会促進キャンペーンとして、「名義書換料の預り保証金(預託金)充当制度」を実施します。これは入会希望者が入会申請するに当たり、取得した会員権の証券額面(預託金)より名義書換料を差し引き、消費税のみの支払で手続きが出来るものです。

 このキャンペーンを利用して入会した場合、新たに発行される証券額面は、名義書換料分が減額されたものとなり、その預託金据置期間は新たに10年となります。このキャンペーンを利用できる会員種別は、個人正会員及び平日会員そして法人正会員更には名誉シニア会員です。

 このキャンペーンを行うに当たり、当該クラブでは会則第8条を変更しました。その中に第2項として下記条文を追記したのですが、施行は2017年6月6日としております。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                                                                                                                     会社は、別に定める年会費、諸料金について会員の未払いがあるときは、いつでも、預り保証金をもって当該未払い分の弁済に充当することができる。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この度の充当キャンペーンを裏付ける会則として上記文言が存在します。「諸料金について会員の未払いがあるとき」を、名義書換料と置き換える事でキャンペーンとの整合性を持たせようとしておりますが、会計上の問題からこの様な文言になったとしております。

 2017年6月現在の会員総数は1952名との事ですが、その全証券額面の内最低券面は50万円です。この事から入会手続き上満額名義書換料を充当出来なかったなどの事件は、発生しない事と思われますが、将来的には既に減額された20万円額面証券などは、満額充当できないなどの理由により流通上不利益を被る可能性が有ります。

当該ゴルフ場の概略は、右記のリンクよりご確認頂けます。カントリークラブ グリーンバレイ

 埼玉県の鳩山カントリークラブ(以下鳩山CC)では、ゴルフ会員権の流通促進と言う観点から様々な改定を行い、2017年6月10日より実施しております。その主だった内容は、下記の通りです。

  1. 印鑑証明書の有効期限を半年へ
  2. 推薦人に心あたりの無い入会者は要相談
  3. 名義人及び入会申請者による書類への連記方式改定

 一般的に会員制クラブでは、会員である名義人の印鑑証明書を退会及び譲渡の意思表示として、会員権の名義書換時に入会申請者よりその提出を求めております。この有効期限について、鳩山CCではこれまで発行期日より3ヶ月間として来たのですが、これを6ヶ月間へこの度改定し実施しました。これは昨年2016年12月のクラブ理事会にて決議されていた内容です。

 一般的に会員制クラブへの入会は、親しくしている現会員より勧誘を受けて入会申請する事が、最善だと思われます。しかしながら入会希望者は、その様な経緯で入会を動機づけられるケースばかりでは無い事から、入会推薦を引き受けて頂ける会員と面識がない場合、鳩山CCでは求めている推薦会員1名の件について相談して欲しいとして、6月10日以降柔軟に対応して行くとしております。

 鳩山CC名義書換書類の一つに、「名義書換承認願」があります。ここには退会する現会員である名義人の署名捺印と、入会申請者の署名捺印が必要であり、この連名連記をもって作成されていました。しかしながらこの度の改定でこの書類は、入会申請者のみが記入する事になりました。結果として連名連記での作成書類が、名義書換手続き上一掃されたのです。これは会員或いは入会希望者と直接接するゴルフ会員権業者への配慮とも取れるのですが、入退会の手続き手順が簡略化される事は間違いないと言えます。

 この様な改定を通じて鳩山CCでは、ゴルフ会員権の流通をより良くし実態に即したものへ、更にはクラブの活性化へ反映される様にしたいとしております。これまで印鑑証明書の有効期限を半年としている広義の関東エリアにおけるクラブは62でしたが、この度鳩山CCが加わる事で63クラブとなりました。

 ちなみに6月に入り一般社団法人鳩山カントリークラブの理事長は、犬飼修三氏より和田章氏へ交代しております。当該ゴルフ場の概略は、次のリンクよりご確認頂けます。鳩山カントリークラブ

 千葉県のエンゼルカントリークラブは2017年7月3日より『南総ヒルズカントリークラブ』として、新たな会員制クラブとなり出発する事になりました。この日をもってPGMグループのゴルフ場となる訳ですが、同グループでは預託金の無いプレー資格のみの会員を、受け入れる事になるとしております。

 2017年4月25日森永製菓株式会社とPGMグループであるパシフィックゴルフプロパティーズ株式会社両法人による当該ゴルフ場譲渡契約締結時には、約1,000名の会員預託金をPGMグループが承継する事と当事件帖では理解しておりましたが、その後速やかに現経営母体側から現会員へ預託金償還の動きがあった様です。

 森永製菓側から全会員へ預託金の償還手続きが進むと共に、『南総ヒルズカントリークラブ』の会員として新たな会員資格取得を希望するか否かの問い合わせも同時にあり、会員は選択の機会が与えられたのです。PGMグループとしては移行してくる新たな会員に対して、無額面の新証券を発行する予定にしています。当然この証券は、将来譲渡可だとしております。

 この度の森永製菓株式会社による会員への対応は、大変評価の高いものとなりました。

 群馬県の大間々カントリー倶楽部を経営する株式会社大間々カントリー倶楽部(群馬県みどり市_代表取締役・山本修裕)は、2017年5月末から6月初旬にかけて再生計画案を会員債権者などへ明らかにしました。

 515名の再生債権者に対する債権額総額は、約55億9,000万円となります。この中で退会を希望する会員へは、預託金額の1%を年1回支払いで10年間かけて弁済するとしております。また引き続き当該倶楽部の会員としての資格を希望する方へは、現在の預託金額の1%を10年間据え置きの新預託金とする事で可能だとしております。

 上記弁済率を鑑みた場合、約55億9,000万円の債権額が、1%の約5,590万円へ圧縮されます。例えば半数の会員が退会を希望したならば、その再生債権額は2,795万円になります。この金額を10年で分割するならば、1年間の支払額は2,795,000円です。更にこの数字は月間約23万円を、この支払に当てる事で成立するのです。

 今回出来るだけ退会者を出さない事が、今後当該ゴルフ場を経営して行く経営陣にとって最適であり、資金負担が軽減される事になります。そしてこの計画案がまとまった後には、集客を重点的に強化する事で、負の遺産と決別する事が出来ると言えます。この度の再生計画案に対する賛否を問う債権者集会は、2017年7月12日に予定されております。

 ここまではゴルフ場の経営会社再建という観点から見てきた訳ですが、約500名の原始会員にとっては、入会時に支払った大金が1%になってしまうという悲劇に見舞われた事でもあり、なんともいたたまれない気持ちで、7月12日を迎えなければならない事になります。

 当該ゴルフ場の概略は、次のリンクよりご確認頂けます。大間々カントリー倶楽部

 島根県の松江カントリークラブは1961年10月の開場ですから、約50年以上の歴史を有するゴルフ場でしたが、2017年5月30日の営業をもって幕を下ろす事になりました。これは1年未満当該ゴルフ場を暫定的に運営してきた株式会社ケイ・エム(群馬県高崎市_代表取締役・森本キミ)が、2017年4月30日明らかにしていたものでした。

 当該ゴルフ場を経営しておりました株式会社松江カントリー倶楽部(松江市薦津町875_代表取締役・長谷川渥子)は、昨年2016年6月30日松江地裁へ自己破産申請したのですが、その後当該土地の大半を所有しております株式会社ケイ・エムコーポレーション(群馬県高崎市_代表取締役・森本キミ)の関連会社である株式会社ケイ・エムにより、今日まで運営されて来ていたのです。

 株式会社松江カントリー倶楽部の破産管財人である吾郷計宣弁護士は、破産申請直前に株式会社ケイ・エムコーポレーションによる当該ゴルフ場用地取得価額が不当に安かったと指摘しており、今後の成り行き次第では否認権の行使もあり得る事を示唆しております。当該ゴルフ場管轄行政機関によれば、当該土地の評価額は3億数千万円が適当だとしております。

 当該土地活用に付いては現在様々な案件が持ち込まれている様ですが、破産管財人としてはゴルフ場としての再生が望ましと考えていると共に、多くの会員もそれを希望している様です。当該ゴルフ場は松江市中心部へ約10分の至近距離にあり、また周辺は民家が林立している環境です。この好条件を活かしたゴルフ場の再生は、有り得ないものでしょうか。

 茨城県の石岡ゴルフ倶楽部ウエストコースでは、2017年6月1日より2018年3月末日までの10ヶ月間の期間限定にて、会員権の名義書換料を減額して受け付けるキャンペーンを開始しております。その概略は、下記の通りです。

  • 40万円(税別)⇒20万円(税別)正会員
  • 10万円(税別)⇒10万円(税別)同一法人内記名者変更手続き

 尚、親族間譲渡に関しましては5万円(税別)にて手続きが出来ますが、これは名義変更料と言う意味合いよりは、事務手数料と言う位置づけになります。またキャンペーン期間中であっても、新グランドステータス制度の利用は可能との事です。

当該ゴルフ場の概略は、次のリンクよりご確認頂けます。石岡ゴルフ倶楽部ウエストコース

 株式会社ザナショナルカントリー倶楽部は2017年4月25日、東京地裁より民事再生手続終結決定を受けました。2014年6月18日5コースを経営する3法人が、一斉に東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。それから約3年が経過した今日、晴れて通常の法人となったのですが、これは監督委員による監督・指導なく日常業務を遂行出来る事でもあります。

 3法人は再生手続きの過程で合併し、株式会社ザナショナルカントリー倶楽部となりました。当該法人は千葉県と埼玉県更には静岡県にそれぞれ1コース所有しておりましたが、昨年2016年12月には静岡県のゴルフ場を切り離す事が出来、現在では2コースのみとなっております。

 3社合併は利益の出ている千葉県のコースと、赤字体質の静岡県のコースを一緒にする事で、節税効果を目論見としたものでした。そして静岡県のコースを手放した今日、当該法人には大きな不安定要素が無くなったと言えます。今後は企業の収益性を高める為にも、様々な対策が講じられて来るものと思われますが、減少した会員数を補う募集などは、当座考えられる1案と言えるのでは無いでしょうか。

 今後どの様な動きを見せるのか、(株)ザナショナルカントリー倶楽部の動向から目が離せません。ゴルフ場の概略は、次のリンクよりご確認頂けます。ザ ナショナルカントリー倶楽部 千葉 ザ ナショナルカントリー倶楽部 埼玉

logo_tate20170602_tact-top.jpg PGMホールディングス株式会社(以下PGMH)は2017年6月1日より、福岡県飯塚市の福岡レイクサイドカントリークラブを取得し、連結対象子会社であるパシフィックゴルフマネージメント株式会社が運営にあたる事を、同日広報を通じて明らかにしました。

 当該ゴルフ場はこの度の経営会社交代が3度目となります。当初の経営会社である株式会社福岡レイクサイドは、2002年6月25日約75億円の負債を抱えて、福岡地裁へ民事再生法の適用を申請しました。

 民事再生手続き中に同経営会社は、同ゴルフ場を韓国系の福岡国際リゾート株式会社(長崎県西彼杵郡琴海町_代表取締役・熊谷長一郎)へ、2004年12月16日に9億6,000万円で譲渡したのです。これが2度目になり、そしてこの度のPGMグループが3度目と言う事になります。

 PGMグループは2016年11月29日に、福岡国際リゾート株式会社より会社分割にて新設され、また当該ゴルフ場事業を承継した福岡飯塚ゴルフ株式会社(福岡県飯塚市椋本_代表取締役・濱正廣)の全株式を、福岡国際リゾート株式会社より譲り受ける契約を締結しました。そしてその実行日が、6月1日だったのです。

 この度当該ゴルフ場がPGMグループ入りした事で、同グループの保有ゴルフ場は134、運営受託2、リース運営1と言う体制になりました。特に福岡県では8コースを保有しており、その内訳は会員制7にパブリック1です。度重なる経営交代に対し戸惑う会員も少なく無いと思われるものの、当該クラブ会員にとってPGMグループの様々な特典を活用する事で、ある意味利便性が増したとも言えなくも有りません。