タグ「USLPGA」が付けられているもの

『TOTOジャパンクラシック』出場選手決まる

  • 投稿日:
  • by

toto_ジャパン2016.png 全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)公式戦『TOTOジャパンクラシック』が、2016年11月4日(金)?6日(日)までの3日間、茨城県の太平洋クラブ美野里コースを舞台にして開催されます。日本で開催される、USLPGAツアー唯一の試合です。

 本大会は、昨年よりTOTO株式会社が、主催者として加わりました。

 この試合へ参戦するUSLPGA所属選手43名と、日本女子プロゴルフ協会(LPGAofJAPAN)所属選手35名の合計78選手が、10月24日に決定しました。

 USLPGA所属選手43名の中には、リディア・コ、アリヤ・ジュタヌガーン、チョン・インジなどのトップ選手と共に、日本の野村敏京、宮里藍、宮里美香の3選手が入っております。日本側からは、下記選手が選出されました。

1 イ ボミ 2 大山 志保
2 申 ジエ 20 原 江里菜
3 笠 りつ子 21 姜 秀衍
4 鈴木 愛 22 青木 瀬令奈
5 キム ハヌル 23 穴井 詩
6 テレサ・ルー 24 森田 遥
7 菊地 絵里香 25 フェービー・ヤオ
8 渡邉 彩香 26 柏原 明日架
9 李 知姫 27 葭葉 ルミ
10 堀 琴音 28 成田 美寿々
11 アン ソンジュ 29 ささき しょうこ
12 全 美貞 30 大江 香織
13 ペ ヘギョン 31 上田 桃子
14 西山 ゆかり 32 福嶋 浩子
15 松森 彩夏 33 岡山 絵里
16 木戸 愛 34 飯島 茜
17 下川 めぐみ 35 表 純子
18 永峰 咲希

ricoh.png 2016年7月28日?31日までの4日間、イングランドのウォーバーンゴルフクラブを舞台にして、第40回全英リコー女子オープンが開催されました。

 この節目の大会に優勝したのは、タイのAriya Jutanugarn選手でした。同選手は1995年生まれの若干20歳で、初のメジャータイトル獲得となりました。

尚、日本人及び日本ツアーからの出場者結果は、下記の通りです。

選手 予選ラウンド 最終結果
ペ ヘギョン 47位タイ 11位タイ
テレサ・ルー 15位タイ 14位タイ
野村 敏京 15位タイ 17位タイ
宮里 美香 15位タイ 58位タイ
申 ジエ 47位タイ 60位タイ
西山 ゆかり 33位タイ 60位タイ
鈴木 愛 63位タイ 65位タイ
柏原 明日架 予選落ち
上田 桃子 予選落ち
宮里 藍 予選落ち
横峯 さくら 予選落ち

 この度参戦した11選手の中、4日間通じて常に安定した内容のプレーをしたのは、テレサ・ルー選手でした。

 初日11位タイ、2日目15位タイ、3日目17位タイ、そして最終日14位タイと言う活躍で、フロッグでなくメジャーを狙えると言うならば、その第一人者はやはりテレサ選手では無いでしょうか。

 今後も更なる活躍を、期待したいものです。

 2016年7月7日から10日までの4日間、アメリカ・カリフォルニアのCorde Valle Golf Clubで行われた第71回全米女子オープンは、Anna Nordqvist選手とBrittany Lang選手とのプレーオフに成りました。共に6アンダーでした。

 3ホールのプレーオフを制して優勝したのはBrittany Lang選手で、日本時間11日午前9時を少し回った時でした。

 プレーオフの分かれ目は、17番ホールでAnna Nordqvist選手がバンカーからのセカンドショットを打った時に、クラブが砂に触り2打罰を受けた事です。少し後味の悪いプレーオフと成ってしまいました。

 印象に残ったのは、韓国のパク サンヒョン選手でした。惜しくも5アンダーで終戦してしまい、特に最終日18番ホールでの2打目が池に入ったのは残念でしたが、将来必ず飛躍するであろう事を想像させる活躍でした。

 

 日本からの及び日本人出場選手は、下記の通りです。プロ10人、アマチュア2人と言う内容です。

  1. 野村 敏京
  2. 横峯 さくら
  3. 宮里 美香
  4. 原 江里菜
  5. 佐藤 絵美
  6. 渡邉 彩香
  7. 堀 琴音
  8. 大山 志保
  9. イ ボミ
  10. 光永 輪子
  11. 松森 彩夏
  12. 澤田 知佳

 決勝へ進んだのは下記4選手であり、その最終成績です。

  1. 野村 敏京 11位タイ
  2. 横峯 さくら 38位タイ
  3. 渡邉 彩香 38位タイ
  4. 原 江里菜 70位

 USLPGAツアーを戦っている野村敏京選手が、2016年4月24日(日本時間25日)にサンフランシスコで行われていたSWINGING SKIRTS LPGA CLASSICで優勝しました。今年2月オーストラリアで行われた、ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンに次ぐ2勝目を飾りました。

 野村選手は初日こそ2位タイで終わるものの、二日目は単独首位、三日目も単独首位、最終日はスコアを一つ落とすものの二位の選手に4打差を付けて逃げ切りました

 予選通過者81名中アンダーパーで回って来た選手は、10名のみと言うハードなコンディションの中で、同選手は9アンダーで優勝したのです。6位タイの選手が1アンダーですから、如何に同選手が高い技術力を持って、安定したゴルフを展開したかが解かります。

 日本人選手は6名が参戦し4名が予選を突破しましたが、野村選手以外の成績は下記の通りです。

  • 40位タイ 横峯さくら選手
  • 50位タイ 宮里美香選手、畑岡奈紗さん(アマチュア)

 USLPGAの会員資格を持ってツアー優勝した日本人選手は、野村選手を含めて9人おり、その一覧は下記の通りです。(継承略)

  1. 樋口久子
  2. 岡本綾子
  3. 小林浩美
  4. 平瀬真由美
  5. 福嶋晃子
  6. 上田桃子
  7. 宮里 藍
  8. 宮里美香
  9. 野村敏京

 2016年2月18日より21日までの4日間、オーストラリアのグランジェGCウエストコースで開催されておりました米国女子ツアー_ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープンに於いて、日本人選手の野村敏京選手が米国女子ツアー初優勝を飾りました。

 野村選手は初日3アンダーで10位タイ、2日目4アンダーで3位タイにて予選を通過し、3日目は2アンダー・トータル9アンダーとして首位タイにて最終日を迎えました。

 最終日は7アンダーとして、決勝日に残った全選手の中で最高のスコアをたたき出し、5アンダーで猛追して来たリディア・コ選手に3打差をつけて、トータル16アンダーで見事米国ツアー初優勝となりました。

 日本人選手は全員で8名が参戦したのですが、宮里美香42位タイ、永井花奈47位タイ、酒井美紀54位タイと言う結果になり、残念ながら上原、横峯、小貫の3選手とアマチュアの岩崎美紀さんの4名は予選落ちとなってしまっておりました。

 野村敏京(ノムラ ハルキョウ)選手は、1992年生まれの23歳です。

 5歳で母の母国である韓国に渡り、10歳からゴルフに取り組み始めました。高校卒業までは韓国で過ごすのですが、2007年には日本ジュニアゴルフ選手権競技女子12?14歳の部で優勝しております。

 2010年にUSLPGAツアーQTで40位タイとなりプロ入りし、2011年4月には米国下部ツアー・「デイトナビーチインビテーショナル」でプロ転向後に初優勝しており、更に同年5月に日本女子ツアー_中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンで日本女子ツアー初優勝しておりました。

 この年同選手は、日本国籍を取得しました。

 そして2015年に招待選手として出場した韓国女子ツアーのハンファ金融クラシックで、同選手は3勝目をあげております。今回の優勝で野村選手にとっては、プロキャリア通算4勝目となりました。

 海外に於ける日本人選手の活躍が、目覚しくなって来ました。益々日本人選手から、目が離せない状況です。

 2015年7月30日?8月2日までの4日間、スコットランドのTurnberry Golf Club TurnberryGC-Ailsa Courseで開催された全英リコー女子オープン優勝者は、韓国の朴仁妃選手でした。

 3日目5アンダー5位タイと言う位置から、最終日は7アンダーと言う爆発的スコアを叩き出し、一挙に他の選手を寄せ付けずに優勝しました。

 日本人選手は9選手が参戦したのですが、結果は下記の通りです。

宮里美香 7位タイ
横峯さくら 36位タイ
成田美寿々 50位タイ
大山志保 CUT
宮里 藍 CUT
吉田弓美子 CUT
渡邉彩香 CUT
野村敏京 CUT
笠りつ子 CUT

 宮里美香選手は、初日6位タイ、二日目単独6位、3日目単独4位、最終日7位タイと、終始安定した内容で有ったものの、最終日に1オーバーとしてスコアを伸ばせなかった事が、最後に尾を引いたと言えます。

 忘れて成らない点は、 2014年JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ優勝者の資格で参戦したテレサ・ルー選手の活躍です。

 初日6位タイ、二日目2位タイ、三日目首位タイ、最終日単独6位と、大活躍でした。テレサ選手も最終日は2オーバーとスコアを伸ばせなかった点が、大変悔やまれます。

 2015年7月9日から12日までの4日間、アメリカ・ペンシルバニア州のランカスターCCを舞台にして開催された2015年全米女子オープンの優勝者は、韓国のチョン・インジ選手でした。

 4日目チョン選手は4アンダー・単独3位から、8アンダーで単独首位のエイミー・ヤン選手を追いかける展開と成ったのですが、エイミー選手がスコアを一つ落とす中で、4アンダー・トータル8アンダーとして、見事逆転優勝を果たしたのです。

 チョン選手は韓国の20歳、高麗大学の学生でもありプロゴルファーですが、既に2015年JLPGAツアー公式戦のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップに於いて優勝しております。今年のまだ記憶に新しい出来事です。

日本人選手は12選手が参戦しましたが、結果は下記の通りです。

1 大山志保 -3 5位タイ
2 葭葉ルミ +2 20位タイ
3 上原彩子 +2 20位タイ
4 鈴木 愛 +4 32位タイ
5 菊地絵理香 +5 35位タイ
6 横峯さくら +7 47位タイ
7 穴井 詩 +10 59位タイ
8 野村敏京 予選落ち
9 宮里美香 予選落ち
10 山口すず夏 予選落ち
11 松森彩夏 予選落ち
12 成田美寿々 予選落ち

 今大会での大山選手の活躍は見応えが有りました。3日目終了時点で3アンダー・単独4位と言うポジションから、トップのエイミー・ヤン選手の8アンダーに追いつき追い越すには、余りにも離れ過ぎている様に思えたのですが、気合の入った姿勢は応援する者の気持ちを引き付けました。

 2015年7月1日全英リコー女子オープン・日本広報事務局より、日本ツアーからの同オープンへ出場する選手が発表されました。

 同大会の出場資格には、A、サントリーレディスオープン終了時点でのJLPGA賞金ランキング上位5人と言う項目と、B、2014年JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ優勝者と言う2項目が有ります。

 A、の項目に付いて選出された選手は、下記の5選手です。

  1. 成田美寿々(賞金ランキング5位)
  2. 笠りつ子(賞金ランキング7位)
  3. 渡邉彩香(賞金ランキング10位)
  4. 吉田弓美子(賞金ランキング11位)
  5. 大山志保(賞金ランキング12位)

 B、の項目に付いて、対象者はテレサ・ルー選手です。

 JLPGAからの出場選手は上記6名ですが、その他日本人選手としては、米LPGAツアーで戦っている宮里藍、宮里美香、横峯さくら、野村敏京の4選手が出場するとしております。

☆ 全英リコー女子オープン

  • 主   催 The Ladies Golf Union
  • 開催日程 2015年7月30日(木曜日)から8月2日(日曜日)
  • 開催会場 トランプ・ターンベリー・リゾート・アイルサコース
  • 賞金総額 300万ドル
  • 競技方法 72ホールズ・ストロークプレー
  • 出場人数 144人

☆ TV放送(テレビ朝日系列全国24局ネット)

  • 7月30日(木) 第一日目 24:15?26:30
  • 7月31日(金) 第二日目 24:15?26:30
  • 8月01日(土) 第三日目 23:12?26:00
  • 8月02日(日) 第四日目 23:35?26:00

☆ ゴルフネットワーク(全ラウンド生中継)

  • 7月30日(木) 21:00_25:00
  • 7月31日(金) 21:00_25:00
  • 8月01日(土) 22:00_26:00(最大延長 翌朝午前6時まで)
  • 8月02日(日) 22:00_26:00(最大延長 翌朝午前6時まで)

 今大会出場選手5名選出に当たり、5番目は賞金ランキング12位の大山志保選手でした。それでは12位までにランキングされているその他6名の選手は、なぜ同大会へ出場しないのでしょうか。

 理由としては体調が悪い、或いは日本ツアーに専念したい、と言うのが主な理由との事でした。

 第70回全米女子オープンゴルフ選手権へ、日本から6名の選手が参戦する事に成りました。これは2015年6月15日、兵庫県の有馬ロイヤルゴルフクラブを舞台にして戦われた最終予選の結果によるものです。

 5月6日時点では、プロ62名、アマチュア40名の合計102名が、最終予選へエントリーしておりましたが、当日は86名にて争われる事に成りました。

 有馬ロイヤルゴルフクラブ・ロイヤルコース18ホールズ、ノーブルコース18ホールズの合計36ホールズでの闘いの結果、上位6選手が7月9日から11日までの4日間、ペンシルバニア州ランカスターカントリークラブで開催される本戦へ参戦出来る事になりました。

 上位6選手は下記の通りです。

  1. 鈴木 愛  12アンダー
  2. 山口すず夏 9アンダー
  3. 葭葉ルミ  9アンダー
  4. 菊地絵理香 9アンダー
  5. 穴井 詩  7アンダー
  6. 松森彩夏  7アンダー

 注目選手は何と言っても、相模原市立鵜野森中学3年生の、山口すず夏選手だと言えますが、全参加選手には物怖じしない落ち着いた活躍を、期待したいものです。

 2014年12月3日より7日までの5日間、USLPGAファイナルQTが行われ、横峯さくら選手が11位タイに入りました。来季のUSLPGAツアーにフル参戦出来る20位以内に入った事で、横峯選手の活躍が期待され、本人も(1勝出来る様に)と語っております。

 この度のファイナルQTに日本からエントリーした選手は、横峯選手の他に有村智恵選手とアマチュアの18歳・森田遥選手の3人でしたが、横峯選手以外は最終ラウンドに進むことが出来ませんでした。

 当予選会へは154人がエントリーして5日間競技で行われたのですが、4日目72ホールが終了した時点で上位70位タイまでの選手が、最終ラウンドへ進む事が出来たのです。

 この最終ラウンドで20位タイまでに入ると、来季はほぼ全試合に参戦する事が出来、21位から45位までは、優先順位が低い条件付きの出場権が得られます。

 来季USLPGAツアーに日本から参戦する選手は、宮里藍、宮里美香、有村智恵、上原彩子、野村敏京、横峯さくらの6選手です。

 来季開幕戦は2015年1月28日の(コーツ選手権 by R+L Carriers)で、間もなく火ぶたが切られようとしております。

 2014年全英リコー女子オープン優勝者は、アメリカのM.マーティン選手でした。マーティン選手は1982年10月生まれで、2005年からツアーに参戦しおりますが、この度のメジャー優勝が、ツアー初優勝と成りました。

 最終日リンクス特有の強風が吹き荒れ、穏やかだった3日間がまるで嘘の様な、我慢比べの一日と成ったのです。

 この日を象徴するかの様に、最終日イーブンパーでまわってきたのは、優勝したマーティン選手と12位タイに入ったアンナ ノードクイスト選手の2名のみで、13オーバーをたたいた選手が3名も出る状況でした。決勝ラウンドに進出した70名の内、68名がオーバーパーだったのです。

 日本選手は上原彩子、宮里藍、原江里菜、森田理香子、野村敏京、渡邉彩香、佐伯三貴、成田美寿々、比嘉真美子、宮里美香、大山志保の11名が参加したのですが、その内8名が決勝ラウンドへ進みました。

 日本人選手の順位は下記の通りです。

  1. 原 江里菜  +7_21位タイ
  2. 森田理香子 +8_27位タイ
  3. 渡邉彩香  +9_29位タイ
  4. 宮里美香  +10_38位タイ
  5. 宮里 藍  +12_45位タイ
  6. 野村敏京  +12_45位タイ
  7. 上原彩子  +14_54位タイ
  8. 佐伯三貴  +15_58位タイ

 初日4アンダーで首位におどりでた上原選手や、最終日17位タイでスタートして行った宮里藍選手には、日本からの期待する声も多かったのですが、残念な結果に終わってしまいました。

 会場と成ったロイヤル・バークデールGCは、イングランドの北に位置し1889年に設立されました。1922年にフレッド・ホートリーとJ・H・テーラーにより改修され、6,458ヤード・パー72の今日の姿と成ったのです。

 2010年にも同大会が同開場で開催されており、台湾のヤニ・ツェン選手が11アンダーで優勝しております。

 2014年全米女子オープンの開場は、先々週のU.S.Openに続きノースカロライナ州のパインハースト・ナンバー2(6,649ヤード・パー70)で行われ、6月19日から22日の4日間にかけた公式戦の優勝者は、Michelle Wie選手でした。

 決勝進出選手71名中アンダーパーでまわってきたのは、唯一Michelle選手で2アンダーでした。2位のStacy Lewis選手がイーブンパーであ、残る69選手がオーバーパーと言う厳しいセッティングの中での戦いでした。

 日本からは横峯さくら、森田理香子、成田美寿々、渡邉彩香、有村智恵、吉田弓美子、城間絵梨、穴井詩、宮里藍、宮里美香の10名と、マチュアの橋本千里さんの合計11選手が参加しました。予選を突破したのは横峯、森田、成田、橋本の4選手で、最高順位は横峯選手の4オーバー7位タイでした。

 Michelle Wie選手は過去3勝(2009年ロレーナ・オチョア・インビテーショナル、2010年カナディアン女子オープン、2014年4月LPGAロッテ選手権)を上げており、この度の優勝で4勝目と成るものの、メジャーは初の獲得でした。

  USLPGAツアー参戦中の宮里美香選手は、セーフウエー・クラシック最終日である2012年8月19日(日本時間20日)に、通算13アンダーをマークし2位に2打差を付けて初優勝を飾りました。現在22歳の宮里美香選手は、宮里藍選手が2009年に24歳で達成した、最年少での優勝記録を塗り替えました。

過去に於ける日本人選手のLPGAツアー優勝者は、

  1. 樋口久子
  2. 岡本綾子
  3. 小林浩美
  4. 平瀬真由美
  5. 福島晃子
  6. 上田桃子(2007年ミズノクラシック)
  7. 宮里 藍

の7選手であり宮里美香選手は8人目と成りました。

  沖縄県那覇市出身の宮里美香選手とは?

  • 1989年10月生まれ
  • 1997年(08歳) ゴルフを始める
  • 2000年05月(11歳) 沖縄県民ジュニアゴルフ選手権優勝
  • 2003年01月(13歳) ダイキンオーキッドアマチュアゴルフ選手権優勝
  • 2004年06月(14歳) 日本女子アマチュアゴルフ選手権優勝
  • 2006年07月(16歳) 世界ジュニアゴルフ選手権優勝
  • 2008年03月(18歳) 興南高等学校卒業、その年の6月に渡米
  • 2008年12月(19歳) 2009年LPGAツアーシード権獲得
  • 2008年12月(19歳) プロ転向宣言
  • 2010年10月(20歳) 日本女子オープンゴルフ選手権優勝
  • 2012年08月(22歳) セーフウエー・クラシック( LPGAツアー )優勝

 この度の優勝で宮里美香選手は、プロ転向後2勝目を記録した事に成ります。勝ち星そのものは、決して多くは無いのですが、手にした優勝は全てビッグタイトルです。そこに彼女の非凡なる才能、もって生まれた星の強さを感ぜざるを得ません。

 今後益々の活躍が期待されます。

宮里美香選手の公式ホームページは、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                      http://www.mika-miyazato.com/