タグ「PGA」が付けられているもの

PGAは2022年にプロテストの内容を大幅に改定

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_kakochou.jpg 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2020年3月30日に開催された会員総会後の記者会見に於いて、現在行われているプロテスト(トーナメントプレーヤー資格認証試験)の在り方を、2022年を目途に大幅改定する事を明らかにしました。

 その内容は、各種選抜テストからB級講習会受講者、最大120名を選出します。この後にB級講習会及び実技実習試験を経て、ティーチングプロB級の資格を取得する事になります。そしてこのB級資格者が、更にティーチングプロA級資格であったりトーナメントプレーヤー資格へ、ステップアップして行く事が出来るのです。

 現行のプロテストは今年を加え、残り3年で終了する事になりますが、PGAではトーナメントプレーヤー資格(以下TP)制度を、上記の様何らかの形で残して行きたいとしております。この様な変化の背景には、1999年の日本ゴルフツアー機構誕生とも無縁では無く、TP資格がツアーで活躍する第一条件では、無くなってしまった点もあげられます。これを裏付ける様プロテスト受験者数は、2000年の2,307名をピークに、年々下降曲線を描いて来ておりました。

 しかしその事によりPGAの存在意義が失われた訳では無く、在籍する約5,500名の多くは、レッスンなどを主体に活動しており、ゴルフ業界の黒子的存在として社会に定着しております。中でもTP資格者よりもティーチング資格者の方が、より社会から求められるケースが多くなっています。

 この様な現実を直視した時、ゴルフの基礎知識やティーチング技術そしてプレー技術を備えた良質な人材を、社会へ幅広く輩出して行く事業、ある意味ゴルフ社会のインフラを整備して行く事にこそ、今後PGAが繁栄していける礎になるとの認識が、今回の大改革を後押ししている様に思われます。

 今後大きく変貌していくPGAですが、常に変化して行く社会の中で自らを適応させて行き、永続性を持たせた組織体へ改革していく姿でも有ります。

 関連する以前の記事は、下記のリンクからご確認頂けます。
PGAは2020年3月倉本体制で4期目へ突入

 株式会社日立製作所は2020年2月初旬、公益財団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)へ、『国民健康増進へ向けたゴルフ活用に関する報告』と題する報告書を提出しました。これはPGAが、保有する全ての資料を日立製作所へ提供し、日立製作所は人口知能(AI)を活用し、この資料を分析したものです。

 この報告書には副題として、『Open Data 分析によるInsight(気づき)のご紹介』と有ります。AIが8ページにまとめた(気づき)ですが、分析結果として下記の6項目に分かれています。

  1. ゴルフはアルツハイマー型認知症の防止効果が高い
  2. 高血圧性疾患、脳梗塞にもゴルフは効果が高い
  3. 他の学校体育スポーツと比較してもゴルフは効果が高い
  4. 2000万人潜在層の掘り起こしは各クラスター毎の施策が有効
  5. 女性がゴルフをすると、さらなる認知症の減少につながる
  6. 女性の子育てタイミングと55~64歳世代が、ゴルフ継続の分かれ道

 上記6項目の中で、例えば1番目の内容に関しこの資料では、様々なスポーツに於いてゴルフをする人の割合が多いと、アルツハイマー型認知症者の割合が少なくなるとしており、その相関係数が高いと記述されています。

 ではゴルフをしない事が認知症の要因になるのか、と言う論理も成り立つ訳で、相関関係の立証には若干飛躍も見れるものの、資料分析能力と言う点ではAIの活躍が目立つものに成りました。他方PGAにとってこの分析結果は、恣意的判断では無く、AIの客観的判断で有るとのお墨付きを得られたのだと思われます。

 いずれにしても社会に於けるゴルフの効能或いは役割を、常に考え抜いているPGAだからこそ成し得た報告書なのだと言えます。今回内容を掻い摘んで紹介しましたが、ご興味のある方は是非(PGA)へお問い合わせてみては、如何でしょうか。

        越生GC_tact-top.jpg
                 < 越生ゴルフクラブ

 2020年1月21日の定例理事会段階では未定としていた『コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020』の開催会場が、決定したとして公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)より2月25日に公式発表が有りました。

 その開催コースは埼玉県の越生ゴルフクラブ(以下越生GC)です。当初は千葉県での開催も視野に入れていた様ですが、同時期に千葉県では女子プロトーナメントが開催される予定であり、競合を避ける為には他県での開催が望ましいとの方針へ転換した様です。

 その様な中1月下旬、急遽候補に上がった越生GCですが、経営会社社長である錦織正己氏とPGA倉本会長は、日大ゴルフ部時代の先輩後輩と言う旧知の間柄です。更に2016年と翌年17年の2年連続で、シニアトーナメントを開催済みと言う実績が、越生GCには有りました。

 この様な事から開催コースとしての選定は、ごく自然な流れだったものと思われます。2月中旬にはコスモヘルス社の鈴木社長も下見を済ませており、交通アクセスなども好感出来る事から、期待度を高め了承された様です。

 当初鈴木社長は土曜日と日曜日の2日間開催を望まれていた様ですが、ゴルフ場にとってもこのシーズンは年間を通じ稼ぎ時であり、尚且つ会員制クラブと言う点を考慮した場合、金曜日と土曜日での開催に落ち着いた様です。

 越生GCでは今回のこの決定を4月総会にて一般会員へ発表し、更に5月に書面で告知する予定としております。今回の開催コース決定により、PGAシニアツアー全18試合の内容が、埋まった事になります。PGA開幕戦は4月です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAシニアツアーへコスモヘルス社が新規参入

        20200225PGA定例理事会 - コピー.jpg
                  < PGA 倉本会長

 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)の倉本会長は、2020年2月25日定例理事会開催後の記者会見にて、理事会開催前に次期理事候補が集まり、次期会長への立候補を確認するも挙手する者無く、倉本現会長が次期会長へ就任するのが相応しい、との次期理事候補者達の判断から、その意向を受ける予定だとしました。

 正式就任は3月18日に開催される定時社員総会後の、臨時理事会を待たねばなりません。会長として選任された場合、任期は2年となり4期目に突入します。

 以前倉本会長はPGA会長就任後の6年間を振り返り、プロゴルフ界発展の為には道半ばである事を認識しており、3月18日に開催される予定の会長選へ、強い意欲をもって臨もうとしておりました。それが2月25日と言う3週間もの早い段階で、道筋が見えて来たのです。

 倉本会長が掲げる大きな課題は、下記の3点に要約されるものと思われます。
1、日本プロゴルフ選手権への冠スポンサー発掘。
2、技術のみならずゴルフに関する知見の高い会員組織へ。
3、JGTO(日本ゴルフツアー機構)との融合。

 2018年より冠スポンサー無しの状態で今年3年目を迎える日本プロですが、長期的に安定したスポンサーの支援を得る事で、PGA自体の財政基盤も安定する事から、4期目を迎えた折には何とかしたいと言うのが会長の本音とも言えます。

 2番目は組織の大きな柱となっているプロテストですが、ツアー出場資格としての意味合いは現在薄れて来ており、形骸化しつつあるこの制度を如何に改革出来るかが、組織の存亡にも関わる最重要課題です。会長はPGAプロゴルファーの価値を高めると共に、その集団組織であるPGAの存在意義を、更に高めて行きたいのだと思われます。

 そして最後はJGTOとの融合です。組織形態の違いを乗り越え、共に手を携えWIN、WINの関係を構築出来たならば、活動範囲は今以上に成ると見込まれます。次期理事候補達も倉本会長の手腕に期待するもの多く、2月25日推挙したのだと思われます。長期政権がもたらすであろう弊害以上に、期待度が高まっているのが現在の状況です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAは2020年度のツアー日程を発表
PGAは倉本体制が3期目へ突入

        コスモヘルス鈴木社長.jpg
              < コスモヘルス社_鈴木優輔社長

 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2020年1月21日都内会場に於ける定例理事会後、報道陣を集め記者会見を行い、今年新たにシニアツアーが1試合加わる事を明らかにしました。既に18試合が決まっておりましたので、都合19試合に成る予定でしたが、1試合が開催コースとの調整がつかず中止になり、結果は18試合となりました。

今回シニアツアーに加わる企業は、コスモヘルス株式会社ですが、その概要は下記の通りです。

社名 コスモヘルス株式会社
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前10F
事業内容 医療機器販売、健康補助食品販売、浄水器販売など
創立 1984年7月1日
代表者 鈴木 優輔
資本金 1億円

 鈴木社長は創業者より事業を継承し、若くして売上高100億円企業へ成長・発展させました。現在業界トップとの事です。鈴木氏は自らのヘルスケア事業とゴルフのシニアツアーは、密接な関連性を有していると判断し、この度自らPGAを訪ねツアー参戦への道を切り開いたのです。

 トーナメント名称は『コスモヘルスカップ シニアトーナメント2020』で、開催日は11月13日(金)から14日(土)の2日間競技と成ります。開催コースに付いては現在調整中との事ですが、首都圏近郊のゴルフ場を想定している様です。今年の賞金総額は3,000万円を予定しており、コスモヘルス社では全社員総出で対応するとしております。

 なお鈴木社長は会見中メモに目をやる事無く、記者からの受け答えも良く、流暢な説明は終始途切れませんでした。若くバイタリティに満ちた鈴木氏ですが、聞けばかつて甲子園出場経験をお持ちとの事でした。勢いのある企業が、シニアツアーへ参入して来ました。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAは2020年度のツアー日程を発表

PGAは2020年度のツアー日程を発表

  • 投稿日:
  • by

        2019年12月10日_PGA定例記者会見.jpg
           < 記者会見に臨む植田浩史副会長と倉本昌弘会長

 公益社団法人 日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2019年12月10日定例理事会後に記者会見を行い、来年2020年度のツアー日程を公表しました。以下は公表されたシニアツアー日程ですが、競技及び開催ゴルフ場の各名称に付いては、表記の関係から略称しております。

No 開催 競技名(略称) 開催コース(略称)
1 4月 金秀シニア沖縄オープン かねひで喜瀬CC
2 4月 ノジマチャンピオンカップ箱根 箱根CC
3 4月 フーボン・ヨウトクシニアカップ 林口ゴルフ場
4 5月 涼仙モアサプライズカップ2020 涼仙ゴルフ倶楽部
5 5月 第21回スターツシニアゴルフ スターツ笠間GC
6 6月 すまいーだカップ イーストウッドCC
7 8月 ファンケルクラシック 裾野CC
8 8月 スポーツ振興 広島シニア 広島CC西条コース
9 9月 第7回マルハンカップ 未定
10 9月 コマツオープン2020 小松CC
11 9月 第30回日本シニアオープン 鳴尾ゴルフ倶楽部
12 9月 第4回熊本・阿蘇シニアオープン コスギリゾート阿蘇
13 10月 第59回日本プロゴルフシニア サミットGC
14 10月 第8回佐世保シニアオープン 佐世保CC
15 10月 第5回福岡シニアオープン 福岡CC和白コース
16 11月 富士フィルムシニア 江戸崎CC
17 11月 エリートグリップ 未定
18 11月 第8回いわさき白露シニア いぶすきGC開聞

 試合数は今年と変わらず18ですが、賞金総額は777,000,000円から809,000,000円へ、3,200万円増額されております。この件に関し倉本会長は、今後試合数が増える事は難しいのではないかとしつつ、数よりも賞金額を増やして行く事の方が現実的との発言が有りました。倉本会長の人脈や魅力だけでは、限界があるとも取れるものでした。

 なお第9試合目の「マルハンカップ」試合会場に付いては、主催者側で太平洋クラブ御殿場コースを希望しているものの、この週はJGTOツアーの試合が、35Kmほどと言う近場の富士桜カントリー倶楽部で開催される事から、第8試合目の「スポーツ振興 広島シニアゴルフトーナメント」との入れ替えも検討されております。

 倉本会長の「弱小組織」ですからと言う自虐発言もありましたが、近場の試合でギャラリーが戸惑うと言うゴルフ界のマイナス要素を作りたく無いと言う、PGA側の配慮が垣間見れた瞬間でした。来年も又白熱したシニアの試合が、展開される事と思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2019年度PGAシニアツアーの競技日程が明らかに

ファンケルの挑戦は続く

  • 投稿日:
  • by

        ファンケル2日目マークセン選手.jpg
         < 優勝したp マークセン選手:2日目のティーショット

 今年19回目を迎えた2019年『ファンケルクラシック』は、8月25日三つ巴のプレーオフを制した、P マークセン選手の勝利により幕を閉じました。2018年大会に続き2連覇達成です。『ファンケルクラシック』は今年もまた、大変活況を呈した大会と成り、最終的な来場者数は22,157名を記録し、10年連続で2万人越えを達成しました。

 この数字は例えば昨年の男子ツアーで言えば、21試合が4日間競技として開催されましたが、その内6試合のみが2万人を越えました。単純な比較は出来ないものの、如何に『ファンケルクラシック』の集客力が並外れているかが、理解出来るものと思われます。

 同大会はなぜこれ程までに集客数にこだわり、主催者が総力を上げ取り組んでいるのでしょうか。ここには株式会社ファンケルの企業戦略が見えて来ます。大きな注目点は開催時期であり、2001年の第1回大会より全て開催日は、夏のお盆時期に成ります。家族が行動を共にし易いのは、ここだと分析しているからであり、故に集客数が伸びるのだと言えます。

 ところでこの試合に先立ち8月6日には、キリンホールディングス株式会社(以下キリン)と株式会社ファンケルは、同日資本の業務提携契約締結を共同で発表しております。ファンケル創業者の池森賢二氏とその家族、更に氏の資産管理会社などが保有する株式をキリンへ9月6日に譲渡した事で、ファンケルはキリンの傘下企業に成ったのです。

 池森氏は会社の持続性と社員の将来を考え、自らキリンを選定し交渉に当たって来たとしておりますが、とりわけ『ファンケルクラシック』に付いては、継続して欲しい旨要請したとしております。来年は東京五輪開催を控えている事から、日程の調整は難しいと思われますが、是非キリンにもファンケルのこの活力を継承して頂きたいと思います。

 ファンケルがシニアツアーに打ち立てた金字塔を、キリンにも継続して欲しいものです。ファンケルの挑戦はまだまだ続きます。

 舞台となったゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
裾野カンツリー倶楽部
第19回ファンケルクラシックへ"若手"の深堀圭一郎選手参戦!

2019年度PGAプロテスト合格者は51名

  • 投稿日:
  • by

 2019年8月27日~30日までの4日間、茨城県の静ヒルズカントリークラブに於いて、2019年度PGA資格認定プロテストの最終テストが行われ、50位タイまでの51選手が技術部門を突破しました。

 残るは今年12月に行われる講習を経て、2020年1月1日にトーナメントプレーヤーとしての資格を、正式に獲得する事に成ります。今回合格された選手の皆さんは、下記の通りです。

順位   選手名 年齢 ステージ   国籍
1位 川上優大 26 プレ 日本
2位T 蛯名大和 24 プレ 日本
石毛 巧 24 最終 日本
北國譲斗志 17 プレ 日本
5位T ソク ジョンユル 50 プレ 韓国
織田信亮 19 プレ 日本
7位T 毛利一成 20 プレ 日本
作田大地 22 1次 日本
9位T 亀代順哉 24 最終 日本
加藤勇希 23 1次 日本
今野大喜 22 2次 日本
12位T 古田幸希 27 2次 日本
岩崎 誠 30 2次 日本
14位T 石原航輝 23 2次 日本
多良間伸平 19 最終 日本
勝俣 陵 23 プレ 日本
青木 尉 18 2次 日本
泉川メイソン 18 2次 日本
19位T 白石大和 22 2次 日本
T ウィラチャン 52 プレ タイ
21位T 纐纈悠太 23 2次 日本
金 智宇 24 プレ 日本
T スロット 50 プレ タイ
鈴木理央 22 プレ 日本
永井直樹 23 プレ 日本
馬場内博明 42 プレ 日本
徳光祐哉 22 2次 日本
28位T 黒崎 蓮 20 1次 日本
小川龍清 21 プレ 日本
大塚大樹 22 プレ 日本
31位T 曾 子軒 25 プレ 台湾
宮内孝輔 24 1次 日本
山田大晟 24 1次 日本
D チア 46 プレ マレーシア
35位T 川合昇平 24 最終 日本
新里倫啓 25 2次 日本
伊波雄大 25 最終 日本
中山絹也 22 1次 日本
39位T 大城康孝 27 2次 日本
照沼恭平 24 1次 日本
横川康祐 24 最終 日本
村上由眞 20 2次 日本
関藤侑嗣 19 プレ 日本
44位T 森 佑紀 26 2次 日本
田所嵩瑛 20 2次 日本
和田七星 22 プレ 日本
今福宇輝人 25 2次 日本
山崎帆久登 29 最終 日本
河内勝行 19 プレ 日本
50位T 溝口雄太 22 1次 日本
S イエーツ 49 プレ スコットランド

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2019年度PGAプロテスト結果
2018年度PGAプロ50名誕生

2019年度PGAプロテスト結果

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 2019年8月27日(火曜日)~30日(金曜日)までの4日間、茨城県の静ヒルズカントリークラブに於いて、2019年度公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)による資格認定最終プロテストが行われました。その結果、3オーバー50位タイまでの51名が、見事難関を突破しました。

 今年のプロテストの特徴は、1.プレ予選から這い上がって来た選手が多かった事、2.40代以上の選手が21名おり、昨年の8名をはるかに多かった事、3.外国人選手の受験者が9名と多かった事、この様な3点を上げる事が出来ます。

 この様なプロテストでしたが、合格者の受験ステージと年齢構成、更に合格者数と受験者数の対比は下記の様に成っています。

ステージ プレ予選 一次予選 二次予選 最終予選
受験者数 38名 14名 54名 38名
合格者数 21名 8名 15名 7名
年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
受験者数 11名 91名 21名 13名 7名 1名
合格者数 7名 37名 1名 3名 3名 0

 今回注目されたプレ予選から勝ち上がり合格した選手は、全合格者の約40%を占めており、正に実力者の証明に成ったのだと言えます。又外国人選手は、プロテストに出場した全144名中9名でしたが、その内6名が合格しております。更にその内3名が、50歳以上でした。

 今後益々外国人選手によるプロテスト受験者が、増加して行くものと予想されますが、目指すところは日本のシニアツアーだと言えます。徐々に試合数、賞金額が増えて行くシニアツアーに、彼らは魅力を感じ出しているのだと思われます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2019年度最終プロテスト出場者をPGAが発表

2019年度最終プロテスト出場者をPGAが発表

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpg 公益社団法人 日本プロゴルフ協会(以下PGA)は2019年8月20日、「2019年度PGA資格認定プロテスト」に於ける最終受験者144名を公表しました。この最終プロテストは、8月27日(火)~30日(金)までの4日間、茨城県の静ヒルズカントリークラブを舞台に開催されます。

 最終プロテストへ至るまでには、プレ予選、一次、二次と言う3段階を経て辿り着きます。今回プレ予選の受験者は134名、これを突破した97名が次のテストへ挑戦し、そして最終ステージへ昇りつめたのは38名です。プレ予選受験者の約三割の選手が、次々と難関をクリアし最終テストの舞台に立つ事に成ったのです。

 大変にタフな戦いをしのいで来たこの38名から、今年何名が合格の二文字を獲得出来るでしょうか。興味と期待が大きく膨らむと共に、この様な選手が将来JGTOツアーで、大活躍するのでは無いかと予測もされます。ちなみに昨年はプレ予選から最終ステージへ、19名が挑戦し8名が合格しました。受験者の年齢構成は、下記の通りです。

年 │年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
2018年時 9名 98名 18名 7名 1名 0名
2019年時 11名 91名 21名 13名 7名 1名

 今年の特徴は50代以上の挑戦者が8名も存在する事ですが、この中には6名の海外選手が含まれております。日本のレギュラーツアーでかつて大活躍した陳志忠選手(61歳・台湾)や、2005年と2012年にアジアンツアーの賞金王にもなった事の有るタワン ウィラチャン選手(52歳・タイ)など、実力者の存在が目立ちます。

 各ステージから最終ステージへ立つ事が出来た人数は下記の通りですが、下記の最終受験者数38名は、直接最終プロテストへ挑戦出来た有資格者数です。

ステージ プレ予選 一次予選 二次予選 最終 最終総数
人数 38名 14名 54名 38名 144名

 プロテストに関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度PGAプロ50名誕生

        Mr.inamori20190709.jpg
           < ファンケル クラシック 池森賢二大会会長

 PGAシニアツアーの『ファンケル クラシック』が、今年もまた静岡県の裾野カンツリー倶楽部を舞台に、8月23日(金)~25日(日)の3日間開催されます。同大会は今年19回目を迎えますが、これまで「シニアの元気が日本の元気!!」とのキャッチフレーズで、高齢社会日本を下支えして来ておりますが、7月9日都内会場にて記者発表会がありました。

 同大会に於ける昨年の優勝者は、元気なP マークセン選手(53・フリー)でした。レギュラーツアーからシニアツアーに至るまで、年齢を感じさせない大活躍を見せてくれた訳ですが、このマークセン選手に負けず劣らず、元気なシニア1年生の"若手"プロ、深堀圭一郎選手が今年初参戦します。

Mr.kuramoto.jpg Mr.nakajima.jpg Mr.murota.jpg
   倉本昌弘PGA会長        中嶋常幸プロ         室田淳プロ

 通常レギュラーツアーでは経験値を積む事で、優勝のチャンスが巡って来ると言われていますが、シニアツアーでは如何に早い時期に優勝するのかが、ポイントになって来ます。加齢と共に衰えて来る肉体と相談し、技術力を遺憾なく発揮出来るのは、若い内だからです。

 今年何と言っても注目すべきは、深堀選手に代表される若手グループです。このグループにはレギュラーツアーで大活躍した伊澤利光、川岸良兼、鈴木亨各選手などなどが含まれます。彼らが今年どの様な活躍を見せてくれるのか、目が離せないのでは無いでしょうか。

Mr.fukabori.jpg Mr.yoneyama.jpg Mr.suzuki.jpg
    深堀圭一郎プロ         米山剛プロ         鈴木亨プロ

 更に今大会で常に注目されるのは、その高い集客力です。3日間大会で9年連続2万人越えを達成しているトーナメントは、恐らく皆無なのでは無いでしょうか。昨年は野球の元・巨人軍監督だった原辰徳氏が参戦すると言う話題性から、これまでのピークとも言える25,214名の方が観戦に訪れました。

 今年原氏の参戦が無い中でどれほど集客出来るかは、同大会関係者のみならず、ゴルフ界の大きな関心事と言えます。来場者が多ければ多い程プロゴルファーは、燃えるのだと思われますが、ベテラン選手の中に入り若手がどの様なパフォーマンスを発揮してくれるのか、とても楽しみな夏休み最後の大イベントです。

 開催コースの概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
裾野カンツリー倶楽部
裾野カンツリー倶楽部の本店が京都へ
2018「ファンケル クラシック」優勝はマークセン選手

PGA定例理事会報告_重要報告は3点有り

  • 投稿日:
  • by

        Mr.kuramoto20190527.jpg
                  < PGA倉本会長

 2019年5月27日公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、定例理事会開催後に記者会見を行い、幾つかの重要な案件に付いて報告が有りました。一つは日本プロゴルフ選手権の件、二点目は女性会員の件、三点目はゴルフスタジアムの件です。

 日本プロゴルフ選手権の開催は、2020年に日光カンツリー倶楽部にて開催される事までは決まっているものの、それ以降に付いては未定でした。しかしながら当日の理事会で倉本会長は、2021年以降数年先までまとまった事を報告しており、メディア向けには7月の理事会開催後に詳細を明らかにするとしたのです。

 女性会員の入会規定に付いては、前回の理事会に於ける決議事項として、5月の理事会で詳細を明確にする事を目標として議論を進めて来たのですが、残念ながらまとめる事は出来ませんでした。検討課題の中には会員として受け入れる技量に付いて、目標ストローク数をどの様に定めたら良いのかと言う点も含まれております。

 実際これまでに数件の女性入会に関する資料徴求などがあるものの、現実的に入会申請そのものは現時点で無いとの事です。

 ゴルフスタジアム事件に付いては、「守る会」よりPGAに対し、援護射撃的声明文を出して欲しい、旨の要請が有りました。総合的に判断し出したPGAの結論は、裁判が進行している中での声明文は、得策ではないとの事でした。とは言え当該事件に巻き込まれた400名ほどの会員を、守らねばならないと言う点に、何ら変わりは無いとしたのです。

 これまでの関連する記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAによる女性受け入れ基準は5月に公表

PGAによる女性受け入れ基準は5月に公表

  • 投稿日:
  • by

PGAロゴ.pngのサムネイル画像 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2019年3月22日横浜の会場にて平成31年度定時社員総会を開催し、かねてより懸案と成っていた女性会員の件に付いて、受け入れて行く方針を報告したとの事です。

 そしてこの件に関する会員からの異論は全くでなかった事を、その後の記者会見でPGAは明らかにしました。この一連の手続き手順を経て、今後PGAは女性からの応募が有った場合、必然的に受け入れて行く事になります。

 これまでPGAの定款上は女性を退ける文言は無かったものの、現実的には会員募集対象を男性に限定し行って来ました。しかしながら今後は、男女共に受け入れて行く募集要項を開示する事になります。この件に関し倉本会長は、「公益社団と言う組織の性格から当然の事」と発言しております。

 具体的な受け入れ基準に付いては、PGAの資格認証委員会が中心になり作成されて行く事になりますが、その内容は本年5月の定例理事会で明らかにされる予定です。それを待たずして女性からの応募が有った場合、現在の男性基準で審査を行う事になるとしております。

 この度のPGAによる女性会員に関する方針転換は、当然ながら一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)側と、競合する内容を含んでいるとも言えます。PGA曰く、現在のLPGA会員へアプローチする事は有り得ないとしておりますが、それは当然の事としても、今後手を上げて来る新人女性がどちらに魅力を感じるのかは、今しばらく成り行きを見守る必要が有る様に思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAでは3月の総会後に女性会員受け入れへ

PGAでは3月の総会後に女性会員受け入れへ

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2019年1月15日都内会場にて定例理事会を開催し、女性会員の受け入れを2019年3月の会員総会へ報告した後に、行って行く事を確認しました。

 これは現執行部によるPGAの制度改革の中で、女性の受け入れはPGAの定款を何ら変更する事無く出来るものであり、将来入会して来るであろう女性会員のみならず組織自体が、大きな恩恵を受けられると判断した事により行うものです。

 もともと女性を拒否する様なPGAの定款では無いものの、現実的に実績は皆無の状態でした。これは女性の入会をPGAが拒んだからでは無く、男女それぞれのプロゴルファーが一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)とPGAへ、自然とすみ分けされて来たからだと言えます。

 近年PGAは新たにゴルフへ取り組む人々を開拓すべく、様々な手法にて努力しており、更に組織の強化・拡大へ向け、各方面の団体とも協力関係を構築して来ております。この過程に於いてレッスンなどをPGAへ希望するクライアントから、女性プロゴルファーの派遣を依頼されるケースもありましたが、これまではLPGAへそのニーズをつないできておりました。

 この様な過去の経緯を見ても分る様に、女性会員の受け入れは必然性を鑑みたものと言えます。PGAとしてはこれまで友好関係を築いているLPGAの領域を犯す様な事態は避けるべく、基本的にはLPGA会員へPGA側からアプローチする事は無いとしております。

 では今後どの様な女性が、PGAの門戸を叩くのでしょうか。

 PGAに関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGA定例理事会報告_PGAゴルフアカデミーが本格稼働へ

            植田PGA副会長20190115.jpg
              <競技日程を発表する植田副会長

 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2019年1月15日東京都内会場にて、倉本会長並びに植田副会長が出席し、今年度PGAシニアツアーの競技日程を発表しました。競技名及び会場のゴルフ場名に付いては、紙面の関係から略称にて表記しております。

             PGA競技日程
       競技名      会場
4月 金秀シニア 沖縄オープン かねひで喜瀬CC
4月 ノジチャンピオンカップ 箱根CC
4月 フーボン・ヨウトク シニアカップ 林口ゴルフ場(台湾)
5月 すまいーだカップ イーストウッドCC
6月 第20回スターシニア スターツ笠間GC
8月 第3回熊本・阿蘇シニアオープン コスギリゾート阿蘇
8月 ファンケルクラシック 裾野CC
8月 スポーツ振興 広島シニアゴルフ 広島CC西条コース
9月 マルハンカップ 太平洋クラブシニア 太平洋クラブ 六甲C
9月 コマツオープン 小松CC
9月 第29回日本シニアオープン 日高CC東西コース
9月 第5回セヴンヒルズカップ 福岡セヴンヒルズGC
10月 第58回日本プロゴルフ選手権大会 サミットGC
10月 第7回トラストグループカップ 佐世保CC
10月 第4回福岡シニアオープン 福岡CC和白コース
11月 富士フィルム シニア チャンピオン 江戸崎CC
11月 エリートグリップ シニアオープン 鳴尾ゴルフ倶楽部
11月 ISPSハンダカップ 鳩山CC(予定)

 今年の試合数は全18試合で、その賞金総額は777,000,000円です。試合数はここ3年間で増減は無いものの、総金総額では前年度と比較し6,800万円の減額となりました。とは言え今年新規の後援競技が3試合増えており、PGA執行部に衰退感など微塵も感じられないどころか、盤石な倉本体制の基に益々自信を深めつつある様に感じられます。

 新規に開催するシニア後援競技は、下記の3試合です。
1、涼仙 MORE SURPRISE CUP
2、関文グループ鴻巣シニアオープン
3、ISPSハンダカップ・ゴールドシニアオープン

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度PGAシニアツアートーナメントの概要

2018年度PGAプロ50名誕生

  • 投稿日:
  • by

 2018年度の公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)最終プロテストは、2018年8月28日より31日まで4日間の予定でしたが、3日目が悪天候の為に中止となり3日間競技として開催されました。

 その難関をくぐり抜けた50名が、東京都内会場にて12月10日より5日間の日程で行われていた講習セミナーを、14日の本日終了しました。これにてトーナメントプレーヤーとしての一連の手続きが終了する事になりましたが、正式な認定日は2019年1月1日になります。

 合格者の簡単な内容は下記の通りです。

合格者年齢 10代 20代 30代 40代 50代
合格者人数 7名 39名 3名 1名
エントリーステージ プレ予選 1次 2次 最終
合格者人数 8名 6名 21名 15名
受験回数(合格者の自己申告による集計)
回数 1 2 3 4 5 6 7 9 13
人数 27 5 6 4 2 3 1 1 1

 これら一連の情報からは20代の選手が2次及び最終ステージから、受験回数1回で合格しているケースが多い様に推察されます。若くて才能を開花させようとしている選手が多い反面、ゴルフが好きで粘り強く挑戦して行く姿も又浮かび上がって来ます。

 プロテストに関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度PGAプロテスト合格_やりました!

            一社)PGAゴルフアカデミー20181105.jpg
           井上代表理事  HOSの山澤社長 PGA倉本会長 

 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2018年11月5日都内会場にて定例理事会開催後に記者会見を開き、一般社団法人PGAゴルフアカデミー(以下アカデミー)を11月1日に登記した事を明らかにしました。

 このアカデミーの社員構成は、PGAと大阪の株式会社東大阪スタジアム(代表取締役:山澤正之_以下HOS)です。PGAがパートナーに選んだHOSは、関西を中心にスポーツ・文化施設などの管理運営を行っており、直営施設は12にも及びます。そしてグループの法人としての歴史は、1960年にまでさかのぼる事が出来ます。

 当面アカデミーはHOSが運営しているゴルフ練習場を基点に、PGAが約30年の歳月を費やし培って来た<PGAメソッド>をもって、様々な課題を抱えたアマチュアゴルファーへ、レッスンを行って行く事になります。そしてアカデミーはこの様な組織体を、数年後には全国100ヶ所規模へ、展開して行きたいとしております。この度設立された一般社団の概要は、下記の通りです。

名称 一般社団法人PGAゴルフアカデミー
事務所1 東京都港区愛宕一丁目3番4号
事務所2 大阪府東大阪市下小坂二丁目9番17号
設立 2018年11月1日
目的 ゴルフの普及を通じ、国民の健康増進
と次世代を担う人材育成に貢献する事
代表 代表理事 井上建夫

 PGAはこれまで東西のゴルフ場それぞれ1ヶ所で、PGAゴルフアカデミーを展開して来ましたが、今後はHOSと共に全国のゴルフ練習場が舞台に成ります。この活動を通じPGAはPGA会員の職場・職域を増やす事が出来ますし、HOSにとっては全国レベルで練習場の運営受託へと、道が開ける可能性が有ります。

 PGAとHOS双方が目指すものは、アカデミーのコンビニ版とでも言えるのでは無いでしょうか。均一化された技術指導と満足度の高いサービス展開により、ゴルフの普及に一役も二役も買う事が出来ると、想定している様に思えます。

 20代から40代までの多くの方々にゴルフを楽しんで頂く事は、ゴルフ業界喫緊の課題となっています。これに対する特効薬が見当たらないのも現実であり、この度のアカデミーによる取り組みは大いに期待出来るものであり、多くの業界関係者が注目しています。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGA定例理事会報告_PGAゴルフアカデミーが本格稼働へ

倉本会長20180925.jpg 公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)は、2018年9月25日東京都内会場にて定例理事を開催しました。その後記者会見が行われ、次の議題3点が審議された事を明らかにしました。1点目は会員懲戒の件、2点目は一般社団法人PGAゴルフアカデミーの件、3点目は平成30年度収支予算補正の件です。

 上記議題の中でも2点目の一般社団法人PGAゴルフアカデミー(仮称)については、前回7月の定例理事会に於いても審議されておりますが、この度の理事会に於いて正式に承認されたのです。これをもって今後この活動が、本格的に稼働して行くものと思われます。

 これはPGAが公益社団と言う組織上の制約から、子会社的位置づけの法人(一般社団法人PGAゴルフアカデミー)を設立し、活動しなければならない事より発生しております。PGAは子会社へ商標を貸与し、ゴルフ練習場を基点にPGA会員による活動を本格化させていく事になります。

 なお記者会見冒頭倉本会長は、「平成30年北海道胆振東部地震」で亡くなられた方々や被災された方々へ哀悼の意を表すと共に、この度の理事会に於いて金壱百万円を義援金とする事も決議されたと報告されました。次回は11月に予定されております。

 前回の定例理事会内容は、下記のリンクにてご確認頂けます。
PGA定例理事会報告_板東元理事再入会不可へ

2018年度PGAプロテスト合格_やりました!

  • 投稿日:
  • by

PGAロゴ.png 2018年8月28日に初日を迎えた今年の最終プロテストは、3日目が悪天候の為に中止となり、3日間の54ホールへ短縮されて行われました。舞台となった北海道の登別カントリー倶楽部は、日めくりで天候が変化して行き、ツアーの厳しさを選手達へ知らしめるかの如きでした。

 しかしその様な荒波は当然の様に、ワンオーバー42位タイまでの50名が、本日トーナメントプレーヤーとしての第一関門を通り抜けたのです。今年は3日目のカットラインを設けず133名全員が最終日へ臨んだのですが、残念ながら1名が棄権し132名にて戦われました。その結果は下記の通りです。

最終 スコア 選手名 2日目 初日
1位 -11 佐藤太地 6位T 17位T
2位 -9 比嘉一貴 6位T 8位T
3位T -8 竹内優騎 8位T 56位T
3位T -8 植竹勇太 1位 1位T
3位T -8 倉敷優磨 8位T 27位T
3位T -8 酒匂雅嵩 2位 1位T
7位 -7 寺岡颯太 3位T 8位T
8位 -6 小林忍 16位T 1位T
9位T -5 山口量 16位T 17位T
9位T -5 光田智輝 12位T 27位T
9位T -5 土肥将英 12位T 56位T
12位T -4 松村本盛 28位T 5位T
12位T -4 坂井允誌 37位T 8位T
12位T -4 上村竜太 3位T 8位T
12位T -4 鈴木敬太 16位T 75位T
16位T -3 竹内大 37位T 91位T
16位T -3 関凌之介 37位T 27位T
16位T -3 徳永弘樹 12位T 56位T
19位T -2 福岡大河 48位T 56位T
19位T -2 遠藤義明 48位T 75位T
19位T -2 滝雅志 3位T 1位T
19位T -2 中島邦宏 48位T 91位T
19位T -2 小川将生 37位T 75位T
19位T -2 具志武治 8位T 27位T
19位T -2 三浦春輝 8位T 8位T
26位T -1 小泉正樹 28位T 39位T
26位T -1 ガブリエレ 16位T 39位T
26位T -1 半田匠佳 61位T 56位T
26位T -1 丸岡靖大 16位T 39位T
26位T -1 岩崎潤也 16位T 27位T
26位T -1 飯田耕正 69位T 39位T
32位T 0 田中大心 48位T 27位T
32位T 0 関藤直煕 16位T 17位T
32位T 0 上岡信晴 48位T 39位T
32位T 0 上野晃紀 69位T 106位T
32位T 0 池村晃稀 28位T 39位T
32位T 0 小原井篤 16位T 56位T
32位T 0 湯本開史 28位T 17位T
32位T 0 大冝見賢人 61位T 75位T
32位T 0 安浦一輝 61位T 39位T
32位T 0 飯島健之恭 61位T 8位T
42位T +1 藤田雄紀 28位T 8位T
42位T +1 木下大海 48位T 39位T
42位T +1 蛭田玲於 48位T 56位T
42位T +1 中川将太 16位T 56位T
42位T +1 奥田健司 61位T 39位T
42位T +1 大脇僚哉 61位T 5位T
42位T +1 奥田真司 37位T 39位T
42位T +1 菅原和穂 37位T 17位T
42位T +1 森岡俊一郎 37位T 17位T

 この度のプロテストでは、二組の兄弟プロ誕生が期待されました。しかしながら結果は奥田兄弟プロが誕生するものの、残念ながらもう一組は実現しませんでした。その残念な一組は竹内兄弟です。弟の竹内優騎さんは16歳と言う若さで合格し大きな話題になるものの、お兄さんの竹内玲雄さんが落ちてしまったのです。

 12月の講習会を経て間もなく、50名のトーナメントプレーヤーが誕生します。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度最終プロテスト_合格するぞ!

2018年度最終プロテスト_合格するぞ!

  • 投稿日:
  • by

PGAロゴ.png 2018年度公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下PGA)の最終プロテストが、8月28日(火)に北海道登別市にある登別カントリー倶楽部(TEL0143-88-1123)を舞台に、戦いの火ぶたが切られます。4日間の長丁場ですので、最終日は31日(金)になります。

 約1,000名が参加した予選会を勝ち残り、最終プロテストへ進んで来た強者は133名。最年少は今年6月に誕生日を迎えた青山高原カントリークラブ(三重県)所属の竹内優騎さんで16歳、最年長は55歳のロッキースタジアム所属の小暮匡央さんです。詳しい年齢構成は、下記の通りです。

10代 20代 30代 40代 50代
9名 98名 18名 7名 1名

 最終プロテスト第3ラウンドの54ホールを消化した段階で、50位タイのスコアから10ストローク以内の選手が第4ラウンドへ進出します。その後4日目の最終ラウンドを経て、50位タイまでの選手がプロテスト合格者となります。

 今年の選手の特色は、兄弟でプロテスト合格を目指す2組4名が居る事です。一組目は兵庫県姫路市の青山ゴルフ練習場所属の、奥田健司(25=兄)さんと奥田真司(24=弟)さん兄弟。健司さんは今年で4回目、真司さんは2回目の挑戦になります。

 もう一組は先ほどの青山高原カントリークラブへ共に所属している竹内玲雄(レオ、20歳=兄)さんと竹内優騎(16歳=弟)さん兄弟。二人とも大変練習熱心で、同ゴルフ場には多くのファンがいるとの事です。

 更に今プロテストは2018Abema TVツアーの「南秋田CCみちのくチャレンジ」で優勝した比嘉一貴(23歳)さん、2017国民体育大会・ゴルフ競技個人団体で優勝した植竹勇太(22歳)さん、2017PGAジュニア選手権個人の部で優勝した小林忍(19歳)さんなど、実力を兼ね備えたタレント揃いです。

 昨日21日には既に地元を離れ、戦地へ向かった受験者も多い様ですが、皆さんの思いは一つ<必ず合格して夢をつかむ>事でしょうし、応援して下さる方々に吉報を届けたい、気持ちでは無いでしょうか。果たしてPGAトーナメントプレーヤーの称号を、何名の方が獲得するのでしょうか。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGA資格認定プロテスト2017_最終結果