タグ「LPGA」が付けられているもの

 株式会社ニトリ(以下ニトリ)主催による『ニトリレディスゴルフトーナメント』が、北海道の小樽カントリー倶楽部を舞台に8月24日(木)幕を開けます。2010年から始まったこのトーナメントは、北海道をより明るくしたいと言うニトリの思いから、ニトリ創業地の北海道で開催しており、桂ゴルフ倶楽部と恵庭カントリー倶楽部を経て2015年から小樽カントリー倶楽部にて開催されております。

 当該大会は昨年から4日間大会となり、勢いではなく実力を伴わなくては優勝出来ない中、優勝賞金も1,800万円とビッグになりました。

 安田幸吉氏の設計で1928年4月15日に開場した当該コースでは、過去様々なプロトーナメントが開催されて来ました。その概要は下記の通りです。

1978年 日本プロゴルフ選手権大会
1990年 日本オープンゴルフ選手権
1999年 日本オープンゴルフ選手権
2004年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2005年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2006年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2007年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2008年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2009年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2010年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2011年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2012年 サン・クロレラ クラシック ゴルフ T
2015年 ニトリレディスゴルフトーナメント
2016年 ニトリレディスゴルフトーナメント

 小樽カントリー倶楽部は交通アクセスが申し分なく、1.札幌市内から一般道を利用して約30分 2.小樽市内から札樽自動車道・銭函ICを下車して4Km約5分 3.新千歳空港から約60分と言う様に、ゴルファーにストレスを感じさせない立地条件です。

 コース関係者曰く、グリーンの芝種は<ペンA-2>を使用しており、トーナメント開幕2週間前の現時点で、非常に良い仕上がりになっているとの事です。コンパクションで11ぐらいの状態から、トーナメントでは14ぐらいまでもっていきたいとしております。

 この模様はテレビ東京系列にて、土曜日と日曜日の2日間16時より録画にて観る事が出来ますが、ゴルフネットワークでは26日の土曜日朝の8時30分から13時まで、日曜日は朝7時から10時まで、とことん1番ホールにこだわって生中継されます。27日の日曜日に120名の頂点に立つのは、一体誰でしょうか?

全英リコー女子オープン.pngのサムネイル画像のサムネイル画像 2017年8月3日(木)~6日(日)までの4日間、英国スコットランドのキングズバーンズゴルフリンクにおいて『第41回全英リコー女子オープン』が開催されました。優勝は韓国のキム インキョン選手で、優勝スコアは18アンダーでした。

 同選手は初日こそ首位のミッシェル ウィー選手に一打差の単独2位でしたが、2日目単独首位、3日目単独首位そして優勝とある意味独走状態の結果であり、他の選手を寄せ付けない圧巻のゴルフだったと言えます。

 なお日本ツアーを主戦場にしている選手、及び日本人選手の成績は下記の通りです。なお鈴木選手は14位タイにて今大会を終えたのですが、15位以内の選手に与えられる来年の出場権を確保しました。注目された宮里藍選手は、残念ながら予選落ちでした。

選手名 予選 4日間 順位
ペ ヘギョン -1 0 63位T
野村 敏京 -4 +1 69位T
上原 彩子 -4 0 63位T
宮里 藍 +2 CUT
鈴木 愛 -4 -9 14位T
イ ミニョン +1 CUT
川岸 史果 -1 -7 23位T
堀 琴音 +4 CUT
西山 ゆかり -2 +5 75位T

2017年LPGAプロテスト最終結果

  • 投稿日:
  • by

 2017年7月25日(火)~28日(金)までの4日間、富山県の小杉カントリークラブで行われておりました一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)主催のプロテスト最終結果が、7月28日午後3時半過ぎ明らかになりました。

 20位タイまでの選手が晴れてプロゴルファーになれるのですが、この度は19位タイまでの22名が合格者となりました。既にレギュラーツアーやステップアップで優勝し、実績充分の勝選手と新垣選手の2名も、今回合格者リストに入っております。105名が挑戦した最終プロテストですが、合格者一覧は下記の通りです。

順位 選手名 スコア
1位T 松田 鈴英 -11
1位T 沖 せいら -11
1位T 立浦 葉由乃 -11
4位 西畑 萌香 -10
5位T 小倉 ひまわり -8
5位T 植竹 希望 -8
7位 吉本 ひかる -7
8位 新武 瑠衣 -6
9位T 勝 みなみ -5
9位T 金澤 志奈 -5
9位T 新垣 比菜 -5
12位T 川崎 志穂 -4
12位T 吉川 桃 -4
12位T 井上 りこ -4
12位T 淺井 咲希 -4
12位T 小滝 水音 -4
17位T 坂下 莉翔子 -3
17位T 田村 亜矢 -3
19位T 小祝 さくら -2
19位T 中井 美有 -2
19位T 松原 由美 -2
19位T 三宅 百佳 -2

 初日25日(火)は悪天候の為に順延となり、翌26日(水)に36ホールを消化すべく早朝からのスタートとなったのですが、日没の関係から全ての選手がホールアウト出来ませんでした。27日(水)までに全選手が3日間合計としての54ホールをこなす事が出来、9オーバーまでの86選手が最終日の決勝ラウンドへ進出しました。

 3日目までの上位陣がほとんど合格者へ滑り込む中で、スコアを伸ばしきれずに圏外へ去る数名の選手と、小祝さんや中井さんの様に、当落線上から最終日3アンダーを出し合計2アンダーとして合格者リストへ入って来る選手もおりました。

 なおジャンボ尾崎選手の門下生として注目された原英莉花さんは、初日の4オーバー72位タイからの出発がなんともハンデが有り過ぎ、最終日は1アンダーと健闘するも27位タイにて合格へは至りませんでした。

 『第72回全米女子オープンゴルフ』は韓国のSung-Hyun Park(以下パク ソンヒョン)選手が、最終日に猛烈な追い上げで劇的な優勝を遂げました。同選手の優勝スコアは11アンダーとし、2位のHye-Jin Choi(チェ ヘジン)選手に2打差をつけるものでした。同選手はアメリカ女子ツアー初優勝が、メジャーでの優勝と成りました。

 パク選手は1993年9月生まれの23歳です。両親の勧めでゴルフを始め、2012年にプロ転向しておりました。172センチの恵まれた体格とクセの無いスムースなスイングから繰り出されるドライバーの飛距離は、今大会平均256.09ヤードを記録し決勝ラウンドを戦った62選手中2位となっております。

 優勝の本命として初日から首位を独走し、安定したゴルフを展開していた中国のShanshan Feng(フォン シャンシャン)選手は、15番ホールからするすると抜け出した前の組のパク選手をとらえ切れず、ほぼ手中にしていた優勝カップを手元から落としてしまいました。

 今大会を振り返った時、特徴が良く出ていたのは、最終日だったと言えます。最終日のバックナインに入り上位5選手は韓国と中国の選手で独占しており、まるでアジアンツアーを見ている様な錯覚を抱かせるものでした。アメリカ人選手総体の力量低下と言う面が若干あるのかもしれませんが、それにも増してアジア勢特に韓国選手の台頭が目覚ましかったと言えます。そしてこれは今後も継続していくのだろうと、予感させるに充分なものでした。

 ところで日本女子ツアーを戦う選手及び日本人選手の成績は下記の通りですが、決勝ラウンドへ進んだのは3名のみとは寂しい限りでした。その様な中、最終日を10位タイで迎えたに野村敏京選手は、日本ゴルフファンの期待を背負いつつも、残念ながらバックナインに入りボギーを連発し崩れてしまいました。

 なお特に記しておかなければならない点は、葭葉選手のドライバー飛距離が、今大会決勝ラウンドで256.59ヤードを記録し1位に輝いた事です。

選手 2日目 最終日 順位
1 野村敏京 -4_6T +5_+2 33T
2 宮里藍 +1_41T +2_+4 41T
3 葭葉ルミ 0_31T +4_+8 51T
4 横峯さくら +4_69T CUT
5 キム・ハヌル +6_85T CUT
6 申ジエ +6_85T CUT
7 鈴木愛 +6_85T CUT
8 川岸史果 +7_99T CUT
9 宮里美香 +7_99T CUT
10 森田遥 +9_121T CUT
11 渡邉彩香 +10_129T CUT
12 サイペイイン +12_138T CUT

第45回ミヤギTV杯選手選考会20170714.jpg 『第45回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント』への出場アマチュア選手が、2017年7月13日(木)に決定しました。選出されたのは1.木村怜衣(きむら れい)さん_上記写真真中、2.郡山瞳(こおりやま ひとみ)さん_上記写真向って左、3.鶴瀬華月(つるせ かげつ)さん_上記写真向って右の3名です。

 これは同トーナメントが開催される宮城県宮城郡の利府ゴルフ倶楽部にて、7月13日59名のトップアマチュア選手を集めて、18ホールのストロークプレーによる選考会が行われた結果です。上記3選手は、9月22日から始まる本戦へ、出場する事になります。大会概要は下記の通りです。

名称 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン
主催 株式会社宮城テレビ放送
公認 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
協賛 特別協賛_住友ゴム工業株式会社
会場 利府ゴルフ倶楽部
賞金 総額7,000万円 / 優勝賞金1,260万円
  • 1位通過(-3)_木村怜衣さん_東北高校3年
    平常心でプレーしたのが良かったです。特に何かを意識したということはなく、目の前のことに集中してたら自然と平常心でプレーすることが出来ました。

  • 2位通過(-1)_郡山瞳さん_東北高校1年
    朝から雨が降っていたけど、パットの距離感の変化を見て落ち着いてプレーすることが出来ました。今日はドライバーの調子が良くて、距離も出てたし真っすぐ行ったのが良かったです。

  • 3位通過(0)_鶴瀬華月さん_仙台市立南吉成中学校3年
    前半は良くなかったけど、10,11番で連続バーディーを獲ることが出来たのでそこで流れが変わったかなと思います。

ニチレイロゴ_20170331-tact.jpg JLPGAツアー第16戦の『ニチレイレディス』が、いよいよ明日6月16日開幕します。舞台は千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース(千葉市若葉区)です。

 これに先立ち2017年6月13日同会場において、本戦出場をかけた主催者推薦選考会が行われました。プロとアマチュアの合計55選手が参加する中、上位8名の選手が本戦への切符を勝ち取りました。当日のスコアと8選手は下記の通りですが、(ア)はアマチュア選手です。(敬称略)

  1. 原 英莉花 -4(ア)
  2. 小竹 莉乃 -4
  3. 桑山 紗月 -3(ア)
  4. 平岡 瑠依 -3(ア)
  5. 斉藤 裕子 -2
  6. 小川 陽子 -2
  7. 木村 怜衣 -1(ア)
  8. 長田 若菜 -1

 トップ通過したアマの原さんは、今春神奈川県の高校を卒業したばかりですが、そのコメントは下記の通りです。


このコースは練習ラウンドをした時にティーショットがキーポイントだと思いました。ラフに入ったらグリーンが小さいので難しい印象があったので、徹底してドライバーとスプーンの練習をして臨みました。


 尚、大会では社会貢献活動の一環として、千葉市立大宮小学校の5、6年生を本大会へ招待しております。競技観戦のみならず、中継センターやプレスルーム等と言った舞台裏を見学する事で、全国規模で行われる興行イベントの成り立ちなどを学べ、見識を深め人間形成に役立つと大会主催者は考えております。

 大会開催コースは、下記のリンクよりご確認頂けます。
袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース

 27回目を迎える『サントリーレディスオープンゴルフトーナメント』が、2017年6月8日(木)より11日(日)までの4日間、関西の六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県神戸市)を舞台に開催されます。当該トーナメントは国際的オープントーナメントであり、世界で活躍する多くの実力者が参戦します。

 これを裏付ける様に参加選手は、1.宮里美香 2.キム ヒョージュ 3.ヤニ・ツェン 4.フォン シャンシャン 5.ユ ソヨン 6.ジャン ハナなどの選手達です。特に今大会特に注目される点は、2年ぶりに宮里藍選手(31=サントリー)が参戦する事です。5月26日所属するマネジメント事務所より、同選手が今季限りで引退する事が明らかにされ、多くの関係者及びゴルフファンを驚愕させました。

 31歳の若さでツアーから引退する宮里藍選手ですが、その真相は5月29日(月)午後より都内のホテルを会場にして、本人自らが明らかにする事になっております。

 当該トーナメントは、アジアパシフィック地域の各国ゴルフ協会推薦アマチュア選手へも出場枠を広げており、主催者推薦枠20名の一部へこの選手達が入ります。プロとアマの総勢120名にて、賞金総額1億円優勝賞金1,800万円という今大会の頂点に立つのは、一体どの選手でしょうか。

 なお当該トーナメントは1990年に始まりましたが、1995年から2010年までは「阪神・淡路大震災」へ、2011年から2015年までは「東日本大震災」へ、そして昨年は「熊本地震」と様々な震災で被災を受けた方々や自治体へ、チャリティー売上金やプロアマ戦のエントリーフィーなどを、寄付・寄贈して来ております。

2017アースロゴ20170526_1.jpg アース製薬(株)が主催するLPGAツアー第17戦の『アース・モンダミンカップ』2017は、6月22日(木)~25日(日)までの4日間、千葉県のカメリアヒルズカントリークラブにおいて開幕します。この大会への出場権をかけて主催者推薦選考会が、5月22日にプロ92名が参加して実施されました。

 結果はカウントバック方式を採用し下記11名が、本戦への出場権を獲得しました。尚、開場は同ゴルフ場で、天候は晴れ、気温25.7度、西南西の風5.7メートルと言う気象条件でした。

順位 選手 スコア
1 吉野 茜 -6
2位タイ 岡村 優 -3
小宮 満莉花 -3
辻岡 愛理 -3
5位タイ 井芹 美保子 -2
坂之下 侑子 -2
7位タイ 上原 美希 -1
新田 彩乃 -1
柏井 麻衣 -1
篠崎 愛 -1
鎌田ヒロミ -1

 7バーディ・1ボギーのトータル6アンダーでトップ通過した吉野茜(ヨシノ アカネ)選手は、次の様にコメントしております。


15回パーオンしましたし、パットも入りました。レギュラーツアーもステップアップツアーも最近予選落ちが続いていて、今日もめちゃくちゃ良いわけではなかったけど、マネジメントを意識的にすることが出来たのでこのスコアになりました。・ ・ ・ せっつかく掴んだチャンスを活かせるように今年こそ頑張りたいです。


 LPGAステップ・アップ・ツアーの第5戦、『静ヒルズレディース 森ビルカップ』は今年から新たに設けられた試合ですが、その記念すべき年に、これもまた記念となる自身初優勝を飾ったのは、アマチュアの高校3年生・平塚新夢(ひらつか あむ)さんでした。

 最終日もアンダーパーで上がって来た平塚さんは、トータル4アンダーとして安納昭江(あんのう あきえ)プロと首位タイにて、プレーオフへ突入して行きました。その1ホール目で平塚さんがパーとしたのに対して、安納プロはボギーとしてしまい、ここにアマチュアの平塚さんに軍配が上がったのです。アマ5人目となる快挙です。

  • 過去アマがプロの試合で優勝した4人。
  • 吉本ひかる:2016年「ルートインカップ上田丸子グランヴィリオレディース」
  • 新垣比菜 :2015年「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」
  • 堀 琴音 :2014年「ABCレディース」
  • 高橋 恵 :2010年「ANA PRINCESS CUP」

 平塚さんは2000年生まれの現在高校3年生ですが、小学校6年生時には「丸山茂樹ジュニアファウンデーションゴルフ大会」で優勝し、既に頭角を現しておりました。その後2012年の中1時には「宮城県ジュニア」優勝、中2では「ヨネックスカップ東日本オープンジュニアゴルフ」優勝、中3に入り「IMG世界ジュニアゴルフマッチプレー選手権」を含めて4勝しております。

 ちなみにプレーオフを戦った今年38歳の安納昭江プロは、プロテストに18回挑戦し2015年7月に合格した、いわば遅咲きのプロゴルファーです。ステップ・アップ・ツアーへの本格的参戦は今年からと言っても過言では無いものの、5試合を戦い約414万円を獲得し現在ランク5位につけています。この度のプレーオフを経験に、今後の飛躍が期待される一人です。

2017WLSロゴ20170501.jpg 『ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ』(以下ワールドレディスサロンパス杯)第45回大会が、2017年5月4日より開幕します。開催の舞台は、茨城県の茨城ゴルフ倶楽部です。第1回から36回までは東京よみうりカントリークラブ、37回から42回までは茨城ゴルフ倶楽部西コースを使用し、43回と44回の2年間は同倶楽部東コースでしたが、本年は西コースへ回帰しての開催と成ります。

 昨年の優勝者であるレキシー・トンプソン選手が、ディフェンディングチャンピオンとして今年も又参戦します。男子プロ並みの飛距離とパワーをもって、他の選手を圧倒した迫力あるゴルフを今年も展開する事と思いますが、臆する事無く技術をもってそれを押しのける選手の出現と、対決を多くのゴルフファンが待ち望んでいます。

 その他にはUSLPGAツアーを転戦している宮里藍選手、韓国期待のコ ジンヨン選手と2016年韓国賞金ランキング8位のキム ミンソン選手が加わります。本年の公式戦第1戦で有る『ワールドレディスサロンパス杯』は、賞金総額1億2,000万円優勝賞金2,400万円のビッグな大会ですが、参戦する120名の頂点に立つのはどの選手でしょうか。

尚、コースセッティングは下記の通りです。

2017年設定 2016年実績
フェアウエー幅 25から30ヤード 25から30ヤード
フェアウエー刈り高 11ミリ 12ミリ
セミラフ  長さ 25ミリ 25ミリ
ラフ    長さ 70から80ミリ 60ミリ以上
グリーン  速さ 12フィート 12から13フィート
グリーン  硬さ 24 24

 尚、開催ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
茨城ゴルフ倶楽部

サイバーロゴ20170428.jpg LPGAツアー第9戦の『サーバーエージェント レディスゴルフトーナメント』(賞金総額7,000万円_優勝賞金1,260万円)は、2017年4月28日本日開幕です。舞台は静岡県三島市のグランフィールズカントリークラブ(6,501ヤード_パー72)ですが、ここに5名のアマチュア選手を含めた108名にて、優勝を目指した熾烈な戦いが展開されます。

 昨年自身初のツアー優勝を飾った福嶋浩子選手の優勝スコアは5アンダーでしたが、このスコアは2016年のLPGAツアー54ホール大会中最も低いものでした。今年もまた、昨年同様タフな試合展開になるであろうと、予想されております。富士山が常にコースの北西に位置し、それにいだかれたグリーンは微妙なアンジュレーションを持っており、挑戦者をはねのけます。

 この難コースを攻略し、108名の頂点に立つのは一体どの選手でしょうか。選手達のプレーぶりは、15番のグリーン奥と17番そして18番ホールのギャラリースタンドが、絶景ポイントになっております。現地での観戦へ出向けない方には、テレビ東京系列6局ネットで観戦する事が出来ます。4月29日の土曜日は16時より17時15分まで生放送、30日の日曜日は前日同様の時間帯で録画観戦となります。

 更に選手の動きを身近に生で観戦できるツールが、当該大会にはあります。それはインターネット中継です。「AbemaTV」のアプリをダウンロードするだけで、PCやスマートフォンで見る事ができます。初日は朝8時から競技終了まで、2日目は8時半から16時まで、そして16時半から終了までです。最終日は朝8時から、最終組が13番ホールを終了までです。

スタジオアリスロゴデータ20170404.jpg LPGAツアー第6戦『スタジオアリス女子オープン』2017が、いよいよ明日4月7日(金)より開幕します。主催は(株)スタジオアリスと(株)花屋敷ゴルフ倶楽部で、開催コースは兵庫県の花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(6,293ヤード/パー72)です。

 当該大会は今年12回目を迎えますが、第1回大会より月曜日に主催者選考会を開催しており、アマチュアや出場資格を持たない若手選手向けに、本戦出場14名枠を設けております。以下は本戦出場を勝ち取った、いわゆるマンデートーナメント通過選手たちです。

選手名(敬称略) 所属
1 岩崎 美紀 アマチュア
2 吉田 優利 アマチュア
3 吉本 ひかる アマチュア
4 臼井 麗香 アマチュア
5 笹生 優花 アマチュア
6 山邊 里奈 アマチュア
7 綾田 紘子 伊藤園
8 後藤 未有 アマチュア
9 大里 桃子 アマチュア
10 中野 恵里花 アマチュア
11 西村 優菜 アマチュア
12 仲西 菜摘 アマチュア
13 下村 真由美 和幸流通サービス
14 住野 百香 アマチュア

 選考会へは79名の選手が参加しましたが、その内訳はプロ27名のアマチュア52名でした。当該選考会は「未来の女子プロゴルフ界を担う若手にもっと活躍の場を与える」事を趣旨にしており、内容は文字通りそれを体現したものとなっております。

 今大会の注目選手は、何と言っても先週の『ヤマハレディースオープン葛城』で優勝したイ ミニョン選手と、又開幕より5戦を戦い抜き既に2,000万円以上の賞金を獲得している川岸史果選手、の2名を上げられます。韓国に於ける前評判通りLPGAツアー参戦5戦目にして初優勝したイ選手の2週連続優勝は有るのか、そして早くも5戦目でほぼ来季のシード権を確保したのではないかと思われる川岸選手の初優勝は有るのかが、大いに注目されます。

 本大会の熱戦は、読売テレビ制作により中継されます。土曜日8日は14時より約1時間生放送され、日曜日は15時より約1時間半、読売テレビ・日本テレビ系列全国28局ネットで放送されます。

アクサロゴA_20170320_2.jpg 2017LPGAツアー第4戦_『第5回アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI』が、明日2017年3月24日より宮崎県のUMKカントリークラブに於いて開催されます。この大会は、トーナメント開催を通じて未来を担う子供達へエールを送る事と、地産地消を目的としております。

 既に過去4回開催された同大会に於いて、東日本大震災で被災した3県(岩手、宮城、福島)の子供達へ、就学支援の為に寄付金寄贈を行ってきております。それは今年の大会に於いても、約1,000万円をチャリティイベントによる募金及び本大会からの寄付金として、宮城県へ寄贈する予定にしています。

 又、今大会開催に係る会場設営や機材、装飾、輸送などの全てを地元企業参加により運営しており、更にギャラリープラザでは宮崎県の特産品をテナント展開しております。この様なトーナメント開催による経済効果が、地産地消として地域経済発展の一助になっています。

 本大会へはLPGAトーナメント規定による出場有資格者90名と、主催者推薦18名の合計108名が参戦しますが、その内アマチュア選手は次の5選手(渡邊 詩織、勝 みなみ、新垣 比菜、河本 結、・ユウカ・サソウ_敬称略)です。尚、同大会の模様はフジテレビ制作により、同系列地上波・BS・CSで放送されます。

TPLロゴ_Type5.jpg

 LPGAツアー第三戦『Tポイントレディス ゴルフトーナメント』(以下Tポイントレディス)は、本日2017年3月17日より19日までの三日間、鹿児島県の鹿児島高牧カントリークラブに於いて、アマチュア4名を含めた108選手により、熱き戦いが繰り広げられます。

 本大会テーマは、LIVE地元密着です。

 本大会は大会WEBサイト http://www.tpointladies.tv/ や、昨年2016年に開局したインターネットテレビ局_AbemaTV「ゴルフチャンネル」によりライブ配信され、朝の8時より最終組のホールアウトまで、三日間全て観戦する事が出来ます。パソコンはWindowsやMacで、そしてスマートフォン及びタブレットでは、iOSとAndroidに対応しております。

 BS朝日では全日午後からLIVE、CSテレ朝チャンネル2では初日11時から2時間がLIVE、skyAでは土曜日と日曜日の二日間8時から13時までLIVE、そして地上波放送のテレビ朝日では決勝ラウンドを13:55から15:20までLIVE放送されます。まさしくLIVEづくしです。

 Tポイントレディスは鹿児島県で開催される、唯一の女子プロゴルフツアーです。この大会を盛り上げ様と先月19日には、蒲生小学校を中心に子供達総勢35名が蒲生ふれいセンターに集まり、大会会場内に設置するウエルカムボードを作成しました。

 大会の優勝賞金1,260万円を獲得するのは、ディフェンディングチャンピオンの大江香織選手でしょうか、それともTポイント・ジャパン契約プロの木戸愛選手でしょうか、はたまた2016年賞金女王のイ ボミ選手でしょうか。忘れてならないのは韓国勢の参戦選手であり、特にユン チェヨン選手は今シーズン今大会、目が離せない存在だと言えます。

第30回ダイキンロゴ.jpg LPGAツアー全38戦の初戦を飾る『第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』の開幕が、来週(3月2日)に迫る中、有力選手が続々と沖縄入りしております。

 2月21日にはダイキン工業所属の諸見里しのぶ、USLPGAツアー参戦中の上原彩子両選手が那覇空港に降り立ち、関係者より歓迎の花束を受け取るセレモニーが行われました。

 2月26日(日)にはイボミ、テレサ・ルーの2選手が、又27日(月)には宮里藍選手と言う様に、立て続けに沖縄入りします。今大会へはLPGAツアーを戦うトッププレーヤーが、ほとんど参戦します。それは今大会がシーズンを占う重要な試合になると、多くの選手が位置づけているからです。

諸見里_空港セレモニー.jpg←諸見里選手  上原選手→ 空港セレモニー_上原.jpg

 尚、今大会へは5名のアマチュア選手が出場します。2017年1月30日と31日の2日間、今大会会場である琉球ゴルフ倶楽部を舞台にして、225名のアマチュア選手が本戦出場を目指して戦いました。

 2日間36ホールストロークプレーの結果、2オーバーにてトップ通過した金城沙希さん(19歳)、3オーバーの佐渡山理莉さん(16歳)、4オーバーの星川ひなのさん(17歳)、同じく同スコアの比嘉里緒菜さん(14歳)の4名が、本戦出場を獲得しました。5名の内のもう一名は、特別推薦にて出場を決めていた新垣比菜さん(18歳)です。

 本大会は4日間大会です。指定練習日となっている2月27日の月曜日から、決勝日である3月5日日曜日までの1週間、沖縄はまさしくダイキンオーキッドで盛り上がります。間もなく球春を告げる熱き大会が、幕を開けます。

第30回ダイキンロゴ.jpg 2017年1月16日(月)琉球放送に於いて、ダイキン工業(株)と琉球放送(株)主催による、『第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』開催の概要が明らかにされました。

開催期日 2017年3月2日_5日(4日間)
開催場所 琉球ゴルフ倶楽部(TEL098-948-2460)
賞金総額 1億2,000万円
優勝賞金 2,160万円
TV放映 TBS系列全国ネット、BS-TBS
企画運営 琉球放送(株)

 今大会への出場選手は、LPGAツアー規定による出場有資格者90名と、主催者推薦18名の合計108選手です。テレサ・ルー、イ ボミ、笠りつ子、キムハヌル、申ジエ、菊地絵理香、成田美寿々、原江里菜、鈴木愛、堀琴音、渡邉彩香、松森彩夏などのトッププレーヤーが参加します。

 更にはダイキン工業(株)所属の諸見里しのぶ選手は、肋軟骨痛とアレルギー症に悩まされながらも、昨年末のQTでは32位と健闘し、シード権復活へ向けた足がかりとすべく、コンディション良好な状態で臨む試合です。

 今回主催者推薦で出場するのは宮里藍選手ですが、2011年以来9回目の出場となります。以下点線内は、同選手のコメントを抜粋したものです。


ダイキンオーキッドレディスは、プロになって初めて優勝した大会で兄・優作にキャディをしてもらって家族みんながいるところで優勝出来たのは、これ以上ないプロとしてのスタートでしたし、自身のキャリアとして特別な意味を持たせてもらっている大会です。


 同選手は昨シーズンのUSLPGAツアーで26試合へ出場し、賞金ランキング67位の位置を獲得しました。今シーズンのシード権を確保する中、フィジカル面を強化し、今大会の優勝を目指して臨むます。

 2016年12月20日一般社団法人日本女子プロゴルフ協会は、2017年度のステップ・アップ・ツアー開催日程を発表致しました。その内容は下記の通りです。

No 開催期日 トーナメント名称
1 03月28日_03月29日 ラシンク・ニンジニア/RKBレディース
2 04月07日_04月09日 Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament
3 04月19日_04月21日 パナソニックオープンレディース
4 04月28日_04月30日 九州みらい建設グループレディースゴルフトーナメント
5 05月10日_05月12日 静ヒルズレディース森ビルカップ
6 05月18日_05月20日 ツインフィールズレディーストーナメント
7 05月24日_05月25日 ダイクレレディースカップ
8 06月01日_06月03日 日医工女子オープン
9 06月15日_06月17日 ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース
10 06月23日_06月25日 ユピテル・静岡新聞SBSレディース
11 06月29日_06月30日 Skyレディース ABC杯
12 07月05日_07月07日 ECCレディス ゴルフトーナメント
13 07月13日_07月14日 ANA PRINCESS CUP
14 07月26日_07月27日 カストロールレディース
15 08月23日_08月25日 山陰合同銀行 Duoカードレディース
16 09月15日_09月17日 山陽新聞レディースカップ
17 09月20日_09月22日 中国新聞ちゅーピーレディースカップ
18 09月26日_09月28日 フンドーキンレディース
19 10月05日_10月07日 かねひで美やらびオープン
20 10月14日_10月15日 うどん県レディース
21 10月19日_10月20日 京都レディースオープン

 昨年の試合数は18でしたが、今年は3試合増えて21となりました。その試合とは、1.Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournamentと2.静ヒルズレディース森ビルカップそして3.かねひで美やらびオープンです。賞金総額も1億1,000万円増えて4億円となりました。1試合平均1,900万円です。

 男子のレギュラーツアー・JGTO顔負けの、充実した内容になりつつあります。今年はこのステップアップを舞台に、どの様な選手が出てくるものなのか注目です。

LPGA_2017年度トーナメント開催日程

  • 投稿日:
  • by

 2016年12月20日一般社団法人日本女子プロゴルフ協会は、2017年度のトーナメント開催日程を発表致しました。その内容は下記の通りです。

No 開催期日 トーナメント名称
1 03月02日_03月05日 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
2 03月10日_03月12日 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ
3 03月17日_03月19日 Tポイントレディスゴルフトーナメント
4 03月24日_03月26日 アクサレディスゴルフトーナメントinMIYAZAKI
5 03月30日_04月02日 ヤマハレディースオープン葛城
6 04月07日_04月09日 スタジオアリス女子オープン
7 04月14日_04月16日 KKT杯バンテリンレディスオープン
8 04月21日_04月23日 フジサンケイレディスクラシック
9 04月28日_04月30日 サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント
10 05月04日_05月07日 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ
11 05月12日_05月14日 ほけんの窓口レディース
12 05月19日_05月21日 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン
13 05月26日_05月28日 リゾートトラストレディス
14 06月02日_06月04日 ヨネックスレディスゴルフトーナメント
15 06月08日_06月11日 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント
16 06月16日_06月18日 ニチレイレディス
17 06月22日_06月25日 アース・モンダミンカップ
18 07月07日_07月09日 二ッポンハムレディスクラシック
19 07月14日_07月16日 サマンサタバサガールズコレクション・レディースT
20 07月21日_07月23日 センチュリー21レディスゴルフトーナメント
21 07月27日_07月30日 大東建託・いい部屋ネットレディス
22 08月04日_8月06日 北海道meijiカップ
23 08月11日_08月13日 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント
24 08月18日_8月20日 CAT Ladies
25 08月24日_08月27日 ニトリレディスゴルフトーナメント
26 09月01日_09月03日 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント
27 09月07日_09月10日 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
28 09月15日_09月17日 マンシングウェアレディース東海クラシック
29 09月22日_09月24日 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフT
30 09月28日_10月01日 日本女子オープンゴルフ選手権競技
31 10月06日_10月08日 スタンレーレディスゴルフトーナメント
32 10月13日_10月15日 富士通レディース
33 10月19日_10月22日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース
34 10月27日_10月29日 樋口久子三菱電機レディスゴルフトーナメント
35 11月03日_11月05日 TOTOジャパンクラシック
36 11月10日_11月12日 伊藤園レディスゴルフトーナメント
37 11月16日_11月19日 大王製紙エリエールレディスオープン
38 11月23日_11月26日 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

 全38試合に於ける賞金総額の合計は37億1500万円で、1試合平均は約9,780万円です。最高賞金総額は日本女子プロゴルフ選手権大会の2億円ですが、最小賞金総額は6,000万円で4試合あります。総試合数は本年と同数なのですが、賞金総額は約2億9,000万円アップしました。そのかさ上げとなった試合は、5試合あります。

 来年は同協会設立50周年を迎える事になり、小林会長は同協会主催の女子プロゴルフ選手権を「アジア一番のメジャーにする」との意気込みを語っております。開場は岩手県の安比高原ゴルフクラブです。なんとも楽しみな2017年の女子プロゴルフ界です。

LPGAツアー2016シーズンを振り返り

  • 投稿日:
  • by

 LPGAツアー2016シーズンが終了し、賞金女王は2年連続でイ・ボミ選手が獲得しました。同選手は全37試合中28試合に出場し、その内5勝しました。獲得した賞金総額は1億7586万9764円で、2位の申ジエ選手に約3,000万円差をつけての賞金女王です。

 まさしく同選手はツアーの頂点なのですが、同選手の活躍を含めて賞金ランキング10位までの選手の優勝回数は、21勝を数える事が出来ます。賞金シード選手50位までの内10位以内の選手が、ツアーの半数以上の勝利数を占めてしまいます。これがLPGAツアーの現状です。

 この戦いの構図が、ある意味ツアーの面白さを、演出していると言えます。実力者揃いの10傑の内、誰が優勝しても不思議では無い状況なのですが、必然的にファンの関心事は、又女王が優勝して欲しいと言う心理面とは裏腹に、誰が女王を倒すのかと言う点に尽きます。

 多くのゴルフファンを抱えるイ・ボミ選手ですが、同選手が来シーズンも活躍するのであれば、LPGAツアーは盛り上がる事間違い無しです。その様な中でゴルフファンの密かな楽しみは、イ・ボミ選手に続く次のスター選手の出現です。来シーズンあるものでしょうか。

 2017年LPGAツアー開幕戦『第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』(主催:ダイキン工業株式会社、琉球放送株式会社)開催にあたり、ダイキンオーキッドレディス大会事務局は、2016年12月1日そのアマチュア大会である「ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会」を、2017年1月30日と31日の二日間、本戦会場と同じ琉球ゴルフ倶楽部で開催する事を明らかに致しました。

 同アマチュア大会は1997年の第10回大会より開催されてきており、地元沖縄のスポーツ振興を目的として、来年21回目を迎えます。同大会を勝ち抜いた5名の選手が、本戦への切符を手にします。しかしながらこの度すでに、新垣比菜選手の特別推薦が決定しておりますので、残り4名と言う事になります。

 同大会では2007年より年齢制限を撤廃しており、小学生でも出場が可能となっております。簡単な概略は、下記の通りです。

参加資格 沖縄県在住、出身の女性アマチュアゴルファー
募集人員 240名
参加料 無料
プレーフィ プレーに関する費用は参加者負担
受付期間 2016年12月22日(木)まで
問合せ先 事務局 TEL 098-864-2200

 同大会へはこれまで約3,700名の選手が参加してきており、過去20回大会の中から、現在プロとして活躍している数多くの選手を輩出してきております。沖縄から新春を告げる、アマチュアの熱き戦いになる事と思われます。