タグ「JGTO」が付けられているもの

カシオワールドオープン開催中止へ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 2020年9月10日『カシオワールドオープンゴルフトーナメント2020』の開催を中止するとして、カシオ計算機株式会社、黒潮観光開発株式会社、株式会社テレビ高知、一般社団法人日本ゴルフツアー機構は共同で発表しました。

 JGTOトーナメントは此れ迄2試合が開催され、今後開催予定が1試合、そして未定が3試合有ります。その概要を下記へ、一瞥出来る様にまとめてみました。

開催日 大会名 9月11日時点
01月16日~01月19日 SMBCシンガポールオープン 開催
09月03日~09月06日 フジサンケイクラシック 開催
10月15日~10月18日 日本オープンゴルフ選手権競技 開催予定
11月12日~11月15日 三井住友VISA太平洋マスターズ 未定
11月19日~11月22日 ダンロップフェニックス 未定
12月03日~12月06日 ゴルフ日本シリーズJTカップ 未定

 方針を明確に打ち出されていないのが、上記の通り3試合有ります。残り3試合が全て開催されたとしても、結果として今年開催されたのは6試合に成る訳で、此処がマックスでありこれ以下が当然有り得るのです。

 7月以降野球やサッカーは上限を5,000人に絞り、来場者を受け入れる事で緩和措置が進んでいます。しかしながら事ゴルフに関しては、一部シニアの試合で受け入れたケースはあるものの、基本的には受け入れていない状況です。

 今回の発表された「開催中止」に関する内容は、お決まりの様に新型コロナウイルス対策だとしております。関係者を守る為とは言いつつも、人類がコロナウイルスを根絶する事は出来ない訳ですから、どの時点かで目途を付け再スタートする以外に、来場者を感動させるゴルフトーナメントは復活し得ない様にも思えます。

 自らが批判や非難の的に成るよりは、政府の『終息宣言』を金看板に待つ以外、方策は無いと考え行動するのが、無難な対策なのかも知れません。しかし此処からはゴルフ文化の衰退が、垣間見えてくる様にも思えます。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
48thフジサンケイクラシック開催!JGTO国内開幕戦となる

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg JGTOの下部ツアーに位置づけられているAbema TV ツアーの今年予定していた13戦は、此れ迄9戦が中止或いは延期と言う形で、実質開催されずに今日に至っております。

 その様な中、9月1日時点で残されたトーナメントは4試合ですが、既に2試合が開催を発表している事から、残り2試合の動向が気がかりなところではありました。そして昨日JGTOは、自ら主催する『TIチャレンジ』について、開催コースを変更し行う事を明らかにしたのです。

 今年のツアー計画で同大会は、兵庫県の東条の森カントリークラブ東条コースでの開催を予定しておりましたが、新型コロナの感染拡大を防止する観点から、7月に入り「開催は困難」との申し出を、クラブ側がJGTOへしておりました。

 そして急遽白羽の矢が立てられたのは、群馬県の草津カントリークラブだったのですが、開催に関する連絡と打ち合わせを経て、決定したのは8月のお盆前後との事でした。急ごしらえで問題無いのかと思う反面、常日頃コースメンテナンスを手厚く行っている点が、ものを言ったのだと思われます。

 同クラブによれば会員への告知は此れからだとの事ですが、当該ゴルフ場の概略と関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
草津カントリークラブ
草津カントリークラブの法人会員権

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)と韓国プロゴルフ協会(以下KPGA)更にはアジアンツアーの3団体共催試合として、昨年から位置づけられていた『シンハンドンへオープン』は、今年に限りJGTOの賞金加算試合から外れました。

 理由は今年KPGA単独での開催となった事からです。此れ迄上記3団体に加え韓国の新韓銀行を含めた4団体は、韓国政府へ共催での申請を行うも、8月に入り新型コロナの影響下から却下されたのです。この様な経緯からJGTOは参戦を、見送らざるを得なくなりました。

 この結果年間スケジュールとして数えられていた25試合は、1試合減少し24試合に成ると共に、既に10試合が中止になり、6試合が中止を表明済みです。開催を発表している『フジサンケイクラシック』を除き、今後開催の可能性があるのは6試合のみです。

 なお当該試合は当初日本のKOMAカントリークラブが、開催コースとして指定されておりましたが、4月1日時点で韓国仁川の「Bear's Best CheongNa GC」へ変更になっておりました。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
シンハンドンへオープンの開催会場はKOMAカントリークラブ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg フジサンケイグループと一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は2020年8月6日、『48thフジサンケイクラシック』を無観客で開催するとして、報道関係者へ一斉に告知しました。

 やっとこの試合から男子の国内ツアーが、動きだす事になりました。振り返ればこの間、多くのゴルフ関係者やゴルフファンにとって、絶望感にさいなまされながら過ごした期間だったのではないかと思われます。当該試合は1月に開催された『SMBCシンガポールオープン』以来となるのですが、この間11試合が中止或いは延期を余儀なくされて来ました。

 開催コースである山梨県の富士桜カントリー倶楽部によれば、グリーンの状態は常に最高の状態をキープしている事から、今回の発表に当たっても特段慌ててやる作業は無いとしております。また春先から「中止」と言う声を聞く事も無かったので、準備は常にしていた様です。

 今回開催されるに当たり、8月5日外務省が外国人の再入国規制を緩和した事が、大きな追い風になっています。JGTOのシード権を有している外国人比率は高く、彼らの存在無くしてトーナメントを語るのも難しい現状は、常にトーナメント開催を検討する上でネックになっていました。

 しかしながら例えば今回日本の在留資格を有している韓国人A選手が、4月3日以前に日本を出国していた場合、再入国の申請手続きを取る事で、8月5日以降日本への再入国が可能となったのです。

 やっと陽の目をみつつあるトーナメントですが、JGTOでは当該大会を成功させるべく、先日発表された「感染症対策ガイドライン」にのっとり、PCR検査を全関係者へ行って行くとしており、強い意気込みをみせております。ただ今回の事態に対し喜んでばかりいられないのは、コロナの状況次第では中止される可能性も充分ある事です。

 なおJGTO青木会長は、次の様なコメントを残されています。
開催に向けてご尽力いただいたすべての皆様方に心から感謝申し上げます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
マイナビABCは2020年開催中止へ

マイナビABCは2020年開催中止へ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 『マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント』を主催する朝日放送テレビ株式会社と、主管の一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、共同で7月28日本年度同大会の中止を発表しました。

 同大会は11月5日に初日を迎える予定でしたので、約3ヶ月前倒しでの発表となりました。同大会へ至るまでの日程では、5試合がCOVID_19対策方針を未だ明確にしていません。この様な中この5試合を飛び越え、いち早い中止方針の決定となりました。

 この結果、本年開催予定25大会の内、15大会が中止になりました。残すところ9大会は開催の見込みがあるものの、予断を許さない状況に変わりは有りません。トーナメント中止が相次ぐJGTOですが、部外者ながら心配になるのは、何と言ってもその台所事情では無いでしょうか。

 JGTOの財政基盤は、トーナメント開催時の出場選手による「トップオフ」と言われる拠出金、更にはQTへのエントリーフィ、この大きな二本の翼で成り立っていると、一般的に言われています。トーナメントが中止になる事は、少なくともこの片翼が傷つき機能し辛い状態な訳ですから、ダメージは相当大きいものと思われます。

 この様な状況から、組織が存立し得るのか否かの危機状態なのでは、とうがった見方をしてしまいがちです。この様な時だからこそ、リーダーには不安を一蹴させる様なパフォーマンスを、期待したいものです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
JGTOは青木体制3期目へ突入

JGTOは青木体制3期目へ突入

  • 投稿日:
  • by

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(会長:青木功)は、2020年3月25日都内会場にて社員総会及び臨時理事会を開催し、青木体制が3期目へ突入しました。今総会に於ける大きな焦点の1つは、選手から不評の青木ファミリーと言われる上田昌孝、宇治重喜、村田一治この3理事を、再任しない事でした。

 ところが総会前の喧騒とは裏腹に、総会では上記案件が議題に上る事は無かったと、臨時理事会後の囲み取材で佐藤信人理事は明らかにしております。3理事を再任しないで下さい、と言う会員40数名による「嘆願書」の存在が、表面化したのは2019年12月末でした。

 しかしながらこれをあざ笑うかの様に、2020年3月に入るや否や早々と青木会長は、続投宣言をJGTOのWEBサイトで表明しておりました。表明以降青木会長は会員へ協力要請の手紙を送ると共に、会長と親しい数名の理事は、造反グループへの切り崩し工作を行ったと噂されております。

 議決権を有している会員は205名ですが、その中で選手でもある会員による総会への参加は、今回わずか6名でした。その他は委任状をもって欠席したのですが、旧理事を再任する票は過半数を越えていました。青木会長の掲げた理事候補が追認された無風総会は、約40分で幕を閉じたのです。

 この度新たに理事へ就任したのは池田勇太、市原弘大の2氏であり、再任されなかったのは前常務理事の佐々木孝悦氏と深堀圭一郎氏でした。3時頃から開催された臨時理事会は、新会長へ青木氏を選出するのに、それ程時間を要しなかったと思われますが、時折笑い声が聞こえる会場から、新理事たちが廊下へ出て来たのは、予定時間を大幅に超過した4時30分頃でした。

 今回3理事に対しNO!を突きつけようとした選手達には、辛い試練となりましたが、自らの職場を良くしたいと言う選手達の気持ちは、決して無視してはいけないものだと言わざるを得ません。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
3月19日JGTO総会にて2028年~20年青木・石川体制が発足

TACT-CHARA_22.jpg 韓国の新韓フィナンシャルグループは2020年2月3日、9月10日に初日を迎える『シンハンドンへオープン』を、奈良県のKOMAカントリークラブで開催するとして、一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)を通じ明らかにしました。

 同グループが主催し2019年よりJGTOとの共同主管となった同ツアーですが、その歴史は古く今年36回目の開催と成ります。東日本エリアのゴルファーにはなじみの薄いKOMAカントリークラブですが、日本在住の韓国人が中心になり、韓国ゴルフ界の発展を目的として1980年に設立されました。

 同クラブの設立当初は在日韓国人を主体にした会員構成でしたが、現在ではゴルフ場の良さが広く認知され、日本人の会員も増加して来ました。同ゴルフ場の関係者曰く、半々ぐらいの構成になったと思われるとの事です。

 関西のゴルフ会員権業者によれば、コースが非常に良く又クラブの雰囲気も申し分無く、更に食事も美味しいと高評価でした。しかしながら唯一難点は交通アクセスであり、大阪中心部よりゴルフ場まで1時間20分ほどかかる様です。この所要時間で遠いとは、関東圏のゴルファーにとっては、何とも羨ましい限りです。

 同ゴルフ場ではこれまで、様々なプロトーナメントを開催して来ております。例えば昨年2019年には、第85回関西オープンゴルフ選手権の会場となりました。これまで多くの大会で使用されて来たのは、27ホールの中でも東と西コースによる18ホールズであり、今大会も同様に成るのでは無いかと予想されます。

 先ほどの会員権業者によれば、同クラブ正会員一口の名義書換料は税込11万円と大変リーズナブルであり、会員権価格も2月時点で70万円を挟んでの売り買いと言う展開です。諸費用を考慮しても100万円以内の予算を組む事で、会員に成れるのでは無いかと思われます。但し国籍の如何に関わらず、審査は厳しく承認を得られないケースも多々有るとの事。

 新韓フィナンシャルグループは、昨年より2億ウォン増額し今大会へ臨む訳ですが、どの様な盛り上がりを見せるのか、大いに注目されます。

JGTO選手会が2020年時松新体制を公表

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_kakochou.jpg 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)の選手会は、2020年1月23日都内会場にて理事会を開催し、互選により今年からの新体制を明らかにしました。その概要は、下記の通りです。

役職 選手名
会長 時松 隆光
副会長 池田勇太、石川遼(PR担当)、小鯛竜也
理事 深堀圭一郎、宮本勝昌、市原弘大
小田孔明(ジュニアゴルフ担当)
宮里優作(ジュニアゴルフ担当)
竹谷佳孝、重永亜斗夢、中西直人
今平周吾、堀川未来夢、星野陸也
B ジョーンズ(外国人担当理事)
S ハン(外国人担当理事)
監事 佐藤信人

 時松選手は2016年に大活躍し、一躍スターダムへ上りつめ脚光を浴びました。2016年当時レギュラーツアーの下部ツアーをチャレンジツアーと呼んでいたのですが、その1試合である『ジャパンクリエイトチャレンジin 福岡雷山 2016』で時松選手が優勝するや、その優勝資格で出場したレギュラーツアーの『ダンロップ・スリクソン福島オープン』で、またしても優勝を成し遂げたのです。

 更にその優勝資格で『ネスレマッチプレーレクサス杯』へ最後の出場切符を獲得した時松選手は、強豪相手のマッチプレーに臆する事無く、また又しても優勝しこの試合の優勝賞金1億円を獲得したのです。いまを時めく渋野日向子選手がシンデレラガールならば、時松選手もまたシンデレラボーイと言えたのだと思います。

 表舞台で活躍し出してから4年が経過し今年5年目を迎える時松選手が、多くの理事から支持されたのはそれなりに理由があっての事だと思われますが、一重にその物おじしない人間性が評価されたのでは無いかと思われます。

 今後2年間に渡り選手会の舵取りを任された時松選手ですが、その手腕に注目が集まると共に、前会長の石川選手とは別の切り口で、どの様な新風を巻き起こしてくれるのか期待されます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2018年度JGTO選手会新理事役職者決まる

JGTOの2020年試合数は2増2減_ZOZO対象外

  • 投稿日:
  • by

        20191224青木会長No2.jpg
                 < JGTO・青木功会長

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、2019年12月24日都内会場にて、2020年のトーナメントに関する概要及び日程を明らかにしました。記者会見にまず登壇した青木会長は、女子ゴルフの人気度そして注目度などを認めつつ、男子ゴルフも追いついていかなければならないとし、2020年のスローガンを「感動、歓喜、感謝」としました。

 今回青木会長からスーパースター待望論が出る事無く、選手個々人のスキルアップと全体のレベルアップが、JGTOツアーには求められており、それがスローガンにつながって来る諭旨の発言が有りました。では肝心のトーナメントと言えば、来年2020年は今年同様に25試合開催され、その中身は2試合増え2試合が減少するものです。

 新たに開催されるのは、1、ゴルフパートナーPRO-AMトーナメント 2、THE TOPです。無くなるのは2013年より7年間開催されて来たHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPと、今年PGA TOURと共催になったZOZO CHAMPIONSHIPの2試合です。今年のZOZO戦に関しては、JGTO側からの参加選手が13名と限られており、尚且つ半額とは言え加算賞金額が多い事から、その他参加出来ない選手との不公平さが問題視されておりました。

 そのZOZO戦は来年JGTOとの共催試合ではあるものの、獲得賞金額をJGTO賞金ランキングへ加算しない為、トーナメント枠から外れる事に成りました。25試合の賞金総額は、3,260,600,000円に成ります。今年は4,350,080,000円でしたので約10億円減少した事に成りますが、ほぼその金額はZOZO戦の賞金額と同額である事から、これを差し引くと今年と同様の内容に成ります。

 低迷する男子トーナメントですが、来年は選手の肖像権管理を徹底して行く方針です。狙いは選手の画像を蓄積した過去のデータも含め検索し易くし、ゴルフファンへの露出機会を増やして行こうとするものです。これを担当するのは、写真家の宮本卓氏です。宮本氏の就任までには紆余曲折がありましたが、それ故に来年は宮本氏の手腕が問われるところです。

 画像管理がどの様な影響を及ぼすかは現時点で未定ですが、目新しさと言う点では唯一とも言えます。その様な中一向に試合数が増えない現状を青木会長曰く、「それなりに働きかけている」としております。青木氏在任中に閉塞感の有る現状を、打破出来る一手があるものでしょうか。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
JGTOは2019年シーズンのツアー日程を発表

        石田純哉社長20190902.jpg
           < 株式会社ゴルフパートナー 石田純哉社長

 株式会社ゴルフパートナーと一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、2020年7月6日の週に共催で新規のトーナメントを開催するとして、2019年9月2日都内会場へ報道関係者を集め明らかにしました。名付けて『ゴルフパートナーPRO-AMトーナメント』です。

 このトーナメントはこれまでの日本では、経験した事のないプロアマ戦に成ります。日程もこれまでとは異なり、水曜日に初日を迎え240名120組のアマチュアが、ダブルス戦を行い木曜日までの2日間で順位を競います。アマチュアはこの両日の内どちらか1日を、プロと同組でラウンドする事に成ります。

 金曜日は予備日として、基本的に試合は有りません。翌土曜日と日曜日がプロにとっては決勝ラウンドとなるのですが、ダブルス戦のアマチュアとは全く別のアマ60名が、この両日ともプロと一緒にラウンドし、アマの頂点を目指し競う事に成ります。

 このトーナメントへ出場するアマチュアは、予選会を通じ選出されます。この予選会は全国20会場を舞台に開催されますが、第一陣は今年11月を皮切りに来年2月までの6会場で行われます。第二陣は2020年3月から5月までの、14会場で予定されております。

 これまでJGTOのプロアマ戦とは本戦開始前の水曜日に、主催者やスポンサーなどと縁の深い関係者を集め、接待的意味合いのゴルフを、プロと交流しながら行うケースが大半だったと思われます。しかしながら今回のトーナメントは、全く一般のアマチュアゴルファーにエントリーして頂き選出して行く事から、全国の腕自慢アマには魅力的なものに成ると思われます。

 なお本戦の試合会場は、茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部に成ります。またアマチュアゴルファーのエントリーに関するお問い合わせ先は、TEL 0570-039-846(土日祝を除く10時より17時30分)にてご確認下さい。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
メルセデス・ベンツ日本社がJGTOのオフィシャルパートナーへ

2020年よりQTのステージが簡略化へ

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_420180717.jpg (一社)日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は2019年7月下旬、2020年に開催されるジャパンゴルフツアークォリファイングトーナメント(以下QT)が、大幅に変更になる事を明らかにしました。これまでの5ステージから、4ステージへ簡略化されます。

 20年間に渡りQTは、ファースト、セカンド、サード、ファイナル予選、ファイナル決勝と言う5ステージに分かれ実施されて来ました。このファーストとセカンドが統合され、来年はファーストステージと成り、サードがセカンドへ、そしてファイナル予選がサードと成ります。

 これまでファイナル決勝は、2日間競技で行われて来ましたが、来年は4日間と成ります。そして1年間の49週目に開催される事から気象条件も厳しく、おのずと開催コースは寒さがやわらぐエリアに成ります。とは言え来年は開催コースを固定する事無く、全国から選定し、選手の持ち味が存分に発揮される様にしたいとJGTOは考えている様です。

 今回この様な変更に至った大きな理由についてJGTOは、「トーナメント出場を目指す若者が、いち早く駆け上がれる方策」、と説明しております。今年QTを受験するあるプロに伺ったところ、毎年ファースト受験者数が少ない為に統合した様に思えた、メリットとデメリットは現時点であまり感じない、とにかくファイナル決勝へ残れる様頑張りたいとの事でした。

 兎に角ファイナル決勝へ残れたならば、上位選手は必然的にレギュラーツアーの前半戦へ出場出来ますし、その他選手は下部ツアーのAbema TVツアーへ出場出来る訳ですから、トーナメントでの活躍を目指す選手にとっては、最大の目標なのだと言えます。

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)によれば、レギュラーツアーの下部ツアーに位置づけられるAbema TV ツアーへ、女子2選手が参戦する事になったとして、4月15日広報を通じ明らかにされました。これは昨年同ツアーへ参戦した横峯さくら、宮里美香両選手に次ぐもので2年連続となりました。

 女子2選手とは工藤遥加選手と川崎志穂選手ですが、両選手は同ツアー第2戦目の『i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘』を戦うと共に、工藤選手は更に単独で第3戦目の『ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山』にも挑戦します。

 昨年の女子選手の活躍としては、宮里美香選手が『i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘』に於いて、あと2打にて予選を通過出来るところまで肉薄し、ゴルフファンを楽しませてくれました。彼女達の活躍は男子選手に対し、決して侮れない存在である事を証明してくれたのですが、今年もまた新たなる2選手が大暴れしてくれる事と思われます。

 各選手は次の様に語っております。
工藤遥加選手「飛距離もさる事ながら現場の雰囲気も女子ツアーとは違うのだろうなと今から楽しみです。」
川崎志穂選手「全力を尽くし大会を少しでも盛り上げられるよう頑張ります!」

 JGTOによればこの度の女子選手の結果如何に関らず、勇気ある女子選手がAbema TV ツアーに参戦する事で、双方に有形無形の相乗効果が生まれる事を、期待しているとしております。お互いに得られるであろう大きな刺激とモチベーションの高まりは、ゴルフ界に不可欠なものだと言えます。

 なお上記2試合は3日間、1組目のスタートから最終組のホールアウトまで、Abema TVのアプリを通じ何方でも視聴する事が可能です。もし女子選手が優勝でもしたならば、日本のゴルフ界は大騒ぎに成りますし、活性化する事間違いなしと言えます。期待しましょう。

TACT-CHARA_420180717.jpgのサムネイル画像 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は2019年4月2日、広報を通じ新規トーナメントの開催を明らかにしました。その名は『シンハン ドンへ オープン』です。このトナーメントは、既に韓国プロゴルフ協会(以下KPGA)のメジャートーナメントとして、35年の歴史を有しております。

 またこのトーナメントは2016年より、アジアンツアーとKPGAの共催として、3年の実績を有しておりました。ここへこの度JGTOが一枚加わる事になり、3団体による共催トーナメントとなったのです。

 出場選手132名へは、それぞれの団体から上位41名ずつ、出場権を持つ事になったとしております。トーナメント開催日は、9月19日(木)~22日(日)までの4日間に成りますが、ちょうど日本ではこの週がオープンウイークになっておりますので、都合が良かったのかも知れません。

 JGTOでは今年の開催試合数が24から25へ、1試合増える事に対し、安堵感にも似た雰囲気を醸し出しておりますが、上位選手が歯抜けの様に辞退が続出し、60位ぐらいの選手まで選考が下りて来る様では、青木会長の顔も丸つぶれでは無いでしょうか。

 とは言えその様に成れば成ったで、上位選手が休んでいる間に大活躍してくれる下位選手の出現が、何よりも待たれるのですが。3年契約となったこのトーナメントですが、日本人プレーヤーの中から韓国のゴルフファンをびっくりさせる様な、ビッグプレーを連発して欲しいものです。

 なお開催コースは韓国のベアズ ベスト チェオンナ ゴルフ クラブで、賞金総額は日本円に換算し1億1,424万円です。

 JGTOに関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
メルセデス・ベンツ日本社がJGTOのオフィシャルパートナーへ

    上野金太郎社長20190315.jpg 青木功会長20190315.jpg
        < 上野金太郎社長 >         < 青木功JGTO会長

 2019年3月15日メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ)と一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、東京六本木のメルセデスミー東京に於いて共同記者会見を開催し、MBJがJGTOのオフィシャルパートナーとして、本年よりツアーをサポートして行く事を明らかにしました。

 MBJとJGTOが共に取り組むのは、トータルポイントランキングです。これまでもこの制度は有ったものの、どちらかと言えば賞金ランキングの陰に隠れてしまっていたとも言えます。しかしこの制度をMBJがサポートして行く事で、年間の最優秀選手は誰が獲得するのか、ゴルフファンからもより注目されて行く事になります。年間1位獲得者にはMBJより、メルセデス・ベンツSクラスと賞金100万円が、贈呈されます。

 過去10年間に賞金王とポイントランキング1位を獲得したのは、2009年石川遼、2012年藤田寛之、2013年松山英樹の3選手のみでした。7年間は両立しなかった訳で、例えば昨年2018年の賞金王は今平周吾でしたが、ポイントランキング1位は池田勇太でした。不公平感が出てしまう賞金王よりも、メルセデス・ベンツ トータルポイントランキングを前面に打ち出す事で、より正しい選手の評価が定着すると共に、各選手のモチベーションも高まる事と思われます。

ポイントが算出されるのは、次の9部門です。
1パーキープ率(パーかそれより良いスコアを獲得する率)
2パーオン率 (パー4での1オン、パー5での2オンを含む)
3バーディ率 (1ラウンド当たりのバーディ獲得率)
4イーグル率 (1イーグルを獲得する為に要するラウンド数)
5ドライビングディスタンス(18ホール中2ホールで計測)
6フェアウエーキープ率  (パー3を除く全てのホールで計測)
7サンドセーブ率(グリーンサイドのバンカーから2打かそれより少なくカップインする率)
8平均パット率 (パーオンしたホールでの平均パット数)
9平均ストローク(1ラウンド当たりの平均ストローク数)

    佐藤信人副会長20190315.jpg 今平周吾20190315.jpg
        < 佐藤信人JGTO理事 >    < 2018年度賞金王・今平周吾プロ

 ポイント算出方法としては各9部門のランキングを合算し、よりポイントの少ない選手が上位に行くシステムです。この会見に登壇したJGTO佐藤理事は、各部門のランキングなどはJGTOのWEBサイトを通じ可視化され、誰でも確認出来る様になると説明すると共に、今後このランキングが選手の実力を示すバロメーターとして、重要視されてくるとしたのです。

 また昨年の賞金王である今平選手は、「賞金王に成れたものの、ポイントランキングは7位だったので、今年は2勝以上する事で賞金王と、メルセデス・ベンツトータルポイントランキング1位の両方を獲得したい」と気合の入ったコメントを発しておりました。

 この度男子ツアーをサポートする事になった背景をMBJの上野社長は、「2012年より女子ツアーのオフィシャルスポンサーとして参入し、手探り状態から経験値を積む事で、自信が持てて来た事で、男子ツアーのスポンサーと成る事を決めた。またベンツ車オーナーの6~7割がゴルフ愛好家である事も、背中を押された要因である」、と述べたのです。

 PGA TOURでは現在FEDEX CUPポイントが重要視されており、獲得賞金額ランキングは殆ど軽視されているのが現状です。JGTO TOURに於いても今後この様な傾向は、強まって来るのでしょうか。

JGTOは2019年シーズンのツアー日程を発表

  • 投稿日:
  • by

   青木会長20181220.jpg   今平周吾20181220.jpg
         <青木会長>          <2018年度賞金王今平周吾選手>

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は2018年12月20日都内会場にて、2019年シーズンのツアー及びAbema TVツアーの日程を発表しました。この会見には青木会長をはじめとしたJGTOの担当責任者、そして今年賞金王に輝いた今平周吾選手が、選手代表として出席しました。

 災害の為中止になった「ANAオープン」を含めるとツアーは今年25試合でしたが、来年は1試合減の24試合に成ります。来年無くなる試合は「レオパレス21ミャンマーオープン」と「ISPSハンダマッチプレー選手権」で、新たに開催される試合は「ZOZO CHAMPIONSHIP」です。この試合は PGA TOUR との共催に成りますが、日本ツアーを主戦場に戦う18選手が参戦出来る可能性が有り、獲得した賞金の50%は日本ツアーの賞金ランキングへ加算されます。

 24試合に於ける賞金総額は、21年ぶりに40億円越えと称える声も一部にありますが、これはZOZOの約11億円が大きく寄与しているからであり、試合数が減少している現実を見るならば、手放しで喜べる話ではありません。試合数増加はJGTOの悲願でもあり、常にその策を検討しているとの事ですが、今後は更に海外へ目を向けて行く必要が有るとし、とりわけアジアンツアーとの共催は可能性の高い現実的課題だとしております。

 Abema TVツアーは「ISPS HANDA 燃える闘魂!!チャレンジカップ」が来年無くなり、新たに3試合が設けられます。新設されるのは「TIチャレンジ in 東条の森」と「ディライトワークスASPチャレンジ」更に「TOSHIN CHALLENGE IN 名神八日市CC」です。今年は12試合でしたが来年は14試合と成り、全ての試合が3日間大会となり賞金総額も全て1,500万円になります。

 それぞれのツアーに於ける試合数増加と言う命題とは別に、JGTOは来年の課題としてコミュニケーション力を高める必要が有るとしました。その対象は選手でありスポンサーでありメディアであるとの事ですが、さっそく手始めに選手へは登録されているメールアドレスへ、JGTOがお知らせを一斉送信したとの事です。コミュニケーション力アップは今年起こった事件への大いなる反省のみならず、組織運営上の根本的課題であり、この点をJGTOは明確にしたものです。

 明るい話題が少なかった今年の男子プロゴルフ界ですが、来年のツアー日程を見る限りでは、ツアーの閉塞感を払拭するほどの材料が見当たりません。青木会長曰く「日替わり優勝者が今年多く出たと言う事は、スター誕生の前ぶれ」と期待感を持たせるものの、説得力にはいまいち欠けるものがありました。是非来年は盛り上がった試合が、増える事を祈りたいものです。

 関連する記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ZOZO前澤氏 PGA TOUR を来年10月に習志野CCで開催

『ANAオープン2018』開催の行方は?

  • 投稿日:
  • by

 2018年09月06日03時08分頃、北海道の胆振(いぶり)地方中東部を震源とした大地震は、北海道厚真(あつま)町で震度7を記録するもので、道内に甚大な被害をもたらしております。気象庁は同日夕方、この地震について「平成30年北海道胆振東部地震」と命名しました。

 この地震の影響により、来週13日(木)から開催予定の『第46回ANAオープンゴルフトーナメント』ですが、予定通り開催出来るか否か、微妙な状況に立たされております。最終判断は本日7日(金)、ANAオープンゴルフトーナメント大会事務局より発表される事と思われます。

 この本トーナメントに先立ち9月10日(月)には、主催者選考会のマンデートーナメントが開催される予定でしたが、主管である一般社団法人日本ゴルフツアー機構及び主催者の全日本空輸株式会社、更には関係者を交え協議した結果、中止とする事を昨日決定しております。

 このマンデートーナメントからは11名の選手が選出され、本トーナメントへ出場出来るものでした。開催コースは札幌ゴルフ倶楽部ですが、簡単な概略は下記の通りです。
所在地:北広島市輪厚77
連絡先:TEL011-376-2231 / FAX011-376-2233
コース:18ホール_7,063ヤード・パー72

2018年6月18日_マッチプレー.JPG 2018年6月18日東京都内会場にて、一般社団法人国際スポーツ振興協会(以下ISPS)及び一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)により、『ISPSハンダマッチプレー選手権』2018の概要が明らかにされました。出場人数は104名、118マッチが行われます。

 当該大会は、賞金総額2億3,000万円優勝賞金5,200万円と言う、国内ツアー最高額の大会です。記者会見に臨んだISPS半田晴久会長は、「最高の賞金額と最少のギャラリー数」と自虐的に語るものの、来場したギャラリーにはプロの最高の技術と大会の雰囲気を、まじかで味わって欲しいと付け足す事も忘れませんでした。

 テレビ放映が無く最少のギャラリー数であってもマッチプレーの灯を消さない事、そしてこのマッチプレーから世界に通用する選手を輩出して行く事、これが大会の大きな目的だと半田会長は述べました。また同席したJGTO石川遼副会長は、安全面を考慮しつつもなるべく最少のローピングで、来場者へは満足度の高いプレーを提供したいと語りました。

 今年の会場は千葉県の浜野ゴルフクラブより、埼玉県の鳩山カントリークラブへ代わりました。出席した新たな会場となるクラブ理事長の榎本宏太郎氏は、使用するグリーンの芝はバミューダである事を明らかにしました。既に試し打ちを終えた石川副会長は、この芝の難易度を述べると共に、PGAツアーにも匹敵するもので「今からワクワクしている」と、興奮冷めやらずと言う感想を述べ大会への期待を膨らませました。

簡単なスケジュールは下記の通りです。
・2018年7月26日(木)~27日(金) 1回戦・2回戦_一般非公開(72マッチ)
・2018年9月05日(水)~08日(土) 3回戦~準決勝、順位決定戦(44マッチ)
・2018年9月09日(日) 優勝決定戦(2マッチ)

片山晋呉プロへの処分検討とJGTOが6日発表

  • 投稿日:
  • by

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、2018年5月30日(水)に開催された「日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ」のプロアマ戦に於いて、片山晋呉プロ(45_イーグルポイントGC)が同じ組にてラウンドしていた招待客に対し、不愉快な思いをさせたとして、6月6日関係各位へ陳謝の意向を公表しました。

 事の発端はスタートホールの13番を終了し、14番ホールへ向かう中で起きたのです。片山プロは14番ホールがつかえているいる事を理由に、13番ホールグリーンにてパッティングの練習をしており、これに対し同伴者である招待客が、14番ホールティーングランドへの移動を促すも同プロは応じなかった事です。

 この行為に憤慨した招待客は、プレーを継続せずクラブハウスへ引き上げてしまいました。

 この事態を重く見たJGTOは、この間当事者への聞き取りを済ませ調査委員会を設置し、2週間程度で結果を公表するとしております。また片山プロに対する処分の要否を決定し、再発防止策なども講じる予定としております。

 JGTOは選手が守るべき準則として、「プロアマトーナメントで同伴アマチュアへ不適切な対応や、不快感を与える態度をしてはならない」、と明記しております。多くの関係者が注目する中、当日の事実が白日の下にさらされると共に、今後どの様なJGTO側の判断が下されるのか注目されます。

PGA TOURセミナー.jpg

            <デニス イングラム氏と佐々木孝悦常務理事> 

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、2018年5月27日茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブに於いて、PGA TOURシニアデレクターのデニス イングラム氏を招聘し、トーナメントコースに於けるメンテナンスセミナーを開催しました。

 デニス氏はPGA TOURのトーナメント現場を、約20年間に渡り管理してきています。本国はもとより中国やカナダなど、8ヶ国・68コースのメンテナンスに関わって来ており、昨年は日本の成田ゴルフ倶楽部で開催された「JAL選手権」も担当されています。

 この度のセミナーは昨年11月よりスタートした、JGTOとPGA TOUR提携業務の一環です。当該会場は様々なトーナメント開催コースのグリーンキーパーを中心に満席状態でしたが、中には一般社団法人日本女子プロゴルフ協会関係者の姿もあり、関心の高さを感じさせるものでした。

宍戸ヒルズCC201805?7.jpgのサムネイル画像

               <宍戸ヒルズカントリークラブ>

 セミナーは午後1時より開始され、中休みを含み4時30分までの3時間強行われたのですが、デニス氏の説明に対し会場からは活発に質問が飛び出し、通訳者が何度もデニス氏に確認しながら答えておりました。トーナメントの現場をあずかる責任者からは、抽象論では済まされない現実的具体的問題が山積しているからだと言えます。

 日米に於いて管理手法に極端な差は見当たらないものの、やはり規模に付いては大きな格差が有りました。例えばトーナメントウイーク2日目の午後には、103名ものボランティアが管理を手伝うとは、想像もつかないものがありました。またホスピタリティ面は大変優れており、PGAツアーメンバーから選出された7名の選手が、ボランティア エリアを訪問し様々な意見交換する事などは大変参考になった様です。

 今後ますます両団体の交流は深まるものと思われ、JGTOツアーに活かされて行くのではないでしょうか。

 関連する過去の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
JGTO2018年度ツアー改革及びPGA TOURとの提携

 一般社団法人日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)は、Abema TV TOURの最終戦である「JGTO Novil FINAL」の試合会場が決まった事を、2018年4月27日明らかにしました。その会場とは茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部・東コースです。

 当該ゴルフ場関係者によれば、今年に入りJGTO側より打診があり、4月27日急遽決定すると共に発表に至ったとの事です。準備はこれからだとしているものの、グリーンに関してはJGTO側からの指示待ち状態だとしております。

 下部ツアーと言えどもトーナメントに相応しく厳しい設定が予想され、パー5ホールがもしかしたらパー4になる可能性も有る様です。トーナメントが盛り上がり最終戦に相応しい様、仕様は全てJGTO青木功会長が思い描く構想の中にあります。

 と言うのも2014年8月から2015年10月までの期間、当該ゴルフ場東コースをクローズにし改造改修したのは、他ならぬ青木会長自身だったからです。2グリーンから1グリーンへの工事は、当然将来トーナメントに耐え得る事を、想定していたものと思われます。

 当該ゴルフ場は会員制倶楽部ですので、会員はトーナメント開催中に限り、隣の西コースのみを使用する事になりますが、観戦に付いては無料で出来る様です。ちなみに当該ゴルフ場は1958年8月23日の開場ですから、今年は記念すべき60周年を向かえます。

 開催コースの概略とそれに関連する前回の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
取手国際ゴルフ倶楽部
青木功氏平成27年秋の叙勲_旭日小綬章を受章