タグ「トーナメント」が付けられているもの

logo_tate20170412.jpg PGMグループでは2013年よりブリヂストンスポーツ(株)の協賛を得て、『PGMクラブチャンピオンシップ BRIDGESTONE GOLF CUP 』を開催しておりますが、今年5回目を迎えた2017年大会は、4月6日に千葉県の総武カントリークラブ総武コースを舞台に開催されました。

 当該グループ傘下の会員制クラブは百数十を数えますが、クラブ選手権へは40、シニア選手権へは37、レディース選手権へは16、スクラッチ競技の部_Under64へは17、スクラッチ競技の部_Over65へは14の、それぞれ各クラブ有資格者が参加しました。

 その具体的な大会出場資格は、どの様なものかと言えば、それは下記の通りです。                                                                                                                                             1、2016年クラブ選手権の優勝者                                                                                                                                2、2016年シニア選手権の優勝者                                                                                                                                     3、2016年レディース選手権の優勝者                                                                                                                                              4、上記1から3までの資格者を除く65歳以上のスクラッチ競技に於ける優勝者                                                                                                        5、当該大会昨年2016年の各部門優勝者

 昨年PGMグループの各クラブに於いて頂点を極めた選手が、全国から参集して行われた2017年大会の各部門優勝者(敬称略)は、下記の通りです。

カテゴリー 優勝者 所属クラブ
クラブ選手権の部 木下 輝洋 皐月ゴルフ倶楽部(佐野)
シニア選手権の部 石原 紀一 総武カントリークラブ
レディース選手権の部 小菅 佐智子 秦野カントリークラブ
スクラッチ競技の部U64 井上 忠勝 法隆寺カントリー倶楽部
スクラッチ競技の部O65 白井 敏夫 総武カントリークラブ

 この様な大会を開催出来る最大の要因は、PGMグループ傘下のゴルフ場が約130にも及ぶからであり、このスケールメリットを最大限に活用した競技会と言えます。この大会は各クラブの会員にとっても、所属クラブに於ける競技会のみならず、全国大会と言う更なる高みが有る事で、選手のモチベーションを高揚させている様に思われます。

 ブリヂストンスポーツ(株)では女子のアスリートゴルファーを対象として、3月に入り九州大会と中部大会を開催します。この2大会で優勝した2選手は、本年2017年5月19日より3日間開催される、『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』の本戦へ出場出来ます。

 又それぞれ2位から5位までの選手は、『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』の主催者推薦選考会への出場権を得られます。九州大会及び中部大会の概要は、下記の通りです。

  • 九州大会
  • 開催日:2017年3月21日(火)
  • コース:麻生飯塚ゴルフ倶楽部(福岡県)
  • 出場者:72名(先着順)

  • 中部大会
  • 開催日:2017年3月24日(金)
  • コース:中京ゴルフ倶楽部石野コース(愛知県)
  • 出場者:72名(先着順)

  • 参加資格
  • 女性(出生時)アマチュアゴルファーである事
  • 規定の申込方法によりエントリーされた方
  • ハンディキャップ15以下の技量を有する方
  • 2017年5月19日(金)時点で、満13歳以上の方

 尚、参加費は税込み10,800円で、プレー代と諸経費は自己負担との事です。エントリーは2月1日よりすでに開始されております。お問い合わせは、大会事務局(TEL0120-711-951)_平日10時から午後5時30分まで。

ワルールドカップ2016_優勝はデンマーク

  • 投稿日:
  • by

ISPS HANDA 2016.png ISPS Handa World Cup of Golf 2016は、2016年11月27日デンマークの優勝で幕を閉じました。優勝スコアは、20アンダーでした。

 デンマークは前半精彩がなく、ショットもつまずく場面があるものの、バックナインに入ってからはバーディラッシュで、後続組を突き放しました。

 日本は最終日のバックナインに入りスコアを伸ばしきれず、惜しい場面も度々あり、結果は6位タイにて終戦ですが、日本チームの松山、石川両選手は、日本のゴルフファンの期待を裏切らない戦い方をしたと評価出来るものでした。

 今回のワールドカップは、団体戦としての楽しさを、見る者に堪能させました。その試合形式はフォアサム、フォアボールです。是非、2020年日本で開催されるオリンピックに於いても、採用して欲しいゲーム方式だと言えます。

順位 スコア
1位 デンマーク ー19
2位タイ フランス ー16
2位タイ 中国 ー16
2位タイ アメリカ ー16
5位 スウェーデン ー15
6位タイ イタリア ー14
6位タイ 日本 ー14
8位 スペイン ー13
9位タイ オーストラリア ー11
9位タイ アイルランド ー11
11位タイ カナダ ー10
11位タイ ニュージーランド ー10
13位タイ ドイツ ー9
13位タイ イングランド ー9
13位タイ 南アフリカ ー9
13位タイ ベルギー ー9
17位タイ オランダ ー8
17位タイ オーストリア ー8
19位タイ タイ ー6
19位タイ スコットランド ー6
19位タイ 台湾 ー6
22位タイ ウェールズ ー5
22位タイ 韓国 ー5
22位タイ マレーシア ー5
22位タイ インド ー5
26位 ポルトガル ー4
27位 べネズエラ ー3
28位 フィリピン +3

ISPS HANDA 2016.png 2016年11月24日から27日までの4日間、オーストラリア・メルボルンのキングストン・ヒース・ゴルフクラブに於いてISPS Handa World Cup of Golf が、開催されます。世界28か国から1ヶ国2名合計56名の選手が参加して行われます。

 今回も前回に引き続き一般社団法人国際スポーツ振興協会(ISPS)が、スポンサーになります。スポンサーの件は今をさかのぼる事半年前より検討されていた様ですが、最終的にまとまったのは2016年11月に入ってからとの事です。ISPSは2大会連続でのスポンサーとなったのですが、単独としては今回初となります。

 ワールドカップの歴史は古く、1953年大会を第1回として開催され、かつて日本は2度の優勝経験があります。第1回目は1957年に日本の霞ヶ関カンツリークラブに於いて開催された第5回大会で、小野光一、中村寅吉両選手コンビの優勝です。そして第2回目は2002年のメキシコに於ける大会で、伊沢利光、丸山茂樹両選手チームの優勝です。

 この度日本チームとして3度目の優勝を目指して戦うのは、松山英樹、石川遼2選手コンビです。試合形式は、初日と3日目がフォーサム、2日目と4日目がフォアボールで行われます。当該大会はPGAツアーのスケジュールに取り込まれているものの、競技方法の特殊性から、FedEx Cup ポイントおよび獲得賞金額は、PGAツアーランキングに加算されません。

3tours_hitachi2016.png 『Hitachi 3Tours Championship 2016』(以下日立3ツアーズ選手権)は今年12回目を向かえ、2016年12月11日に千葉県成田市のグリッサンドゴルフクラブに於いて開催されます。

 日立3ツアーズ選手権は、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)と日本ゴルフツアー機構(JGTO)、更には日本プロゴルフ協会(PGA)の3団体共催により、日立グループの特別協賛を受けて開催されるものです。

 同大会のテーマは「for CHILD CHARITY」であり、難病を抱える子供達への支援や、ジュニアゴルファー育成などを行ってきております。出場選手はこの主旨に基づき、獲得賞金の20%をチャリティーとして拠出しております。

  • 日程                                                                             12月09日(金) : プロアマ交流会前夜祭                                                    12月10日(土) : プロアマ交流会                                                        12月11日(日) : 本戦 / ジュニアイベント
  • 賞金                                                                                                                                      優勝チーム3,000万円                                                             2位チーム1,500万円                                                              3位チーム1,200万円

 各チームの選手選出については、賞金ランキング上位3選手の選考と共に、会長及び協会推薦3名の合計6名となります。3チーム合計18選手による戦いとなります。

 前売りチケットについては、既に10月22日より発売されておりますが、開催ゴルフ場(TEL 0476-24-2125)、チケットぴあ(TEL 0570-02-9999)、ローソンチケット(TEL 0570-084-003/TEL 0570-000-732)などで求められます。

開催ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                        グリッサンドゴルフクラブ

PGA%20TOUR2017-top.jpg 来年2017年にPGA TOUR Championsの1試合_JAPAN AIRLINES Championship(JAL選手権)が、日本の成田ゴルフ倶楽部を舞台にして開催される事が、2016年10月18日同ツアーの代表であるGregory T.McLaughlin(グレゴリー・マクローリン)氏によって明らかにされました。

発表された当日、東京港区の東京アメリカンクラブ会場には、下記の方々が出席しました。(敬称略)

President,PGA TOUR Champions Gregory T.Mclaughlin
在日アメリカ合衆国大使館公使 Andrew Wylegala
世界ゴルフ殿堂メンバー Tom Watson
日本航空株式会社 代表取締役 植木 義晴
株式会社 アコーディア・ゴルフ 取締役 野中 貞徳
公益社団法人日本プロゴルフ協会 会長 倉本 昌弘

同大会の概要は、下記の通りです。

大会名称 JAPAN AIRLINES Championship
開催コース 成田ゴルフ倶楽部
スポンサー 日本航空株式会社
開催日時 2017年9月4日から10日の週
参加選手 ツアーメンバー60名と日本人選手8名の合計68名
賞金総額 250万ドル

 PGA TOUR チャンピオンズと日本航空(株)、更に(株)アコーディア・ゴルフの3者がタッグを組んだこの度の大会が、どの様な旋風を巻き起こすのか、未知数の部分はあるものの、大いなる話題を提供する事と思われます。

 尚、大会の本戦前2日間で300人規模のプロアマ大会も計画されており、そこへは将来性豊な日本のジュニア選手を招待し、PGA TOUR チャンピオンズ選手達との交流を深めたいとしております。

 リオ・オリンピック2016年女子ゴルフの優勝者は、韓国のInbee Park選手でした。優勝スコア16アンダーは、他の選手を寄せ付けない圧巻のスコアでした。

  • 金メダル Inbee Park(韓国)
  • 銀メダル Lydia Ko(ニュージーランド)
  • 銅メダル Shanshan Feng(中国)

 結果は上記の通りでしたが、日本の野村敏京選手も最終日は、6アンダーというスコアで多いに日本のファンを沸かせ4位タイへ入りました。

 メダルへは一歩届かずと言う結果でしたが、世界で戦う野村選手のタフさが目立ち、2020年東京大会への期待を持たせてくれました。

選手 初日 2日目 3日目 4日目

優勝者

Inbee Park

-5

2位タイ

本日-5

2日間計-10

1位

本日-1

3日間計-11

1位

本日-5

4日間計-16

1位

野村 敏京

-2

11位タイ

本日-2

2日間計-4

17位

本日+1

3日間計-3

15位タイ

本日-6

4日間計-9

4位タイ

大山 志保

-1

19位タイ

本日0

2日間計-1

32位タイ

本日+6

3日間計+5

41位タイ

本日+3

4日間計+8

42位

 大山選手の戦いは、大変残念な結果になりましたが、その意気込みは国を代表する選手に、相応しいものだったと言えます。

 2016年リオオリンピックに於けるゴルフ競技優勝者は、イギリスのJustin Rose(ジャスティン・ローズ)選手で、スコアは16アンダーでした。

 Justin Rose選手は終始安定したラウンドで、2位のHenrik Stenson選手に2打差をつけての優勝でした。メダルを獲得した選手は、下記の通りです。

  • 金メダル Justin Rose_イギリス
  • 銀メダル Henrik Stenson_スウェーデン
  • 銅メダル Matt Kuchar_アメリカ

日本人選手の活躍は、下記一覧の通りでした。

選手 初日 2日目 3日目 4日目

優勝者

Justin Rose

-4

4位タイ

本日-2

2日間計-6

4位タイ

本日-6

3日間計-12

1位

本日-4

4日間計-16

1位

池田 勇太

+3

50位タイ

本日-2

2日間計+1

37位タイ

本日-2

3日間計-1

26位タイ

本日-2

4日間計-3

21位タイ

片山 晋呉

+3

50位タイ

本日+4

2日間計+7

58位タイ

本日+6

3日間計+13

59位タイ

本日-5

4日間計+8

54位タイ

池田選手は初日の出遅れに臆する事無く、2日目以降は着実にスコアを伸ばし、結果的には21位タイでした。

 片山選手は一時最下位へ落ちてしまい、モチベーションが上がらないなどの発言から、闘争心を失った競技の行く末に、不安視した日本人も多かったと思います。

 しかしながら同選手は、最終日に5アンダーをマークし、54位にて終戦しました。

JIYAI%20SHIN_ThreeBond2016.jpg 2016年7月20日と21日の2日間、千葉県のグレートアイランド倶楽部に於いて、『申ジエ&スリーボンドジュニアトーナメント』が開催されました。

 初日は天候に恵まれ参加者53名中14名が、アンダーパーでラウンドしました。2日目はあいにくの雨でしたが、10選手が2日間合計でアンダーパーでまわってきました。

 結果は下記の通りです。 (敬称略)

  • 高校生                                                                                                                              男子部優勝:井上 達希(70、72)                                                                                                                 女子部優勝:工藤 優海(68、73)
  • 中学生                                                                                                                                男子部優勝:川畑 京太郎(76、71)                                                                                                             女子部優勝:池羽 陽向(69、73)
  • 小学生                                                                                                                                男子部優勝:本 大志 (70、67)                                                                                                                 女子部優勝:川畑 優菜(74、67)

 本大会各部門の優勝者は、今年11月に行われる韓国大会の上位者6名と、日韓交流戦を行う事になります。交流戦は今年の12月に、日本で開催される予定です。

 尚、高校生女子の部で優勝した工藤優海さんは、今年11月に同コースで行われるLPGAツアーの『伊藤園レディス』 ・マンデートーナメントへ、出場資格を獲得しました。

 2016年7月21日から7月24日までの4日間、スコットランドのCarnoustie Golf Links(7,345ヤード_パー72)に於いて戦われた、2016年全英シニアオープンゴルフ選手権優勝者は、イングランドのポール ブロードハースト選手で優勝スコアは11アンダーでした。

 同選手は初日73位タイ、2日目15位タイ、3日目2位タイと順調に順位を伸ばし、最終日もスコアを崩す選手が多い中で、4アンダーと安定した内容でラウンドし、2位のスコット マキャロン選手へ2打差を付けて優勝しました。

 日本から参戦した6選手の中で決勝へ進出したのは、井戸木鴻樹、崎山武志の2選手でしたが、残念ながら下記の4選手は、予選落ちとなってしまいました。

  • 室田 淳
  • 友利 勝良
  • 大井手 哲
  • 須貝 昇

 井戸木鴻樹選手は大会2日目に、アメリカのジョー デュラント選手と共に首位タイとなり、シニアメジャー2勝目も有り得るのでは、とおおいに期待を持たせてくれましたが、残念ながら結果はトータル3オーバーの30位タイでした。

 又崎山武志選手は、トータル13オーバーの69位でした。

申ジエ&スリーボンドJRトーナメント2016年.jpg 2016年7月20日と21日の2日間、千葉県のグレートアイランド倶楽部に於いて、『申ジエ&スリーボンドジュニアトーナメント』が開催されます。

 主催は(株)スリーボンドと、日韓親善ジュニアゴルファー育成基金です。

 これは申ジエ選手の思いである(日本での社会貢献活動として、子供達の役に立ちたい)を形にするものです。

 具体的にはトーナメントを通じて、日韓ジュニアゴルファーの健全な人格形成の場にする事を目指しています。

 ☆ 参加者の概要は、下記の通りです。

  1. 小学5・6年生男子の部/女子の部  各16名
  2. 中学生男子の部/女子の部      各16名
  3. 高校生男子の部/女子の部      各24名
  4. 料金10,000円/エントリーフィ5,400円
  5. 練習ラウンド等で利用規約やマナーを厳守出来ない時は、出場を断るとの事です。

 日本に於いては今年初開催となりますが、昨年2015年10月29日?30日には、韓国の光州CCで韓国の小・中・高の男女120名が集まり、第1回大会が開催されております。

 日本ゴルフジャーナリスト協会(以下JGJA)では、2016年7月4日(月)に『五輪でメダルは獲れるのか?』と題して、第4回タウンミーティングを開催致します。

 パネルディスカッション形式ですが、参加された聴衆の方からの熱い意見も期待しており、一体感を醸成したいとしております。

 当日のパネラーは、下記の皆様ですが、司会は小川朗氏(JGJA)が務めます。

  1. 鈴木 大地 氏_(特別スピーチ)・初代スポーツ庁長官
  2. 大宅 映子 氏_評論家・公益財団法人大宅壮一文庫理事長
  3. 金 愛淑  氏_プロゴルファー
  4. 永田 圭司 氏_公益財団法人 日本ゴルフ協会
  5. 野間 義之 氏_早稲田大学スポーツ科学学術院教授

 当日の開催場所は、霞ヶ関ナレッジスクエア(〒100-0013_千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート 西館ショップ&レストラン3F TEL 03-3288-1921)ですが、会場は100名収容規模で、参加費3,000円(税込み)を要します。当日は15時45分受付、16時開始となります。

 お問合せは直接 JGJA(TEL 03-6273-2240)か、或いはタクト(株)_TEL 050-3821-6039まで。

 2016年3月10日?13日までの4日間、ニュージーランドのザ・ヒルズGCとミルブルックリゾートの2コースを舞台に戦われた「BMW ISPS ハンダ ニュージーランドオープン」は、20アンダーでオーストラリアのマシュー・グリフィン選手が優勝しました。

 日本から参戦の谷原秀人選手は、19アンダーとして惜しくも一打及ばず単独2位と成りました。谷原選手は初日5位タイ、二日目は首位タイ、三日目は単独首位として最終日を迎えました。最終日の優勝争いは、谷原選手とグリフィン選手によるマッチプレーの様相を呈し、その行方を固唾を呑んで見守るほど緊迫した試合でした。

 谷原選手は優勝目前まで駒を進めていたのですが、18番ホールが勝負の分かれ目となってしまいました。谷原選手がボギーとしたのに対して、グリフィン選手はバーディとして決着がついたのです。

 今大会はプロとアマが、一緒にラウンドする形式でした。谷原選手は好調さを維持している理由として、同大会主催者にも成っているスポンサー会長と一緒にラウンド出来、リラックスしている事をあげておりました。

 本大会への日本人選手は15名が参戦し、7名が決勝ラウンドへ進出致しました。結果は下記の通りです。

  • 谷原秀人  2位
  • 薗田峻輔  3位タイ
  • 藤本佳則  5位
  • 永野竜太郎 16位タイ
  • 宮里優作  40位タイ
  • 片岡大育  48位タイ
  • 太田直己  54位タイ

武藤俊憲、貞方章男、塩見好輝、竹谷佳孝、伊藤誠道、川根隆史、小林伸太郎、富村真治の8選手が予選落ちとなってしまいました。

 オーストラリア、韓国、ヨーロッパ、日本の世界4大ツアーの代表選手によるチーム対抗戦であるザ・クイーンズは、選手と関係者の親睦を図り、女子ゴルフの価値を高める事を目的として、今年より開催されました。

 主催は(株)毎日放送、特別協賛は興和(株)で、三好カントリー倶楽部・西コースを舞台にして2015年12月4日より6日までの3日間、熱い女子の戦いが展開されました。

 優勝したのは日本チームで賞金4,500万円を獲得しました。2位は韓国チームで2,700万円、3位ヨーロッツパチームで1,800万円、4位オーストラリアチームで900万円という順位と獲得賞金となりました。

 ちなみに日本チームの選手は下記の9選手ですが、上田選手を中心にまとまりが良く、上田ジャパンとも言われました。

  1. 菊地 絵理香
  2. 上田 桃子
  3. 渡邉 彩香
  4. 成田 美寿々
  5. 飯島 茜
  6. 大山 志保
  7. 原 江里菜
  8. 酒井 美紀
  9. 笠 りつ子

 本大会は今年より継続して毎年開催される予定であり、開催国はホスト国である日本です。開催時期としては、来年も今年同様に成るとの事です。

 昨日2015年9月1日(株)毎日放送は、東京銀座のコートヤード・マリオット銀座東武ホテルに於いて、女子プロゴルフ ワールドツアーTHE QUEENS presnted by KOWA(略称:ザ・クイーンズ)の主催者記者発表を行いました。

 当日の出席者は、(株)毎日放送 スポーツ局長 山田尚良氏、同じくスポーツ局スポーツ事業部長 塩崎雅弘氏、一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会 小林浩美会長、同じく副会長の鈴木美重子氏の4名です。

 これは昨年12月に女子プロゴルフ ワールドシリーズ ツアー対抗クイーンズカップ(仮称)として、大会開催を発表しておりましたが、今般その概要が明らかに成ったものです。

☆ 大会実施要項

  • 名称   THE QUEENS presnted by KOWA
  • 主催   株式会社 毎日放送
  • 特別後援 オーストラリア女子プロゴルフ協会(ALPG)
  • 特別後援 韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)
  • 特別後援 ヨーロッパ女子プロゴルフツアー(LET)
  • 特別後援 日本女子プロゴルフ協会(LPGA of japan)
  • 特別協賛 興和株式会社
  • 企画運営 ダンロップスポーツエンタープライズ
  • 開催場所 三好カントリー倶楽部・西コース
  • 開催日時 12月4日?6日
  • 競技方法 第1ラウンド フォアボール マッチプレー
  • 競技方法 第2ラウンド フォアサム マッチプレー
  • 競技方法 第3ラウンド シングルス マッチプレー
  • 賞金総額 1億円
  • 出場資格 各ツアー代表選手9名

 今回の大会コンセプトは、オーストラリア、韓国、ヨーロッパ、日本を世界4大ツアーと位置付けて、その代表選手によるチーム対抗戦を行い、選手や関係者が親睦を深めようとするものです。又この戦いを通じて、スポーツ界に於ける女子ゴルフの価値を、高め様とするものです。

 ライダーカップやソルハイムカップ同様に各団体と選手が、自らのツアーと国の威信をかけて戦う競技が今大会と言えます。

 2015年5月14日(木)から17日(日)までの4日間、埼玉県の太平洋クラブ江南コースに於いて、「第83回 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」 略して 『日本プロ日清カップ』 が開催されます。

 同大会に於いては様々な企画が用意されている中で、注目すべきは大会3日目(16日)の16番ホールピン位置を、WEBを通じてゴルフファンに決めてもらう、と言うものです。WEBのURLは、< http://news.golfdigest.co.jp/tournament/ore16/ >から確認出来ます。

 ピン位置はあらかじめPGAトーナメントデイレクターにより、A?Dの4ヵ所が設定されており、その中から相応しいと思われる位置を選択し、最も得票の多かった位置が採用されるとの事です。

 この企画は公益社団法人日本プロゴルフ協会と(株)ゴルフダイジェスト・オンライン(以下GDO)によるコラボ企画であり、応募にあたってはGDO会員登録(無料)が必要としております。

 当大会の実施要項は下記の通りです。

  • 主催 公益社団法人日本プロゴルフ協会
  • 協賛 (株)太平洋クラブ
  • 後援 文部科学省、埼玉県、熊谷市、深谷市、熊谷市教育委員会
  • 後援 熊谷商工会議所、くまがや市商工会、くまがや農業協同組合
  • 後援 日本テレビ放送網(株)、読売新聞社、報知新聞社
  • 協力 一般社団法人日本ゴルフ用品協会、日本ゴルフ写真家協会
  • 会場 太平洋クラブ江南コース
  • 賞金 総額150,000,000円  優勝30,000,000円

  • 特別協賛 日清食品ホールディングス(株)
  • 運営協力 (株)ダンロップスポーツエンタープライズ
  • 出場人数 144名

 尚、放送は日本テレビをキーステーションにして地上波は、5月16日、17日の2日間、そしてBS日テレでは深夜枠で2日間、CS放送は4日間1番ホールと9番ホールを生中継します。

メジャー第1戦、熱い戦いが展開される事と思います。

Hitachi 3Tours Championship 2014チャリティ金寄贈

  • 投稿日:
  • by

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)、日本プロゴルフ協会(PGA)、日本女子プロゴルフ協会(LPGA) が共催し、日立グループの特別協賛を受けて、千葉県の平川カントリークラブに於いて2014年12月14日に開催された『 Hitachi 3Tours Championship 2014 』は、(日本のツアーに参加する選手による積極的な社会貢献を促し、ゴルフと言うスポーツを通じて世の中にチャリティ貢献して行くことを目的)とした大会でした。

 そしてこの度上記3団体は、上記大会に於けるチャリティ金額及びチャリティ寄贈先を、2015年3月16日に明らかにしております。このチャリティ金は、大会からのチャリティ、入場料収入、出場選手が獲得した賞金の20%を合計して、拠出されております。

 チャリティ金額と寄贈先は下記の通りです。

  • 5,400,000円 NPO法人日本ジュニアゴルファー育成協議会
  • 4,202,699円 認定NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク
  • 4,202,699円 社会福祉法人 中央共同募金会、全国社会福祉協議会
  • 1,080,000円 『いわての学び希望基金』(岩手県)
  • 1,080,000円 『東日本大震災みやぎこども育英募金』(宮城県)
  • 1,080,000円 『東日本大震災ふくしまこども寄付金』(福島県)

 既にPGAは2015年2月5日に東日本大震災ふくしまこども寄付金として、倉本昌弘会長が福島こども支援担当理事の小林武正氏へ、税抜き100万円を贈呈しております。

 又、2月18日には東日本大震災みやぎこども育英募金として、LPGAを代表して酒井美紀氏が宮城県副知事の三浦秀一氏へ、税抜き100万円を贈呈しております。

 更に3月5日にはいわての学び希望基金として、JGTOを代表して池田勇太氏が岩手県東京事務所長の木村卓也氏へ、税抜き100万円を贈呈しております。

 各ゴルフツアー団体は、今後も永続的にチャリティ活動を継続して行くとしております。この様な活動を通じてスポーツ・ゴルフの社会的存在価値を高めて、更に振興させて行きたいとしております。

 第44回千葉オープンゴルフトーナメントの概要が、先日明らかに成りました。

 大会直前の2015年4月7日に(2015千葉オープンゴルフトーナメントオープンクオリファイ)が開催され、ここでの上位8名が本大会へ進出する事に成りますので、本オープン出場者はプロ80名、アマチュア82名の合計162名と言う事に成ります。

大会概要は下記の通りです。

  • 主催 千葉日報社http://www.chibanippo.co.jp/
  • 後援 成田市、栄町、千葉県アマチュアゴルフ協会
  • 後援 千葉県ゴルフ協会、千葉県ゴルフ場支配人会
  • 後援 千葉県プロゴルフ会、成田ヒルズカントリークラブ
  • 後援 山田ゴルフ倶楽部、千葉テレビ放送、ベイエフエム
  • 予選 2015年4月10日(金曜日)
  • 決勝 2015年4月11日(土曜日)

  • 特別協賛 ゴルフパートナー
  • 開催場所 成田ヒルズカントリークラブ
  • 賞金総額 1,000万円(予定)
  • 優勝賞金 250万円(予定)

 今年の会場は成田ヒルズカントリークラブ。同ゴルフ場は2013年6月より新しい経営陣と成り、又2013年8月より1年間かけてコース改造を行ってきております。

 同ゴルフ場ではグリーンの芝種に、国内初のメモリアルを採用しております。いわゆる第四世代の寒地用ベントグラスですが、当然酷暑向きとも言われております。NTEPでの2006年評価では、3番目にランクされております。

 この度の大会では、このメモリアルの本格的なテストともなり、プロやトップアマチュアからどの様な評価が下されるのか、大いに注目される点だと言えます。

 2015年3月9日明らかにされた出場プロは、下記の通りです。紙面の関係から主だった選手を、独断で列記致しました。

  1. 木村友栄
  2. 飯島宏明
  3. 小林正則
  4. 津曲泰弦
  5. 高橋竜彦
  6. 芹沢大介
  7. すし石垣
  8. 平井宏昌
  9. 丸山大輔
  10. 原口鉄也
  11. 篠崎紀夫
  12. ハン リー
  13. 室田 淳
  14. 小山内護
  15. 宮瀬博文
  16. 尾崎直道
  17. 片山晋呉
  18. 増田信洋   以上 順不同

 昨年は初日トップと成った篠崎紀夫選手を、決勝日にバックナインで逆転したハン リー選手の活躍は、見る者を大いに感動させました。今年も又、熱き戦いが展開される事と思います。

尚、本大会開場と成る成田ヒルズカントリークラブの概略は、下記のURLよりご確認頂けます。http://www.hanzo.co.jp/memberC1_2008031610034000.html

 来る3月20日から佐賀県武雄市の若木ゴルフ倶楽部で開催されるTポイントレディス ゴルフトーナメントは、LPGAツアーでは初となる地上波放送、BS放送、CS放送、インターネットLIVE中継全てで生放送されます。

 特にCS放送とインターネットLIVE放送は、スタートから最終組のホールアウトまで、見る事が出来るのです。さかのぼる事2年前から、本大会はインターネットLIVE中継を実施して来ており、この度は従来以上の120万アクセスを、目指しているとの事です。

各放送内容は、下記の通りです。

  • テレビ朝日系列全国24局ネット
  • 3月22日(日曜日・最終日)/13:55から15:20 LIVE

  • BS朝日
  • 3月20日(金曜日)/13:00から15:26 LIVE
  • 3月21日(土曜日)/13:00から15:55 LIVE
  • 3月22日(日曜日)/13:00から13:55 、 15:20から16:20 LIVE

  • スカイ・A
  • 3月21日(土曜日)/8:00から12:55 LIVE
  • 3月22日(日曜日)/8:00から13:00 LIVE

  • ゴルフネットワーク
  • 3月21日(土曜日)/20:00から21:00
  • 3月22日(日曜日)/21:30から23:00

  • インターネットLIVE中継
  • http://www.tpointladies.tv/
  • PC(Windows、Macintosh)/スマートフォン・タブレット
  • 3月20日(金曜日)/8:00から16:00 最終組ホールアウトまで延長有
  • 3月21日(土曜日)/8:00から16:00 最終組ホールアウトまで延長有
  • 3月22日(日曜日)/8:00から16:00 表彰式終了まで延長有
  • 全18ホールをカバーして中継、ドライビング練習場とパッティング練習場の中継も実施予定
  • プロトレーサーによる弾道解析と飛距離分析を実施

 ゴルフに於ける今日までのTV放送の多くが、録画放送で有り、見慣れてしまうと録画編集手法も見抜けてしまい、優勝選手が誰になるのかは、うすうす解かってしまっていました。下手なミステリー小説、ドラマより更に味気無いものになっていた、と言っても過言では無いものでした。

 この事はゴルフ関係者のみならず、多くの方々より指摘されていたものでした。その様な録画放送で視聴率が上がらない、上がらないからスポンサーがつかない、スターがいない、などと言われ続けて来たのですが、この度のLIVE中継は画期的で有り、この姿勢が今後多くのファンを取り戻す要因になるものと思われます。

 TVは時間切れで、良いんですよ。

 TVの生放送で時間切れに成れば、その余韻はインターネットのLIVE中継が、カバーしてくれます。生放送から呼び起される興奮度、これがスポーツの本質を視聴者へ伝える、大事な要素で有る様に思われます。本大会の主催者である(株)Tポイント・ジャパンは、言っています。スポーツの持つ本質は、人の心を動かす事で有ると。

 (株)平和とPGMホールディングス(株)の共同主催にて開催される、今秋のJGTOツアー・(HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦)へ、PGMグループ会員が出場参加出来る可能性が到来致しました。出場出来る部門は2つ有り、1つはプロアマ戦で更にもう1つは本戦です。

 プロアマ戦へは、6名が参加出来ます。北海道地区、東北地区、関東地区、関西地区、中国四国地区、九州地区の各地区より1名が選出され、合計6名が本戦前段のプロアマ戦へ出場出来るのです。

北海道地区 7月15日 新千歳カントリークラブ
東北地区 7月18日 利府ゴルフ倶楽部
関東地区 8月27日 プレステージカントリークラブ
関西地区 9月11日 大宝塚ゴルフクラブ
中四国地区 9月26日 たけべの森ゴルフ倶楽部
九州地区 9月05日 若木ゴルフ倶楽部

 参加資格はPGMグループ保有ゴルフ場のアマチュア資格を有する会員で、各会場に於いて60名から100名までのエントリーを受け付けるとしております。競技方法は新ペリア方式による抽選で、決定するとの事です。出場に関する費用は、エントリーフィの7,350円とプレー代金です。

 尚、賞品に付いては笠りつ子プロ、岡村咲プロとのラウンド券、更には内藤雄士ツアープロコーチによるレッスンなども、現在検討中との事です。

 ツアー本戦への出場は7月31日に岡部チサンカントリークラブで行われる予選を勝ち抜いた1名と、8月6日にライオンズカントリー倶楽部での予選を勝ち抜いた1名の合計2名です。

 参加資格はPGMグループ保有ゴルフ場のアマチュア資格を有する男性会員で、各会場に於けるエントリー人数は100名です。参加費用はエントリーフイの3,150円と当日のプレー代金です。

 競技方法はスクラッチで行われます。

 是非この2名の方々には、2013年11月7日から開始される本戦の予選を突破して頂いて、決勝ラウンドへ進出して頂きたいものだと思います。PGMグループゴルフ場の会員の方には、非常に楽しみなイベントが開始されたと言えます。

 お問い合わせ先はPGM感謝祭大会事務局TEL 03-6408-8520まで。