タグ「ゴルフ関連団体」が付けられているもの

 ミュアフィールド・リンクスをホームコースとするスコットランド最古のゴルフ倶楽部であるジ・オナラブル・カンパニー・オブ・エディンバラ・ゴルファーズ(以下オナラブル・カンパニー)は、2017年3月14日女性会員受け入れを、賛成多数にて承認しました。全621票中498票が賛成にまわり、反対票は123票でしたので、約8割賛成約2割反対と言う事になります。

 昨年2016年に行われた女性会員受け入れに関する投票では、64%の会員が賛成するも、規定変更の為の三分の二には達しておりませんでした。これを受けて全英オープン開催コースのローテーションから、ミュアフィールド・リンクスは除外されておりました。

 オナラブル・カンパニーは1744年の設立ですから、約270年以上に渡り会員を男性に限るとして来たのですが、ここで大きく舵を切る事になったと言えます。この様な流れを予想させる充分な材料は、振り返る事3年前の2014年に有りました。セント・アンドリュースをホームコースとするロイヤル&エインシェント・ゴルフクラブ・オブ・セント・アンドリュース(通称R&A)は、この年女性へ門戸を開放しております。

 伝統有る名門クラブでの女性受け入れは、今や世界の潮流になりつつあると言えます。

 尚、オナラブル・カンパニーは設立に当たり、ルール13ヶ条を制定しておりますが、これが現ゴルフルールの基礎であり、遅れる事10年後に設立されたR&Aは、これを模倣して始まったと言うのが現在定説です。

 一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会(以下NGK)は、2017年3月6日非課税者のゴルフ場利用実態を、2015年と2016年の比較として明らかにしました。NGKによれば現時点で速報値との事ですが、ここではこの速報値を基に、関東のゴルフ会員権業者が主にカバーしている、1都10県の状況を見ておきたいと思います。

 ここで注意して行きたいのは、NGKでは暦年比較をしている事であり、ここでの数字は3月から翌年2月までの利用行為に係る数字である事です。

県別 2015年 2016年 対前年増減数 増減率%
福島県 206,781 223,663 16,882 8.2
茨城県 856,801 898,674 41,873 4.9
栃木県 771,842 829,390 57,548 7.5
群馬県 540,704 557,980 17,276 3.2
埼玉県 798,019 814,135 16,116 2.0
千葉県 1,285,609 1,329,211 43,602 3.4
東京都 262,263 266,450 4,187 1.6
神奈川 717,502 722,728 5,226 0.7
山梨県 262,805 272,148 9,343 3.6
長野県 357,036 369,371 12,335 3.5
静岡県 715,173 743,252 28,079 3.9
合計 6,774,535 7,027,002 252,467 3.7

 上記資料を見て明らかな様に、70歳以上の非課税利用者数は、2015年よりも平均3.7%ほど2016年の実績として、増加している事が理解出来ます。この現象は2004年より今日まで継続しており、ゴルフ人口減少に対する大きな抑止力となっております。

 健康寿命が長くなり、そして元気な70歳以上の方々に支えられているゴルフ業界ですが、何時までこの傾向が続くものなのか不安は常に有ります。多少健康に不安が有るものの、その様な方でもゴルフを継続出来るシステムづくりは不可欠で有り、国民的スポーツとして行く為には、20代後半からの若者と女性の参入は必要不可欠な課題だと言えます。

『リクルート CUP 2017 団体戦』受付中

  • 投稿日:
  • by

 第16回RELO CLUB 全日本企業対抗ゴルフトーナメント『リクルート CUP 2017 団体戦』の受付が、2017年2月1日より開始されており、順調なすべり出しとなっております。定員になり次第締め切るとの事ですので、我々こそはと思われる団体は、是非大会事務局(TEL 03-4588-6301)まで、お問い合わせ下さい。

 当該大会は企業を基本とした団体戦で有り、今年16回目を迎える事になりました。開始年の2002年から2013年までは『ウェルフェアカップ』として、2014年からは(株)リクルートスタイルの特別協賛により、『じゃらんゴルフカップ』として開催されて来ました。今年から名称は『リクルート CUP』へ変更されております。

 予選会は、今年6月24日(土)の九州Aブロックを皮切りに、26開場にて行われます。その後全国5地区で地区決勝が行われ、全国大会の決勝は11月18日(土)静岡県の浜松シーサイドゴルフクラブで行われます。北陸Bと北海道ブロックを勝ち上がった団体は、地区決勝を経ず、全国大会へ進出する事が出来ます。各予選会場は、下記の通りです。

北陸B 8月5日(土) 呉羽カントリークラブ
北海道 9月30日(土) 樽前カントリークラブ
北関東A 6月25日(日) 那須国際カントリークラブ
北関東B 7月22日(土) 取手国際ゴルフ倶楽部
北関東C 8月19日(土) 軽井沢72ゴルフ
東北 8月26日(土) 泉パークタウンゴルフ倶楽部
北関東D 9月9日(土) 石岡ゴルフ倶楽部
圏央A 7月29日(土) 日本カントリークラブ
圏央B 8月13日(日) 森林公園ゴルフ倶楽部
圏央C 9月3日(日) 小田急藤沢ゴルフクラブ
圏央D 9月13日(水) 鶴舞カントリー倶楽部
南関東A 7月1日(土) 富士OGMGC市原コース
南関東D 7月17日(祝) よみうりゴルフ倶楽部
南関東B 8月13日(日) 山武グリーンカントリー倶楽部
南関東C 9月9日(土) 東千葉カントリークラブ
近畿A 6月28日(水) 万壽ゴルフクラブ
近畿B 7月1日(土) 城陽カントリー倶楽部
北陸A 7月8日(土) 越前カントリークラブ
近畿D 7月8日(土) 福崎東洋ゴルフ倶楽部
近畿C 7月17日(祝) 吉川カントリー倶楽部
中部 8月5日(土) 南山カントリークラブ
九州A 6月24日(土) 麻生飯塚ゴルフ倶楽部
九州B 7月22日(土) ザ・クイーンズヒルGC
九州C 7月29日(土) くまもと中央カントリークラブ
九州D 8月19日(土) 浮羽カントリークラブ
中国 8月26日(土) 宇部72カントリークラブ

 関東ゴルフ連盟(以下KGA)は、2017年4月3日に一般社団法人へ移行する事になりました。これは2017年2月20日(月)に開催された第69回通常総会に於いて、承認可決された議案で有り、法人設立時の代表理事へは現理事長の高橋正孝氏が選任されました。

 当該組織は2017年1月25日現在、1都10県にまたがり509倶楽部の正会員を擁しており、今後2020年には東京五輪開催を控え、公明正大な組織へ更なる深化を図る事はとても大切であり、それを追及して行くと共に内外へアピールしていく事が、この度の趣旨で有り目的だとしております。

 一般社団法人設立に関しては、2008年12月1日に「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」が施行され、従来の許可主義から準則主義へ変更しております。現在では定款の作成と、登記によって成立するのです。この事からKGAが4月3日、一般社団法人へ移行するに当たり、スムースに手続きが進んで行く事と思われます。

 ちなみにKGAは社交団体『日本ゴルファース倶楽部』を基盤として、関東八倶楽部(藤沢、東京、霞ヶ関、我孫子、鷹之台、相模、程ヶ谷、小金井)により、1935年3月18日創立されております。その目的は、ゴルフの普及発展で有り、ゴルフを通じての社会及び国際貢献です。

  • 名称  関東ゴルフ連盟
  • 所在地 東京都中央区銀座8-18-11 銀座SCビル4F
  • 連絡先 TEL 03-6278-0005 / FAX 03-6278-0008
  • 代表者 高橋正孝

第5回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者発表

  • 投稿日:
  • by

第5回日本ゴルフ殿堂_2.jpg 2017年2月8日一般社団法人日本プロゴルフ殿堂(理事長_松井功)は、都内会場にて第5回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者を、発表致しました。                                                                                                                     記者会見上の出席者は、1.理事長・松井功、2.副理事長・倉本昌弘、3.副理事長・小林浩美、4.評議員・佐々木孝悦の4氏でした。

殿堂入り顕彰者は、下記の皆さんです。                                                                                                                        1、レジェンド部門_陳 清水(ちん・せいすい)__1910年1月25日から1994年1月8日                                                                                                                     2、レジェンド部門_河野高明(こうの・たかあき)_1940年1月4日から2010年4月22日                                                                                                                                     3、レジェンド部門_清元登子(きよもと・たかこ)_1939年6月15日生まれ、77歳                                                                                                               4、プレーヤー部門_島田幸作(しまだ・こうさく)_1944年5月7日から2008年11月3日                                                                                                              5、プレーヤー部門_村上 隆(むらかみ・たかし)_1944年5月25日生まれ、72歳                                                                                                                          6、プレーヤー部門_涂 阿玉(と・あぎょく)___1954年9月29日生まれ、62歳

 レジェンド部門とは主に1972年以前の男子ツアー制度施行前、そしてプレーヤー部門とはそれ以降に活躍した、或いは功績を残した男女プレーヤーを表彰するカテゴリーです。

 この度選出された6名のプレーヤーは、その活躍や功績を詳細に記すのであれば、6冊の書籍が出来上がるほど、内容は豊富でドラマチックだと言えます。松井理事長はかつて若かりし頃、数度陳清水プロのプレーする姿を見た事が有るそうです。

 陳清水プロは台湾ゴルファーの草分け的存在で、1920年代後半日本に定住し、その後日本プロ2勝、日本オープン1勝、関東プロ3勝と、まさしく日本のトッププロへ上り詰めて行きました。トーナメントでの実績を残しながら、陳清波プロなど後進の育成にも尽力し、1973年日本に帰化しました。

 語りつくせぬ名プレーヤー達ですが、その顕彰式典は2017年3月24日のジャパンゴルフフェア会場である、パシフィコ横浜(TEL:045-221-2155)に於いて、13時30分より行われる予定との事です。

 東北ゴルフ連盟(以下TGA)へ加盟する、112コースの2016年度入場者数が、明らかになりました。その概要は下記の通りです。

倶楽部数 入場者数
青森県 11 273,880
秋田県 14 321,254
岩手県 19 452,152
宮城県 28 1,078,159
山形県 10 257,093
福島県 31 1,031,187
合計 112 3,413,725

 上記資料はTGA発表のものであり、資料上では合計数が合いませんが、これは宮城県で退会倶楽部が有った為です。TGAによれば前年度より、ゴルフ場数は2ヶ所減少しております。これはゴルフ場事業廃業によるものですが、その2コースは太陽光発電事業へ転換していったとの事です。

 全体的な入場者数は前年度とほぼ同数で有り、前年度が2コース多かった事を考慮するならば、各ゴルフ場がかなり善戦したと言えます。更にTGA傘下のゴルフ場は、冬季間少なくとも数か月降雪の関係から、クローズになるという要因も加味して評価する必要が有ります。

 前年度と比較して顕著な落ち込みが確認出来るのは、秋田県と岩手県ですが、人数にして約2万人で4%ほどと言えます。

(日本ゴルフ殿堂)設立される

  • 投稿日:
  • by

 2011年10月26日に日本プロゴルフ協会、日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフツアー機構は記者会見を開き、(日本ゴルフ殿堂)が設立された事を発表しました。

 10月27日に報道機関各社が、スポーツ欄で取り上げた事もあり、ゴルフアー以外の方にも広く知れ渡る事と成りました。同殿堂によれば、毎年数名の人物を表彰したいとの事で、来年の第一回表彰は、3月を予定しています。

☆ 選考基準は、下記の通りです。

  1. 表彰年度において満45歳以上(ただしLPGAは単年登録者として10年以上在籍)
  2. PGA会員、LPGA会員、JGTO会員として在籍10年以上
  3. 1及び3の資格者で、ツアー年間賞金ランキング一位
  4. 日本プロ、日本オープン、ツアー選手権5勝以上
  5. 日本女子プロ、日本女子オープン5勝以上
  6. 世界ゴルフ殿堂入りした者
  7. 理事会において功績があると認めた者(物故者を含む)

又同活動を維持していく為の、支援会員を広く募集しております。

 共通会員制コースの太平洋クラブは、そのクラブの性格からしてJGA傘下の各連盟に、多くのコースが加盟出来ずにいました。

 東日本エリアでは、白河コースが東北ゴルフ連盟に加盟しており、佐野ヒルクレストコースは太平洋クラブ傘下のゴルフ場になる以前より、加盟しており今日に至っておりました。しかしながらそれは、太平洋クラブのコースの中では、稀有な存在でした。

 この度、太平洋クラブとしてはメインコースの御殿場コースと、御殿場ウエストコースが36ホール換算にて、2011年4月14日に晴れて関東ゴルフ連盟(KGA)へ加盟しました。

 この加盟により、太平洋クラブの会員はクラブ経由で、JGAのハンディキャップを取得する事が可能となり、又、KGA主催の公式競技へ参加する道が開けてきたのです。

 2010年11月16日に超党派の衆参両議員による「スポーツゴルフ確立のための議員連盟」が、発足致しました。

 これはゴルフがスポーツとしての地位を世界的に確立した今日、日本に於ける特殊事情を整理して国民生活に定着させていく事が重要との認識から、先ず一番に1.ゴルフ利用税を廃止させていく 2.国家公務員論理規定より(ゴルフ)を削除させる、と言う課題に取り組んでいく議員集団です。

 議員連盟の構成としては、民主党、自民党を筆頭に各8党の議員が名を連ねており、山岡賢次議員を会長に衛藤征士郎議員が名誉会長という役員内容で、16日時点で71名の議員を擁する集団となりました。目標は150名との事です。

 今年の7月より9月末にかけて日本ゴルフ関連団体協議会を中心として展開された、ゴルフ利用税撤廃へ向けた署名活動は、138万名もの署名を獲得する事が出来ました。この様な活動の成果を、更に議員連盟の活動へ活かしていくとしております。

 2016年オリンピックよりゴルフが正式種目として採用されるなか、国を挙げての取り組みが、我が国において遅れている事は否めません。韓国は日本の予算の5倍、更に中国においては10倍の国家予算をオリンピックに向けて組んでいる様です。

 オリンピックへ向けて将来選出されるであろう日本選手に対し、国内の環境整備なくして、多くを期待する事自体が無謀です。議員連盟の活動を、見守りたいと思います。

 静岡県の東富士カントリークラブは、2010年1月14日にKGAより入会承認がおりました。

 同クラブは、発足以来JGA及びKGAへ入会する事無く、今日に至っておりました。理由としては三菱グループの法人を中心とした、クラブ組織と言う性格上からでした。

 しかしながら今後は個人会員へも対応出来るクラブ運営へと舵を切る為の、体制整備の一貫であったと、この度の加盟は言えるのでは無いでしょうか。既に昨年秋には300ヤード18打席の練習場も、完成させております。

当該ゴルフ場の概略は、下記のURLよりご確認頂けます。                                                                               http://www.hanzo.co.jp/memberC1_2008053115522006.html

 3月10日「一般社団・財団法人法」、「公益法人認定法」、「関係法律整備法」の3法案が、今国会に上程されました。現在の政治勢力を考えた場合、成立するであろう事は確実であります。

 これらの法案の内容は公益性の乏しい法人を淘汰すると言うものであり、税の優遇措置が無くなります。この法案をめぐり槍玉に上がっているのが、社団・財団のゴルフ場だと言えます。

 一般企業並みになった場合の社・財団ゴルフ場にとり活路を見出す事は、生易しい事では有りません。今後の成り行きが注目されます。