タグ「ゴルフ場の法的整理及び売買」が付けられているもの

logo_tate20170425.jpg PGMホールディングス株式会社(以下PGMH)は2017年4月25日、連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ株式会社(以下PGP)が、千葉県のエンゼルカントリークラブ(以下エンゼルCC)を保有・経営する富津田倉ゴルフ(株)の全株式を、森永製菓(株)より取得する契約を締結したとして、広報を通じて明らかにしました。

 エンゼルCCの現経営会社である森永製菓株式会社(東京都港区芝_代表取締役・新井徹)と、現運営会社である森永エンゼルカントリー株式会社(千葉県富津市_代表取締役・赤石昌義)は、吸収分割の手法をもって当該ゴルフ場事業を富津田倉ゴルフ(株)へ承継させ、PGPはその全株式を取得する事に成ります。

 森永製菓(株)は本吸収分割の予定日を6月9日、その効力発生予定日を7月1日としておりますが、その受け皿となる富津田倉ゴルフ株式会社(代表取締役_高橋正明)は、既に2017年3月1日千葉県富津市田倉865番地1に於いて、資本金100万円をもって設立されております。

 株式譲渡日は2017年7月3日を予定しており、以降PGMHのゴルフ場運営子会社であるパシフィックゴルフマネージメント(株)による運営となりますが、この動きに合わせてゴルフ場名称は変更される予定です。現在エンゼルカントリークラブには正会員800名弱と、平日会員200名強の合計約1,000名の会員が在籍しております。PGMグループでは、会員とその預託金に付いては、現状のままで承継するとしております。

 PGMグループでは既にこのエリアに於いて総丘カントリー倶楽部を運営しており、営業面で大きな成果を上げております。今後はエンゼルCCとのスケールメリットを活かした管理運営並びに、集客面では相乗効果も発揮されるものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                                              エンゼルカントリークラブ

 静岡県の日本平ゴルフクラブは、2017年3月31日をもって閉鎖しましたが、当該ゴルフ場は引き続き静岡県に本社機能を置く鈴与グループが、経営に当たる事になりました。ゴルフ場施設の経年劣化などから、4月以降3ヶ月ほどクローズにして、リニューアル工事を行う様です。

 旧経営会社である(株)日本平ゴルフ場は、会員制組織の日本平ゴルフクラブ会員へ、預託金を全額返金しクラブを解散しております。この事から新経営会社は旧会員を継承する事無く、リニューアルオープン後もパブリックにて営業する方針の様です。

 旧経営会社は当該ゴルフ場より撤退するに当たり、ゴルフ場として引き続き運営してもらえる企業探しを、昨年2016年夏より行ってきておりましたが、静岡県の名門企業である鈴与グループと譲渡契約の締結に至ったのは3月21日の事でした。この度の結果は旧経営会社が積極的に鈴与グループへ、アプローチして来た事によるものです。

 当該ゴルフ場用地は100%自社地であり、この度の経営会社交代は、土地の売買をもって行われた様です。今後鈴与グループではゴルフ場名の問題や、或いは具体的な新経営会社の問題など詰めていく課題が多く、現段階で公式発表は考えていないとの事です。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                          日本平ゴルフクラブ

 山梨県の花咲カントリー倶楽部を経営しております(株)花咲カントリー倶楽部は、2017年3月10日甲府地裁へ民事再生法の適用を申請しました。

 申請代理人は服部弘志弁護士(シティ法律事務所_東京都港区虎ノ門1-1-28_TEL 03-3580-0123)、監督委員は柴山聡弁護士(丸山公夫法律事務所_山梨県甲府市中央1-8-6_TEL 055-235-1731)が選任されました。

 当該ゴルフ場は開場以来一時的に好況時が有ったものの、近隣ゴルフ場との価格競争やゴルフ市場が縮小して行く中で、苦境に立たされてきておりました。この様な中で2016年9月1日会員の預託金返還請求日が到来した事が、この度の法的整理へ至った引き金になったと言えます。

 負債総額は債権者約440名に対して約71億円と言われており、債権者説明会は3月16日山梨県のJA会館で行われる予定です。説明会はこの1回のみとしている様ですが、会員の預託金問題が解決されるならば、自主再建も不可能では無いと考えられております。

 尚、ゴルフ会員権の名義書換に付いては、停止せずに受け付ける様ですが、実態としては全くないのではと想定されております。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                            花咲カントリー倶楽部

 鹿児島県の知覧カントリークラブをかつて経営しておりました南国興産(株)は、2017年2月3日鹿児島地裁より、特別清算開始決定を受けました。帝国データバンクや商工リサーチなどの報道によりますと、負債総額は約79億円との事です。ゴルフ場の概略は、下記の通りです。

  • 知覧カントリークラブ
  • 〒897‐0302_鹿児島県南九州市知覧町郡8630
  • 18ホール_7,059ヤード
  • 1991年5月21日開場
  • TEL0993-83-4711 / FAX0993-83-4700

 南国興産(株)は当該ゴルフ場の経営を目的に、1986年12月16日に設立されたのですが、ゴルフ場開場当初より経営難に苦しんできました。その様な中で当該法人は、2016年12月1日会社分割により(株)南国リゾートを設立し、ゴルフ場事業を移管しておりました。

 当該ゴルフ場は(株)南国リゾートのもとで現在も営業されており、約800名の会員が在籍しており、会員は預託金のある会員資格との事です。

商号 南国興産(株)
本店 鹿児島市中央町18番地1
資本金 100万円
代表清算人 渡辺勝三

 岐阜県瑞浪市の東濃カントリー倶楽部を経営する東濃開発(株)は、2017年2月1日名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請しました。帝国データバンクによれば負債は、債権者約1,900名に対して、会員の預託金を中心に約32億円との事です。

  • 申請代理人_杦田勝彦弁護士
  • 石原総合法律事務所(名古屋市中区錦2-15-15/TEL052-204-1001)

  • 監督委員_服部一郎弁護士
  • 服部一郎法律事務所(名古屋市中区丸の内3-5-10/TEL052-990-6333)

 会員権の名義書換に付いては、現時点で停止にしていない為、受け付ける事は可能との事ですが、債権者確定途上の為にその手続きは、大幅に遅れるとしております。ちなみに名義変更料は、正会員が54万円(税込み)、平日会員が216,000円(税込み)です。

 この度上記手続きを経なければならなかった大きな要因は、来場者の減少及び客単価の下落からもたらされた、売り上げ減少との事です。

 岐阜県の下呂カントリークラブを経営する(株)下呂カントリークラブは、2017年1月17日東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日同地裁より開始決定が下りました。報道ベースでの負債額は、約13億円との事です。

 同ゴルフ場は故木下茂三郎氏が一代で築いた名古屋のキノシタグループ一員でしたが、2013年に同グループから切り離されたと言われておりました。事実、2013年11月1日代表者が木下茂氏より、齋藤博史氏へ交代しており、本店所在地も名古屋市千種区から東京大手町へ移転しておりました。

  • 申請代理人
  • 船橋茂紀弁護士(ノイエスト総合法律事務所_東京都千代田区丸の内1-5-1)
  • TEL 03-5219-5634

  • 監督委員
  • 北河隆之弁護士(メトロポリタン法律事務所_東京都新宿区新宿2-8-1)
  • TEL 03-3356-7618

  • 株式会社 下呂カントリークラブ
  • 東京都千代田区大手町一丁目7番2号
  • 1963年11月15日設立
  • 資本金_1,000万円
  • 代表取締役_齋藤博史

 ちなみにかつて上記ゴルフ場以外にキノシタグループと言われたゴルフ場は、1.中部国際ゴルフクラブ(岐阜県)、2.信州伊那国際ゴルフクラブ(長野県)、3.釧路空港ゴルフクラブ(北海道)などが有ります。

 群馬県の大間々カントリー倶楽部を経営する(株)大間々カントリー倶楽部は、2017年1月20日東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。帝国データバンク及び東京商工リサーチによれば、債権者約500名に対して負債額は、約56億円との事です。

 設立時は大手ゴルフ場経営会社のグループ会社としての位置づけでしたが、2015年2月1日にはそのグループから離脱しておりました。売り上げの減少並びに預託金の返還請求などにより、今回の手続きとなったのですが、スポンサーを付けず自主再建にて立て直す様です。

  • 申請代理人
  • 大宮立弁護士(シティ法律事務所_東京都港区虎ノ門1-1-28)
  • TEL 03-3580-0123

  • 監督委員
  • 三村藤明弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所_東京都港区元赤坂1-2-7)
  • TEL 03-6894-1005

 当該法人は1月20日に東京地裁より保全命令を受け、間もなく開始決定が出るものと思われます。会員権の名義書換に付いては、現時点で停止されていないものの、何時までこの状態が継続されるかは不透明と言えます。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                            大間々カントリー倶楽部

アコーディア・ゴルフは上場廃止へ

  • 投稿日:
  • by

 2017年1月19日東証一部上場の(株)アコーディア・ゴルフは、(株)MBKP Resortによる当該法人の株式公開買い付けが、予定通り2017年1月18日に終了した事を、広報を通じて明らかにしました。

 結果は普通株式62,876,737株の応募が有り、買い付け下限の47,003,100株を上回った為に、その全てを取得する事になりました。1株に付き金1,210円にて、1月25日に決済される事になります。当該法人所有の自己株式14,234,433株を除いた70,504,567株の内、(株)MBKP Resortの取得割合は89.18%に達し親会社となります。

 今後(株)MBKP Resortは、今回の公開買い付けでは取得出来なかった分に付いても、一連の手続きを経て取得して行く予定で有り、当該法人は所定の手続きを経て上場廃止となる予定との事です。

 茨城県の鹿島の杜カントリー倶楽部を経営している(株)鹿島の杜カントリー倶楽部の全株式を、2016年11月30日にPGMグループのパシフィックゴルフプロパティーズ株式会社(以下PGP)は、再生計画に基づき全株式取得しました。

取得会社 パシフィックゴルフプロパティーズ(株)
本店所在地 東京都台東区東上野一丁目14番7号
代表者 代表取締役 田中 耕太郎
設立年月日 2004年2月4日
資本金 1億円
株主構成及び持株比率 PGMホールディングス株式会社 100%
事業内容 ゴルフ場等の経営 他

 株式の取得方法は、対象会社の株式を100%減資し、PGPが新たに募集株式の100%を引き受ける事で、連結子会社化となりました。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                     鹿島の杜カントリー倶楽部

 2017年1月13日富山県の花尾カントリークラブを経営する福岡観光開発(株)は、2016年9月末での負債約49億5,900万円を抱えて、東京地裁へ民事再生法の適用を申請しました。

  • 申請代理人                                                                                                                                                        増田薫則弁護士(シティ法律事務所_東京都港区虎ノ門1-1-28)                                                                                                                                     TEL 03-3580-0123

  • 監督委員                                                                                                                                                                                     岡 正晶弁護士(梶谷綜合法律事務所_東京都千代田区大手町1-7-2)                                                                                                                                        TEL 03-5542-1453

  • 当該法人概略                                                                                                                                                                        福岡観光開発株式会社(代表取締役_市山久一)                                                                                                                   富山県高岡市福岡町花尾5番地                                                                                                                                      1973年12月20日設立_資本金6,100万円

 会員約2,000名を抱える会員制の27ホールゴルフ場ですが、近在ゴルフ場との価格競争にのまれ、更には会員からの預託金返還請求も複数発生し、自主再建を断念する事になったとしております。ゴルフ場は営業継続中との事。

クリスタルカントリークラブが競売へ

  • 投稿日:
  • by

 群馬県のクリスタルカントリークラブは、群馬県の前橋地方裁判所桐生支部に於いて、競売開始が決まり2016年11月30日より閲覧開始となりました。

 競売に関する簡単な概略は、Webサイトからも確認は出来ますが、より詳細な内容は桐生支部に於いて閲覧する事が可能です。

入札期間 2017年1月10日から1月17日まで
開札期日 2017年1月24日
特別売却期間 2017年1月27日から同年2月2日まで
事件番号 平成27年(ケ)第13号 / (平成27年(ケ)第21号) 
売却基準価額 208,344,000円
買受申出保証額 41,668,800円

当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                                        クリスタルカントリークラブ

 2016年11月30日ジャスダック上場のマルマン(株)は、連結子会社である合同会社西山荘C.C.マネジメントが保有する(株)西山荘C.C.マネジメントの全株式を、(株)ユニマットプレシャスへ譲渡する件について、広報を通じて明らかにしました。

 当該株式譲渡予定日は、2016年12月15日です。尚、(株)西山荘C.C.マネジメントは茨城県の「新・西山荘カントリー倶楽部」を経営しております。当該法人の概要は、下記の通りです。

名称 (株)西山荘C.C.マネジメント
所在地 東京都千代田区外神田1丁目8番13号
代表者の役職・氏名 代表取締役 盧 康九
事業内容 ゴルフ場の所有及び運営等
資本金 10百万円
設立年月日 2015年10月1日
発行済株式総数 200株

 2016年4月21日に(株)ツアーベネジャパンへの譲渡がまとまるものの、その後買受会社の事情により破談となっていた案件ですが、若干見通しが良くなって来ました。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。

新・西山荘カントリー倶楽部

 福井県のわかさカントリー倶楽部を経営しております(株)日興は、2016年12月1日に福井地裁へ、民事再生法の適用を申請致しました。同日、保全命令及び監督命令を受けるものの、債権者数が多数に上る事から、大阪地裁への移送が決定されました。

  • 事件番号「平成28年(再)第1号」
  • (株)日興_(福井県三方上中郡若狭町新道9-3 / 代表取締役・内藤圭介)
  • 申請代理人_八木宏弁護士(九頭竜法律事務所・TEL0776-22-0168)
  • 申請代理人_前波裕司弁護士(前波法律事務所・TEL0776-27-4000)
  • 監督委員_中森亘弁護士(北浜法律事務所・TEL06-6202-1088)

 当該法人は1999年9月すでに一度法的整理行っており、それから約17年経過後のこの度は、2度目と言う事になりました。前回は和議申請であり、約103億円に上る会員の預託金は債務免除される事無く、2012年より4,000万円を上限として抽選償還してきておりました。

 しかしながら売り上げが減少する中、老朽化した施設の大規模修繕、預託金償還などが負担となり、約95億円(内会員の預託金約89億4,000万円)の負債を抱えて、この度の措置となりました。

 東証一部上場の(株)アコーディア・ゴルフは2016年11月29日、(株)MBKP Resortによる当該株券の公開買付けに関し、賛同し尚且つ現株主へも推奨する事を、広報を通じて明らかに致しました。公開買付け者の概要は、下記の通りです。

名称 (株)MBKP Resort
所在地 東京都港区赤坂一丁目11番44号
代表者 代表取締役 加笠 研一郎
事業内容 (株)アコーディア・ゴルフ株券取得が事業内容。
資本金 25,000円
設立日 2015年6月15日
大株主

Midori Development Company Designated Activity Company

 当該買収会社はいわゆるMKBパートナーズグループと言われておりますが、同グループは2005年3月に日本、中国及び韓国の3ヶ国に於ける、投資市場の急速な発展を見据えて設立されました。

 公開買付けは普通株式1株に付き金1,210円で、47,003,100株の取得を下限目標としております。その所有割合66.67%です。この買付け予定数に満たない場合は、買付け等を行わないとしておりますが、買付け期間は2016年11月30日から2017年1月18日までです。

 当該買収会社は公開買付け成功後、(株)アコーディア・ゴルフを非上場化し、株主還元策に費やしてきた費用を、ゴルフ場・練習場買収へ向けて、又コースのクオリティー向上の為、積極的に活用していくとしております。人事面では現取締役の過半数を、MBKパートナーズグループから派遣していくとの事です。

 2016年12月1日静岡県のザナショナルカントリー倶楽部富士が、(株)G8富士カントリークラブへ譲渡されました。資産譲渡者は(株)ザナショナルカントリー倶楽部と(株)産報アサヒカントリー倶楽部です。(株)産報アサヒカントリー倶楽部はゴルフ場外土地_4万5,867平方メートルを所有しており、この土地も併せて譲渡されました。

 この度の譲渡契約日は2016年8月12日ですが、これを履行するためには当該ゴルフ場の経営会社が民事再生中の為、2015年3月4日に認可確定した再生計画そのものを変更する必要がありました。東京地裁民事第20部は、163名の再生債権者へその賛否を問うたところ、2016年10月25日賛成多数にて修正案が可決したのです。

 譲受人である(株)G8富士カントリークラブは、2016年12月1日の譲受日に譲渡代金を全額一括にて譲渡者へ支払い、ここに全く新しいゴルフ場が誕生しました。新経営会社は預託金返還債務について一切継承しないとともに、商号や名称及びロゴについても旧ゴルフ場に関わるものは、一切使用しないとしております。

  • 新ゴルフ場の概略は、下記の通りです。
  • 商号 : (株)G8富士カントリークラブ
  • 本店 : 静岡県富士宮市北山7426番地63
  • 設立 : 2016年10月17日
  • 代表 : 木原克彦
  • 資本 : 資本金9,000万円

 尚、(株)G8富士カントリークラブの親会社は、(株)グリーンドリームです。同社を中核としたグループ会社では、既に8コースを全国に所有しており、この度の取得で9コースになりました。

  1. 日本海カントリークラブ(新潟県)
  2. ボナリ高原ゴルフクラブ(福島県)
  3. フォレストカントリークラブ(静岡県)
  4. ウエストワンズカンツリー倶楽部(兵庫県)
  5. 大村湾カントリー倶楽部(長崎県)
  6. 宜野座カントリークラブ(沖縄県)
  7. オーシャンゴルフクラブ(静岡県)
  8. G7カントリー倶楽部(栃木県)

 一季出版(株)の「ゴルフ特信」_2016年10月24日・第6010号は、静岡県のザナショナルカントリー倶楽部富士が、川島グループの(株)グリーンドリームへ、譲渡される可能性がある事を報じております。

 当該ゴルフ場を経営しておりました旧・廣済堂開発(株)は、法的整理により2015年3月4日に再生計画案が認可決定確定しており、現在再生計画進行中でした。

 しかしながら静岡県の川島グループからの、当該ゴルフ場取得申し入れにより、確定していた再生計画を修正する形で、163名の再生債権者へその賛否を問うたところ、賛成多数にて修正案が10月25日可決しました。

 譲渡予定日は、2016年12月1日としております。

 譲渡人は(株)ザナショナルカントリー倶楽部であり、譲受人は(株)グリーンドリーム又は同人が指定するSPCです。尚、ゴルフ場名に付いては、従来の名称を使用出来ない事から、全く新しいものとなる様です。

川島グループが保有するゴルフ場は、下記の通りです。

  1. ザ・フォレストカントリークラブ(静岡県)
  2. ボナリ高原ゴルフクラブ(福島県)
  3. 宜野座カントリークラブ(沖縄県)
  4. 日本海カントリークラブ(新潟県)
  5. 大村湾カントリー倶楽部(長崎県)
  6. ウェストワンズカンツリー倶楽部(兵庫県)
  7. G7カントリー倶楽部(栃木県)

当該ゴルフ場の概略は、下記のURLよりご確認頂けます。                                                                                                http://www.hanzo.co.jp/memberC1_2009020111473900.html

 (株)シンワゴルフリゾートは2016年9月30日大阪地裁へ特別清算を申請し、10月5日同地裁より開始決定を受けました。申請時の負債総額は、債権者約290名に対して約100億円との事です。

  1. (株)シンワゴルフリゾート                                                 所在地 : 大阪市西区江之子島一丁目7番3号                                                  設立日 : 1980年5月1日                                                     資本金 : 6,000万円                                                   清算人 : 代表清算人_浦田和栄

  1. 申請代理人                                                              A、浦田和栄弁護士(弁護士法人関西法律特許事務所)                          B、大阪市中央区北浜2-5-23_TEL06-6231-3210

 信和ゴルフ(株)のグループ会社として設立され、1993年以降リゾート会員権の販売業務を主に手がけていました。1997年をピークにそれ以降業績の低迷が続き、2004年10月にはグループの中核会社である信和ゴルフ(株)が、民事再生法の適用を申請するなどした関係から、活動停止状態が続いていた様です。

 2016年9月21日の同社株主総会に於いて、会社解散が決議され今日に至りました。

 静岡県の下田カントリークラブを経営しておりました(株)下田カントリークラブは、2016年9月15日に東京地裁より破産開始決定を受けました。

  • 破産管財人                                                        土肥将人弁護士(永石一郎法律事務所_東京都新宿区新宿)                                連絡先:TEL03-3356-7766
  • 事件番号「平成27年(フ)第10068号」
  • 財産状況報告集会などの予定                                                           2017年1月17日午後1時30分

 2015年2月末より同ゴルフ場は営業停止状態となり、電話連絡などもいっさい出来ない状態だった様ですが、この度同クラブ会員の方が破産申請し、上記結果となった様です。

 換価出来る資産などがほとんど無いとの情報も聞こえて来ますが、実態は破産管財人による来年の報告を待たねば明確にならないと言えます。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。

下田カントリークラブ

 茨城県の鹿島の杜カントリー倶楽部を経営する(株)鹿島の杜カントリー倶楽部の債権者集会が、2016年9月28日に開催されました。

 投票結果は総投票者数923名中、賛成923名反対0名でした。賛成債権者の保有する議決権額の総議決権額に占める割合は、98.86%となりました。

 再生計画案の概要は、下記の通りです。

  1. スポンサーはPGMグループのパシフィックゴルフプロパティーズ(株)。(以下PGP)
  2. 債権者への弁済は70%を一括弁済。
  3. 継続会員へは無額面の会員証書を発行。
  4. ゴルフ場名称は現行のまま使用。
  5. 再生会社は資本金1,000万円を減資し、新スポンサーが新資本金5,000万円を引受。

 PGPの支援金は15億5,000万円であり、この資金を基に様々な弁済を行って行くとしております。先ずゴルフ場の敷地・建物に根抵当権を有している2社及び、リース債権者3社への弁済合計額が約6億3,905万円であり、これをもって別除権を消滅させます。

 更に公租公課が約3億6,401万円あり、これらの弁済後の資金約4億円が再生債権者への弁済原資になるとしております。

 尚、同日東京地裁より同再生計画案に対する認可決定が出ており、1ヶ月後の10月下旬には確定を受けられるものと思われます。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。

鹿島の杜カントリー倶楽部

 静岡県の旧・伊豆ゴルフ倶楽部(現・伊豆ハイツゴルフ倶楽部)を経営しておりました伊豆ゴルフ開発(株)は、2016年9月1日東京地裁より特別清算開始決定を受けました。債務は債権者約559名に対し、預託金約30億円を含めて約100億円との事です。

  • 申請代理人                                                     西村國彦弁護士_さくら共同法律事務所                                                  東京都千代田区内幸町1-1-7_TEL03-5511-4400

 当該法人は1984年に設立され、1986年8月に当該ゴルフ場(旧・伊豆ゴルフ倶楽部)を、開場させておりました。ゴルフ場は日本の一般的な設計とは異なり、そのリンクス風レイアウトは国内外より大きな注目を集めました。

 しかしながらゴルフ場が伊豆半島のほぼ中心に位置する関係から、交通アクセスの悪さは如何ともしがたく、弱点の一つに成っておりました。

 同法人の経営的には、1996年?1997年頃に約7億5,000万円?約8億円の売上を上げるものの、以降近在ゴルフ場との価格競争から、ジリ貧状態を脱する事が出来ずにおりました。

 今をさかのぼる事数年前よりは、ゴルフ場売却話が水面下で様々な関係者から出ておりました。その様な中で同ゴルフ場は、2014年6月伊豆ハイツゴルフクラブ&レジデンス(株)へ譲渡されたのです。

 新経営者はゴルフ場名を伊豆ハイツゴルフ倶楽部へ変更し今日営業しておりますが、旧経営会社の預託金などの債務を継承しておりません。

当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。                                                                                                              伊豆ハイツゴルフ倶楽部