タグ「ゴルフ会員権」が付けられているもの

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の立野クラシック・ゴルフ倶楽部では、2020年12月1日より2021年5月31日までの半年間限定で、名義書換料を無料で対応するとしております。大変魅力的なキャンペーンですが、あくまでも対象は下記の方々へ限定されています。

  1. 立野クラシック・ゴルフ倶楽部と姉ヶ崎カントリー倶楽部の法人会員
  2. 上記2倶楽部会員の家族や親戚

 例えば個人会員或いは法人登録者の三親等以内の方が、個人会員として入会する場合、通常正会員1口の名義書換料は110万円ですが無料となります。また法人会員が口数を増やす場合も、同様の内容となります。これらは全て当該会員権第三者譲渡の延長上にある手続きです。

 更には会員権の親族間譲渡、或いは同一法人内で現行登録者の三親等以内親族へ記名者変更する場合、この様な場合も無料となります。いずれにしてもこの様なやり取りは、親族間以外すべて会員権を市中で手当てする必要があります。

 このキャンペーンがスムースに進行した場合、市中から当該倶楽部の会員権が品薄状態になるだろう事は、明らかに予想できますし、会員権価格も値上がりするものと思われます。あくまでもこれは予想の範疇ですが、来年6月にはどの様な結末が待っているのでしょうか。貴重な市場実験が、まもなく開始されます。

 当該ゴルフ場の概略および関連する依然の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
立野クラシック・ゴルフ倶楽部
立野クラシックGCでは女性入会案件全て当面書換料ゼロ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の日高カントリークラブでは、2021年1月1日より全会員の年会費を値上げします。概要は下記の通りです。

会員種別    改定前       2021年1月
正会員 88,000円(税込) 100,000円(税込110,000円)
平日会員 71,500円(税込) 80,000円 (税込88,000円)

 これは2020年11月23日に開催された理事会にて決議された内容ですが、会員へは書面にて告知される予定で、現在発送準備中との事です。この値上げせざるを得ない要因として、経営会社では下記内容の費用へあてる必要がある為としております。

  1. 新型コロナウイルスの影響によりゲストの来場が減少し収益に大きく影響。
  2. 例年50本ほどのところ今年は約100本にも及ぶ松枯れ対策費がかさむ事。
  3. コース売店の改修。
  4. 開場60周年を迎える来年2021年へ向けた準備。

 当該クラブに於ける年会費値上げの歴史を振り返るならば、2004年、2017年の改定を経て今回に至っております。13年間と4年間というインターバルをそれぞれ経ているのですが、今回はあまりにも短期間であり、会員へのプレッシャーもそれなりに強い事が伺えます。 

 この影響が今後どの様な動きとなっていくのか注目されます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
日高カントリークラブ
日高カントリークラブでは2017年1月より年会費改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の大宮カントリークラブでは2021年1月1日より、会員権の名義書換料を全種別、正会員及び平日会員共に一律50万円へ改定します。概要は下記の通りです。

会員種別  改定前(税込)  改定後(税込)
正会員   300,000円   500,000円
平日会員   300,000円   500,000円

 同クラブに於ける名義書換料は正会員30万円(税別)と平日会員20万円(税別)でしたが、2015年4月1日から2019年3月31日までの実質4年間、この半額で減額キャンペーンを行ってきていました。その後2019年4月1日からは、正平共に税別30万円で対応して来ています。

 これが今回大きく改定された訳ですが、背景には国交省による「荒川直轄河川改修事業(第二調整池、第三調整池)」の影響が有り、更には新型コロナウイルスの関係から一時的に来場者が減少した事なども有ったのだと思われます。

 いずれにしてもこれだけ金額が高額になると、果たしてどれだけ名義書換の実績を積み上げられるのか、疑問視せざるを得ない点も有ります。動向を見守りたいと思います。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大宮カントリークラブ
大宮カントリークラブは今年度年会費増額し台風被害修復へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の我孫子ゴルフ倶楽部では、2021年1月より会員の年会費を、1年間のみ一時的に値上げします。例えば現在正会員の場合、年会費は198,000円ですが308,000円に成ります。単純に11万円がプラスされます。

 これは同倶楽部の9月理事会にて決定された内容で、10月には全会員へ書面で告知されています。この値上げの背景には収益減が上げられる訳ですが、新型コロナウイルスの脅威が同ゴルフ場の経営を、大きく圧迫したのだと言えます。

 具体的には感染拡大を防止する為、同ゴルフ場では2020年4月9日から約1ヶ月半に及び閉場した事、予定していた大型コンペの中止がもたらすゲストの来場者減、これらが複合的に絡まる事によりダメージが深刻になったのだと思われます。

 ところで今回の措置は一時的なものとの事ですが、来年の後半には再度、現在の年会費が適正か否かの見直しが行われる様です。日本経済が復調気配であり、その効果が同ゴルフ場にとって顕著に表れるのであれば、従来の金額へ戻るのだと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
我孫子ゴルフ倶楽部
我孫子ゴルフ倶楽部では株券の名義書換が無手数料にて可

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の狭山ゴルフ・クラブでは2021年1月より、正会員及び平日会員の年会費を値上げします。これは2020年10月に開催された理事会にて、会社提案を承認する形で決議された内容です。

会員種別    改定前     2021年1月より
正会員 85,000円(税別) 95,000円(税込104,500円)
平日会員 65,000円(税別) 75,000円(税込82,500円)

 正会員及び平日会員共に1万円値上げされたのですが、既に11月の会報で会員へ告知を済ませており、現時点でこの件に関する問い合わせは、同クラブによればほとんど無いとの事です。これを裏付ける様に会員権市場に於ける売却案件も、1~2件有る程度です。

 しかし間もなく次年度の年会費請求が始まりますので、この時点での動向が真の会員による反応と捉える事も出来ます。ところで前回の値上げは、8年前の2012年でした。この時正会員は15,000円、平日会員は10,000円が値上げされています。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
狭山ゴルフ・クラブ
狭山ゴルフ・クラブへの入会申請は会員権購入前に

PGM総成GCの補充募集が10月末終了

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県のPGM総成ゴルフクラブでは2020年7月1日より、正会員の補充募集を開始しておりましたが、会員の反響が大きく10月末をもって締め切りました。予定口数は100口でしたが、現時点ではキャンセル待ちの方が、数名待機との状況です。

 当初の予定では8月1日から開始する予定でしたが、1ヶ月早めての開始となりました。実質4ヶ月での終了は、想定していた期間をはるかに上回り、上々の結果を得られたとの事です。此れも一重に会員の活躍が大きく、友人や知人への働きかけが、功を奏したと言えます。

 今回の成功の裏側にはもう1つ、募集価格が適正或いはリーズナブルな設定だった点を、上げられるのではないでしょうか。募集価格220万円の内、市場での名義書換を想定した場合、110万円が名義書換料ですから、残る110万円が会員権価格と等しい事になります。

 会員募集が開始される前6月時点での売買の価格状況は、売り150万円に対し買い希望は95万円でしたから、中には150万円近い価格で購入した方も居たのではないかと思われます。この様な中この募集が、好感されたのだと言えます。安定した商品供給と定額販売が、入会希望者の安心感を誘発したものと思われます。

 ところで今回の募集は無額面のプレー会員権で、いわゆる預託金の無い商品ですが、市場で定着して来たゴルフ会員権イコール利用権としての考え方が、かつての預託金に対する幻想を打ち砕いてしまっている様に思われます。<預託金って何?>その様な時代が、始まっているのではないでしょうか。

 なお会員権市場に於ける名義書換の再開は、今しばらく時間がかかる様で、見通しは立っていないとの事です。関連する此れ迄の記事及びゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGM総成ゴルフクラブ
PGM総成GCでは8月1日より正会員の補充募集を開始

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の長竹カントリークラブでは、2016年以降に入会した平日会員の名義書換料を税込77万円に定めると、2020年10月に会社方針にて決定しました。

 当該クラブでは、2015年以前にも平日会員は存在しており、そして現在も在籍されています。この方々の名義書換料は、税込385,000円に成ります。一口に平日会員と言っても2種類の名義書換料が存在する様になり、流通している平日会員権を取得し入会しようとする方は、当該会員権取得に関する会員権業者発注を、より正確にする必要が有ります。

 正し2020年11月の現時点で名義書換料77万円(税込)の証券は、名義書換を認められていないとの事ですから、誤発注を起す事は無いと思われます。しかし来年の2021年には対象証券が発行から5年経過し、市場での流通が認められる為に、充分注意しなければならなくなります。

 この様な2種類の見分け方は證券表面の発行年月日との事であり、クラブではこの点を注意して見て欲しいとしております。2015年以前の證券は何度名義書換されようとも、裏書き譲渡の手続きで進んで行く為、証券裏面の記述欄が飽和状態にならない限り、新証券が発行される事は無く確認し易いとしております。

 しかし何故にこの様なまぎらわしい状態を、クラブ自ら作り上げてしまったのでしょうか。流通活性化へ向けた整備とは真逆の決定は、理解に苦しむと言わざるを得ません。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
長竹カントリークラブ
長竹カントリークラブの平日会員募集

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 東京都下の青梅ゴルフ倶楽部では、2020年10月25日に開催された経営会社と倶楽部理事会の合同会議に於いて、会員権の名義書換時に提出される退会者すなわち名義人の印鑑証明書について、その有効期限を此れ迄の3ヶ月から半年へ改定しました。

 約1週間が経過した今日、会員への告知は済ませていないとの事ですが、適用は10月25日即日より実施されました。これにより今以上に当該会員権の流通が、活性化する事を期待出来るのではないかと倶楽部では見ております。

 印鑑証明書の有効期限については、本年9月に入り茨城県の名門・大利根カントリークラブ、更には千葉県の人気コースである平川カントリークラブが半年へ改定しており、今回の青梅ゴルフ倶楽部を加え広域の関東圏合計で84件目となりました。

 会員権の名義書換に於ける実態を良く把握し、時代に即した内容へ改革して行こうとする様々なクラブの動きが、活発化して来ております。業法が殆ど無いゴルフ業界ですが、古い慣習にとらわれる事無く、また脱法行為とは無縁である印鑑証明書の有効期限改定に付いて、積極的に取り組んで行って頂きたいものです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
青梅ゴルフ倶楽部
青梅ゴルフ倶楽部に於ける青寿会制度とは

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 静岡県のミオス菊川カントリークラブでは、正会員の補充募集を2018年4月より開始し、2年半が経過した今日約120名の方が、新規に会員になられたとの事です。

 当該クラブでは、古くから会員になられた方が多く、その様な会員がここ数年高齢を理由に退会されています。これは一重にクラブ側が、退会すなわち預託金の償還に応じている、と言う事情も大きく左右しています。

 この様な事からクラブでは会員数が徐々に減少しており、会員の新陳代謝を活発化させる為には、新規に会員を補充する必要に迫られていました。45周年記念と題した会員募集の概要は、下記の通りです。

・募集会員 正会員
・募集価格 550,000円(税込605,000円)_入会金+消費税
・募集人数 一次募集200名/追加募集200名
・募集期間 2018年4月1日~定員に達する迄
・資格譲渡 可

 外部の募集代行業者を設けづ、コツコツと自力で会員募集を行っている当該クラブの姿勢には、焦りも無く余裕すら感じさせます。月間4名ほどの新規入会件数は、手続き手順を考慮するならば、ほどよい感覚なのかも知れません。2020年10月下旬時点での個人正会員数は約1,300名、法人会員は150社ほどとの事です。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ミオス菊川カントリークラブ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の相模原ゴルフクラブでは2020年10月25日に開催された理事会に於いて、新規入会者が入会手続き時にクラブへ預ける金額を、減額する事で一致しました。

 此れ迄800万円を預かって来ておりましたが、これを600万円へ200万円減額し、受け付ける事になったのです。新規入会者はこの預け金とは別に、税込330万円の名義書換料をクラブへ支払いますので、合計930万円にて手続きが出来る事になりました。2020年12月1日からの適応に成ります。

 預り金800万円は1987年に実施されて以降33年間、手つかずの状態で今日に至っておりましたが、新規入会者の負担感を軽減する事が、大切だとの判断に至ったものと思われます。この様な決議に至った背景には、会員の高齢化による退会圧力に対し、充分にこれらを吸収出来るだけの新規ニーズを、開拓出来ていない点が上げられます。

 昨年2019年の大改革以降正会員権の価格は、大きく上昇の気配を見せたものの、2020年の夏以降は下げ基調が止まらない状態でした。需給バランスが崩れているが故に、起こる現象と言えます。今回減額が明らかにされてからは、買いも入った事から相場は若干もち直しております。

 旧態以前とした習慣を見直し、時代に合った内容へ変革しようとする現執行部の姿勢は、多くの共感を呼ぶものだと言えます。
関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模原ゴルフクラブは入会条件や手続きを大改革

沖縄のゴルフ場は熱く話題豊富

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 沖縄県の本島内に於ける16ゴルフ場、これは全て18ホールズ以上の規模ですが、話題に事欠かないのが現在の状況です。例えば年間7万人以上を集客する沖縄カントリークラブ、或いはそれに及ばないものの年間5万人の来場者を誇る、美らオーチャードゴルフ倶楽部の件などいとまが有りません。

 この様な中PGMゴルフリゾート沖縄では、会員権の名義書換料値上げ前の2018年5月31日まで、わずか数ヶ月間で約100件に及ぶ名義書換需要が発生していました。ちょうど216,000円から648,000円へ値上げされる事が明らかになった時から、その前に入会したいと言うニーズが爆発したのです。

 ところで当該クラブの会員構成は県内7に対し県外3と言う割合になっており、圧倒的に県内ゴルファーから愛されている事が理解出来ます。地元に愛されているが故に、上記の様な現象が起こったのだろうと思われますが、現在会員権の名義書換は落ち着いた状況で、月間6件ほどの実績で推移しているとの事です。

 県外から人気が有るのは、何と言ってもザ・サザンリンクスゴルフクラブです。会員権の出物が少なく、ある意味売り手市場になっている事から、案件がテーブルにのるや否や数日で、完売してしまう状況の様です。これらは沖縄県に於ける一部ゴルフ場の話題ですが、活気に満ちている事が良く分ります。

 この背景には、どの様なものが作用しているのか、分析が待たれます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGMゴルフリゾート沖縄4月8日本日より新クラブハウスにて営業開始

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の武蔵カントリークラブでは、2020年10月11日に開催されたクラブ委員会にて、入会手続きに於ける推薦者の資格要件が改定されました。

 一口で述べれば厳しくなったとも言えるのですが、別の観点からはクラブがより純化して行く、その一環とでも表現出来ます。これまで当該クラブでは、「40歳以上・在籍5年以上」の会員であれば、入会希望者の推薦人になれました。今回の改定により推薦者は、「入会希望者と交友が有り、尚且つ当該クラブで同伴ラウンドの実績が有る事」、を問うとしております。

 付け焼刃での生半可な関係では、推薦者に成るべきでない、とある意味クギを指した様な内容に成っているのです。この内容により今後気安く、推薦者を引き受けて下さる会員の方は、ほとんど見当たらなくなるものと思われます。入会希望者の立場からは、現会員と面識の無い場合、ゴルフコースの良さのみに触発されての安易な入会希望は、たちどころに打ち消されるのではないでしょうか。

 今回の改定が、会員権相場にどの様な影響をもたらすのかは、図り知れませんが、売り物をなかなか消化出来ていない現状から、この傾向は更に加速して行く様にも思えます。更なる下落傾向が、続くのは容易に推測出来ます。ある意味その様な事で一喜一憂する様な人物は、会員として相応しくない、とでも言われている様に思えます。

 しかし様々な理由から会員が退会を望んだ時、その手続きが容易に出来ないのは、これも又悲しい現実ですね。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
武蔵カントリークラブ
武蔵カントリークラブに於ける法人会員

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の袖ヶ浦カンツリ―クラブでは2020年9月13日に開催された理事会にて、「一口法人」なる新しい会員種別が創設されました。これは1口でも法人名義に出来るもので、従来2口なければ法人名義とならなかった事を考えた場合、画期的な内容だと言えます。

 税込220万円の名義書換料は個人1口と同様で、適用は理事会翌日の9月14日からです。当該クラブは法人のニーズが高いものの、2口は不要な事から1口の個人名義法人所有としているケースが、多いと言われております。

 この辺の実態についてはクラブでも把握しきれていない様ですが、潜在的ニーズが高いとの判断から、この度の新設になったものと思われます。会員権を管理する法人側にとっても、形式と内容の整合性はとても重要であり、要らぬトラブルを避けられる事にもなります。

 「法人名義は二口」としているクラブは、歴史の有る名門と言われるクラブに散見されるものの、今回の袖ヶ浦CCの例を見るまでも無く、時代に合った対応が今正しく求められている様に思われます。キーワードは「流通性」です。

 昨年2019年後半当該クラブでは、台風被害とそれから派生した年会費値上げが影響し、会員権の売り圧力が増大しました。底なし沼になるのではと危惧された相場展開ですが、2020年10月現在、売り少なく買い注文が多い状況です。不安感を払拭した相場は、今回の「一口法人」導入と共に若干上昇気味です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
袖ヶ浦カンツリークラブ
袖ヶ浦カンツリークラブでは紹介者は必須

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の平川カントリークラブでは、2020年9月に開催されたクラブ理事会に於いて、新規入会希望者の入会条件を緩和しました。それは当該クラブへ5年以上在籍している会員、すなわち推薦保証人に心当たりが無くとも、理事面接と同伴プレーにてカバー出来る様改定されたのです。

 振り返る事本年6月の理事会では、新規入会者の資格条件として他クラブ在籍条件を撤廃し、更に推薦保証人を2名から1名へ改定しておりました。厳格な敷居を此れ迄保って来た当該クラブですが、何かタガが外れたかの様相を呈し、今回は更にそれが加速されたとも言える現象となりました。

 しかしこれは当該法人が経営に乗り出した初期、この様なゆるやかな措置を取っていた事から、入退会が活発に行われていた事を振り返るならば、ある意味歓迎すべき事項とも言えるのでは無いでしょうか。形式的側面のみで人物判断すること程、ナンセンスなものは無いと思われるからです。

 原点回帰とも言える今年に入ってからの矢継ぎ早なる入会条件緩和措置ですが、そこには会員権市場に於ける現会員の退会希望が、入会希望者数を上回っている現実も見逃す事は出来ません。単に会員の高齢化による退会希望であれば、致し方ない面も有りますが、それ以外の要素が引き金になっているのであれば問題です。

 一連の緩和措置がカンフル剤になり得るのか否か、当該クラブ会員権の動向をしばらく注視して行く必要が有ると言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
平川カントリークラブ
平川カントリークラブは7月1日より入会条件を緩和

大利根カントリークラブでは平日会員募集中

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 茨城県の大利根カントリークラブでは2020年9月27日に開催された理事会に於いて、平日会員を新規に募集する事を決議しました。平日会員とは日曜日と祝日更にはゴルフ場の定休日に利用出来ない会員種別であり、当該クラブ発足以来第三者への譲渡並びに相続継承が出来ない規定になっています。

 募集概要は下記の通りです。
・募集会員 平日会員(個人のみ)
・募集金額 2,000,000円(税込2,200,000円)_内訳は入会金と消費税
・募集人数 50名
・応募資格 年齢20歳以上の個人で在籍5年以上の正会員1名の推薦要
・募集期間 2020年10月1日~2021年3月31日迄
・入会審査 入会希望者の内容を場内掲示し、面接と同伴プレーを実施

 この募集について当該クラブでは、会員権業者とも協力体制を敷いており、募集のチャンネルを増やしておりますが、ある意味これはクラブ側の危機感の表れとも見て取れます。何故ならば資産価値の無い利用権のみの会員権に対し、ユーザーがどの様な反応を示してくれるのか、やはり不安を隠せないのだと思われます。

 2020年9月末時点で146名の平日会員が在籍しておりますが、来年の春にどの様な状態になっているかは、ゴルフ市場を分析する上でも重要な資料になるものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大利根カントリークラブ
大利根CCは入会手続き時の印鑑登録証明書有効期限を半年へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の平川カントリークラブでは2020年10月1日より、会員権の名義書換手続きに於ける印鑑登録証明書など、公的必要書類の有効期限を半年へ改定し、運用が開始されております。

 これは当該案件の重要性に鑑み、9月理事会開催を前にクラブより各理事へ連絡し、了承を得られた事により改定へ至った、と言う経緯が有りました。付随する書類としては、住民票であるとか登記簿謄本などが上げられます。

 この措置により今後は入会手続に余裕が生まれる事から、入会希望者が在籍会員へせわしない推薦依頼などせずとも、紳士的スムースな応対が可能になるものと思われます。

 この度の平川カントリークラブによる改定を加え、この様な措置を取っている広義の関東エリアクラブ総数は83となりました。いずれにしても此れ迄の古い習慣を、時代に即したものへ改定していく事が、今まさに問われているのだと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
平川カントリークラブ
平川カントリークラブは年会費を改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 茨城県の大利根カントリークラブでは2020年9月27日に開催された理事会にて、入退会に関する手続き時に提出される印鑑登録証明書の有効期限を、これ迄の3ヶ月から半年へ改める事を決議しました。

 これは2020年11月1日からの、受け付け分より適用されます。今回9月の理事会に於いて理事及び会社側双方からの発議として、この改定案がテーブルに載った訳ですが、出席した理事からの異議発言は全く無く、満場一致にて同意を得られたとの事です。

 印鑑登録証明書の有効期限を半年にする事の意義は、会員権市場に於ける流通面をよりスムースにさせる為であり、退会者である名義人へ二度手間を取らせ、不愉快な思いをさせない事にもつながって行きます。

 2020年10月現在、広義の関東エリアに於いて80クラブとプラス1共通会員権が、印鑑登録証明書の有効期限を半年と定めており、今回茨城県の名門コースである大利根カントリークラブが加わった事で、その総数は82になりました。既にこの中には府中CCや箱根CC、更にはレイクウッドなども含まれています。

 今回大利根カントリークラブに於ける改定を契機に、今後多くのクラブで見直しをして頂きたいものだと思います。流通が停滞していて実績が少ないから、見直す必要がないと考えるのでは無く、流通面を整備していない為にそれが疎外要因になっている事も、クラブ側には自覚して頂きたいものです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大利根カントリークラブ
大利根カントリークラブでは紹介者を2名から1名へ改定

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 静岡県の富士平原ゴルフクラブでは、2020年10月1日より正会員の補充募集を開始します。昨年4月から8月末まで行った第一次募集に次ぐ、第二弾と言う事になります。

 この募集による会員権の大きな特徴は、預託金が無く会員資格を第三者へ譲渡出来ない事です。いわゆる一代限りのプレー会員権になる訳ですが、販売価格が安価な事から、月に一度利用し少なくとも5年在籍したならば、充分に元は取れる費用対効果に優れたものです。

 東京や川崎そして横浜から東名高速を利用し、約一時間から一時間半で到着出来る当該ゴルフ場の交通アクセスは、大変魅力的だと言えます。現在懸念されている大和トンネルの渋滞については、2023年を目標に新東名高速が開通する見込みであり、もう少しの辛抱と言うところではないでしょうか。

 ところで今回の募集概要は、下記の通りです。
・募集会員 正会員(個人、法人一名記名式・記名者変更不可)
・募集金額 250,000円(税込275,000円)
・募集口数 50口
・募集期間 2020年10月1日~2021年3月31日迄
・入会資格 1、正会員1名の推薦(心当たりのない方は、面談にて対応可)
・入会資格 2、反社関係者ではない事
・入会資格 3、クラブ会則等を遵守出来る方

 尚、問い合わせ先は、東京事務所 TEL 03-3564-2251 / コース TEL 0550-89-2000 です。コース見学も大歓迎との事ですので、先ずWebサイト( http://www.fujiheigen-gc.com )を確認し、チャレンジしてみては如何でしょうか。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士平原ゴルフクラブ
富士平原ゴルフクラブの正会員補充募集が4月より開始へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 静岡県の伊豆大仁カントリークラブでは、2020年10月1日より翌年3月31日までの半年間限定で、個人正会員の補充募集を開始します。今回のこの募集の特徴は、会員権業者との協力を積極的に、受け入れた事では無いでしょうか。概略は下記の通りです。

  • 募集会員 個人正会員
  • 募集金額 260万円(預託金150万円+入会金100万円+消費税10万円)
  • 据置期間 預託金150万円の据置期間は入会後5ヶ年。
  • 募集口数 50口
  • 資格譲渡 可
  • 入会資格 1、正会員2名の推薦要(心当たり無い場合は事前審査)
  • 入会資格 2、外国籍者の入会は事前審査にて
  • 入会資格 3、反社関係者で無い事

 当該クラブでは今回も前回と同様のパターンで補充募集を行いますが、今回の募集にはよりクラブの積極性を見て取れます。それは口数一つを取っても、若干名等と言う抽象的な表現にする事無く明記しており、結果の巧拙を不問にしない姿勢の表れだと言えます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
伊豆大仁カントリークラブ
伊豆大仁カントリークラブでは正会員の補充募集中

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 栃木県の唐沢ゴルフ倶楽部では2020年4月より、退会希望者の受け付けを開始しました。これは2017年3月末に当該倶楽部が、一般社団法人化した折に定めれれたものであり、その日程が2020年4月だった事からです。

 此れ同迄倶楽部をやめる為には、自らの会員資格を第三者へ名義書き換えする行為以外有りませんでしたが、今後は一般社団法人へ退会を申し出る事で、自らの希望を達成出来る様になりました。当然この行為には、金銭のやり取りも関係します。つまり会員が預けていたお金が、もどる事になるのです。

 この金額は一般社団法人化以前に会員が、保有していた預託金額の30%に成ります。70%は一般社団法人の基金へ充当されており、これは返却対象外となっている関係からです。約半年が経過した9月下旬時点で、数名の退会申請が有るとの事ですが、この申請が一挙に増える傾向では無い様だと倶楽部ではみております。

 ところで30%と言え預託金の返還については、当然内部留保資金が無ければ事は始まりません。この資金については、当期決算後の利益から一定枠が決められており、利益が確保出来ない場合は見送られる事になります。なお会員権の名義書換が行われた場合、新たな会員へはプレー資格のみが継承されます。

 当該倶楽部にとって退会により会員数が減少する事は、望まざる事態で有り、会員資格の名義書換こそ倶楽部活性化の重要な一要素と認識しております。この事から更なる市場活性化策が、求められていると言えます。

 なお当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
唐沢ゴルフ倶楽部
唐沢ゴルフ倶楽部では10月より名義書換料を減額し受け付け