タグ「ゴルフ会員権」が付けられているもの

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 静岡県の修善寺カントリークラブではかねてより、会員権の名義書換手続き時に於ける名義人の印鑑登録証明書有効期限を、半年として対応して来ております。

 此れは関東ゴルフ会員権取引業協同組合が保管している、当該ゴルフ場の過去の記録を紐解いたならば確認出来るもので、それは2012年時のものです。この資料の中で、名義人の印鑑登録証明書の有効期限を、半年として規定しています。

 この事からエビデンス上は2012年から対応してきている、と表現し記録しておく必要があると思われますが、2021年5月12日当該ゴルフ場経営会社へ問合せ確認したところ、女性責任者曰く「ずっと前からですよ」との回答でした。漠然とした抽象的表現ですが、半年としている点に変更は無いと言えます。

 この結果、印鑑登録証明書の有効期限を半年或いはそれ以上としているクラブは、関東甲信越エリアで89ヶ所を数える事が出来る程になりました。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
朝日観光(株)は修善寺CCの運営を(株)修善寺カントリークラブへ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の鎌倉カントリークラブでは1998年当時より、当該会員権の名義書換手続き時に、名義人の印鑑登録証明書の有効期限を半年として、業務を行っていた事が判明しました。

 これは関東ゴルフ会員権取引業協同組合が保管している資料から確認出来た内容ですが、同クラブによれば明確に何時からその様な対応をして来ているのか、確たる資料は残されていないとしております。いずれにしても同クラブは、先駆的対応をいち早く取り入れて来ていた事に成ります。

 この結果、東日本エリアの単独ゴルフ場に於いて、名義人の印鑑登録証明書或いは印鑑証明書の有効期限を、半年或いは以上としている数は88クラブと成りました。同様の対応をしている6件の共通会員権を加えれば94となりますし、その様な書類を添付する必要のないクラブが4コースありますので、これらを加えれば98と成ります。

 間もなく大台に達する情勢ですが、多くの会員制クラブには古い慣習にとらわれる事無く、有効期限の見直しを検討して頂きたいものです。なお当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鎌倉カントリークラブ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の鳩山カントリークラブでは、2021年5月1日より平日プレー会員の募集を開始しております。この募集は、本年10月31日までの半年間限定で行われますが、予定口数に達した場合は、期日を待たずして終了されます。その概要は下記の通りです。

  • 募集会員 平日プレー会員(土曜日、日曜日、祝日、ゴルフ場休業日を除く)
  • 募集人数 50名
  • 募集金額 1,100,000円(100万円の入会金と10万円の消費税)
  • 入会条件 1.日本国籍を有する方(但し法人記名者はこの限りではない)
  • 入会条件 2.女性の入会制限無
  • 入会条件 3.原則として年齢25歳以上の方
  • 入会条件 4.会員1名の推薦要(会員に心当たりがない場合、クラブへ要相談)
  • 入会条件 5.刺青のある方は入会不可
  • 入会条件 6.反社会的勢力に関係する方、恐れがある方は入会不可

 この度の会員募集中につき、既存の当該種別会員権の名義書換は、停止になります。この事から半年間に限り、平日会員へ入会する術は、この募集以外に道は無い事に成ります。詳細につきましては当クラブのみならず、組合加盟の会員権業者でも対応が可能です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鳩山カントリークラブ加藤新社長の目指すものは

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の清川カントリークラブでは口数限定で、男性名義の会員権を取得した女性の入会を、認める事に成りました。これは2021年4月18日に開催された同クラブ理事会にて、決議された内容です。

 当該クラブに於ける女性の入会は、女性名義の会員権を取得後に、入会申請が可能と言う原則が有ります。しかしながら2021年に入り女性会員数の減少が顕著となり、確認出来る在籍数は正会員が128名、平日会員が142名です。当該クラブで定められた会員数は、女性の正会員及び平日会員共に150名です。

 この会員規則に定められた定数を鑑み、今回認められた正会員数は19口、平日会員数は6口です。この口数に限り女性の入会を認める事になったのです。ではそもそも何故に女性会員数が減少するのかと言えば、女性会員権を男性名義へ書き換えてしまうからです。

 女性会員が会員権の売却を検討した時、女性の買い希望が市場に無い状況で、男性への譲渡を視野に入れるのは当然とも言えます。女性名義会員権のプレミアム的価値を無視してでも換金したい時、その様な行動は致し方ないのだと思われます。

 今回この「女性会員不足定員補充」に付いて、開始は2021年8月1日、そして締め切りは2022年2月1日までとしておりますが、基本は先着順です。かねてより入会を検討していたのであれば、いち早い対応が求められます。売り情報が無いと成れば、途方に暮れるばかりですから。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
清川カントリークラブ
清川CCに於ける名義人の印鑑証明書は半年間有効

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の箱根カントリー倶楽部では、2021年4月1日より会員の年会費を値上げしています。これは一時的措置で有り、2023年3月31日までの2年間が対象に成ります。

その概要は下記の通りです。

会員種別 通常料金(税込) 増額料金(税込)
正会員 132,000円 176,000円
平日会員 84,700円 92,400円
週日会員 44,000円 66,000円
家族会員 66,000円 72,000円

 この度の値上げは、新型コロナの悪影響から当該ゴルフ場の収益が、通年以下へ減収と成った事により、これを補完する為、昨年2020年の暮れの理事会にて可決された内容です。当該クラブによれば、会員へは2021年1月に、書面で告知していたとの事です。

 なお80歳以上の会員は、今回の値上げ対象外としております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
箱根カントリー倶楽部
箱根ccでは4月より「倶楽部運営前払い金」を徴収へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の戸塚カントリー倶楽部では、2022年4月より会員の年会費が値上げされます。概要は下記の通りです。

会員種別     年齢 改定前・税込 改定後・税込
正会員 個人(満79歳以下) 110,000円 198,000円
個人(満80歳~満89歳) 55,000円 99,000円
個人(満90歳以上) 27,500円 49,500円
海外会員 22,000円 39,600円
平日会員 個人(満79歳以下) 88,000円 158,400円
個人(満80歳~満89歳) 44,000円 79,200円
個人(満90歳以上) 22,000円 39,600円

 上記内容は、2021年3月の理事会及び会社取締役会にて、決議されたものです。1年間のインターバルを設けている点が特徴であり、これにより会員への告知漏れはないものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
戸塚カントリー倶楽部
戸塚カントリー倶楽部では入会預託金の半額を会員へ返却

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の相模原ゴルフクラブでは2021年3月21日に開催した会員総会にて、入会資格認定制度を再度進化した内容で導入する事を決議致しました。これは入会希望者が株券無しで理事会審査を受ける事が出来、株券取得後に会員資格を得られる、より簡略化されたシステムになったのです。

 制度そのものは2018年5月に、初めて導入されていました。この当時の手続きは、株券を取得せずとも理事会審査を受ける事は出来たのですが、株券取得後再度理事会への上程を必要としていました。2段階の手続きを経る必要があったのです。

 その後2019年5月には資格認定制度を一旦廃止したのですが、クラブに相応しい人物で有るか否かの事前審査は継続されていました。しかしながら株券未取得時の審査は、委員会止まりで有り、取得後正式に理事会へ上程すると言う手順を踏んでいたのです。此処でもまた2段階の手続きを、必要としていたのです。

 今回同総会は、入会資格認定制度を復活させました。同クラブ理事会が入会希望者を相応しい人物であると認定したならば、同クラブより入会希望者へ『入会認定書』が発行されます。この認定書の有効期限は半年ですが、この間に入会希望者は、市中より株券を取得しクラブへ提出すれば良いのです。

 過去の重複した手順を簡略化し、より合理的に入会手続きが出来る様になったのです。歴史のある名門クラブでは伝統を重んじており、それは変えられない、変えてはならない点なのだと思われます。しかし時代の変化と共に、変えていかなければならない事も多々あり、その見極めと対応力が今問われている様に思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模原ゴルフクラブ
相模原ゴルフクラブは入会預り金を12月より減額へ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の戸塚カントリー倶楽部では、2021年3月に開催された理事会及び経営会社役員会に於いて、入会預託金の取り扱いについて新たな方針を打ち出しました。

 ポイントは2点。2021年4月1日より新規入会者が倶楽部へ支払う入会預託金額を、正会員であれば此れまでの1,000万円から、半額の500万円へ減額した事。もう1点は、既存正会員が保有している入会預託金額1,000万円の内半額の500万円を、希望者へ来年2022年4月以降に返還すると言うものです。

 当該倶楽部に於いてこの入会預託金なるものを、新規入会者より徴求する様になったのは1992年ですから、来年で丁度30年を迎える事に成ります。首都圏を中心にしたいわゆる名門クラブでは、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部以外ほとんどのクラブで、名称は様々ですがこの入会預託金を徴収しています。

 しかしその取扱いに戸惑っているのも又事実であり、各クラブ内各会員の意見も又様々です。今回この様な大胆な方針を打ち出した戸塚カントリー倶楽部ですが、この影響力は大きく、今後多くのクラブで見直しへ向けた話し合いが、行われていくものと予想されます。

 今回のこの方針に対し会員権市場は好反応を示しており、4月第2週に入り売り情報が皆無なのに対し、買い情報は11件も有ります。ほんの数ヶ月前までは、1000万円を切るか切らないかでうろうろしていた相場も、現在では売り手市場となっています。上がっているとなれば、誰しもが欲しいと感じるのは至極当然の成り行きで有り、今回の対策が当該クラブ相場上昇の起爆剤になった、と言えるのではないでしょうか。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
戸塚カントリー倶楽部
戸塚カントリー倶楽部女性会員の現状

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg PGMグループでは2021年4月1日より、全国の傘下ゴルフ場に於いて、会員権の名義書換料減額キャンペーンを廃止しました。これは一重に景品表示法との関係から打ち出した対策と思われますが、関係窓口では明言を避けるものの、「誤解を避ける様スッキリさせたかった」としております。

 同グループでは買収したゴルフ場の名義書換開始時に、高止まりしていた名義書換料を改定する事無く、市場に於ける会員権価格との調和を考慮し減額キャンペーンを行う事で、ユーザーが購入し易い価格を提示して来ておりました。ある意味経営交代した事により、より良いサービスを提供出来ると言う、同グループのアピールに繋がった点もあります。がしかしなら今日となっては、この継続期間が長くなりすぎたとも言えます。

 同グループは東証一部上場・株式会社平和の連結対象企業ですから、当然順法行為は最も尊ぶ必要があり、社会から求められる性格のものです。長期に渡る「減額キャンペーン」が違法行為と論ずる事は出来ませんが、主旨とする処が明確にユーザーへ訴求出来ていなかったのも事実です。

 今回「減額キャンペーン廃止」を徹底させた同グループですが、その動向はゴルフ場業界へ大きく影響して行く事と思われますので、今後同様のキャンペーンを打ち出している多くのゴルフ場が、追随して来る可能性が有ります。今回のPGMグループによる英断が、好影響をもたらす事を期待したいものです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
長期に渡る名義書換料減額キャンペーンは適切なのか?

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の上総モナークカントリークラブでは、2021年4月1日より会員権の名義書換を停止にする予定です。これは既に始まっているクラブハウスの改修工事の関係から、書換業務に充分な対応が出来ない、更には充実したサービスを新入会者へ現時点で出来ない為です。

 とは言え法人会員に於ける登録者変更手続き、或いは親族内の資格継承手続きに対しては、共に対応可能としております。この様な停止状態がいつまで継続されるのかは、現時点で予測出来ませんが、工事期間中の秋口までは少なくとも再開しないと思われます。

 ところで会員権市場に於ける当該会員権の売買情報はそれなりにある様ですが、改修工事への注目度から今しばらく静観し、出来栄え次第で行動を起こしても遅くないと考えられている側面が、入退会の動きの中にはある様に見受けられます。当該クラブの正会員数は約550名と少ない事から、状況次第では売り情報を探すのが大変になる可能性も有ります。

 いずれにしても秋口の完成が待ち遠しく、恐らく女性受けする様な仕上がりなのだと思われます。現在の工事進捗状況は、10%ほどとの事。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
上総モナークカントリークラブ
上総モナークでは1月よりクラブハウス改修工事に着手

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の米原ゴルフ倶楽部では、2021年4月1日より会員権の名義書換を再開します。2013年6月以降、会員募集の関係から、既存会員権の名義書換を停止にして来ましたので、約8年ぶりと言う事に成ります。

 再開についての方針は、昨年2020年9月頃に定まった様ですが、長らく既存会員の身動きが取れない状態が継続した点について、同クラブ関係者曰く「ご迷惑をかけてしまっていた」としております。

 正会員一口の名義書換料は550,000円(税込)、法人内の登録者変更料330,000円、相続継承についても330,000円。入会条件は従来通りの内容を踏襲するとしており、特段厳しいハードルを設けていない事から、千葉県で新たに会員権の購入を検討されている方にとっては、有力な候補になるものと思われます。

 なお、同倶楽部では書換件数などの具体的な目標設定をしていない為、件数に付いては自然の成り行きに任せたいとしております。活発に動く事を期待したいものです。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
米原ゴルフ倶楽部
米原ゴルフ倶楽部の終身会員制度

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の武蔵松山カントリークラブでは2021年3月6日より、入会希望者が入会申請するに当たり、他クラブ在籍条件を撤廃しました。これは同月に開催された理事会にて決議された内容で、即日実行される事に成りました。

 この緩和措置により当該クラブの入会条件は、大変シンプルになりました。新たな条件は、下記の通りです。
・日本国籍を有する原則25歳以上の方。
・会員1名の推薦要。
・女性の入会申請は女性名義の会員権取得後に可能。

 新条件での入会申請は、施行から約2週間経過するも、此れまで1件もないとの事。当該クラブでは例年3月から入会申請が増加している事から、今後新条件での入会申請が出て来るのではないか、と現場サイドでは感じ取っています。

 かつて他クラブへ在籍していなければ、当該クラブへ入会申請出来なかったのは、新入会員のスロープレーやマナー違反防止の為でした。この懸念材料は、必ずしも他クラブへ在籍している事の有無と、その因果関係を見出す事は困難だったと言えます。

 ダメなプレーヤーは何処へ行っても、ダメだと思われて仕方有りません。いずれにしても当該クラブが、この辺の問題点へ一つの決断を出し、多くのプレーヤーへ門戸を開いた点に付いては、高く評価出来るのでは無いでしょうか。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
武蔵松山カントリークラブ
武蔵松山カントリークラブに於ける法人会員権

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 山梨県の北の杜カントリー倶楽部では、2021年4月1日より2023年3月31日までの2年間、期間限定で新規の会員募集を開始します。名付けて『572Y 7152y達成記念キャンペーン』です。

 募集金額は786,720円(税込)ですが、受け取り方によっては、なんとなく中途半端な数字と言えます。此れまで数多くのゴルフ場が、この様な細かい金額で募集を行った事は、皆無だからです。これは記念数字の7,152ヤードになぞらえ、715,200円に消費税をかけた数字が根拠になっています。

 倶楽部側がこれ程まで、この数字に拘るには理由があります。当該ゴルフ場は発足以降、経営交代時まで総ヤーデージを上記内容としておりましたが、実際にはこの数字よりも短かったとの事。これに対し前経営者より経営を引き継いだ現経営者は、原設計通りの総距離へ旧コースを改修したいとの思いから、様々な努力を積み重ねた結果、今日記念すべき原設計通りの総距離となったのです。

 どの様なコース改修が有ったのかと言えば、かつて短いロングの出だし1番ホールを長めのミドルへ、2番ホールのミドルを計画通りの572ヤード・ロングホールへ、この箇所がかねてからの懸案事項であり、此処が解決した事ににより、設計者が意図した通りのヤーデージに仕上がったと言えます。

 このコース改修には、地主の方の協力無くして実現しなかったとの事ですが、ある意味現経営者の思いが通じたのかもしれません。ところで募集数は100口、20歳以上の方で現会員の推薦が有れば、入会申請可能との事です。ヤマハの電磁誘導5人乗りカートを利用し、フラットなコースでのラウンドは、プレーヤーを心地よい疲れへ誘います。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
北の杜カントリー倶楽部
北の杜カントリー倶楽部は正会員の書換を開始するも募集は継続

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部では、2021年4月24日以降受け付けた入会申請者に対し、入会承認後に名義書換料として税込440万円を請求する事に成りました。

 従来の金額が税込330万円でしたので、税金を別にすれば100万円が、増額される事に成ります。これは2021年3月14日に開催された理事会にて決議された内容ですが、当該倶楽部では入会預託金なるものを徴収しておりませんので、新規入会者が倶楽部へ支払う金額は、この440万円のみとなります。

 増額の理由について倶楽部関係者は、営業収益の減収を上げております。昨年2020年の新型コロナによりもたらされた悪影響は、当該倶楽部の台所事情を苦しめました。従来繁忙期で有った4月~5月の2ヶ月間は営業停止し、10~11月はメインの企業コンペなどが中止となり閑散期となってしまったのです。

 この様な苦境を乗り切る特効薬は少なく、従来通り会員紹介と言う筋道のしっかりとした案件を主体に、集客対策を強化して行く以外に無いのだと思われます。そして更に求められるのは、今後会員として入会する方々からの協力、だと言えます。これが300万円から400万円へ、値上げされた名義書換料の内幕と言えます。

 当該ゴルフ場の概略と関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鷹之台カンツリー倶楽部
鷹之台カンツリー倶楽部に於ける女性会員

長太郎ccでは3月6日より正会員を補充募集中

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の長太郎カントリークラブでは、2021年3月6日より正会員の補充募集を行っています。前回は税別40万円募集にて2019年末より行われ、短期間で終了すると言う好実績を残しています。

 今回の概要は下記の通りです。

募集会員 正会員(個人・法人1名記名式)
募集期間 2021年3月6日~口数に達する迄
募集金額 660,000円(入会金+消費税6万円)
募集口数 50口
入会条件 別途要確認

 なお当該募集中、既存会員権の名義書換を、停止にしないとの事です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
長太郎カントリークラブ
長太郎カントリークラブでは12月1日より補充募集中

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 栃木県の鶴カントリー倶楽部では会員権の譲渡に当たり、名義人が譲渡意思確認の為に添付する自らの印鑑証明書に付いて、その有効期限を半年としました。適用は2021年4月1日からです。

 今回当該クラブが、印鑑証明書の有効期限を半年へ改定した訳ですが、この様な措置を取っているその他クラブは、広義の関東圏に於いて86ヶ所あります。この事から当該クラブは、87クラブ目と成りました。

 会員権譲渡手続きに於ける名義人の印鑑証明書、その有効期限を半年へ改定するクラブが燎原の炎の如く、じわじわと多くのゴルフ場へ浸透して来ております。此れまでの様に3ヶ月として置く事に、何ら合理的説明を得られないと共に、会員権の流通性を阻害する悪癖に対し、改革の手を上げられないゴルフ場の行為は、自らの首を絞める事と等しいものと思われます。

 今回の鶴カントリー倶楽部の改革は、ゴルフ会員権業界からも賞賛の声が上がるものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鶴カントリー倶楽部
鶴カントリー倶楽部敷地内へ産廃が不法投棄される
会員権譲渡時の印鑑証明書有効期限半年以上は86コースへ

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の箱根カントリー倶楽部では、2021年4月20日に開催を予定している理事会で承認される新規入会者へ、当該倶楽部の新料金を適用します。これは昨年2020年9月に開催された理事会にて、既に決議されていた事項です。

 新たに導入されるのは、「倶楽部運営前払い金」です。此れまでに無かった概念ですが、新規入会者はこの金額200万円を支払い、毎年20万円ずつ倶楽部運営費に振り替えられ、10年をもって償却されます。10年未達で当該倶楽部を退会する場合、未消化分については返却されます。簡単な概要は下記の通りです。

支払い項目 従来の金額(税込) 2021年4月以降(税込)
名義書換料 2,750,000円 2,750,000円
入会預託金 8,000,000円 4,000,000円
倶楽部運営費前払金 ━━━ 2,000,000円
合計金額 10,750,000円 8,750,000円

 上記表を見て分かる通り、新規入会者が入会手続き時に倶楽部へ支払う金額は、4月以降総額200万円減額されており、負担感が減少しました。倶楽部側では将来退会者へ返却義務のある入会預託金を半額へ減額するも、新たに入会協力金とも言える「前払い金」を徴収する事で、倶楽部運営の活力にして行こうとしています。

 歴史のある名門倶楽部では、倶楽部運営費の多くをゲストへ依存出来ず、会員自らが工夫し負担する必要があります。倶楽部ライフを重んじ、そのクオリティーを維持し続ける為の努力が、会員相互によりたゆまなく継続して行く必要があるのだと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
箱根カントリー倶楽部
箱根カントリー倶楽部では株式買取を実施中

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 埼玉県の飯能ゴルフクラブでは、2021年4月1日より年会費を値上げ致します。その概要は下記の通りです。

会員種別   現行料金 2021年4月1日より
正会員 88,000円(税込) 132,000円(税込)
平日会員 66,000円(税込) 88,000円(税込)

 今回の年会費改定は2021年1月に開催された理事会にて決定されたものですが、振り返ればこの20年間は現行料金にて運営されてきたのです。今回の値上げにより得られる増収益分については、クラブハウス等の経年劣化の補修へ一部使用されるとしております。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
飯能ゴルフクラブ
飯能ゴルフクラブでは会員資格の継承範囲を3親等へ拡大

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 長野県の塩嶺カントリークラブでは、2021年3月1日より2022年11月30日まで、会員権の名義書換料を減額し受け付けております。そのキャンペーン概要は下記の通りです。

会員種別 正規料金(税込) キャンペーン(税込)
個人正会員 440,000円 275,000円
婦人会員 440,000円 275,000円
法人正会員 440,000円 275,000円
平日会員 165,000円 165,000円
同一法人内登録者変更 110,000円 110,000円
相続継承による名義書換 110,000円 110,000円

 昨年2020年12月の理事会で決議された上記内容の目論見は、会員権の名義書換促進そのもです。又2名以上の複数で入会申請した場合、上記キャンペーン金額が更に減額され、正会員は220,000円で手続きが出来ます。これ等一連の措置は、活性化の一丁目一番地がスムースな入退会で有ると、認識されているからに他有りません。

 この様なキャンペーン活動を除いた通年の名義書換実績は、年間20件前後の様ですが、クラブでは今回のキャンペーンを通じ、約50件前後を1年8ヶ月間で達成したいと考えております。ホームコースを持ちたい、或いはセカンドコースを持ちたいとのニーズを、吸収出来たのか否かは来年12月に結果が出ます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
塩嶺カントリークラブ
塩嶺CCは名義書換料半額キャンペーンを今月にて終了

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県の総武カントリークラブでは会員権証書と呼称している證券の紛失に関し、名義人による再発行手続きから第三者譲渡へ至る過程を、2021年2月に見直しました。そしてその結果、此れまで6ヶ月間を要したインターバルが、3ヶ月へ短縮されたのです。

 かつて当該クラブでは紛失証券の再発行に、約3ヶ月の月日を必要としました。この無効公告期間を経て新證券が再発行されるのですが、更に3ヶ月の猶予期間を設けておりましたので、都合半年間は第三者への名義書換が出来ませんでした。

 この様な状態に対し会員並びに会員権業者より、よりスムースな手続きを求める声が高まってたのです。これらの意見を受けたPGMグループ本社サイドは、猶予期間を除外し、新証券発行と共に第三者譲渡を認める事に成ったのです。新証券を手元にし次第、名義人は当該再発行證券を譲渡出来る様になりました。

 この手続きの対象證券は、無額面のプレー会員権並びに低額とは言え預託金のある證券、これら全てです。無額面のプレー会員権が、その資格譲渡に当たり何故に證券再発行を必要とするのか、良く理解出来ません。これは後の問題とし何れにしても、この様に期間が短縮された事は、市場の流通性を鑑み、大変良好な判断だったと言えます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
総武カントリークラブ印旛コースが50年ぶりにリニューアル